論語011学而篇第一(11)父いまさばその志を

論語学而篇(11)要約:世の親御さんたち、よーく聞きなさいと、孔子先生が親たちをたしなめるお話。孝行して貰いたかったら、孝行して貰えるような親になれ、と。親孝行も愛情も、一方通行では長続きはしません。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「父在觀其志、父沒觀其行。三年無改於父之道、可謂孝矣。」

書き下し

いはく、ちちいまさばこころざしちちみまからばおこなひる。三ねんちちみちあらたむるからば、かうし。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 キメ
先生が言った。「父親が生きていればその思いを時間を追って見定めるようにし、亡くなったらその行いを時間を追って見る。その上で三年間父親の決めた方針を変えないのなら、まさしく孝行と言える。」

意訳

論語 孔子 叫び
世の親御さんたち。よーく聞きなさい。死後三年過ぎても子供に文句を言われないようでないと、子は孝行者に育ちませんぞ。

従来訳

 先師がいわれた。――
「父の在世中はそのお気持を察して孝養をつくし、父の死後はその行われた跡を見て、すべての仕来りを継承するがいい。こうして三年の間父の仕来りを改めず、ひたすら喪に服する人なら、真の孝子といえるであろう。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 志 金文 論語 志 解字
(金文)

論語の本章では”こころざし”。『大漢和辞典』の第一義も”こころざし”。『学研漢和大字典』には”心が目標を目指して進み行くこと”とある。『字通』には”古くは誌・識の意に用い、むしろ心にある意こそが初義であろう”という。ここでは”思い”と訳した。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、この士印は、進み行く足の形が変形したもので、之(シ)(いく)と同じ。士女の士(おとこ)ではない。志は「心+(音符)之」で、心が目標を目ざして進み行くこと。詩(何かを志向する気持ちをあらわした韻文)と同系のことば、という。

口や行動には出さない、心の中のことであり、生きているからこそ察することが出来ると気付くと、今回は従来訳が卓見と思える。詳細な語釈は論語語釈「志」を参照。

觀(観)

論語 観 金文 論語 クビナガカイツブリ 観
(金文)

論語の本章では”並べて見比べる。つまびらかに見きわめる”。『大漢和辞典』の第一義は”みる”、以下”しめす・あらはす…”と続く。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、觀の左側の字(音カン)は口をそろえて鳴く水鳥を示し、そろえる意を含む。觀はそれを音符とし、見を加えた字で、物をそろえてみわたすこと。

權(=権。そろえてはかる)・顴(カン)(左右そろったほお骨)などと同系のことば、という。

詳細は論語語釈「観」を参照。

謂(イ)

論語 謂 金文 論語 謂 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では、”価値判断を含めて発言する。評論する”。

詳細は論語語釈「謂」を参照。

論語 孝 金文 論語 孝 解字
(金文)

論語の本章では”孝行者”。『学研漢和大字典』によると会意文字で、「老人の姿を示す老の字の上部+子」。コウは、好(たいせつにする)と同系。また、効(力を尽くす、力をしぼり出す)と同系と考えることもできる、という。

なお「孝」の字は甲骨文では発掘されておらず、西周(BC1100頃-BC771)中期の金文でやっと現れる。これは孝行の概念が意外に新しいことを示している。つまり周代に入ってかなり過ぎてから、孝行がもてはやされ、あるいはお説教として広まった可能性が高い。

論語 舜
『史記』では古代の聖王・シュンを、夏-殷-周王朝より前の人物として取り上げ、並外れた孝行者として持ち上げるが、もとより舜などの聖王は創作された人物であり、孝行を強調することがかえって、実在の人物でないことを示している。

論語:解説・付記

後半が論語里仁篇20にも重出。既存の論語本では吉川本によると、三年の喪は足かけ三年で、実は27ヶ月もしくは25ヶ月という。

論語と言えば儒教、儒教と言えば親孝行、と思われがちだが、本章で孔子はそうは言っていない。従来の論語本が解釈したような、一方的な親孝行の条件を押し付けているのではなく、それぐらいでないと子は孝行するにもやりようがない、と言っている。

朱子とその引き立て役が何を言ったか見てみよう。

論語 朱子
朱子「父親が在世中は、子は好き勝手できない。勝手をしないからこそ、父の志を知りうる。父が亡くなったら、その後で父の行いを見うる。没後に見たからこそ、父の善悪が分かる。しかし父の道を固く三年間守らないと、孝行者には全然なれない。そうでなければ、父が善人だったとしても、子は孝行者になれない。」

イン氏「父の道を生涯守り続けるなら、それはいい事だ。もし父が悪党なら、なんで三年も待たねばならぬか。さっさと変えたらいいのだ。それなのに三年間変えないのは、孝行者だろうが父を思いやる気持がないのだ。」

ユウ氏「三年間変えない子は、”おやじはとんでもない奴だった”とブツクサ言いながら、だらだらと父親の真似をしているに過ぎない。」(『論語集注』)

おや? …意外にも奴隷的な親孝行を言っていない。それもそのはず、朱子のおやじはとんでもない暴君で、子=朱子に怨まれていたからだ。卑屈に育てられた子供は将来必ず呵責を始める。現代精神医学の言う通りだ。奴隷的親孝行は、むしろ漢代儒者の発明らしい。

さて孔子は夢想家だったが、現実政治家でもあった。だから論語をつまらないお説教ばかりと思うのもまた間違い。夢想家というなら、諸子百家の中では墨子の教説が最も書生論と言って良く、その恐るべき軍事技術が無効化されたとたん、この世から姿を消してしまった。

それにもかかわらず論語も儒教も生き残ったのは、それ相応に実用的価値があるからで、戦乱時代の武将から成り上がった創業皇帝やその後継者から、支持される道理がない。それは家庭の道徳についても同様で、子を売るようなおやじに孝行を尽くせと言って、誰が従うだろう。

論語 孔子 哀
確かに孔子は幼少期に父を亡くし、実は父が誰かも分からないというから、理想的な家庭像をあこがれるように胸に抱いていたふしはある。だからといって論語を通読する限り、出来もしないようなことを、論語本編の読者である初学者に言うような無茶はしなかった。

孔子は同時代の賢者・ブッダと同じく、相手の力量に合わせて教えを説く人であり、それゆえに論語のそれぞれの言葉が、必ずしも論理一貫してはいない。しかし現代の読者としては、それを踏まえて読めばいいのであって、怪しげな儒者の説に、盲目的に従う必要は無いだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)