論語003学而篇第一(3)巧言令色すくないかな仁

論語学而篇(3)要約:人にだまされるのは誰だっていやなもの。ダマシの第一歩は作り笑顔と猫なで声から。そんな悪党にだまされちゃいけないよ、と入門したての若い弟子に説いた、孔子先生の現代にも通用するお説教。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「巧言令色、鮮矣仁。」

*陽貨篇17に重出。

書き下し

いはく、巧言令色かうげんれいしよくすくなかなじん

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「巧みな言葉、うるわしい笑顔には、打算無き愛情が少ない。」

意訳

論語 孔子 熱
おべっか使いと作り笑いする奴には、気を付けろ。

従来訳

先師がいわれた。――
「巧みな言葉、媚びるような表情、そうした技巧には、仁の影がうすい。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 巧 古文 論語 巧 篆書
(古文・篆書)

論語の本章では”よく作られた”。偏は工作を意味し、つくりは小刀の象形。中国の字書に収められた古い文字(古文)では、へんがてへんになっているものがある。

『学研漢和大字典』によると、会意兼形声で、丂(コウ)は、曲線が上につかえたさまで、細かく曲折する意を含む。巧は「工+〔音符〕丂」という。また「利口」の口は、本来巧の字だったのを略したという。

論語 令 甲骨文 論語 令 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では、「麗」と同じく”うるわしい”。語源は三角形の下で人がうずくまる姿。祭殿で神意を受け取る姿と『字通』に言う。

論語 令 解字『学研漢和大字典』によると、会意文字で、「△印(おおいの下に集めることを示す)+人のひざまずく姿」で、人々を集めて、神や君主の宣告を伝えるさまをあらわす。清く美しいの意を含む。もと、こうごうしい神のお告げのこと。転じて長上のいいつけのこと。

冷(レイ)(清らかな水玉や氷)・玲(レイ)(清らかな玉)・伶(レイ)(清らかな人)・靈(=霊。清らかな巫女(ミコ)、祭礼、魂)と同系のことば、という。

論語 色 金文 論語 色 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では”顔色・表情”。人が人を後ろから抱きかかえる象形。男女間の愛情行為を意味する。

『学研漢和大字典』によると、象形文字で、かがんだ女性と、かがんでその上に乗った男性とがからだをすりよせて行為するさまを描いたもの。行為には容色が関係することから、顔やすがた、いろどりなどの意となる。また、すり寄せる意を含む。

即(そばにすりよってくっつく)・則(ソク)(くっつく)・塞(ソク)(すりあわす、ふさぐ)などと同系という。

論語 鮮 金文 論語 鮮 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では”すくない”。原義は”生魚・生肉”だが、論語時代ではすでに、”すくない”の意味に転用された。論語での用例は六カ所だが、語義は全て”すくない”。詳細は論語語釈「鮮」を参照。

論語 仁 甲骨文 論語 仁 古文
(甲骨文・古文)

論語における一大概念、”常時無差別のなさけ、憐れみ”。詳細は論語における「仁」を参照。

論語:解説・付記

上記陽貨篇(17)の重出のほか、「巧言令色」は論語公冶長篇(24)にも見える。

論語 孔子 怒
孔子は一人の人間として、外面を取り繕うのを極度に嫌った。むろん、言葉や仕草が下品では君子になれないと弟子を戒めているが(論語雍也篇18)、作り笑顔や猫なで声は、所詮相手を利用するためであり、嘘つきの人格は知りようがない(論語為政篇22)のと同様と考えた。

論語 孔子 へつらい
ただし、巧言令色が常時絶対禁止とは考えておらず、自分の政治的理想を実現するためならば、孔子はためらうことなくへつらいも言った(論語泰伯篇1)。矛盾ではないか、と弟子に不満が出て当然だが、物事の学びには段階があると孔子は思っており、意に介さなかった。

論語雍也篇21で孔子は、「基礎も学ばないのに、いきなり奥義を聞こうというのか」と言っている。論語で巧言令色や変節を戒めたのは、それが初学者への教えだったからであり、政治工作のような高度な判断は、まずこうした基本を学び、使いこなせるようになってからだった。

しかし論語の前半の多くを記載した小人派は、概して出来の悪い弟子だったので、孔子の意図を理解できず、論語全体のごく前の部分に、本章を持ってきたのだろう。あるいは本章は、政治に携わるゆえに、巧言令色も厭わなかった政治派への、小人派の反論なのかも知れない。

なお論語の本章は、以下のようにも読めはする。

たくみのことのはうるはしのかんばせあざやかなりてんもて、ジン。」
よい言葉とよい顔色を、はっきり示して人と付き合えば、やっとその人は打算のない愛情を持てるようになる。

しかし無理があると思ったので、訳者はこの解釈を取り下げた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)