論語007学而篇第一(7)賢をとうとびて色をかえ

論語学而篇(7)要約:孔子一門きってのカタブツ、文学青年子夏くんの青年の主張。孔子先生から見れば微笑ましい血気盛んな演説ですが、現代人もまた大人の目線で、子夏くんの主張を聞いてあげましょう。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子夏曰、「賢賢易色、事父母能竭其力、事君能致其身、與朋友交言而有信、雖曰未學、吾必謂之學矣。」

書き下し

子夏しかいはく、けんたふとびていろへ、父母ふぼつかへてちからつくし、きみつかへていたし、朋友ほういうまじはるにしんあらば、いままなばずとふといへども、われかならこれまなたりふ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子夏
子夏が言った。「賢者を敬うには表情を引き締め、父母に奉仕するには力の限りを尽くすことができ、主君に仕えるには身を捧げることができ、友人と交際するには言葉に嘘がなければ、その人に学問知識が無くても、私はその人を学問を修め終えた人と言う。」

意訳

論語 子夏

さんのお説教。「誰だろうと人柄がまじめで一生懸命やっている人がいたら、学がないとか言ったりししちゃいけない。」

従来訳

 子夏しかがいつた。――
「美人を慕う代りに賢者を慕い、父母に仕えて力のあらんかぎりを尽し、君に仕えて一身の安危を省みず、朋友と交つて片言隻句も信義にたがうことがないならば、かりにその人が世間に謂ゆる無学の人であつても、私は断乎としてその人を学者と呼ぶに躊躇しないであろう。」

下村湖人『現代訳論語』

賢賢ケンケンたるかなとかげの色や」
コロコロ変わるよ、トカゲの色は、という古歌がある…。

宮崎市定『論語の新研究』

「賢きものをたっとびて色ごのみをかろんぜよ」
賢者を敬って好色の者を低く見下すがよい…。

藤堂明保『論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子夏

論語 子 金文 論語 夏 金文
(金文)
孔子の弟子(BC507ごろ-BC420ごろ)。子夏は字、姓はボク、名は商。衛の人、一説に晋の温(現在の河南省焦作市温県)出身。『史記』弟子伝によると孔子より44年少。子游とともに古典研究に優れ孔門十哲の一人とされる。今文経学では六経伝承の淵源を子夏に求めている。

子夏の学風は後の荀子ジュンシへと受け継がれるとされるが、荀子は子夏の派閥を手ひどく批判しており、疑わしい。そう見えないこともないわけではないという程度だろう。

論語 荀子
衣冠を正し、容貌を整え、口にものを含んだような顔をして、一日中ものを言わずに黙っている。それが子夏氏の系統を引く腐れ学者だ。(『荀子』非十二子篇)

孔子からは「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」で「及ば」と評された(『論語』先進篇)。とにかく頭が固く、融通が利かなかったようである。孔子没後、北方の大国・魏の文侯に招かれ、その師となった。李克・呉起・西門豹はその学生である。

『礼記』によると、自分の子供が死亡した際にあまりの悲しみに失明した。それを聞き、同門である曽子が子夏を訪ね、子夏が「なぜ、自分だけこのような不幸に会わなければならないのか」と嘆くと、「ずっと妻子を放っておいて何事か」と怒鳴った。

それに対し「我、過てり」と嘆いたという。詳細は論語の人物:卜商子夏を参照。

論語 賢 金文 論語 ブッダ
(金文)

論語の本章では”賢者”。原義は”宝箱をじっと見つめてよく管理する人”。宮崎本に言う古歌では、おそらく”ゆたか”の語義で「多色に変わるなあ、トカゲの色は」として歌われたと想像する。吉川本では、「賢」は賢いと言うより、偉いの意だという。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、已(ケン)は、「臣(うつぶせた目)+又(手。動詞の記号)」の会意文字で、目をふせてからだを緊張させること。賢は「貝(財貨)+〔音符〕已」で、かっちりと財貨の出入をしめること。緊張して抜けめのない、かしこさをあらわす。

緊(キン)(がっちりしまる)・堅(ケン)(かっちり)・虔(ケン)(かしこまる)などと同系のことば。

類義語の聡(ソウ)は、つつぬけるように、わかりがはやいの意。怜(レイ)は、悟りがよいこと。智は、ずばりといいあてて、さといこと。叡(エイ)は、奥深くまで目がきくこと。慧(エ)は、細かく心がはたらくこと。敏は、神経がこまごまとよくはたらくこと、という。

 論語 易 金文 論語 ヤモリ 易
(金文)

論語の本章では、”変える・改める”。

『学研漢和大字典』では会意文字で、古歌通りとかげの意とし、文字の形は「やもり+彡印(もよう)」で、蜥蜴(セキエキ)の蜴の原字。もと、たいらにへばりつくやもりの特色に名づけたことば。

また、伝逓の逓(次々に、横に伝わる)にあて、AからBにと、横に、次々とかわっていくのを易という。地(たいらな土地)・紙(たいらなかみ)・錫(セキ)(たいらに伸ばす、すず)・也(ヤ)(たいらなさそり)などと同系のことば、という。

論語 易 甲骨文
(甲骨文)

一方『字通』では”宝玉を持った巫女がたまぶりをする姿”とある。最も古い甲骨文を見ると、『字通』の言う通り、とかげには見えないと訳者は思う。

論語 事 金文 論語 介護 事
(金文)

論語の本章では動詞として”仕える・使う”。詳細な語釈は論語語釈「事」を参照。

論語 能 金文 論語 能 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では『大漢和辞典』の第一義と同じく”~できる”。なお『大漢和辞典』によると三本足の亀も「能」と呼ぶらしい。これを食うと死んでしまい、姿形も残らないという。
論語 能 三本足 亀

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、㠯(イ)(=以)は、力を出して働くことを示す。能は「肉+かめの足+〔音符〕厶(㠯の変形)」で、かめや、くまのようにねばり強い力を備えて働くことをあらわす。▽熊(ユウ)(ねばり強いくま)の字の上部と同じ。

竭(ケツ)

論語 竭 金文 論語 沙漠 オアシス 竭
(金文)

論語の本章では”尽くす”。『大漢和辞典』の第一義は”背負い上げる”。

『学研漢和大字典』によると、会意兼形声文字で、「立+〔音符〕曷(カツ)(かすれる)」。喝(カツ)(声がかすれる)・渴(=渇。水がつきてかすれる)と同系のことばという。

論語 致 金文 論語 至 解字
(金文)

論語の本章では”ささげる”。『大漢和辞典』の第一義は”おくりとどける”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、至は、矢がー線までとどくさまをあらわす会意文字。致は「夂(あし)+〔音符〕至(いたる)」で、足で歩いて目標までとどくこと。自動詞の「至」に対して、他動詞として用いる。

類義語の効(コウ)(いたす)は、力をしぼり出すこと、という。

謂(イ)

論語 謂 金文 論語 胃酸 謂
(金文)

論語の本章では、同じ「言う」でも、”事・人を論じてその実体を得る”こと。『大漢和辞典』の第一義は”あたる”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、胃は、「まるい胃袋の中に食べたものが点々と入っているさま+肉」で、まるい胃袋のこと。謂は、「言+〔音符〕胃」で、何かをめぐって、ものをいうこと。

囲(イ)(めぐってとりまく)・蝟(イ)(まるくめぐってとりまく)などと同系のことばという。

論語:解説・付記

従来の論語の解説本では藤堂本にあるように、論語の本章を色事禁止と言い出したのは朱(朱子)で、『論語集注』に「人之賢をうやまい、而して其の好色之心をえ、善き誠有るを好む也」(賢者を敬い、好色を改め、よい真心があるのを好んだのだ)とある。
論語 朱子 新注

国土の北半分を異民族の占領下に置かれた南宋時代ならではで、軍国主義者の朱熹は、論語や儒教に奴隷的献身の教義を持ち込んだ。宋の儒学は一種の合理主義が認められるが、行動の自由も奪ったのだ。一方当人は、確認できるだけでも息子三人、娘五人の子だくさんである。
論語 南宋 地図
Map via http://www.rockfield.net/kanbun/classicmap/

漢帝国統治下で儒教が国教となって以降、論語始め儒教経典に記された教えや道徳は、儒者にとって試験に出る暗記項目でなければ、所詮他人事のお説教だった。それゆえの朱子の子だくさんだが、確信犯として論語を、卑屈とその裏返しの傲慢風に書き換えた。

こんにちに至るまで、論語をつまらないお説教集に作り替えた主犯の一人は、朱子と言って良く、朱子は儒教の刷新を唱えたにもかかわらず、漢帝国以来の儒者の偽善とハッタリ、人を人とも思わない高慢ちきはしっかりと受け継いでおり、現代的には迷惑な人と言っていい。

しかし論語に与えた影響が余りに大きく、本サイトの翻訳で各章に付した通し番号も、元はと言えば朱子の切り分け方に従っている。それは所々おかしな切り方にはなっているが、世間の論語本のほとんどが、この切り方に従っているので、趣味人の便にはそう切るしかない。

もちろん訳者自身が自分の訳を引くためにも便利である。古典というのはこうした制約から逃れがたいが、現代の読者としては、せめてこうした過去の儒者が論語にべったり貼り付けた、あまり意味が無いどころか誤読や誤訳を招くような解釈からは、自由でいた方がいいと思う。

論語 能 三本足 亀
なお三本足の亀については、論語内容補足:『庚巳編』現代語訳:のろいの亀を参照。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)