論語詳解006学而篇第一(6)弟子入りては則ち孝

論語学而篇(6)要約:親孝行も年上孝行も、それは義務だからやるのじゃありません。それは若者が年上に好かれて、人生が生きやすくなるからでした。いかめしい孔子も若い弟子には、幸せな人生を送って欲しいと願ったのです。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「弟子入則孝、出則弟*、謹而信、汎愛衆而親仁。行有餘力、則以學文。」

復元白文

論語 子 金文論語 曰 金文 論語 弟 金文論語 子 金文論語 入 金文論語 則 金文論語 孝 金文 論語 出 金文論語 則 金文論語 弟 金文 論語 而 金文論語 信 金文 凡 金文論語 衆 金文論語 而 金文論語 親 金文論語 仁 甲骨文 論語 行 金文論語 有 金文論語 余 金文論語 力 金文 論語 則 金文論語 以 金文論語 学 學 金文論語 文 金文

※汎→凡/仁→(甲骨文)

本章は、上記の赤字が論語時代に遡ることが出来ない。論語の本章は、戦国時代以降の儒者による、孔子の発言の改竄である。

校訂

武内本:悌、唐石経弟に作る。

書き下し

いはく、弟子ていしりてはすなはかうでてはすなはていつつしまことあり、ひろひとびとあいじんちかづけ。おこなひてあまれるちかららば、すなはぶんまなぶをもちゐよ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。諸君、自宅では年上に孝行し、外では年長者を敬い、行いを謹んで約束を守り、幅広く人を愛して打算の無い愛情を持った人に近づきなさい。それが出来てまだ余裕があるなら、勉強しなさい。

意訳

論語 孔子 水面
年上には懐け。手本となる仁者に出会うために。同世代や年下には、ウソをつかず意地悪をするな。以上が出来れば十分で、勉強はそれが出来てからにしろ。クズが学んでも大クズが出来るばかりだ。

従来訳

論語 下村湖人
 先師がいわれた。――
「年少者の修養の道は、家庭にあつては父母に孝養をつくし、世間に出ては長上に従順であることが、先ず何よりも大切だ。この根本に出発して万事に言動を謹み、信義を守り、進んで広く衆人を愛し、とりわけ高徳の人に親しむがいい。そして、そうしたことの実践にいそしみつつ、なお餘力があるならば、詩書・礼・楽といつたような学問に志すべきであろう。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「年輕人應該孝順父母,尊敬師長,認真誠信,廣施愛心,親近仁人志士。能輕鬆做到這些,才可以從事理論研究。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「若者は、父母に孝行し、師や上司を敬い、真面目に誠実に心がけ、幅広く愛情を施し、仁を心得た人や志のある人物に近づかねばならない。これらが自然に行えるようになってから、やっと理論の研究を行えるようになる。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 則 金文 論語 則 解字
(金文)

論語の本章では、”必ず…しなさい”。「A則B」で”AはBである”。”のっとる”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「刀+鼎(カナエ)の略形」。鼎にスープや肉を入れ、すぐそばにナイフをそえたさま。そばにくっついて離れない意を含む。即(そばにくっつく)と同じ。転じて、常によりそう法則の意となる。さらにAのあとすぐBがくっついておこる意をあらわす助詞となった。詳細は論語語釈「則」を参照。

「すなわち」と訓む一連の漢字については、漢文読解メモ「すなわち」を参照。

論語 弟 金文 論語 弟 解字
(金文)

論語の本章では、弟らしいこと、つまり”年上から見て理想的な年下の態度”。

『学研漢和大字典』では指事文字で、「棒+ひも」で、低い位置、転じて背たけの低い弟をいう。また年下らしいへりくだった態度を弟・悌(テイ)という、とある。

一方『字通』に「韋皮の紐でものを束ねた形」とあり、「次第してものを締結する意。のち兄弟の意に用いる。第は後起の字である」とする。つまり”順序”が原義で、”おとうと”は後付けということになる。

詳細は論語語釈「弟」を参照。

武内本によると、唐石経では「弟」と書き、日本の清家本では「悌」と書く、という。さらに古注本では「悌」とあり、新注本には「弟」とある。

(唐石経/新注本)出則弟。
(清家本/古注本)出則悌。

ただし「悌」の字が明確に確認できるのは秦漢帝国になってから以降のことで、孔子の時代の史料からは発掘されていない。仮に”年下らしい態度”の意味でテイという言葉はあっただろうが、「弟」と書き分けられていなかった。

ちなみに悌に対してキョウという漢字はあるが、語義は年下にとって望ましい、年上らしい感情や態度ではなく、『大漢和辞典』第一義に”くるふさま”と有るが如くすさまじい。論語泰伯篇3「戦々恐々」の「恐」も、もとは「怳」(おそれるさま)と書く。
怳 大漢和辞典

論語 謹 金文 論語 沙漠の骨 謹
(金文)

論語の本章では、”ゆるがせにしないこと”。例えば「謹賀新年」とは、”この新年、(あなたにいい事がありますようにと、)鄭重に祈ります”ということ。

この文字=言葉は、戦国時代の末期になって現れる。従って論語の時代には存在しない。カールグレン上古音はki̯ən。藤堂上古音はkɪən。同音同訓の「仱」「憖」「矜」「禁」「赾」「緊」には、甲骨文・金文が存在しない。「欽」は戦国末期の金文からしか現れない。「肵」は甲骨文から存在するが、藤堂上古音・カールグレン上古音共に不明。

結論として行き止まりで、論語時代の置換候補は存在しない。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、右側のキンは「動物の頭+火+土」からなり、かわいた細かい土砂のこと。謹はそれを音符とし、言を加えた字で、細かく言動に気を配ること。こまごまと小さい、の意を含む。僅(細かい、わずか)・饉(食物がわずか)などと同系。キンときわめて近く、懇切の懇とも縁が近いことば、という。

詳細は論語語釈「謹」を参照。

論語 汎 古文 論語 汎 字解
(古文)

論語の本章では”広く”。『大漢和辞典』の第一義は”ただよう”。広い水の上に浮いた様から、”ひろい”の意味が出来た。この文字は論語と同時代の金文以前にさかのぼれないが、さんずいの無い「凡」は甲骨文からあり、恐らく論語の当時は凡と書いたのだろう。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、凡(ハン)は、広げた帆を描いた象形文字で、ふわふわと広がる意を含む。汎は「水+〔音符〕凡」で、広い水面がふわふわと広がること。帆(ふわふわと広がったほ布)と同系のことばという。

詳細は論語語釈「汎」を参照。

論語 愛 金文 論語 愛 解字
(金文)

論語の本章では、”愛する”。『大漢和辞典』の第一義は”いつくしむ”。

この文字=言葉は戦国末期まで現れず、論語の当時に存在しない。藤堂上古音は・əd(ッアドゥ、に近い)。同音同訓の「哀」は西周初期の金文から存在する。

しかし、「哀」の藤堂上古音は・ər(ッアルに近い)で、音通しているとは言いがたい。

論語では愛でも常時無差別の愛は、「仁」ということばで区別した。詳細は論語語釈「愛」を参照。

論語 親 金文 論語 親 解字
(金文)

論語の本章では、動詞として”したしむ”。

古書体の字体は、『字通』では、辛(ハリ)+木+見で、神事に用いる木を選ぶためにハリを打ち、切り出した木材を「新」といい、新で位牌を作って拝むことを「親」という。それが”おや”の意味に転じたのは、新しい位牌は父母のものであることが多いからだと推測している。

論語 見 解字
一方『学研漢和大字典』では会意兼形声文字で、辛(シン)は、はだ身を刺す鋭いナイフを描いた象形文字。親の左側は薪(シン)の原字で、木をナイフで切ったなま木。親はそれを音符とし、見を加えた字で、ナイフで身を切るように身近に接して見ていること。

じかに刺激をうける近しい間がらの意。類義語の戚(セキ)は、小さいの意を含み、隔ての小さいみうち、という。詳細は論語語釈「親」を参照。

論語 仁 甲骨文 論語 仁 古文
(甲骨文・古文)

論語では、なさけ、憐れみを基本とした、常時無差別の愛。詳細は論語における「仁」を参照。

論語 行 甲骨文 論語 行 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では”行う”。『大漢和辞典』の第一義は”あるく”。しかし甲骨文を見ると、『字通』の言う”十字路”が原義だろう。

『学研漢和大字典』では象形文字で、十字路を描いたもので、みち、みちをいく、動いて動作する(おこなう)などの意をあらわす。また、直線をなして進むことから、行列の意ともなる。衡(コウ)(まっすぐなはかり棒)・桁(コウ)(まっすぐなけた)などと同系のことばという。

詳細は論語語釈「行」を参照。

餘/余

論語 余 甲骨文 論語 余 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では、『大漢和辞典』の第一義と同じく”あまる”。『字通』によると、一人称の「余」と”あまる”の余は、本来別の字だという。『説文解字』という古い中国の字書によると、「余」=「饒」(饒舌ジョウゼツの饒)で、食べ物が余ることだという。

一方『学研漢和大字典』では会意兼形声文字で、餘は、「食+〔音符〕余(ヨ)」で、食物がゆったりとゆとりのある意を示す。ゆとりがあることから、あまってはみ出るの意。余・徐(ゆったり歩く)・舍(=舎。ゆったり休む家)と同系のことばという。

論語 余 解字
また新字体の「余」は会意文字で、「スコップで土を押し広げるさま+八印(分散させる)」で、舒(ジョ)(のばす、ゆったり)の原字。ゆったりとのばし広げるの意を含む。余・予をわれの意に用いるのは当て字であり、原意には関係がないという。

詳細は論語語釈「余」を参照。

論語 以 金文 論語 以 字解
(金文)

論語の本章では”~を使う”。「則以学文」を伝統的には「則ち学を学を以てせよ」とみ、それでもかまわないが、「以」とはもと”道具を使って仕事をする”ことであり、漢文では可能ならば「用いる」と訓んだ方が、わかりやすい書き下しになる。詳細は論語語釈「以」を参照。

論語 文 甲骨文 論語 遠山の金さん
(甲骨文)

論語の本章では「武」に対する「文」で、”学問芸術一般”。『大漢和辞典』の第一義は”文様”。首から下に入れた入れ墨のことを「文身」という。『字通』も「文」の原義を入れ墨だという。

論語 文 金文 論語 己 土器
(金文)

一方『学研漢和大字典』では象形文字で、もと、土器につけた縄文の模様のひとこまを描いたもので、こまごまとかざりたてた模様のこと。のち、模様式に描いた文字や、生活のかざりである文化などの意となり、紋の原字。ビン(色糸が交差して模様をなす)・美(細かくうつくしい)などと同系のことばという。

詳細は論語語釈「文」を参照。

論語:解説・付記

孔子が主張もしなかった孝悌を強調する論語の本章は、漢帝国の支配イデオロギーによって、開祖に嘘の発言をさせて、イデオロギーに権威付けを目論んだ儒者官僚の捏造。ただし全てがでっち上げでは無く、言葉が当時に遡れる部分は、孔子の肉声と思われる。

B-29 空襲予告ビラ
B-29がばら撒いた爆撃予告ビラ

日本人は、自国の文武の高等官の身勝手と、人を人とも思わない無茶が祟って、まるごと皆殺しに遭いかけた経験があるから、ニセ孔子の言葉はすぐにそれと理解できるだろう。ただし実在の孔子にとっても、人柄の善くない弟子を抱えることの危険性は他人事ではなかった。

孔子塾は革命政党でもあったからで、孔子と入れ替わるように春秋戦国を生きた墨子が証言しているように(『墨子』非儒篇)、孔子は相当あくどい陰謀にも手を染めている。それはひとたび身内から裏切り者が出れば、孔子とその一党の生命を左右しかねない綱渡りだった。

だからこそ、入門したての弟子には、何にでも首を突っ込まず、まずは先輩の言うことを聞いて大人しくしていなさい、と言った可能性はある。それゆえ年長者から見て望ましい年少者の態度=弟(悌)という言葉を使った。そうできない弟子には、教える事などなかったのだ。

学問とは危険なものでもあるからだ。生まれつき奴隷で、まわりに奴隷と主人しか居ないような社会では、奴隷は自分の惨めさに気付かない。危険物を子供にいじらせるのが危険なように、一見他愛の無い文系の知識も、まかり間違うと重大な事態を引き起こしかねないのだ。

日露戦争中、うち続く生活苦を和らげて貰おうと、ロシア帝国の民衆が連れ立って、皇帝に請願を行おうとしたことがある。生まれつきの臣民で、まわりにもと農奴か旦那様しかいない社会では、生活苦の根源が、張本人である皇帝の強欲に始まることが理解できなかったのだ。

果然、不埒な連中だと皇帝は民衆の集まりを武力で蹴散らした。いわゆる血の日曜日事件だが、これ以降明らかに、ロシアの革命には弾みが付いた。皇帝が悪そのものである、という知識が、帝国全土の民衆にまで知れ渡ったことが、どれほどその原動力になったか分からない。
血の日曜日事件
イワン=ウラジーミロフ(1870-1947)「冬宮前での民衆の虐殺、1905年1月9日」

話を論語に戻せば、孔子はおそらく中国史上初めて、身分を問わず知識を公開した。それは無邪気な試みではなく、孔子は危険性を十分承知の上で、民衆教育に踏み切った。だからこそ法の公開には強く反対した(論語における「法」)。「知る権利」とか言い出さなかったのだ。

学問は必ずしも、学ぶ者を幸せにはしない。請願などしなかった方が、ロシア人は苛烈極まる革命と内戦、その後の強権支配を経験せずに済んだかも知れない。孤児から成り上がった孔子は、そうした学問の残酷な一面に気付いていただろう。それが前提の、本章の言葉である。

ゆえに吉川博士の、論語の本章に対する次の見解は、当たっていないと言うしかない。孔子は明らかに人格よりも、学問を軽視した。清代の儒者だろうと京大教授だろうと、どんな権威がいくら言葉を重ねようとも、論語の原文に書いてないことは、書いてないのである。

論語 吉川幸次郎 論語 清儒
一般的な教えとしては、学問を軽視した言葉ととれらそうなので、弟子は後生ホウションの意味であって、若者のことであり、専らそれに対する教訓だと、清の劉宝楠の『論語正義』に書く。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)