論語詳解075里仁篇第四(9)士の道に志して*

論語里仁篇(9)要約:求めるものがはっきりしたなら、それに全力で取り組もう。生活を切り詰める事になっても、それはかまわない。それぐらい欲しがらないと、求めるものは手に入りませんよ、孔子先生はそう弟子を諭したのでした。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「士志於道、而恥惡衣惡食者、未足與議也。」

校訂

定州竹簡論語

(なし)


→子曰、「士志於道、而恥惡衣惡食者、未足與議也。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 士 金文於 金文道 金文 而 金文恥惡衣 金文食 金文者 金文 未 金文足 金文与 金文也 金文

※論語の本章は赤字が論語の時代に存在しない。「道」「者」「未」「足」「與」「也」の用法に疑問がある。本章は後世の儒者による捏造である。

書き下し

いはく、みちこころざし、し惡衣あくい惡食あくしよくづるものは、いまともかたるにらざるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子
先生が言った。「正しい道を求める志士が、粗末な衣料や食事を恥じるようでは、まだ議論を共に出来ない。」

意訳

質素な生活を嫌がるようでは、志のあるサムライとは言えない。

従来訳

下村湖人
先師がいわれた。――
「いやしくも道に志すものが、粗衣粗食を恥じるようでは、話相手とするに足りない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「立志追求真理,而恥於粗布淡飯的人,不值得交談。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「真理を追求しようと志を立てて、それなのに粗衣粗食を恥じる人は、語り合う価値が無い。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


子曰(シエツ)(し、いわく)

論語 孔子

論語の本章では”孔子先生が言った”。「子」は貴族や知識人に対する敬称で、論語では多くの場合孔子を指す。「子」は赤ん坊の象形、「曰」は口から息が出て来るさま。「子」も「曰」も、共に初出は甲骨文。辞書的には論語語釈「子」論語語釈「曰」を参照。

子 甲骨文 曰 甲骨文
(甲骨文)

この二文字を、「し、のたまわく」と読み下す例がある。「言う」→「のたまう」の敬語化だが、漢語の「曰」に敬語の要素は無い。古来、論語業者が世間から金をむしるためのハッタリで、現在の論語読者が従うべき理由はないだろう。詳細は論語と日本儒教史を参照。

士(シ)

士 金文 士 字解
(金文)

論語の本章では、”仁政への志を持った最下級の為政者・その予備軍”。初出は西周早期の金文。「王」と字源を同じくする字で、斧を持った者=戦士を意味する。字形は斧の象形。「春秋までの金文では”男性”を意味した。藤堂説では男の陰●の突きたったさまを描いたもので、牡(おす)の字の右側にも含まれる。成人して自立するおとこ、という。詳細は論語語釈「士」春秋時代の身分秩序を参照。

仮に本章が史実だとすると、孔子が呼びかけたのはすでに仕官して士族の籍に入った弟子で、仕官前の大多数の弟子ではないことになる。ただし本章は文字史から、後世の偽作が確定しているので、偽作者がこの天に注意を払ったとは思えない。

志(シ)

志 金文 志 字解
(金文)

論語の本章では”こころざし”。『大漢和辞典』の第一義も”こころざし”。初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しない。論語時代の置換候補もない。字形は「止」”ゆく”+「心」で、原義は”心の向かう先”。詳細は論語語釈「志」を参照。

於(ヨ)

烏 金文 於 字解
(金文)

論語の本章では”…に”。初出は西周早期の金文。ただし字体は「烏」。現行字体の初出は春秋中期の金文。「ヨ」は”…において”の漢音、呉音は「オ」。「オ」は”ああ”の漢音、呉音は「ウ」。西周時代では”ああ”という感嘆詞だったが、春秋時代末期になると”…において”の語義を獲得した。詳細は論語語釈「於」を参照。

道(トウ)

道 甲骨文 道 字解
「道」(甲骨文・金文)

論語の本章では”理想的な生き方”。この語義は春秋時代では確認できない。動詞で用いる場合は”みち”から発展して”導く=治める・従う”。”言う”の意味もあるが俗語。初出は甲骨文。字形に「首」が含まれるようになったのは金文からで、甲骨文の字形は十字路に立った人の姿。「ドウ」は呉音。詳細は論語語釈「道」を参照。

而(ジ)

而 甲骨文 而 解字
(甲骨文)

論語の本章では”…かつ…”。初出は甲骨文。原義は”あごひげ”。金文になると、二人称や”そして”の意に転用され、原義では用いられなくなった。英語のandに当たるが、「A而B」は、AとBが分かちがたく一体となっている事を意味し、単なる時間の前後や類似を意味しない。詳細は論語語釈「而」を参照。

恥(チ)

恥 楚系戦国文字 恥 字解
(楚系戦国文字)

論語の本章では”はじる”。初出は楚系戦国文字。論語の時代に存在しない。論語時代の置換候補も無い。字形は「耳」+「心」だが、「耳」に”はじる”の語義は無い。詳細は論語語釈「恥」を参照。

”はじ”おそらく春秋時代は「羞」と書かれた。音が通じないから置換字にはならないが、甲骨文から確認できる。

惡(アク/オ)

悪 楚系戦国文字 悪 字解
(楚系戦国文字)

論語の本章では”わるい”。現行字体は「悪」。初出は楚系戦国文字。論語の時代に存在しない。論語時代の置換候補もない。漢音(遣隋使・遣唐使が持ち帰った音)「アク」で”わるい”を、「オ」で”にくむ”を意味する。字形は「亞」”はかあな”+「心」で、落ち込んで気分が悪いさま。原義は”嫌う”。部品の「亞」の初出は甲骨文だが、「惡」の語義を獲得するのは戦国時代の竹簡から。詳細は論語語釈「悪」を参照。

衣(イ)

衣 甲骨文
(甲骨文)

論語の本章では”衣類”。初出は甲骨文。ただし「卒」と未分化。金文から分化する。字形は衣類の襟を描いた象形。原義は「裳」”もすそ”に対する”上着”の意。甲骨文では地名・人名・祭礼名に用いた。金文では祭礼の名に、”終わる”、原義に用いた。詳細は論語語釈「衣」を参照。

食(ショク)

食 甲骨文 食 字解
(甲骨文)

論語の本章では”食べもの”。初出は甲骨文。『甲骨文の字形は「シュウ」+点二つ”ほかほか”+「豆」”たかつき”で、食器に盛った炊きたてのめし。甲骨文・金文には”ほかほか”を欠くものがある。「亼」は穀物をあつめたさまとも、開いた口とも、食器の蓋とも解せる。原義は”たべもの”・”たべる”。詳細は論語語釈「食」を参照。

者(シャ)

者 諸 金文 者 字解
(金文)

論語の本章では”…する者”。この語義は春秋時代では確認できない。新字体は「者」。初出は殷代末期の金文。金文の字形は「木」”植物”+「水」+「口」で、”この植物に水をやれ”と言うことだろう。つまり原義は”これ”。漢文では人に限らず事物にも用いる。春秋時代までに「諸」と同様”さまざまな”の語義を持ったが、”…は”の用法は、戦国時代まで時代が下る。詳細は論語語釈「者」を参照。

未(ビ)

未 甲骨文 未 字解
(甲骨文)

論語の本章では”今ではない”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。「ミ」は呉音。字形は枝の繁った樹木で、原義は”繁る”。ただしこの語義は漢文にほとんど見られず、もっぱら音を借りて否定辞として用いられ、「いまだ…ず」と読む再読文字。ただしその語義が現れるのは戦国末期まで時代が下る。詳細は論語語釈「未」を参照。

足(ショク/シュ)

足 疋 甲骨文 足 字解
「疋」(甲骨文)

論語の本章では”足りる”→”…をする価値がある”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。ただし字形は「疋」と未分化。「ソク」「ス」は呉音。甲骨文の字形は、足を描いた象形。原義は”あし”。甲骨文では原義のほか人名に用いられ、金文では「胥」”補助する”に用いられた。”足りる”の意は戦国の竹簡まで時代が下る。詳細は論語語釈「足」を参照。

與(ヨ)

与 金文 與 字解
(金文)

論語の本章では、”…と”。この語義は春秋時代では確認できない。新字体は「与」。初出は春秋中期の金文。金文の字形は「牙」”象牙”+「又」”手”四つで、二人の両手で象牙を受け渡す様。初文の字形には「口」が加わる。「口」は臣下を意味し、「與」全体でみごとな奏上を行った臣下に対する、王の象牙の下賜。従って原義は”(褒美を)あたえる”。”…と”・”…か”の用法は、戦国時代まで時代が下る。詳細は論語語釈「与」を参照。

議(ギ)

議 金文
(戦国金文)

論語の本章では”語り合う”。初出は戦国末期の金文。論語の時代に存在しない。論語時代の置換候補もない。字形は「言」+「義」”ただしい”で、言葉で正しさを求める行為。原義は”はかる”。詳細は論語語釈「議」を参照。

也(ヤ)

也 金文 也 字解
(金文)

論語の本章では、「なり」と読んで断定の意。この語義は春秋時代では確認できない。初出は春秋時代の金文。原義は諸説あってはっきりしない。「や」と読み主語を強調する用法は、春秋中期から例があるが、「也」を句末で断定や詠歎、疑問や反語に用いるのは、戦国時代末期以降の用法で、論語の時代には存在しない。詳細は論語語釈「也」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、春秋戦国はおろか、先秦両漢の誰一人引用していないし、再録もしていない。再出は古注『論語集解義疏』になり、三国から南北朝にかけて偽作されたと考えるのが筋が通る。それを傍証するように、古注には注が無く、三国以降の疏=付け足しのみ記す。

論語の本章は、今後の考古学的発掘の親展いかんによっては、何とか孔子の肉声として言い張るだけの理屈が見つかるかも知れない。しかしおそらく、そのような努力によって本章の史実性が認められることはあるまい。本章はとうてい、孔子の言葉とは思えないからだ。

本章の聞き手は弟子たちだろうが、彼らはまだ仕官していないのがほとんどであり、「士」ではない。「士」は彼らが目指している、領主では無いが最下級の貴族であり、仕官して「士」になることが、孔子塾生の第一の目標だった。

中には学業優秀にも拘わらず、顔回のように仕官しなかった者もいるがそれは例外で、塾生は身分差別と「悪衣悪食」にうんざりしているからこそ、厳しい学業や稽古に励んでいた。そんな彼らに、教師の孔子が「悪衣悪食を恥じるな」などと言うだろうか?

ゆえにもし論語の本章が史実だったとすると、いくつか条件が必要になる。まず聞き手は塾生一般ではなく、放浪の旅にも同行した、子路・顔回・子貢・冉有といった一門の古参に限られる。孔子の私兵として陰謀にも手を貸した彼らなら、「悪衣悪食を恥じ」てはいかんだろう。

だがそんなことは、彼らに改めて説教する必要などなかっただろう。確かに一行の被包囲中、憤った子貢が孔子に怒りをぶちまけたことはあった。だが孔子に諭されて、すぐさま落ち着きを取り戻し、いつもの「アキンド子貢」に戻って政治工作の脱出行に出かけている。

孔子 革命家
子貢よ、お前の手も血に汚れている。わしについて来た以上、討ち死には覚悟の上じゃろう。闘士は革命に倒れるのが本望ではないか。それともあれか、私がおとなしいばかりのもの知り爺さんとでも思っていたのかね。今さら何を言っている。(論語衛霊公篇3)

以上を踏まえ、儒者は以下のように本章を評論しているが、とうてい賛成できない。

古注『論語集解義疏』

疏子曰至議也 若欲志於道而恥惡衣惡食者此則是無志之人故不足與共謀議於道也一云不可與其共行仁義也李充曰夫貴形骸之內者則忘其形骸之外矣是以昔之有道者有為者乃使家人忘其貧王公忘其榮而況於衣食也

疏。子曰く、議るをしるす也。若し道於志すを欲し而惡衣惡食を恥じる者は、此れ則ち是れ志無き之人、故に與に共に道於謀り議るに足不る也。一に云う、與に其れ共に仁義を行う可から不る也。李充曰く、夫れ形骸之內なる者を貴ぶは、則ち其の形骸之外を忘るる矣。是れ以て昔之有道者の為す者有るは、乃ち家人を使て其の貧しきを忘れしむ。王公も其の榮えを忘る、し而況んや衣食に於いてを也。

古注 何晏 儒者
付け足し。孔子様は、語るべきことを記した。もし道に志そうとして衣食の粗末を恥じるなら、それは志がない人間であって、共に道を語り合うには足りないのだ。一説にはこう言う。一緒に仁義を実現する事が出来ないのだ、と。

李充「肉体を重んじる者は、それを取り巻く大自然を忘れているのだ。だから昔の道を心得た人が業績を残せたのは、家族に貧しさを我慢させたからに他ならない。その中には王侯もいるが、彼らの栄華でさえ捨て去ることが出来たのだ。衣食を放念できるのは言うまでも無い。」

*李充:東晋の儒者。

これが軍国主義者の朱子の手になると、もっと猛烈なことを言っている。

新注『論語集注』

心欲求道,而以口體之奉不若人為恥,其識趣之卑陋甚矣,何足與議於道哉?程子曰:「志於道而心役乎外,何足與議也?」

心に道を求むるを欲し、し而口體之奉を以て人の若から不るの恥と為すは、其れ識趣之卑しく陋しきの甚しき矣、何ぞ與に道於議るに足る哉。程子曰く、「道於志し而心の外乎ついやすは、何ぞ與に議るに足る也」と。

朱子 新注 程伊川
心で道を求めようとしながら、衣食が人並みでないのを恥とする者は、猛烈に頭が悪く人間も卑しい。どうして共に道を語るに足りよう。

程子「道を志しておきながら、他ごとに心を働かせている者は、どうして共に語るに足りようか。」

*口體之奉:身体を養うための食べ物や衣服のこと。/識趣:識見志趣。見識や志望。

言うものは知らず、知る者は言わずという。過激な言葉は、却って本心を表しているように思う。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする