論語004学而篇第一(4)吾日に三たび

論語学而篇(4)要約:孔子先生に名指しでウスノロ呼ばわりされた曽子は、他人に道徳をお説教したがる迷惑な人でした。ああそうですか、と聞き流せばいいお説教で、普通の現代人にはできもしないおとぎ話。当人も可能か怪しいものです。

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

曾子曰、「吾日三省吾身。爲人謀而不忠乎。與朋友交而不信乎。傳不習乎。」

書き下し

曾子そうしいはく、に三たびかへりみる。ひとためはかちうならざる朋友ほういうまじはしんならざるならはざるをつたふる

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 曽子
曽子が言った。「私は日に三度我が身を省みる。人のためにものを考えてやって、心にもない事を言わなかったか。友人と交わって嘘を言わなかったか。自分に出来もしないことを人に教えなかったか。」

意訳

論語 曽子 ウスノロ
曽先生のお説教。「私は毎日三つのことを反省します。誰かの相談に乗ってやって、心にもないことを言わなかったか。友達づきあいで約束を破らなかったか。自分に出来もしない事を、偉そうに誰かに講釈しなかったか。」

従来訳

 そう先生がいわれた。――
「私は、毎日、つぎの三つのことについて反省することにしている。その第一は、人のために謀つてやるのに全力をつくさなかつたのではないか、ということであり、その第二は、友人との交りにおいて信義にそむくことはなかつたか、ということであり、そしてその第三は、自分でまだ実践出来るほど身についていないことを人に伝えているのではないか、ということである。」

下村湖人『現代訳論語』

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

曾子(曽子)

論語 曽 金文 論語 子 金文
(金文)

諱(いみな。本名)はシン、字(あざな。自分で名乗る通称)は子輿。父は曾テン(曾點、點は点の旧字、字は子セキ)、子に曾申。魯の南武城(現在の山東省済寧市嘉祥県)出身。『史記』弟子列伝・『孔子家語』に依れば、孔子より46年少。

孔子からははっきりと「參や魯(うすのろ)」と評されている(論語先進篇17)。そのためか、孔子一門の政治活動に携わった記録はなく、放浪の旅にも同行していない。

十三経の一つ『孝経』は、曾子の門人が孔子の言動をしるしたと称される。また、孔子の孫・子思は曾子に師事し、子思を通し孟子に教えが伝わったため、孟子を重んじる朱子学が正統とされると、顔回・曾子・子思・孟子を合わせて「四聖」と呼ぶようになった。

『呉子』を著した武将の呉起は、一説には曽子の弟子。兄弟弟子との関係では他人に厳しく、有若が孔子の後継者に擬せられた際には反対し、晩年の子夏を叱りつけたりしている。

子を亡くした子夏に、「自業自得だ」と言い放つのは、人間としてどうなのだろうか。

詳細は論語の人物:曽参子輿を参照。

論語 省 金文 論語 険しい 省
(金文)

論語の本章では、”振り返って詳しく検討する”。語源は『学研漢和大字典』によると、会意文字で、「目+少(小さくする)」で、目を細めてこまごまとみること。析sek(細かくわける)はその語尾がkに転じたことば。

一方『字通』では、目に装飾を施して威圧しながら見回ること、という。

論語 謀 金文 論語 某 謀 梅 字解
(金文・篆書)

論語の本章では、”手立てを考える”。語源は「言」+「某」。

『学研漢和大字典』では会意兼形声文字で、某(ボウ)は、楳(=梅)の原字で、もと、うめのことであるが、暗くてよくわからない、の意に転用される。謀は「言+〔音符〕某」で、よくわからない先のことをことばで相談すること。

煤(バイ)(黒くてよく見えないすす)・媒(バイ)(よく知らない相手どうしをもとめる)などと同系のことば、という。

『字通』では木の枝にくくりつけられた祝詞の容れ物で、それによって神意を問うこと。両者とも”はかる・はかりごと・もとめる”の意。

論語 而 金文 論語 而 解字
(金文)

論語の本章では、”…(し)て”。順接・逆接の接続辞。原義は”ヒゲ”。詳細は論語語釈「而」を参照。

論語 信 金文 論語 訴える 信
(金文)

論語の本章では、「忠」との対比で、”他人を欺かないこと”。一般的意味は、”ウソをつかず、人の言葉を守る”こと。語源は「人」+「言」。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、言は、言明(はっきりいう)の意。信は「人+言」で、一度言明したことを押し通す人間の行為をあらわす。途中で屈することなく、まっすぐのび進むの意を含む。信義の信はその派生義。進・晉(シン)(=晋)・迅(ジン)と同系のことば、という。

論語 忠 金文 論語 ピーマン肉詰め 忠
(金文)

論語の本章では、”自分を偽らないこと”。語源は文字通り”お中の心”で、”本心”。

『学研漢和大字典』によると、会意兼形声文字で、中とは、なか・中身などの意。忠は「心+〔音符〕中」で、中身が充実して欠けめのない心のこと。充実の充(いっぱい)と同系のことばという。

傳(伝)不習乎

論語の本章では、”十分に習熟していないことを伝えなかったか”。

論語 武内義雄 論語之研究
この句には異説があって、武内義雄『論語之研究』によると、前漢武帝の時代に孔子の旧宅から掘り出された古論語では、もと「博而不習乎」だったという(p.79)。「傳」は「博」の間違いであり、前二句同様に「而」が入っていた、ということ。

古論語は来歴が怪しくはあるが、現伝の論語の最も古い版本で、これ以上古い本は現在見つかっていない。しかし古論語そのものもまた、現在では伝わっていない(→論語の成立過程まとめ)。

ともあれ武内説が正しいとすると、読み下しも訳も変わってくる。

博而不習乎 ひろなら

自説の宣伝ばかりして、謙虚に学び取らないことがなかったか。

ただし実際に曽子がやったことと言えば、論語にいくつも自分の言葉をねじ込んで宣伝し、他学派の説を謙虚に学んだ形跡はないから、言っている事とやっている事がまるで違う、ということになる。

論語:解説・付記

論語の本章は、孔子塾小人派の総帥、曽子のお説教で、世の中にはそうできる人もいるかも知れないが、常人にはことのほか困難な話で、曽子自身もそうだったか疑問が付く内容。ウスノロ曽子としては、こうした言葉だけのハッタリをかますしか、言う事がなかったのだろう。
論語 曽子 ウスノロ

その意味で本章は、論語の第二章で読者のやる気をくじいている有若のお説教と同様に、曽子の自己宣伝のために載せられていると言って良く、現代の読者がまじめに取り合う必要のない話。選挙の宣伝カーについて歩くのは、まともな大人ならバカバカしいと思って当然だろう。

ただし曽子の言うような人格は、教師稼業をしているとたまに出くわす。付き合って愉快とは言い難いが、そのような人もいないと、世の中がもっと悪くなるような気がしないでもない。しかし度の過ぎた卑屈は病気であり、卑屈は必ず傲慢を兼ねるから危険でもある。

『礼記』の記載では、曽子は後年、孔子一門のお目付役のようなことをして、弟子の間を巡った。孔門十哲の一人・子夏を訪れた際は、罵倒して叱りつけている。確かに人に対して「忠」で友に対して「信」かも知れないが、その非難はほとんど言いがかりに近い。

論語 曽子 怒 論語 子夏 泣く
そもそも子を失い、視力を失ったのがお前の罪だ。(『礼記』檀弓上篇)

加えて曽子は無能が祟って生涯仕官出来ず、お目付役の巡回も、実は物乞いの巡業だった可能性が高い。何しろ自派の正当性を保証するご本尊、孔子の孫・子思にすら貧窮生活を強いている。子夏の住む遠い魏国にまで出かけたのは、近所では出入り禁止を喰らったからだろう。

ならば低姿勢で憐れみを乞えばいいものを、怒鳴ってゆすったのだ。

こうしたいじめ屋が、論語のように強力な宣伝力を持ったとしたらどうなるか。世間には目を覆わんばかりの偽善がはびこり、それを利用して人を人とも思わぬ人でなしが、人々や社会を食い荒らすだろう(『孔子家語』致思第八付記)。後漢王朝は実際それで滅んだ。

論語 吉川幸次郎
さて吉川本では「魯」を”篤実”ととり、「いかにも曽参らしい、篤実な言葉である」という。また伊藤仁斎の『論語古義』を引き、「反省される事柄が、すべて他人に関係する事柄であることに注意せよ。ただ一人ひきこもって、自分の心を研ぎすます、というようなのは、「論語」の道徳ではない、と」と記す。

孔子生前の孔子塾には多様性があり、「ひきこもって、自分の心を研ぎすます」顔回のような弟子もいた。また白川静『孔子伝』では、そのような隠者生活をよしとする南方の弟子たちの存在を指摘する。顔回こそ論語の精神を体現した者で、吉川博士の指摘は当たっていない。

吉川博士は戦後に論語の権威として名を馳せたが、儒者の注釈はほぼ疑わずに取り込んでいる。これは事大主義(強者に媚びる)でもあろうが、辞書の揃わない時代では、中国儒者の説を真に受けるしかなかった事情もある。だが今やもう、博物館行きにした方がいいだろう。

論語 曽子 エスパー
なお中国でのいわゆる儒教の国教化に伴って、曽子の地位は時代と共に高くなり、現実離れした伝記のたぐいが世に出るようになった。いわゆる二十四孝の伝説だが、そこでの曽子は、離れた場所にいる母のケガを察知したエスパーになっている。宗教的情熱とは恐ろしいものだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)