論語詳解010学而篇第一(10)夫子の是の邦に”

論語学而篇(10)要約:孔子先生は理想政治の実現を求めて、中国各地を放浪しました。しかし若い弟子には、官職ほしさの欲張りじいさんに思えます。それをコラッ!と兄弟子の子貢が、若さゆえの視野の狭さをたしなめるお話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子禽問於子貢曰、「夫子至於是邦也、必聞其政。求之與、抑與之與。」子貢曰、「夫子溫、良、恭、儉、讓、以得之。夫子之求*之也、其諸異乎人*之求之與。」

校訂

武内本

求下人下唐石経之の字あり。

定州竹簡論語

(なし)

復元白文(論語時代での表記)

論語 子 金文論語 禽 金文論語 問 金文於 金文論語 子 金文江 金文論語 曰 金文 論語 夫 金文論語 子 金文論語 至 金文論語 於 金文論語 是 金文論語 邦 金文也 金文 論語 必 金文論語 聞 金文論語 其 金文論語 政 金文 論語 求 金文之 金文論語 与 金文 抑 金文論語 与 金文 之 金文論語 与 金文 論語 子 金文江 金文論語 曰 金文 論語 夫 金文論語 子 金文論語 温 甲骨文良 金文兢 金文襄 金文論語 以 金文論語 得 金文之 金文 論語 夫 金文論語 子 金文之 金文論語 求 金文之 金文也 金文 論語 其 金文論語 者 諸 金文論語 異 金文論語 乎 金文論語 人 金文之 金文論語 求 金文之 金文論語 与 金文

※貢→江・温→(甲骨文)・恭→兢・讓→襄。論語の本章は、「儉」の字が論語の時代に存在しない。漢の高祖劉邦の名を避諱ヒキしておらず、定州竹簡論語に含まれていない。本章は三国時代以降の付加である。

書き下し

子禽しきん子貢しこうふていはく、夫子ふうしくにいたかならまつりごとく。これもとむるそもそこれあたふ子貢しこういはく、夫子ふうしをんりやうきようけんじやうこれたり。夫子ふうしこれもとむるこれひとこれもとむることならん

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳


子禽が子貢に質問した。「孔子先生は旅の間に諸国を巡ると、必ずその国の政治に関わります。自分から求めたのでしょうか、もともと与えられたのでしょうか。」
子貢が言った。「先生は温厚で善良でうやうやしく慎み深く控えめだから政治を任されたのだ。先生が求めた場合でも、人々が求めるのとでは事情が違うだろう。」

意訳

子禽「どうにもみっともない。孔子先生は諸国をうろついて、官職あさりばかりしていたじゃないですか。」

論語 子貢 怒り
子貢「コラ! 先生は人間が出来ているから政治を任された。世の権力亡者とは違うのだぞ、たぶん*。」
子禽「たぶん?」

*「與」を疑問辞としてまじめに訳すとこうなる。

従来訳

論語 下村湖人
子禽(しきん)子貢(しこう)にたずねた。――
「孔先生は、どこの国に行かれても、必ずその国の政治向きのことに関係されますが、それは先生の方からのご希望でそうなるのでしょうか、それとも先方から持ちかけて来るのでしょうか。」
子貢が答えた。――
「先生は、温・良・恭・儉・譲の五つの徳を身につけていられるので、自然にそうなるのだと私は思う。むろん、先生ご自身にも政治に関与したいというご希望がないのではない。しかし、その動機はほかの人とは全くちがっている。先生にとって大事なのは、権力の掌握でなくて徳化の実現なのだ。だから、先生はどこの国に行つても、ほかの人達のように媚びたり諂ったりして官位を求めるようなことはなさらない。ただご自身の徳をもって君主にぶっつかって行かれるのだ。それが相手の心にひびいて、自然に政治向きの相談にまで発展して行くのではないかと思われる。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

子禽問子貢:「老師每到一個地方,就能瞭解到該地的政事,是求來的?還是人家自願告訴的?」子貢說:「老師憑著溫和、善良、恭敬、節儉、謙讓的品德得來的。老師的請求,與普通人的請求大概不同吧?」

中国哲学書電子化計画

子禽が子貢に質問した。「先生はある地方に着くと、すぐにその土地の政治を理解できます。これは求めてそうなったのですか? それとも人々が願って事情を話すのですか?」
子貢が言った。「先生は温和と、善良と、敬虔と、慎みと、謙遜の品格を基礎にして〔政治を〕理解するのだ。先生の願う所は、普通の人の願いとはほとんど同じ所が無いのだ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


子禽(シキン)

論語 子 金文 論語 禽 金文
(金文)

論語の本章では孔子の一門で、子貢の弟弟子。ただし孔子との直接対話の記録が無く、直弟子ではないように思われる。孔子より先立った孔鯉との対話が論語季氏篇16にあるので、孔子生前に孔子家に出入りはしていただろうが、当時から弟子だったかどうか。単に子貢の弟子と解した方が、さまざまな説明がすっきりする。

姓は陳、諱は亢。『孔子家語』に依れば孔子より40年少。論語の中でもたびたび兄弟子の子貢と孔子を比較し、「子貢の方が上」と言っており(論語子張篇19)、孔子に批判的だった。

子禽の子は、貴族や知識人への敬称。禽は、”とり”のこと。漢文では中国人の偉さを表現する際、異民族を「禽獣のやから」(トリやケダモノ同然の連中)・「魚ベツまみれる」(魚やスッポンと同居する)などという。詳細は、論語語釈「子」論語語釈「禽」を参照。

子貢(シコウ)

論語 子 金文 論語 貢 金文
「子」(金文)・「貢」(金文大篆)

BC520ごろ-BC446ごろ 。孔子の弟子。姓は端木、名は賜。衛国出身。論語では弁舌の才を孔子に評価された、孔門十哲の一人。孔子より31歳年少。春秋時代末期から戦国時代にかけて、外交官、内政官、大商人として活躍した。
論語 子貢 遊説

『史記』によれば子貢は魯や斉の宰相を歴任したともされる。さらに「貨殖列伝」にその名を連ねるほど商才に恵まれ、孔子門下で最も富んだ。子禽だけでなく、斉の景公や魯の大夫たちからも、孔子以上の才があると評されたが、子貢はそのたびに否定している。

孔子没後、弟子たちを取りまとめ葬儀を担った。唐の時代に黎侯に封じられた。孔子一門の財政を担っていたと思われる。また孔子没後、礼法の倍の6年間墓のそばで喪に服した。斉における孔子一門のとりまとめ役で、論語の半分は子貢とその弟子が編纂したと言われる。

詳細は論語の人物:端木賜子貢参照。

子貢の貢は、文字通り”みつぐ”ことであり、本姓名の端木と呼応したあざ名と思われる。上掲の金文大篆は秦帝国期の文字であり、孔子在世当時は「江」と書かれていたと思われる。詳細は論語語釈「貢」を参照。
江 金文
(「江小仲母生鼎」春秋早期)

夫子(フウシ)

論語 夫 甲骨文2 論語 子 甲骨文
(甲骨文)

論語の本章では”孔子先生”。逐語的に言えば”あのお人”。貴人など直接名を呼ぶのがはばかられる場合の敬称。

「夫」の初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、大の字にたった人の頭に、まげ、または冠のしるしをつけた姿を描いた象形文字で、成年に達したおとこをあらわす、という。詳細は論語語釈「夫」論語語釈「子」を参照。

論語 至 金文 論語 至 解字
(金文)

論語の本章では”(その国に)到着する”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「矢が下方に進むさま+━印(目ざす線)」で、矢が目標線までとどくさまを示す。詳細は論語語釈「至」を参照。

論語 是 金文 論語 是 解字
(金文)

論語の本章では”とある”。「是邦」で”(多数ある諸侯国のうちの)とある国”。初出は西周中期の金文。『学研漢和大字典』によると、「まっすぐなさじ+止(あし)」の会意文字で、音を借りて、之(シ)とともに、「これ」という近称の指示詞をあらわす、という。詳細は論語語釈「是」を参照。

論語 邦 甲骨文 論語 邦 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では、建前上周王を奉じる”諸侯国”。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、左側の字(音ホウ)は、△型の穂の形。邦は、それを音符とし、邑(領地)を加えた会意兼形声文字で、盛り土をした壇上で領有を宣言したその領地。また、国境に盛り土をして封じこめた領地のこと、という。詳細は論語語釈「邦」を参照。

論語 戈
同じ「くに」でも、「國/国」は口(城壁)と戈(カマ状のほこ。春秋戦国時代の主力兵器)の組み合わせで、武装した都市国家を言う。詳細は論語語釈「国」を参照。

現伝の論語が編まれたのは前後の漢帝国だが、「邦」の字は開祖の高祖劉邦のいみ名(本名)だったため、一切の使用がはばかられた。つまり事実上禁止され、このように歴代皇帝のいみ名を使わないのを避諱ヒキという。王朝交替が起こると通常はチャラになるが、定州竹簡論語では秦の始皇帝のいみ名、「政」も避諱されて「正」と記されている。避諱の基準が確立していなかったからだろう。

本章では「邦」の字を使っていることから、おそらく後漢滅亡後に作られた話と思われる。

論語 聞 金文 論語 聞
(金文)

論語の本章では”関わる”。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、門は、とじて中を隠すもんを描いた象形文字。中がよくわからない意を含む。聞は「耳+(音符)門」の会意兼形声文字で、よくわからないこと、へだたったことが、耳にはいること。問(わからないことをとう)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「聞」を参照。対して類義語の「聴」は、直接・まっすぐ聞くこと。

論語 いびき 聞

「政をきく」と読む句に、他に「聴政」がある。この場合は”臣下の提言を聴いて裁可する”の意味で、”政治を摂る”こと。「垂簾聴政」という言葉が漢語にはあり、実権の無い皇帝の、玉座の後ろにすだれを掛け、その後ろに実権者の母后や皇后が座って政務の決済をした。唐の高宗、清の同治帝などがその例。

論語の本章のように「聞政」の場合は、”政治向きの質問を聞いて答える”ことであり、決裁者の立場にはいない。つまり、孔子が諸国で政治顧問﹅﹅を務めたことを言っている。どの国も既存の貴族が特権を伴ってひしめいており、政界に風来坊の孔子が割って入る余裕は無かった。

ただし本章が後世の創作とすれば、「聞」と「聴」の区別はすでに曖昧になっており、書き手が鼻をほじりながら大して考えず「聞政」と書いた可能性はある。その場合は”政治を執る”。つまり孔子が執権になったと言っている。

抑 金文 論語 抑 解字
(金文)

論語の本章では”…か、それとも…か”。『大漢和辞典』の第一義は”おさえる”。初出は甲骨文。ただし字形は「卬」(ゴウ)。現行字体の初出は説文解字。『学研漢和大字典』によると、卬(ゴウ)は「手+人のひざまずいたさま」からなり、人を手でおさえつけたさま。抑は「手+卬(おさえる)」会意文字で、上から下へと圧力をかけておさえること、という。詳細は論語語釈「抑」を参照。

論語 與 与 金文 論語 與 与 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では、”したがう”・”…より”・”…か”と、一般動詞、比較辞・疑問辞の三つに使われている。新字体は「与」。『大漢和辞典』の第一義は”くみ・なかま”。

論語 与 論語 与 解字
『学研漢和大字典』によると、与は牙(ガ)の原字と同形で、かみあった姿を示す。與はさらに四本の手をそえて、二人が両手でいっしょに物を持ちあげるさまを示す。「二人の両手+〔音符〕与」の会意兼形声文字で、かみあわす、力をあわせるなどの意を含む、という。詳細は論語語釈「与」を参照。

論語 温 甲骨文 溫 温 字解
(甲骨文)

論語の本章では”ぽかぽかと温かい”。初出は甲骨文。甲骨文が知られるまで、日本の漢字学の解釈では、鍋に火を掛けて熱気が籠もるさま、と解されたが誤り。甲骨文は人を火あぶりにする姿でなければ、水+人+皿(風呂桶)の”風呂”を象形した会意文字。それゆえ『大漢和辞典』にも、「温」に”いでゆ”の語釈を載せる。詳細は論語語釈「温」を参照。

論語の本章では”善良”。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、〇型の穀粒を水で洗い、きれいにしたさまをあらわす会意文字で、粮(リョウ)(=糧。けがれのない穀物)の原字、という。詳細は論語語釈「良」を参照。

論語 恭 古文
(古文)

論語の本章では”つつしみ”。初出は楚系戦国文字。論語の時代に存在しない。同音は「供」など。うち金文が存在する字に「拲」(手かせ)があり、やはり同音の拱(こまねく)に通じると『大漢和辞典』にある。また「廾」(ささげる)は甲骨文が存在する。

『学研漢和大字典』によると、共(キョウ)は、廿型のものを両手でささげることを示す会意文字。恭は「心+(音符)共」の、目上の人の前に、物をささげるときのかしこまった気持ち、という。詳細は論語語釈「恭」を参照。

孔子の在世当時には近音の「キョウ」と書かれていたと考えられる。すなわち「戦戦兢兢」の「兢」であり、”恐れてブルブル震えるような気持ちでいる”という有様を指す。また『字通』は、やはり近音の「共」について、「金文に共を供・恭の意に用い」という。

論語 倹 金文大篆
(金文大篆)

論語の本章では”つつましい”。初出は秦系戦国文字。論語の時代に存在しない。同音は存在しない。論語の時代の置換候補も無い。『学研漢和大字典』によると、僉(セン)の篆文(テンブン)は「亼(あつめる)+口(くち)二つ+人ふたり」の会意文字で、多くの物を放置せずにひと所に集約することを示す。その金文は、多くの物をひとまとめにしたさま。儉は「人+〔音符〕僉」の会意兼形声文字で、散漫にせず、きちんと引き締めた生活ぶりをあらわす。集約して引き締めるの意を含む、という。詳細は論語語釈「倹」を参照。

論語 譲 金文大篆 襄 金文
「譲」(金文大篆)・「襄」(「𩵦甫人匜」西周末期)

論語の本章では”人助け”。初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。部品の「襄」には”のぼる・たすける”の語釈が『大漢和辞典』にあるが、”譲る”の意味は無い。

ただし『字通』による「襄」の原義は”お祓いすること”であり、のち祓う者のさまを「攘」、祓われる者のさまを「譲」と書き分けたとする。つまり”よける・どけられる”の両義を「襄」は持っていたようで、その意味からは「襄」にも”ゆずる”の意がありうる。

『学研漢和大字典』によると、襄(ジョウ)は、中にわりこむの意を含む。讓は「言+(音符)襄」の会意兼形声文字で、どうぞといって間にわりこませること。転じて、間にはさんで両わきからせめる意ともなる、という。詳細は論語語釈「譲」を参照。

論語 諸 金文
(金文)

論語の本章では”もろもろ”ではなく、”~を…において”。初出は西周末期の金文。「之於」(シヲ)と音が通じるので一字で代用した言葉とされる。

『学研漢和大字典』によると、者(シャ)(=者)は、こんろに薪をいっぱいつめこんで火気を充満させているさまを描いた象形文字で、その原義は暑(=暑)・煮(=煮)などにあらわれている。諸は「言+〔音符〕者」の会意兼形声文字で、ひと所に多くのものが集まること。転じて、多くの、さまざまな、の意を示す。者・諸の音を借りて「これ」という近称の指示詞をあらわすのは当て字、という。詳細は論語語釈「諸」を参照。

論語 異 金文 論語 こぶとりじいさん 異
(金文)

論語の本章では”異なる”。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、「大きなざる、または頭+両手を出したからだ」の会意文字で、一本の手のほか、もう一本の別の手を添えて物を持つさま。詳細は論語語釈「異」を参照。

其諸異乎人之求之與

論語の本章では”他人が欲しがるのとは違うんだぞ”。「其諸~乎(哉・矣・也)(与)」は、「それこれ~や」とよみ、「~だろうか(いやそうではない)」と訳す。

弁舌に長けた子貢にしては、持って回った複雑な言い方。意味を通すだけなら、「與人異」(人と異なれり)の三字だけで済む。語順を変えないなら「異乎人與」でおしまい。もし兄弟子の権威で言いくるめるなら、「與人異焉」(人と異なりたり)と断定すればいい。

異乎人之求之

そうできなかったにはわけがある。まず「其」は英語の関係代名詞で言う、that節を導くthatと同じ働きをしており、前句の「夫子之求之」を指す。

夫子之求之諸異乎人之求之與

次に「諸」は”それを…において”。「異」は動詞”異なる”。「乎」は日本語の助詞のような用法で、”…に・と”の意味。

諸異乎人之求之與。 それは「人之求之」と異なっているか。

「人之求之」は”(孔子以外の他)人が政権を求めること”。「與」は疑問辞で、ここでは反語を示す。

愚直に訳すとこうなる。”それはあれだ、人が政権を欲しがるのとは違うんだろうか、いや、きっと違う”。子貢は尊敬する師である孔子の弱点を、弟弟子の子禽に突かれて、いささか取り乱して答えているのだ。

論語 武内義雄 論語之研究
なお武内義雄『論語之研究』によると「其諸…與」の語法は斉の方言だといい(p.91)、子貢自身は衛国の出だが、孔子没後に斉国に活動拠点を置き、一派を為したことと事情が一致する。

加えて竹内説では、この論語学而篇を「魯に於いて完全した論語でなく斉を通ったもの」(同)という。さらにこの語法が『春秋公羊伝』によく見られる事を指摘し、公羊伝は斉の儒者が伝えたものだという。

論語:解説・付記

論語の本章の史実性については、上記の検証通り漢字の文字史的にも疑いがあり、漢の高祖劉邦の「邦」の字を置き換えず使っている。漢代では論語の「邦」の字は「國」(国)に書き換えられた(→論語八佾篇22)。だが本章はそうでない上に、定州竹簡論語から漏れている。

竹簡破損の結果である可能性はあるが、本章が論語に加えられたのは後漢滅亡後と見てよい。本章の古注には、後漢儒の鄭玄の注記があるが、おそらく注そのものが偽作。鄭玄は他の箇所では律儀に避諱を守っているのに、この箇所だけ「邦」と言っているからだ。

鄭玄 馬融
これは鄭玄と並んで実在が確からしい馬融の注についても言えて、おおむね「邦」の避諱を守っているのに、ある箇所だけ「邦」と言っている(『論語集解義疏』巻七60)。その他の孔安国や包カンは漢儒なのに「邦」と言いたい放題で、ここから孔安国の実在までが疑われる。

孔安国 包咸
それでも包咸にはまだ、「邦」と言っておかしくない理由がある。それは包咸の活動期が前漢が滅びた後であり、後漢が天下統一する前だったからで、統一後も生きてはいたが、すでに書いたものまで書き改めるには至らなかった可能性がある。しかし孔安国は完全にアウトだ。

以上から、本章の成立は孔子直後の時代まで遡れない。もし偽作でなければ、『漢書』芸文志が記す「伝記」から取られた話かもしれない。従って論語の本章は偽作とまでは断定できないが、収録されたのは後漢滅亡後であり、論語としては新しい、と言える。

毛沢東 銃口から政権が生まれる
チアンカンリィミエンチューチェンチァン」(『毛主席語録』5-6)

そして論語の本章には別の新しさもある。文中の「温良恭倹譲」は、「批林批孔」で知られる毛沢東自身が、自分の言葉で引用している。

革命不是请客吃饭,不是做文章,不是绘画绣花,不能那样雅致,那样从容不迫,文质彬彬,那样温良恭俭让。革命是暴动,是一个阶级推翻一个阶级的暴烈的行动。

毛沢東
革命は、客を招いてごちそうすることでもなければ、文章をねったり、絵をかいたり、刺しゅうをしたりすることでもない。そんなにお上品で、おっとりした、みやびやかな、そんなにおだやかで、おとなしく、うやうやしく、つつましく、ひかえ目のものではない。革命は暴動であり、一つの階級が他の階級をうち倒す激烈な行動である。(『毛主席語録』日本語版第四版1972年)

下段は中共政府の官製日本語訳だが、否定する対象としながらも、ちゃっかり引用していたのだ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

関連記事(一部広告含む)