論語詳解072里仁篇第四(6)我未だ仁を好む者*

論語里仁篇(6)要約:仁義とは何か。それは思いやりですから、思いさえすれば誰でも出来る。しかし差別無くいつも情けをかけるのは、並の人間に出来る事ではありません。それも自分次第なのだよと、孔子先生は言わされるのでした。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「我未見好仁者、惡不仁者。好仁者、無以尙之。惡不仁者、其爲仁矣。不使不仁者加乎其身。有能一日用其力於仁矣乎。我未見力不足者*。蓋有之矣*、我未之見也。」

校訂

武内本

清家本により、者下也の字有り。乎、唐石経矣に作る。

定州竹簡論語

……[力]於仁a矣乎?我[未見力不足b]也c。蓋有之矣d,我未之見也。」65

  1. 皇本「仁」下有「者」字。
  2. 皇本「足」下有「者」字。
  3. 阮本無「也」字。
  4. 矣、皇本、高麗本作「乎」。

→子曰、「我未見好仁者、惡不仁者。好仁者、無以尙之。惡不仁者、其爲仁矣。不使不仁者加乎其身。有能一日用其力於仁矣乎。我未見力不足也。蓋有之矣、我未之見也。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 我 金文未 金文見 金文好 金文仁 甲骨文者 金文 不 金文仁 甲骨文者 金文 好 金文仁 甲骨文者 金文 無 金文㠯 以 金文尙 尚 金文之 金文 不 金文仁 甲骨文者 金文 其 金文為 金文仁 甲骨文已 矣金文 不 金文使 金文不 金文仁 甲骨文者 金文加 金文乎 金文其 金文身 金文 有 金文能 金文一 金文日 金文用 金文其 金文力 金文於 金文仁 甲骨文已 矣金文乎 金文 我 金文未 金文見 金文力 金文不 金文足 金文也 金文 蓋 金文有 金文之 金文已 矣金文 我 金文未 金文之 金文見 金文也 金文

※仁→(甲骨文)・矣→已。論語の本章は、「惡」が論語の時代に存在しない。「我」「未」「者」「尙」「其」「使」「身」「能」「足」「也」「蓋」の用法に疑問がある。

書き下し

いはく、われいまじんこのなるもの不仁ふじんにくなるものず。じんこのこれねがふをもちゐるし。不仁ふじんにくは、じんなり不仁ふじんなるもの使くはへしめず。一日いちじつちからじんもちゐるなむわれいまちかららざるなるず。けだこれなむも、われいまこれざるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子
先生が言った。「私は仁の情けを好む行為、不仁を憎む行為を見たことがない。仁を好む行為は、これ以上何も言うことはない。不仁を嫌う行為は、それが仁の実践になる。不仁な行為がその身に起こらないからだ。たった一日その力を仁の情けに向ける事が出来るだろうか。私はその力が足りないのを見たことがない。調べればきっといるだろうが、私は見たことがない。

意訳

孔子 人形
世の中不人情な奴ばかりだ。不人情を憎むだけでいいのに。たった一日でいいから情けから離れずにいてくれないものかな。出来ないとは言わせないぞ。

従来訳

下村湖人
先師がいわれた。――
「私はまだ、真に仁を好む者にも、真に不仁を悪む者にも会ったことがない。真に仁を好む人は自然に仁を行う人で、全く申分がない。しかし不仁を悪む人も、つとめて仁を行うし、また決して不仁者の悪影響をうけることがない。せめてその程度には誰でもなりたいものだ。それは何もむずかしいことではない。今日一日、今日一日と、その日その日を仁にはげめばいいのだ。たった一日の辛抱さえ出来ない人はまさかないだろう。あるかも知れないが、私はまだ、それも出来ないような人を見たことがない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「我沒見過喜歡仁道的人,厭惡不仁道的人。喜歡仁道的人,認為仁道至高無上;厭惡不仁道的人,目的是避免受不仁道的人的影響。有能夠一天盡心為仁道的人嗎?我沒見過沒能力的,可能有,但我沒見過。

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「私は仁道を喜ぶ人も、不仁道を嫌う人も見たことがない。仁道を喜ぶ人は、仁道をこの上ない境地と認めている。不仁道を嫌う人は、その目的は不仁な人の影響を受けないためだ。たった一日仁道を行うために心を尽くす人はいないか? その力がない人を見たことがないし、いるかもしれないが、やはり私は見たことがない。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


子曰(シエツ)(し、いわく)

論語 君子 諸君 孔子

論語の本章では”孔子先生が言った”。「子」は貴族や知識人に対する敬称で、論語では多くの場合孔子を指す。「子」は赤ん坊の象形、「曰」は口から息が出て来るさま。「子」も「曰」も、共に初出は甲骨文。辞書的には論語語釈「子」論語語釈「曰」を参照。

子 甲骨文 曰 甲骨文
(甲骨文)

この二文字を、「し、のたまわく」と読み下す例がある。「言う」→「のたまう」の敬語化だが、漢語の「曰」に敬語の要素は無い。古来、論語業者が世間から金をむしるためのハッタリで、現在の論語読者が従うべき理由はないだろう。詳細は論語と日本儒教史を参照。

我(ガ)

我 甲骨文 我 字解
(甲骨文)

論語の本章では”わたし(は)”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。字形はノコギリ型のかねが付いた長柄武器。甲骨文では占い師の名、一人称複数に用いた。金文では一人称単数に用いられた。戦国の竹簡でも一人称単数に用いられ、また「義」”ただしい”の用例がある。詳細は論語語釈「我」を参照。

古くは中国語にも格変化があった名残で、一人称では「」ŋo(平)を主格と所有格に用い、「我」ŋɑ(上)を所有格と目的格に用いた。しかし論語でその文法が崩れ、「我」と「吾」が区別されなくなっているのは、後世の創作が多数含まれているため。

未(ビ)

未 甲骨文 未 字解
(甲骨文)

論語の本章では”今までにない”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。「ミ」は呉音。字形は枝の繁った樹木で、原義は”繁る”。ただしこの語義は漢文にほとんど見られず、もっぱら音を借りて否定辞として用いられ、「いまだ…ず」と読む再読文字。ただしその語義が現れるのは戦国末期まで時代が下る。詳細は論語語釈「未」を参照。

見(ケン)

見 甲骨文 見 字解
(甲骨文)

論語の本章では”見る”→”会う”。初出は甲骨文。甲骨文の字形は、目を大きく見開いた人が座っている姿。原義は”見る”。甲骨文では原義のほか”奉る”に、金文では原義に加えて”君主に謁見する”、”…される”の語義がある。詳細は論語語釈「見」を参照。

好(コウ)

好 甲骨文 好 字解
(甲骨文)

論語の本章では”好む”。初出は甲骨文。字形は「子」+「母」で、原義は母親が子供を可愛がるさま。春秋時代以前に、すでに”よい”・”好む”・”先祖への奉仕”の語義があった。詳細は論語語釈「好」を参照。

仁(ジン)

仁 甲骨文 仁 字解
(甲骨文)

論語の本章では、”慈悲深さ”。本章は後世の偽作が確定しているので、通説通り「仁義」の意で解すべき。初出は甲骨文。字形は「亻」”ひと”+「二」”敷物”で、原義は敷物に座った”貴人”。詳細は論語語釈「仁」を参照。

孔子の生前、「仁」は単に”貴族(らしさ)を意味したが、孔子没後一世紀後に現れた孟子は「仁義」を発明し、それ以降は「仁」→「仁義」となった。詳細は論語における「仁」を参照。

者(シャ)

者 諸 金文 者 字解
(金文)

論語の本章では”…する者”・”…は”。この語義は春秋時代では確認できない。新字体は「者」。初出は殷代末期の金文。金文の字形は「木」”植物”+「水」+「口」で、”この植物に水をやれ”と言うことだろう。つまり原義は”これ”。漢文では人に限らず事物にも用いる。春秋時代までに「諸」と同様”さまざまな”の語義を持ったが、”…は”の用法は、戦国時代まで時代が下る。詳細は論語語釈「者」を参照。

「我未見力不足者」については”~という人”と解釈した方がわかりやすいが、”~ということ”でも文意が通じる。

惡(アク/オ)

悪 楚系戦国文字 悪 字解
(楚系戦国文字)

論語の本章では”にくむ”。現行字体は「悪」。初出は楚系戦国文字。論語の時代に存在しない。論語時代の置換候補もない。漢音(遣隋使・遣唐使が持ち帰った音)「アク」で”わるい”を、「オ」で”にくむ”を意味する。字形は「亞」”はかあな”+「心」で、落ち込んで気分が悪いさま。原義は”嫌う”。部品の「亞」の初出は甲骨文だが、「惡」の語義を獲得するのは戦国時代の竹簡から。詳細は論語語釈「悪」を参照。

不(フウ)

不 甲骨文 花の構造
(甲骨文)

漢文で最も多用される否定辞。初出は甲骨文。原義は花のがく。否定辞に用いるのは音を借りた派生義。「フ」は呉音、「ブ」は慣用音。詳細は論語語釈「不」を参照。

無(ブ)

無 甲骨文 無 字解
(甲骨文)

論語の本章では”…なくせ”。初出は甲骨文。「ム」は呉音。甲骨文の字形は、ほうきのような飾りを両手に持って舞う姿で、「舞」の原字。その飾を「某」と呼び、「某」の語義が”…でない”だったので、「無」は”ない”を意味するようになった。論語の時代までに、”雨乞い”・”ない”の語義が確認されている。戦国時代以降は、”ない”は多く”毋”と書かれた。詳細は論語語釈「無」を参照。

以(イ)

以 甲骨文 以 字解
(甲骨文)

論語の本章では”用いる”。初出は甲骨文。人が手に道具を持った象形。原義は”手に持つ”。論語の時代までに、”率いる”・”用いる”の語義があったが、「もって」と読んで接続詞に用いる例は確認できない。詳細は論語語釈「以」を参照。

尙(ショウ)

尚 甲骨文 尚 字解
(甲骨文)

論語の本章では、『大漢和辞典』の第一義と同じく”ねがう”。この語義は春秋時代では確認できない。新字体は「尚」。中国や台湾ではこちらを正字として扱う。初出は甲骨文。字形は「–」+「冂」”大広間”+「𠙵」”くち”で、大広間に集まった人の言葉が天に昇っていくさま。原義は”たたえる”。春秋以前の金文では”なおまた”の意に、戦国の金文では”尊ぶ”、”つねに”の意に用いた。また人名にも用いた。漢の竹簡では”上る”の意に用いた。詳細は論語語釈「尚」を参照。

之(シ)

之 甲骨文 之 字解
(甲骨文)

論語の本章では”これ”。初出は甲骨文。原義は進むこと。”これ”という指示代名詞に用いるのは、音を借りた仮借文字だが、甲骨文から用例がある。「…の」や、直前の動詞を強調する用法は、戦国時代以降にならないと現れない。詳細は論語語釈「之」を参照。

其(キ)

其 甲骨文 其 字解
(甲骨文)

論語の本章では”それ”・”その”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。原義は農具の。ちりとりに用いる。金文になってから、その下に台の形を加えた。のち音を借りて、”それ”の意をあらわすようになった。指示詞に用いられるようになったのは、戦国時代まで時代が下る。詳細は論語語釈「其」を参照。

爲(イ)

為 甲骨文 為 字解
(甲骨文)

論語の本章では”する”。新字体は「為」。初出は甲骨文。原義は象を調教するさま。甲骨文の段階で、”する”や人名を、金文の段階で”作る”を意味した。それ以外の語義は戦国時代以降の後起。詳細は論語語釈「為」を参照。

矣(イ)

矣 金文 矣 字解
(金文)

論語の本章では、”(きっと)…である”。初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しない。同音で同義の「已」が、論語時代の置換候補になる。字形の下部は「矢」だが、上部の由来は明瞭でなく、原義も明瞭でない。初出の金文は”…である”だと解釈されている。詳細は論語語釈「矣」を参照。「苟志於仁矣」で”もし仁に志し切ってしまったならば”。

使(シ)

使 甲骨文 使 字解
(甲骨文)

論語の本章では”…させる”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。甲骨文の字形は「事」と同じで、「口」+「筆」+「手」、口に出した事を書き記すこと、つまり事務。春秋時代までは「吏」と書かれ、”使者(に出す・出る)”の語義が加わった。のち他動詞に転じて、つかう、使役するの意に専用されるようになった。詳細は論語語釈「使」を参照。

加(カ)

加 金文
(金文)

論語の本章では”手を加える”。初出は西周早期の金文。字形は「又」”右手”+「𠙵」”くち”。人が手を加えること。原義は”働きかける”。金文では人名のほか、「嘉」”誉める”の意に用いた。詳細は論語語釈「加」を参照。

乎(コ)

乎 甲骨文 乎 字解
(甲骨文)

論語の本章では、”…に”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。甲骨文の字形は持ち手を取り付けた呼び鐘の象形で、原義は”呼ぶ”こと。甲骨文では”命じる”・”呼ぶ”を意味し、金文も同様で、「呼」の原字となった。句末の助辞として用いられたのは、戦国時代以降になる。詳細は論語語釈「乎」を参照。

身(シン)

身 甲骨文 身 字解
(甲骨文)

論語の本章では”自身”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。甲骨文では”お腹”を意味し、春秋時代には”からだ”の派生義が生まれた。”自分自身”の意が生まれるのは、戦国時代の金文になってから。詳細は論語語釈「身」を参照。

有(ユウ)

有 甲骨文 有 字解
(甲骨文)

論語の本章では”存在する”。初出は甲骨文。ただし字形は「月」を欠く「㞢」または「又」。字形はいずれも”手”の象形。原義は両腕で抱え持つこと。詳細は論語語釈「有」を参照。

能(ドウ)

能 甲骨文 能 字解
(甲骨文)

論語の本章では”~できる”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。原義は鳥や羊を煮込んだ栄養満点のシチューを囲んだ親睦会で、金文の段階で”親睦”を意味し、また”可能”を意味したが、その初出は戦国初期の「中山王鼎」。論語の時代にギリギリ存在しなかった可能性がある。「ノウ」は呉音。詳細は論語語釈「能」を参照。

一(イツ)

一 甲骨文 一 字解
(甲骨文)

論語の本章では、数字の”いち”。「イチ」は呉音。初出は甲骨文。重文「壹」の初出は戦国文字。字形は横棒一本で、数字の”いち”を表した指事文字。詳細は論語語釈「一」を参照。

日(ジツ)

日 甲骨文 日 字解
(甲骨文)

論語の本章では”ひにち”。初出は甲骨文。「ニチ」は呉音。原義は太陽を描いた象形文字。甲骨文から”昼間”、”いちにち”も意味した。詳細は論語語釈「日」を参照。

用(ヨウ)

用 甲骨文 用 解字
(甲骨文)

論語の本章では、”用いる”。初出は甲骨文。持ち手の付いた手桶のかたちで、ただしその語義では用いられなかった。甲骨文から”用いる”を意味し、春秋時代以前の金文で、”…で”などの助詞的用例が見られる。詳細は論語語釈「用」を参照。

力(リョク)

力 甲骨文 力 字解
(甲骨文)

論語の本文では”能力”。初出は甲骨文。「リキ」は呉音。甲骨文の字形は農具の象形で、原義は”耕す”。論語の時代までに”能力”の意があったが、”功績”の意は、戦国時代にならないと現れない。詳細は論語語釈「力」を参照。

於(ヨ/オ)

烏 金文 於 字解
(金文)

論語の本章では”…に”。初出は西周早期の金文。ただし字体は「烏」。現行字体の初出は春秋中期の金文。「ヨ」は”…において”の漢音、呉音は「オ」。「オ」は”ああ”の漢音、呉音は「ウ」。西周時代では”ああ”という感嘆詞だったが、春秋時代末期になると”…において”の語義を獲得した。詳細は論語語釈「於」を参照。

足(ショク/シュ)

足 疋 甲骨文 足 字解
「疋」(甲骨文)

論語の本章では”足りる”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。ただし字形は「疋」と未分化。「ソク」「ス」は呉音。甲骨文の字形は、足を描いた象形。原義は”あし”。甲骨文では原義のほか人名に用いられ、金文では「胥」”補助する”に用いられた。”足りる”の意は戦国の竹簡まで時代が下る。詳細は論語語釈「足」を参照。

也(ヤ)

也 金文 也 字解
(金文)

論語の本章では、「なり」と読んで断定の意。この語義は春秋時代では確認できない。初出は春秋時代の金文。原義は諸説あってはっきりしない。「や」と読み主語を強調する用法は、春秋中期から例があるが、「也」を句末で断定や詠歎、疑問や反語に用いるのは、戦国時代末期以降の用法で、論語の時代には存在しない。詳細は論語語釈「也」を参照。

蓋(カイ/コウ)

蓋 金文 タジン鍋
(金文)

論語の本章では、”考えて見ると・推測するに”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は春秋早期の金文。「ガイ」は慣用音。「カイ」(去)の音で”覆う”を、「コウ」(入)の音で”草葺き屋根”、”どうして…ないのか”の意を示す。字形は「艹」+「盍」”ふた・覆う”で、原義は”草葺き屋根”。初出の金文は”器のふた”の意で用いた。詳細は論語語釈「蓋」を参照。

漢文の読解では、句頭にある時は”考えて見ると”・”そこで”・”そもそも”の意と、再読文字として”なんぞ~ざる”を、句中に動詞としてある時は”覆う”の意味を知っておくと便利。

論語:解説・付記

論語の本章は、再出は定州竹簡論語のみで、先秦両漢の誰も引用していない。唯一似たような言葉を、周代の礼法をでっち上げるために漢儒が偽作した『小載礼記』が記す。

子曰:「無欲而好仁者,無畏而惡不仁者,天下一人而已矣。是故君子議道自己,而置法以民。」

礼記
(孔子)先生が言った。「無欲で仁を好む者と、恐れず不仁を憎む者は、天下にただ一人しかいない。だから君子は、従うべき道理を自分自身に求め、しかも行動の原則は民衆に従うのだ。」(『小載礼記』表記13)

蒋介石
ちなみに『礼記』の一つ前の章が、対日戦に勝利した蒋介石が演説した「怨みに報いるに徳を以てす」(論語憲問篇36)の再録で、論語とはちょっと違う文になっている。もちろん漢儒のでっち上げで、日本のいわゆる保守派の連中は、蒋介石にずいぶん間抜けな感心をしたものだ。

或曰、「以得報怨、何如。」子曰、「何以報得。以𥄂報怨、以得報得。」


ある人「恩恵で憎らしい者にお返ししたら、どうですかね?」
孔子「なんでそんな奴に恩恵を与える。やられたら真っ直ぐやり返し、貰ったらきちんと恩返しをしなさい。」(『論語』憲問篇36)

子曰:「以德報怨,則寬身之仁也;以怨報德,則刑戮之民也。」


先生が言った。「恩恵で怨みに報いるのを、寛大な仁の行いという。恩恵に怨みで報いるのを、死刑に処されても仕方の無い馬鹿者という。(『小載礼記』表記12)

日中戦争は、そもそも蒋介石が攻め込んで始まったことを、日本人は記憶した方がいい。

なお本章は、「者」を人格と捉えている限り、難しい字がないのに分かりづらい屈指の章。論語の時代に存在しない漢字と用法だらけで、とりわけ本章の史実性を阻むのは「我」の主格での使用。このように訳者が「我」の用法にこだわるのは、考古学的発掘からだ。

甲骨文の時代、「我」は「我がおば」のような所有格で用いられるか、「帝不我又」→「かみ我をたすけ不るか」という目的格で用いられたとされる。後者の例は、否定辞→目的語→動詞という、本来、動詞→目的語であるべき中国語の例外を示すものともされる。

訳者の見解はやや異なる。「我」は名詞ではなく形容詞で、「我が匕」も匕を修飾する形容詞、「不我又」も「我がたすけならざるか」と読んで、「又」を修飾する形容詞である。つまりいずれの場合も、「我」単独で主格を担いうる名詞にはなりようが無い。

この原則は金文になっても引き継がれる。論語と同時期の「齊𩍂ホウ氏鐘」に次のように言う。

及我倗友子子孫孫永保鼓之。
我が朋友に及ぶまで、子々孫々永く保ちて之を鼓みうて。

管見の限りと言うしかないが、論語と同時代か、それより前の出土資料で、「我」を主格に用いた例を知らない。知らないだけの可能性が高いが、知らない以上、「我」を主格で用いている論語の章は、後世の創作だと断じざるを得ないのである。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする