論語詳解014学而篇第一(14)君子は食いて°

論語学而篇(14)要約:孔子先生がぶったとされるアジ演説。孔子塾に入門したのは、貴族に成り上がりたい庶民の若者でした。成り上がりを手助けする先生は、「お勉強だけ出来ても意味は無いだろ?」と塾生に発破をかけたのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「君子食無求飽。居無求安。敏於事而愼於言。就有道*而正焉。可謂好學也已*。」

校訂

武内本

道の字唐石経行旁にあり、蓋し後人の加うる所。史記弟子伝此文を引く道の字あり。(訳者注、弟子伝・孔子世家に確認できず。)(清原家本により、已の下に矣を補う。)

定州竹簡論語

(なし)

論語集釋

漢石經作「好學已矣」。


→子曰、「君子食無求飽。居無求安。敏於事而愼於言。就有道*而正焉。可謂好學已矣。」

復元白文(論語時代での表記)

論語 子 金文論語 曰 金文  論語 君 金文論語 子 金文論語 食 金文論語 無 金文論語 求 金文論語 飽 甲骨文(出典不明) 論語 居 金文論語 無 金文論語 求 金文論語 安 金文 論語 敏 金文論語 於 金文論語 事 金文論語 而 金文論語 慎 金文論語 於 金文論語 言 金文 就 金文論語 有 金文論語 道 金文論語 而 金文論語 正 金文 論語 安 金文論語 可 金文論語 謂 金文論語 好 金文論語 学 學 金文也 金文論語 已 金文論語 已 金文

※飽→(甲骨文)・焉→安・矣→已。

書き下し

いはく、君子くんしくらひてくをもとむるかれ。りてやすきをもとむるかれ。ことくしことつつしめ。みちるにただせ。いづくんぞがくこのむと已矣のみならんや。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 キメ
先生が言った。「君子は食べても腹一杯食べる事を求めるな。住まって安らかさを求めるな。仕事を敏速にこなして言葉を慎め。原則のある者に正してやれ。なぜ学問を好むと評価できるだけだろうか。」

意訳

論語 孔子
ぜいたく禁止。仕事は手早く。まともな君主に仕えて、政道を正してやれ。それが諸君の目指す貴族というもので、「お勉強が出来る」とおだてられるだけの、ただの本の虫ではダメなのだ。

従来訳

論語 下村湖人
先師がいわれた。――
「君子は飽食を求めない。安居を求めない。仕事は敏活にやるが、言葉はひかえ目にする。そして有徳の人に就いて自分の言行の是非をたずね、過ちを改めることにいつも努力している。こうしたことに精進する人をこそ、真に学問を好む人というべきだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「君子吃不求飽、住不求安、做事靈敏、言談謹慎、積極要求上進,就算好學了。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「諸君が食べて飽きを求めず、住んで安らぎを求めず、仕事をして利発で素早く、語って慎み深く、積極的に進歩を求めたなら、間違いなく学問好きと言える。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


君子

論語 君子 諸君 孔子 孟子

論語の本章では”弟子の諸君”。孔子生前の語義は単に”貴族”を意味し、派生的に「諸君子」が縮まって「君子」となり、”諸君”の語義があった。ただし”教養ある人格者”などのような偽善的語義は、孔子没後一世紀に現れた孟子が提唱してからである。詳細は論語における「君子」を参照。

論語 食 金文
(金文)

論語の本章では”食べる”。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、「亼(あつめて、ふたをする)+穀物を盛ったさま」をあわせた会意文字。容器に入れて手を加え、柔らかくしてたべることを意味する、という。詳細は論語語釈「食」を参照。

論語 飽 甲骨文 論語 飽 古文
(甲骨文・古文)

論語の本章では”飽きる・満足する”。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、「食+〔音符〕包(中に物をつつみこむ、まるくふくれる)」の会意兼形声文字。『字通』によると「食+包」で、飽は包に食をともない、酒食に猒きて満ち足りること。詳細は論語語釈「飽」を参照。

論語 居 金文 論語 居
(金文)

論語の本章では”住まう”。初出は春秋時代の金文。『学研漢和大字典』によると、「尸(しり)+音符古(=固。固定させる、すえる)」の会意兼形声文字で、台上にしりを乗せて腰を落ち着けること。『字通』では、祖先の祭祀のとき、かたしろとなる者が几(机)に腰かけている姿。居はその形声字で古声。詳細は論語語釈「居」を参照。

論語の本章では”もとめる”。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、求の原字は、頭や手足のついた動物の毛皮を描いた象形文字。毛皮はからだに引き締めるようにしてまといつけるので、離れたり散ったりしないように、ぐいと引き締めること。裘(キュウ)(毛皮)はその原義を残したことば、という。詳細は論語語釈「求」を参照。

論語 安 金文
(金文)

論語の本章では”やすらぎ”。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、「宀(やね)+女」の会意文字で、女性を家の中に落ち着かせたさま。疑問詞・反問詞などに用いるのは当て字で、焉と同じ、という。詳細は論語語釈「安」を参照。

論語 敏 甲骨文 論語 敏 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では”素早い”。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると「每(草がどんどん生える)+攴(動詞の記号)」の会意文字で、休まず、どんどん動くことを示す、という。詳細は論語語釈「敏」を参照。

事(シ)

事 甲骨文
(甲骨文)

論語の本章では”事務”。動詞としては主君に”仕える”の語義がある。初出は甲骨文。甲骨文の形は「口」+「筆」+「又」”手”で、口に出した言葉を、小刀で刻んで書き記すこと。つまり”事務”。「ジ」は呉音。詳細は論語語釈「事」を参照。

論語 慎 金文大篆 論語 真 解字
(金文大篆)

論語の本章では”つつしむ”こと。新字体は「慎」。初出は西周中期の金文。『学研漢和大字典』によると、眞(シン)(=真)は、欠けめなく充実したこと。愼は「心+(音符)眞」の会意兼形声文字で、心が欠けめなくすみずみまでゆきとどくこと、という。詳細は論語語釈「慎」を参照。

敏於事而愼於言

論語 敏 金文 論語 脱走 敏
「敏」(金文)

論語の本章では”言葉は慎重に、行動は迅速に”ということ。

なお論語里仁篇24によく似た言葉として「君子欲訥於言、而敏於行」(口数は少なく、行動は迅速に)とあり、論語陽貨篇では仁が行われる条件の一つに「敏」を挙げて子張に説いている。

また論語顔淵篇12子路を評して「片言可以折獄者、其由也與。子路無宿諾」(仕事が速い。判決を宵越ししない)とあり、行政を宿=宵越ししないことを仁政の条件としている。

就 金文
(金文)

論語の本章では”仕える”。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、「京(おおきいおか)+尤(て)」の会意文字で大きい丘に設けた都に人々を寄せ集めるさまを示す。よせ集めてある場所やポストにひっつけること。転じて、まとめをつける意にも用いる、という。詳細は論語語釈「就」を参照。

有道

論語 有 金文 論語 道 金文
(金文)

論語の本章では”原則を心得た人物”。「道」は”原則”で、詳細は論語語釈「道」を参照。

武内本によると、唐の時代では「道」の字は本文に入っておらず、「就有」では意味が分からないから、注釈として行の横に書き添えた字だという。その場合は「就有而正」は「あるひとにつきてただせ」と訓み、”誰かに仕えて正してやれ”。詳細は論語語釈「有」を参照。

ところが石碑が建てられた開成年間(836-840)より約千年も前、前漢武帝の時代に生きたはずの孔安国が、すでにこういう注釈を書いた、ことになっている。

孔安國曰敏疾也有道者謂有道徳者也正謂問事是非也

孔安国
孔安国「敏とは素早いことだ。有道とは道徳のある者のことだ。正とは事の是非を尋ねることだ。」(『論語集解義疏』)

孔安国は生没年未詳で、漢儒のくせに避諱すべき「邦」を使うなど、実在が極めて疑わしい人物だが、これが正しいなら、すでに前漢時代に「有道」になっていたことになる。しかし中国人というのは自分のつじつま合わせのためなら、平気で古文書の改竄をやらかすので、どこまで信用できるかは分からない。

論語 正 甲骨文 論語 正 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では”正す”。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、「一+止(あし)」の会意文字で、足が目標の線めがけてまっすぐに進むさまを示す、という。詳細は論語語釈「正」を参照。

「正」の目的語が自分か他者かによって、「就有道而正」の解釈は異なってくる。

  1. 自分:「みちあるにつきてただせ」(原則のある者に従って自分を正せ)
  2. 他者:「みちあるにつきてただせ」(原則のある君主に仕えて政道を正してやれ)

焉(エン)

論語 焉 金文 論語 焉 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では「いずくんぞ」と読んで、”なぜ”を意味する疑問のことば。原義はそう呼ばれる黄色い鳥。上掲の金文は現在最も古い「焉」の字で、戦国末期のもの。従って論語の当時には存在しないが、言葉としては下記『学研漢和大字典』の通り存在し、「」と書かれた。
論語 安 金文
「安」(金文)

漢文読解では置き字として読まないことが多いが、句末に来れば断定の意を、句頭に来れば疑問・反語の意味を持つ。『字通』によれば、巫女が焉鳥の羽根で祭器をさすって神意を問うたという。

一方『学研漢和大字典』によると象形文字で、えんという鳥を描いたもので、燕(エン)(つばめ)に似た黄色い鳥。安・anと焉・ɪanとは似た発音であるので、ともに「いずれ」「いずこ」を意味する疑問副詞に当てて用い、また「ここ」を意味する指示詞にも用いる、という。

詳細は論語語釈「焉」を参照。

論語 謂 金文 論語 謂 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では”…だと評価する”。現行書体の初出は春秋後期の石鼓文。部品で同義の「胃」の初出は春秋早期の金文。『学研漢和大字典』によると、胃は、「まるい胃袋の中に食べたものが点々と入っているさま+肉」で、まるい胃袋のこと。謂は、「言+〔音符〕胃」の会意兼形声文字で、何かをめぐって、ものをいうこと、という。詳細は論語語釈「謂」を参照。

論語の本章では”好む”。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、「女+子(こども)」の会意文字で、女性が子どもをたいせつにかばってかわいがるさまを示す、という。論語語釈「好」を参照。

論語の本章では、”…である”という断定。これは戦国時代以降の語法。孔子の生前は、”…については”と主語を強調する意を示す。詳細は論語語釈「也」を参照。

也已→已矣

論語の本章では強い断定をあらわす助辞。”…だけだ”。「也」に限定の助詞「已」が加わったもの。「也」より強く断定する場合に用いる。『論語集釋』には、「漢石經作”好學已矣”」とあり、後漢末の時点では「已矣」となっていたと分かるが、「已」も「矣」も断定・完了を表す。

ただし「矣」は論語の時代に存在せず、同音同義に「已」があるが、そうなると本章の文末は「已已」になっていたとするほか史実性を説けない。さすがにこれはおかしく、「已」一字だけだったろう。

なお「已矣」は「やんぬるかな」「やみなん」とも読み下し、「もうだめだ。もうこれまでだ。絶望をあらわすことば」と『学研漢和大字典』にいう。だが本章は絶望の意ではあるまい。

就有道而正。焉可謂好學已矣。

ここは句読の切り方が二つある。

伝統的句読:就有道而正。可謂好學已矣。
有道に就き正しなん。學を好むと謂う可き已矣のみ
原則のある人に従って正してしまえ。まさに学問を好むと評価すべきだ。
訳者の句読:就有道而正。可謂好學已矣。
道有るに就き而正せ。いずくんぞ學を好むと謂う可き已矣のみならん
原則のある人に従って正せ。なぜ学問を好むと評価すべきだけなの

どちらにも理はある。まず従来の句読だが、6字・6字で綺麗に切れることが挙げられる。ただし漢文は必ずしも6字で切れるわけではないので、ただそれだけのことだ、とも言える。また上記「已矣」で検討したように、もとは「已」一字だった可能性がある。すると6字・6字の切れに意味がなくなる。

また「原則のある人に従って正してしまえ」から、「まさに学問を好むと評価すべきだ」に文脈が繋がらず、何を言っているのか分けが分からない。

対して訳者の句読は、「就有道正」の目的語が「有道」だとすることからの切り分けで、「まともな政治家に従って正してやれ」→「学問ばかりしていてはいけないのだ」と話が繋がる。

従来の句読は、過去の儒者の意見に従った前者の訓みだが、その原文を参照しよう。

古注『論語集解義疏』

云可謂好學也已矣者合結食無求飽以下之事竝是可謂好學者也

論語 古注 何晏 論語 古注 皇侃
「可謂好学也已矣」と孔子様が仰せになったのは、「食に飽くを求むるなく」以下の、「いい住まいを求めず、言葉は慎重行動は迅速」が全て揃ったら、それで学を好む者と言っていい、の意味だ。

句読を「焉」の直後で区切った理由を、何一つ説明していない。蛇足ながら、新注も参照しておこう。

新注『論語集注』

好,去聲。不求安飽者,志有在而不暇及也。敏於事者,勉其所不足。慎於言者,不敢盡其所有餘也。然猶不敢自是,而必就有道之人,以正其是非,則可謂好學矣。凡言道者,皆謂事物當然之理,人之所共由者也。尹氏曰:「君子之學,能是四者,可謂篤志力行者矣。然不取正於有道,未免有差,如楊墨學仁義而差者也,其流至於無父無君,謂之好學可乎?」

論語 朱子 新注
好の字は弱め下がり調子に読む。

安楽と飽食を求めない者には、高い志があってその実現のためたゆまぬ努力をするものである。行動が迅速な者は、自分の出来ない点を改めようと努力するものである。言葉に慎重な者は、自分の力を出し尽くそうとはしないものである。

しかしこれでいいのだと自己満足に陥ることなく、必ず道理をわきまえた人に付き従って、自分の価値観を正す。これがすなわち、学問を好むということだ。何事につけ道理というものは、全てそうなってしかるべきことわりを指し、人は皆それに従うのだ。

イン氏(トン)「君子の学問とは、(安楽と飽食を求めず、行動が迅速で、言葉に慎重という)この四つの項目と言えるが、それを強く志して実践に努力するに値すると言って良い。しかし道理をわきまえた人に正しい道を教わらないと、間違った思い込みを免れない。

例えるなら楊朱や墨子の学問にも仁義はあるが、儒学より劣っているようなものだ。そんな学問を突き詰めても、父親や主君がいないも同然の無道に陥るから、学問を好むとどうして言えようか。」

句読の切り方に疑問すら持っていない。こりゃあダメだ。

孔子~古注は約730年。新注までは約1680年。現在までは約2500年。はるか昔の読めなくなった文章を、試行錯誤して読み進める点では、新古の注を書いた儒者も、現代の論語読者も変わらない。だから両者は対等で、儒者の根拠無きでたらめは、でたらめと断じてかまわない。

論語:解説・付記

論語の本章は、孔子生前の時代背景や、孔子塾がどのような集団だったかを理解しないと、何が書いてあるか分からない。春秋時代は身分制度の社会だったが、社会の底辺出身の孔子が宰相になったことで、その秩序が崩れ始めた。孔子塾はそれを助長する学塾だった。

つまり成り上がった当人である孔子が、そのほとんどが庶民である塾生に、君子=貴族に相応しい技能と教養を伝授して、卒業生が次々と仕官して貴族になることを目指す団体だった。従って、「お勉強が出来る」とおだてられているうちはまだまだで、孔子も肯定しなかった。

論語 孔子 悩み
『詩経』を全部暗記しました、と自慢する奴が、役所仕事はしくじる使いは務まらずでは、全くの役立たずだ。(論語子路篇5)

ここから、孔子塾がただのカルチャーセンターではなかったことが読み取れる。歴代の儒者がそのように理解したがった理由は、儒者の学問は官職を得ることが目的ではなく、官職はカネと権力を得るための手段に過ぎず、面倒くさい役所仕事などまっぴらご免だったからだ。

また論語の本章に言う「学」は、春秋時代では”座学”を意味し、孔子塾の必須科目のうち、座学で済むのは読み書きと算術だけ。あとの礼法・音楽・戦車術・弓術は、「学」ぶものではなく「習」うものだった。当時の貴族は従軍したから、「学を好む」だけでは務まらない。
カーラ 弓

対して歴代、九分九厘の儒者はワイロ取りとポエム書きしか能が無く、賄賂と箸と筆より重い物を持とうとしなかった。力仕事をするのは、卑しい者だと馬鹿にした。その結果が現中国にまで至る、役人と民間人の間の、主人と奴隷の如き関係で、それが崩れぬのを儒者は願った。

事情は論語の時代も変わらず、だから塾生は成り上がり目指して励んだのだが、ゆえに教える側の孔子としては、「お勉強だけしていれば良いよ」とは言えなかった。言った瞬間に、弟子がぞろぞろと逃げるに決まっているからだ。実績の無い予備校に入る者は今もいない。

後漢の王充が、面白がってこんな伝説を書き付けている。

少正卯在魯,與孔子並。孔子之門三盈三虛,唯顏淵不去,顏淵獨知孔子聖也。夫門人去孔子歸少正卯,不徒不能知孔子之聖,又不能知少正卯,門人皆惑。子貢曰:「夫少正卯、魯之聞人也,子為政,何以先之?」孔子曰:「賜退!非爾所及!」夫才能知佞若子貢,尚不能知聖,世儒見聖,自謂能知之,妄也。

王充
少正卯は孔子と同様に、魯で塾を開いていた。孔子塾とは塾生の取り合いになり、たいていの弟子は三度ほど両塾を出入りした。ただし顔淵だけは孔子塾にいたままだった。顔淵だけが、孔子の真価を理解していたからである。

孔子塾から少正卯塾に移籍した者は、孔子の真価が分からなかっただけでなく、少正卯の人となりも知らなかった。ただ風に吹かれるかんなくずのように、行ったり来たりしていただけだった。その一人である子貢が言った。

論語 子貢 遊説 論語 孔子 説教
子貢「あの少正卯という人は名高いですが、先生が政権を握ったら、どうなさいます?」
孔子「うるせえ。お前の知ったことか。」

子貢ほど才に溢れた者が、孔子の真価を知らなかったのである。だからどこにでもいるバカたれ儒者が、「この人は偉い」と言っても信用するわけにいかない。(『論衡』講瑞5)

史実ではあるまいが、論語の時代もこの程度には、弟子は不逞の輩だったに違いない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

関連記事(一部広告含む)