論語005学而篇第一(5)千乗の国をおさむるには

論語学而篇(5)要約:誰でも重税とウソをつかれるのはいやなもの。だから政治不信は政治家・官僚のウソと税金のむだ遣いから。孔子先生は2,500年前に、それをもう分かっていました。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「道千乘之國、敬事而信、節用而愛人、使民以時。」

書き下し

いはく、千じようくにをさむるには、ことつつしみまことあり、つひえをしひとあいし、たみ使つかふにときもつてす。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。戦車千両の国を治めるには、政務をまじめに行って信用があり、出費を抑えて人を愛し、民を使うには時期を選ぶ。

意訳

論語 孔子 キメ
中ぐらいの国の統治の要領。

  1. まじめにやれ。
  2. 民にウソ付くな。
  3. 税は安く。
  4. 民を愛せよ。
  5. 労役はヒマな時に。

従来訳

 先師がいわれた。――
千乗せんじょうの国を治める秘訣が三つある。即ち、国政の一つ一つとまじめに取組んで民の信を得ること、出来るだけ国費を節約して民を愛すること、そして、民に労役を課する場合には、農事の妨げにならない季節を選ぶこと、これである。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 道 金文 論語 ガイド 道
(金文)

動詞で用いる場合は”みち”から発展して”導く=治める・従う”。”言う”の意味もあるが俗語。

『学研漢和大字典』によると、会意兼形声文字で、「辶(足の動作)+〔音符〕首」で、首(あたま)を向けて進みいくみち。また、迪(テキ)(みち)と同系と考えると、一点から出てのびていくみち。▽首(シュ)はthiogから変化してʃıəuと発音するようになったので道(dog)の音符となりえた。類義語の路は、石を敷いたみち、また横の連絡みち。塗・途は、平らにのびたみち。疇(チュウ)は、田の間のあぜみち。

武内本によると、陸徳明の釈文では、ある本は「導」と書き、唐石経で「道」と書くという。

「道」の詳細な語釈は、論語語釈「道」を参照。

千乗之国

論語 千 金文 論語 乗 金文

「千乗」(金文)

論語の本章では”中ぐらいの国”。『孫子』の記述を真に受けて計算すると、総兵力10万の、当時としては超大国になってしまう。『春秋左氏伝』哀公十四(BC481)年の記述に、魯の家老季康子が孔子の弟子冉有ゼンユウに語った言葉として、自国の魯を「千乗の国」と言っている。

また『春秋左氏伝』哀公七年(BC488)の記事では、魯国に攻められた隣国・チュの使者が、呉王に援軍を乞うて「魯国の戦車は八百乗、我が国は六百乗」と言っている。千乗にやや足りないが、国力に大差がある魯国の戦車台数が三割り増し強とは考えにくい。使者の詭弁だろう。

論語 国 金文
「国」(金文)

当時の魯はさかんに周囲の小国を兼併するなどしているから、決して小国とは言えないが、西北の晋、東の斉、南の楚、東南の呉といった大国に脅かされる、中原諸侯国の一国なので、”中ぐらいの国”と解していいだろう。

論語 春秋時代地図

Map via http://shibakyumei.web.fc2.com/

論語 事 金文 論語 事 解字
(金文)

論語の本章では”政務”。動詞としては主君に”仕える”。

『学研漢和大字典』によると、会意文字で、「計算に用いる竹のくじ+手」で、役人が竹棒を筒(ツツ)の中にたてるさまを示す。のち人のつかさどる所定の仕事や役目の意に転じた。また、仕(シ)(そばにたってつかえる)に当てるという。

論語 節 金文 論語 耐乏生活 漫画家
(金文)

論語の本章では”つましい”。諸橋『大漢和辞典』の第一義は”ふし”。

論語の時代、君主が軍隊など支配下にある組織や器物の使用を臣下に許可する際、割り符の片方を臣下に与えた。もう片方は君主が保管しておき、使用を許可する際には使者に持たせて、割り符が一致すれば動員できた。

その割り符を「節」といい、おそらく竹の節のようにその割れ目で二つの割り符が一致するからだろう。ここから、権限はあっても使用には許可が要るような、制御状態にあることを節制といい、使用を慎むことから”つましい”の意味になった。

論語 虎符
これは虎符コフと呼ばれる割り符。

縦にスパリと二分され、片方を前線の将軍が、片方を君主が保管した。文字が刻まれることがあり、片身に「これを某地の将軍に与える」もう片身に「これを首都に置く」のように記された。銅で作られたものは戦時に用い、竹で作られたものは演習に用いられたという。

また君主の権限を使者や将軍に委任したことを示す旗印があり、これも「節」という。
論語 節

詳細は論語語釈「節」を参照。

使民

論語 使 金文 論語 民 金文
(金文)

論語の本章では”民を労役に動員すること”。古代中国の税は日本同様、収穫物の年貢と労役の二本立て。論語の時代、規格品の貨幣はまだ出現しておらず、南方楚国の金貨「郢爰エイエン」が確認できる程度。チョコレート状の金の板で、切り取った一片が「郢ショウ」と呼ばれる。


現物は日銀金融研究所に収蔵されているらしい。若い頃、仕事で現地に見に行ったが、せっかく日銀に就職したのに、こんな所に回され気の毒な顔をした、気のいいお兄ちゃんが複写フィルムを出してくれたのみで、現物は見ていない。

論語 時 金文 論語 稲刈り 時
(金文)

論語の本章では”農閑期”。「しかるべき時」と吉川本にある。当時の庶民はほとんどが農民なので、農繁期に動員したり徴兵したりすると、国力に大きな打撃を受けた。

詳細な語釈は論語語釈「時」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、孔子の政治経済論が知れる一節。政治とは利益分配であり、経済政策は古今東西欠かせないのだが、孔子は貧弱な経済政策しか持たなかった。孔子の志は教師である以上に政治家であり、それだけに経済の充実が統治の基本だと理解はしていた(論語為政篇1)。

しかし論語の時代は古代であり、孔子の経済論の貧弱さには、訳者としても若干の弁解の必要がある。論語では孔子は社会経済論について、「足らざるを憂えず、等しからざるを憂う」(論語季氏篇3)と言い、本章で言う倹約以外にはこれしか経済政策がない。
論語 孔子 哀

従って後世、論語が有り難がられるようになると、日中両国で正義の味方になりたい政治家とその候補は、口を揃えてこの二つを提唱した。日本で言えば松平定信や水野忠邦がそうであり、徳川吉宗の享保の改革はその先頭を切ったが、経済政策は全て失敗と評価されている。

市場に倹約を強要すれば、一挙に景気が冷え込むからだ。

論語 徳川吉宗
確かに幕府財政は持ち直したかも知れないが、当時の経済事情を無視して論語の真似をしても、一国単位でうまく行かなかったのは当然。当の孔子にしたところで、厳罰主義で民はおとなしくなりはしたが、豊かになり為政者として孔子を好いたという記録は一切残っていない。

孔子が当時の政治家として他者より優位にあった点は、古典をよく読んでいるから歴史を知っていたことで、それは司法や儀式には役立っただろう。しかし経済は生き物であって、昔をいくら知ったところで参考になるところが少なく、人間の知識のはるか先を行く。

現代経済学でもそれは同じで、自分で経済に立ち向かい、バクチを張って財を成したのは、大どころではケインズしかいない。まして論語の時代に生きた孔子に、古典を読んだだけで有効な経済政策を考えろと言うのは酷である。だがそれは、政治家としての免罪符にはならない。
論語 ケインズ

政治家がおかしな経済論を強行すれば、迷惑するのは民だから。孔子は論語の各所で、民を大事にしろとうるさく言うが、残念ながら民が最も求める豊かな生活、少なくとも飢えや凍えのない生活を保証してやったことは、記録を読む限りただの一度も実績がない。

さて吉川本によると、荻生徂徠はこんな簡単なことで千乗の国が治まるわけがないとし、『論語徴』で第一句を「千乗の国をよぎるには」と読み下して、「天子が、諸国の諸国を巡行する場合、無理な設備や饗応をさせて、人民を苦しめてはいけない」事と解したと記す。

また「徂徠らしい面白い説であると共に、面白い説の常に持つ不安をも伴っている」という。
論語 荻生徂徠

吉川博士が活躍した時代は、ようやく『大漢和辞典』が揃い始めた時期で、古典を中国の儒者の解釈によらず、文字学的・言語学的に読もうとするなどは考えもつかなかった。従って新古の注から外れた読み方は、素人談義としてまともに扱われなかった時代でもある。

その時代に論語の権威として学界に君臨した吉川博士が、注釈書にそぐわない解釈をこき下ろすのも無理はない。人は時代の子だからだ。しかし現代は違う。儒者の主張には根拠がなく、個人の感想に過ぎないことが多い。論語の読み方にも、そろそろ革新があっていいと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)