論語詳解248郷党篇第十(14)君食を賜はば*

論語郷党篇(14)要約:すでにお飾りになっていた諸侯国の殿様ですが、孔子先生は古式に従って敬いました、という作り話。のちに一度滅びかかった儒教が今日まで残ったのも、当時珍しかった忠義を、後世の君主が喜んだからでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

君賜食、必正席先嘗之*。君賜腥、必熟*而薦之。君賜生、必畜之。侍食於君、君祭先飯。疾、君視之、東首加朝服、拖*紳。君命召、不俟駕行矣。

校訂

武内本

唐石経嘗の下に之あり。熟を孰に作る。拖を扡に作る。

定州竹簡論語

……[畜之]。待食於君,君祭,先飯。[疾,君視之,東首,加朝服,拖申a]。255命召,不俟駕行矣。256

  1. 拖申、今本作”拖紳”。『釋文』云”扡、本或作拖、唐石経作’扡’、皇、邢、正平皆作’拖’”。申與紳、申仮為紳。此章有的今本為両章。

→君賜食、必正席先嘗。君賜腥、必熟而薦之。君賜生、必畜之。侍食於君、君祭先飯。疾、君視之、東首加朝服、拖申。君命召、不俟駕行矣。

復元白文

君 金文賜 金文食 金文 必 金文正 金文席 金文先 金文嘗 金文之 金文 君 金文賜 金文 必 金文論語 孰 金文而 金文薦 金文之 金文 君 金文賜 金文生 金文 必 金文論語 畜 金文之 金文 論語 侍 金文食 金文於 金文君 金文 君 金文論語 祭 金文 先 金文飯 金文 疾 金文 君 金文論語 視 金文之 金文 論語 東 金文論語 首 金文 加 金文朝 金文 服 金文拕 甲骨文論語 申 金文 君 金文命 金文召 金文 不 金文俟駕行 金文已 矣金文

※熟→孰・拖→(甲骨文)・矣→已。論語の本章は赤字が論語の時代に存在しない。本章は漢帝国の儒者による捏造である。

書き下し

きみじきたまはば、かならせきただしうしてこれむ。きみなまぐさたまはば、かならこれすすむ。きみいけるをたまはば、かならこれふ。きみはべりてくらはば、きみまつればくらふ。やまひあるに、きみこれば、くびひがししておほやけころもくはへ、おびく。きみめいじてさば、くるまたずしてなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
殿様が食事を下さる時は、必ず座席を整えてまず一口食べてみる。殿様が生肉を下さる時は、必ず煮て、祖先にお供えした。殿様が生き物を下さる時は、必ず大事に飼った。
殿様と食事を共にする時には、殿様が食物を神霊にお供えすると、その間に手を付けた。
病気をして殿様が見舞いに来れば、枕を東に向けて布団の上に礼服を載せ、帯を伸ばした。
殿様がお召しになると、車の用意が出来る前に出かけた。

意訳

弟子「先生! 殿様から食べ物のお届けです。」
孔子「すぐに座席を整えなさい。拝んでから一口頂こう。」
弟子「先生! 殿様から生肉のお届けです。」
孔子「すぐに煮て、神棚に供えなさい。」
弟子「先生! あのう…」ヒツジ「メェェェ。」
孔子「…大事に飼おう。」

殿様の宴会。
殿「祖先天地の神にお供え申す。かしこみかしこみ…。」
孔子「ムシャムシャ。」
殿「何をしておるのじゃ?」
孔子「毒味でございます。」

孔子、病気中。
弟子「先生、殿様がお見舞いに…。」
孔子「ゴホゴホ。枕を東にしてくれ。それと布団の上に礼服を掛けよ。帯はちゃんと伸ばしてな。」

自宅にて。
弟子「先生! 殿様がお呼びです。」
孔子「あいわかった。いそいそ」
弟子「先生! 車が…まだ用意が…。」
孔子「後から追いついてこい。」

従来訳

論語 下村湖人

君公から料理を賜わると、必ず席を正し、先ず自らそれをいただかれ、あとを家人にわけられる。君公から生肉を賜わると、それを調理して、先ず先祖の霊に供えられる。君公から生きた動物を賜わると、必ずそれを飼っておかれる。君公に陪食を仰せつかると、君公が食前の祭をされている間に、必ず毒味をされる。病気の時、君公の見舞をうけると、東を枕にし、寝具に礼服をかけ、その上に束帯をおかれる。君公のお召しがあると、車馬の用意をまたないでお出かけになる。

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

君主賜的食物,孔子一定要擺正先嘗;君主賜的鮮肉,一定要煮熟供奉祖先;君主賜的活物,一定要養起來。陪君主吃飯,君主祭祀時,自己先嘗。孔子生病,君主來探問,孔子面朝東迎接,蓋著朝服,拖著帶子。君主召見時,不等車備好,自己就步行而去。

中国哲学書電子化計画

君主が賜った食べ物は、孔子は何があっても必ず正しく並べてから先に口にした。君主が賜った生肉は、何があっても必ずよく煮て祖先に具えた。君主が賜った生き物は、何があっても必ず飼い育てた。君主のお供で食事するときは、君主が供え物をしている閒に、自分が先に口にした。孔子が病気になり、君主が見舞いに来ると、孔子は東向きになって出迎え、正装を上に懸け、帯を伸ばした。君主が呼んだ時、車の準備を待たず、すぐに自分で歩いて向かった。

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

嘗(ショウ)

論語 嘗 金文 論語 味見 嘗
(金文)

論語の本章では”ちょっと食べてみる”こと。詳細は論語語釈「嘗」を参照。

腥(セイ)

論語 腥 金文大篆 論語 生肉 腥
(金文)

論語の本章では”なまぐさもの”、生肉。論語では本章のみに登場。

初出は後漢の説文解字。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はsieŋ(平)。同音は星、醒、猩。部品の星の初出は甲骨文だが、”なまぐさい・生肉”の語義は無い。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「肉+(音符)星(ちかちか光るほし、刺激がするどい)」。醒(セイ)(つんと刺激されてさめる)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「腥」を参照。

論語 熟 金文大篆 論語 焼き肉 熟
(金文大篆)

論語の本章では”実る”ではなく”煮る”。論語では本章のみに登場。下にれっかのついた漢字は、火と関わりがある。

初出は後漢の隷書。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音は声母のȡ(入)のみ。藤堂上古音はdhiok。同音に「孰」があり、初出は甲骨文で、”煮る”の語義がある。「ジュク」は呉音。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、享は、郭の字の左側の部分で、南北に通じた城郭の形。つき通る意を含む。熟の左上は、享の字の下部に羊印を加えた会意文字で、羊肉にしんを通すことを示す。熟は丸(人が手で動作するさま。動詞の記号)と火を加えた字で、しんに通るまで柔らかくにること。毒(くたくたに柔らかくなった物)・粥(シュク)(しんが柔らかくなったおかゆ)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「熟」を参照。

薦(セン)

論語 薦 金文 論語 おせち 薦
(金文)

論語の本章では”お供えする・食べるよう促す”。論語では本章のみに登場。

初出は西周末期の金文。カールグレン上古音はtsiən(去)。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「艸+煮(チ)(牛に似ていて角が一本の獣)」で、煮が食うというきちんとそろった草を示す。揃(セン)(そろえる)・前(出した足に、もう一方の足をそろえてまえへ出る)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「薦」を参照。

論語 畜 金文 論語 農家 畜
(金文)

論語の本章では”飼う”。論語では本章のみに登場。

初出は甲骨文。カールグレン上古音はtʰǐu(去)。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、畜は「玄(黒い)+田」で、栄養分をたくわえて作物をやしない育てる黒い土のこと。キク・チクの両音があり、キクの場合は好hog→hau(たいせつにかばう)・胸(キュウ)hiog→hiəu(かばって飼い育てる動物)などと同系。チクの場合は守thiog・ʃɪəu(かこって手もとにおく)・収(かこって手もとにおく)と同系。とくに、畜・蓄(たくわえておく)の意味は、非常に近い、という。詳細は論語語釈「畜」を参照。

君祭、先飯

論語 祭 金文 論語 飯 金文大篆
「祭」「飯」(金文)

論語の本章では、”殿様が食事を前に、祭壇にお供えして「いただきます」の挨拶をしている最中に手を付けること”。毒味の意味がある。

『学研漢和大字典』によると「祭」は会意文字で、「肉+又(手)+示(祭壇)」。肉のけがれを清めて供えることをあらわす。擦(よごれをこすりとる)・察(よごれをとってよく見る)などと同系。類義語の祀(シ)は、つつしんで人為をこらし、神のきげんをうかがうこと、という。詳細は論語語釈「祭」を参照。

「飯」は会意兼形声文字で、「食+(音符)反(ばらばらになる→ふやける、ふくれる)」で、粒がふやけてばらばらに煮えた玄米のめし。播(ばらまく)・販(商品をひろげて売る)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「飯」を参照。

東首

論語 東 金文 論語 首 金文
(金文)

論語の本章では”枕を東にして東西に寝ること”。そうすると殿様は君主らしく、北から南向きに見舞うことが出来る。

「東」の初出は甲骨文。カールグレン上古音はtuŋ(平)。

『学研漢和大字典』によると象形文字で、中にしん棒を通し、両端をしばった袋の形を描いたもの。「木+日」の会意文字とみる旧説は誤り。嚢(ノウ)(ふくろ)の上部と同じ。太陽が地平線をとおしてつきぬけて出る方角。「白虎通」五行篇に、「東方者動方也」とある。

トウとは、通(とおす)・棟(屋根をとおすむな木)・動(上下につきぬけてうごく)などと同系のことば、という。詳細は論語語釈「東」を参照。

「首」の初出は甲骨文。カールグレン上古音は声母のɕ(上)のみ。藤堂上古音はthiog。「シュ」は呉音。

『学研漢和大字典』によると象形文字で、頭髪のはえた頭部全体を描いたもの。抽(チュウ)(ぬけ出る)と同系で、胴体から抜け出たくび。また、道(頭をむけて進む)の字の音符となる、という。詳細は論語語釈「首」を参照。

拖(タ)

論語 拖 金文大篆 
(金文大篆)

論語の本章では”引く・伸ばす”。論語では本章のみに登場。

初出は甲骨文。カールグレン上古音はtʰɑ(去)。異体字に「拕」tʰɑ(平)。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、它(タ)は、長く伸びてからだをひきずるへびを描いた象形文字。甚は「手+(音符)它」。舵(ダ)(横にひっぱるかじ)・駝(ダ)(荷をひっぱる馬)・移(イ)(横にずるずるひいてうつす)などと同系のことば、という。詳細は論語語釈「拖」を参照。

論語 紳 金文大篆
(金文大篆)

論語の本章では”大帯”。初出は甲骨文。カールグレン上古音はɕi̯ĕn(平)。論語の時代に通用した金文では、「𤕌」と記す。ただし「𤕌」は「練」”練り絹”・「緟」”かさねる”などの異体字とされ、なぜ「紳」の金文と言えるか疑問ではある。「𤕌」については論語語釈「畜」も参照。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、申の甲骨文字はのびていく稲妻を描いた象形文字。ただし篆文(テンブン)は「遶(両手)+┃印(まっすぐ)」の会意文字で、手でまっすぐにのばすことを示す。紳は「糸(ひも)+(音符)申」で、からだをまっすぐのばすおび。伸(のびる、のばす)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「紳」を参照。

俟(シ)

論語の本章では”待つ”。

初出は前漢の隷書。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はdʐʰi̯əɡ(上)。同音に士、仕、戺”戸軸を持つ木”、涘”水際”、事。”待つ”の語義を持つ漢字は無い。白川説による異体字「竢」(カ音不明)の初出も前漢の隷書。詳細は論語語釈「俟」を参照。

駕(ガ)

論語 駕 金文大篆
(金文大篆)

論語の本章では”車”。論語では本章のみに登場。

語義としては”馬車”だが、論語の時代に限らず漢文では、車や舟を含め、乗り物全般をこの言葉で表す。

初出は楚系医戦国文字。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はka(去)。同音に嘉、加、枷、珈”婦人の髪飾り”。「ガ」は慣用音。呉音は「ケ」。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「馬+(音符)加(上にのせる、上にのる)」。馬にくびきをのせて、車のながえをのせかけること。加・架(上にかけわたす)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「駕」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は主語が無い。これは郷党篇6の「君子」をずっと引きずっていると見るべきで、郷党篇12「康子薬をおくる」郷党篇13「うまや焼けたり」が後代になってから挿入されたことを物語る。次章の「太廟に入らば」も、八佾篇と違い主語が記されていない。

次々章の「朋友死して」は孔子が主語でないと話が通じないが、そのさらに次章の「寝るにしせず」からは、再度「君子」の主語を引きずっていると解せる。その次の章「車にのぼらば」もそうで、最終章の「色見て」は明らかに後世の付け足し。

要するにこの論語郷党篇は、前漢から後漢にかけ、雑な切り貼りで作られたのだ。

郷党篇 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19
主語

さて論語の時代、君主が家臣に食物を送る例はよくあり、『孔子家語』によると孔子の息子・が生まれた際、殿様の昭公は孔子にコイを送ったという。また祭礼のお下がりを家臣に配るは礼法だったようで、孔子は仕えた定公が祭肉を下賜しなかったので亡命を決意した

つまり国公が祖先をまつり、そのお下がりを受けることが家臣の証しであり、家臣団の一員であることは、主君の祭祀に共同で参加することだった。そこから外されたというのは一種のいじめだが、象徴的には爵位や勲章を剥奪されたような意味がある。

論語 大山巌元帥
大山巌元帥

英語で勲章をorder(序列)と言い、medal(記念章)と厳密に区別される。君主が勲章orderを授けるのは、貴族(騎士)団の一員に加えることを意味する。貴族でなくともメダルは授与されるが、貴族身分を示さない。英国のメリット勲章はorderだが、ドイツのメリット勲章はmedalだ。

最高勲章と言われても、身分秩序から言えばorderより格が低い。ソ連の金星勲章と同じであり、受章者はただのおじさんおばさんである。対してorderは日本では、旭日章や宝冠章、桐花章・菊花章に限られる。「勲何等」という、天皇制の宮廷序列を表すからだ。

対して文化勲章は年金付きでも褒章や従軍記章と同じで、序列や身分を表さず、おじさんおばさんの首飾りでしか無い。なおorderは外国元首や著名人にも贈呈・授与されるが、例外的運用であり家臣団の一員を示さない。他国元首を家臣扱いしては、それは大変な失礼だろう。

有名な金鵄勲章も、年金は付くが戦功を褒め讃えるメダルの一種であり、序列や貴族団員を表す記章では無いから、orderではない。ただ受章者は軍人に限られるからあまり意味が無いとは言えるが、兵卒は臣民ではあっても天皇の家臣ではないので、やはりorderとは言えない。

だからこそ共和制のナチスドイツで、十字章でもとりわけ騎士リッター十字章クロイツが重んじられたのだ。

従ってorderを知る者には、社会主義を標榜する国の人々が、べたべたと胸にメダルを貼り付けているのは、子供がサイダーの栓を付けて喜んでいるような奇観に見える。ニセ論語指導士の襟に付けるバッジもそうで、15,000円も出してサイダーの栓を買うのは幼稚の証拠だ。

ヲタ話が長くなったが、漢文が対象とする古代や前近代は、現代日本では想像しがたい厳しい身分制社会であり、その序列を正しく理解して読まないと誤読する。爵位や官位、勲章と言った身分表象に対して敏感でないと、漢文のような簡潔な文語は背景が分からない。

論語の時代の祭祀はorderと同じ意味があり、祭肉を下賜しないのは「お前は家臣ではない」と言ったに等しい。ただし、孔子に分け与えないようにしたのは門閥家老筆頭の季氏ということになっている。しかし黙認した定公の意志でもあり、孔子の受けた衝撃は重大だった。

余談ながら、身分や勲章なんて知りません、というのが常識になった社会は明るい社会と言えるのだが、ともすれば中韓のように、外交的無頓着になりやすい。他国を平気で愚弄するのは、封建的因習から自由と言うより、むしろ今なおその因習に囚われていると言うしかない。

その証拠に、何かと特権的待遇を欲しがるではないか。互いに無礼講なら理屈が通るが、自分だけ優遇されたがる幼児性が抜けない限り、脳みそが前近代的に出来ている。自由・平等・友愛が理解できないのだから当然だ。無論この三つは虚構だが、それを真に受ける強さが無い。

自由リベルテ平等エガリテ友愛フラテルニテは三位一体だ。平等と友愛の無い自由はわがままで、自由と友愛の無い平等は『夜と霧』の世界で、自由と平等の無い友愛は必ず裏切られ、破綻する。中韓ともにたまにこの三位一体を語るかのように見えるが、どれか一つか二つだけ言って人をだますのみ。

だから盗賊としか思われず、三位一体が、壊れやすい虚構であることがここからも分かる。

先進国がこの虚構の辛さに堪えるかたわらで、始めからこの三つを踏み倒し、自分だけが得をしようとする。中韓共にその無作法が、どれほど外交的失敗を招き、結果その国人を苦しめているか分からない。目前の利益はかっさらえても、盗賊の類としか思われていない。

孔子が説いた礼法も、その文脈で理解すべきで、要するに弟子が新参者の士分として、血統貴族から袋だたきに遭わないための手段だった。何親等の親族を亡くしたらこういう音階で哭け、とまでのウンチクをでっち上げた漢代儒者とは、その目的がまるで違っているのである。

お行儀が良くないと友達づきあいして貰えないのは、子供でも知っている道理の筈で、古代人らしからぬ合理主義者の孔子は、その範疇からはみ出た礼法を説かなかった。対して中韓とその風味の諸国がああなのは、孔子の儒学ならぬ帝国儒教によって、頭がおかしくなったのだ。

訳者が現伝儒教を、人間の奴隷化装置と断じるゆえんである。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)