論語詳解071里仁篇第四(5)富と貴きとは*

論語里仁篇(5)要約:その心が違う二つの話が、現在では一つになっていますが、後半は孔子先生の肉声の可能性があります。塾生諸君、成り上がりたいなら、ひたすら貴族らしい振る舞いを心掛けなさい。それは洪水の時にもですよと。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「富與貴、是人之所欲也。不以其道、得之不處也。貧與賤、是人之所惡也*。不以其道、得之不去也。君子去仁、惡乎成名。君子無終食之閒違仁、造次必於是、顚沛必於是。」

校訂

武内本

唐石経悪下也の字あり。

定州竹簡論語

……與賤,是人之所惡也,不以其道得之,不去也。君子63……仁,惡乎成名?君子無□食之間違仁,造次必64……

復元白文

論語 子 金文論語 曰 金文畐 金文論語 与 金文 論語 是 金文論語 人 金文之 金文谷也 金文論語 不 金文㠯 以 金文論語 其 金文論語 道 金文論語 得 金文之 金文論語 不 金文處 金文也 金文 論語 与 金文戔 金文 論語 是 金文論語 人 金文之 金文論語 所 金文論語 亜 金文也 金文 論語 不 金文㠯 以 金文論語 其 金文論語 道 金文論語 得 金文之 金文論語 不 金文論語 去 金文也 金文論語 君 金文論語 子 金文論語 去 金文論語 仁 甲骨文  論語 亜 金文論語 乎 金文論語 成 金文論語 名 金文論語 君 金文論語 子 金文論語 無 金文論語 終 金文論語 食 金文之 金文間 金文論語 違 金文論語 仁 甲骨文論語 造 金文論語 次 金文論語 必 金文於 金文論語 是 金文 顚沛論語 必 金文於 金文論語 是 金文

※富→畐・欲→谷・賤→戔・惡→亞・仁→(甲骨文)。論語の本章は、赤字が論語の時代に存在しない。也の字を断定で用いている本章は漢帝国の儒者による捏造である。ただし後半「君子去仁」以降は、孔子の肉声の可能性がある(付記参照)。

書き下し

いはく、とみたふときとは、ひとほつするところなりみちもちゐざれば、これるともらざるなりまづしきいやしきとは、ひとにくところなりみちもちゐざれば、これるともらざるなり君子くんしじんりて、いづくさむ。君子くんしじきふるあひだじんたがく、造次あわたたしきもかならここおいてし、顚沛でみづかならここおいてせよ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
財産と地位は、人が欲しがるものである。筋の通った方法でないなら、もし手に入れても長くは続かない。貧困と低身分は、人が嫌がるものである。筋の通った方法でないなら、もし陥っても抜け出せない。諸君は仁の情けを捨てて、どこで名声を得ようというのか。諸君は食事の間だろうと、仁を忘れないで欲しい。日頃慌ただしい時も、大洪水の際にも、必ず仁を忘れないで欲しい。

意訳

ニセ孔子
人情を踏みつけたやり方では、財産も地位も長続きしないし、貧困無職からも抜け出せない。諸君は人でなしになっては困る。普段だろうと大災害だろうと、ひたすら無差別の愛を保つのだ。

従来訳

論語 下村湖人
 先師がいわれた。――
「人は誰しも富裕になりたいし、また尊貴にもなりたい。しかし、正道をふんでそれを得るのでなければ、そうした境遇を享受すべきではない。人は誰しも貧困にはなりたくないし、また卑賎にもなりたくはない。しかし、道を誤ってそうなったのでなければ、無理にそれを脱れようとあせる必要はない。君子が仁を忘れて、どうして君子の名に値しよう。君子は、箸のあげおろしの間にも仁にそむかないように心掛くべきだ。いや、それどころか、あわを食ったり、けつまずいたりする瞬間も、心は仁にしがみついていなければならないのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「富和貴,人人嚮往,不以正當的方法得到的,不要享受;貧和賤,人人厭惡,不以正當方法擺脫的,不要逃避。君子扔掉了仁愛之心,怎麽算君子?君子時刻不會違反仁道,緊急時如此,顛沛時如此。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「財産と地位は、人々が飛びつく。正当な方法で得ないなら、受け取る事ができない。貧窮と低い身分は、人々が嫌がる。正当な方法で抜け出ないなら、逃げることができない。君子が仁の憐れみを投げ捨てたなら、どうして君子でいられるだろう? 君子は瞬間でも仁の道に外れてはならない。緊急事態も同じで、躓き倒れた瞬間も同様だ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語の本章はでは”財産”。この文字の初出は戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はpi̯ŭɡ。同音に不、否。部品の畐(カ音・藤音不明)に”満ちる”の語釈を『大漢和辞典』が載せており、甲骨文から存在する。詳細は論語語釈「富」を参照。

論語の本章では”高い身分”。この文字の初出は戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はki̯wəd。同音は存在しない。詳細は論語語釈「貴」を参照。

論語 道 金文 論語 レシピ
(金文)

論語の本章では”方法”。論語ではほぼ全て、道徳的な意味はない。ここでは”正しい方法”→”人情に従った方法”。なお「道」の詳細な語釈は、論語語釈「道」を参照。

不以其道得之

論語 得 金文 論語 得
「得」(金文)

論語の本章では、”正当な方法で得たのでないなら”。

論語の本章では”貧窮”。この文字は論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はbʰi̯ən。同音に牝(メス)。詳細は論語語釈「貧」を参照。

論語の本章では”低い身分”。この文字の初出は戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はdzʰi̯anで、同音に戔を部品とする漢字群。論語時代の置換候補は部品の「戔」。詳細は論語語釈「賤」を参照。

論語 仁 金文大篆 論語 仁
(金文大篆)

論語の本章では”常時無差別のなさけ・あわれみ”。本章は後世の創作だから、孔子存命の春秋時代の意味、”貴族”とは違う意味で解さねばならない。詳細は論語における「仁」を参照。

惡(悪)

論語の本章では”にくむ”。この文字の初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音は、”にくむ”の場合去声か平声で、ʔɑɡ。同音は存在しない。結論として、論語の時代の代替候補はない。詳細は論語語釈「悪」を参照。

終食之閒(間)

論語 終 金文 論語 食 金文
「終食」(金文)

論語の本章では”食事を終える間”。普段の何気ない生活の中でも、の意を含んでいる。

造次

論語 造 金文 論語 次 金文
(金文)

論語の本章では、”あわただしい”。次=しゃがんで身の回りをそそくさと片付けること+造=行う。従来の論語本では、吉川本で”突然の事が起こった際”と解するが、儒者の受け売りで信用できない。武内本は「倉卒(=慌ただしい、にわかに)の意」という。

『学研漢和大字典』では次のように言う。

  1. そそくさとしてあわただしい。また、そのような場合。〔論語・里仁〕
  2. とっさの間。とりあえず。「門有長者来、造次請先出=門に長者の来たる有れば、造次に請ひて先づ出へんとす」〔李商隠・驕児詩〕

『字通』は「造」が「草」→「早」に通じて”草率のとき。とっさ”という。「造」は”つくる”の場合上声に読んでカールグレン上古音はdzʰ、”いたる・あわただしい”の場合去声に読んでtsʰ。「草」はtsʰ、「早」はts。つまり『字通』の説には音韻的根拠がある。

「造」の原義は下記の通り、「次」の詳細は論語語釈「次」を参照。

『学研漢和大字典』造条

会意。告は「牛+口(わく)」の会意文字で、牛の角(ツノ)にくっつけるとめ木。梏(コク)の原字。造は「甦(足の動作)+告(くっつける)」で、ある所まで届いてくっつく、材料をくっつけあわすなどの意。

『字通』造条

[会意]字の初形は艁・ゾウ 外字に作り、艁は舟+告。舟は盤の形。告は木の枝に祝禱を収める器(サイ 外字(さい))をつけて神に訴え祈る意。わが国の申し文にあたる。盤中に供えものを薦め、申し文をつけてささげ、神のいたるのを迎えることを造という。艁は廟前でその儀礼を行う意。造は艁・ゾウ 外字の省文に従う字である。〔説文〕二下に「就(な)るなり」と訓するが、就は訓義多く、「就(な)る」「就(つ)く」などとよむ。〔説文〕に造を告(こく)声とするが、造は字の初形でなく、古文として録する艁の省文に従う。金文の〔令彝(れいい)〕に「用(もつ)て王の逆造(げきざう)に饗す」とあり、逆造は出入の意。〔礼記、王制〕「禰(でい)(父廟)に造す」は祭名。〔麦盉(ばくか)〕「終(つひ)に用て徳を造(な)す」は成就の意。〔頌壺(しようこ)〕「新造(艁)の貯」は新しく屯倉を設営する意。造字の初義は、ほとんどすでに金文の用義のうちにみえる。字は草・曹に通用することがあり、造次・両造のようにいう。

顚沛(テンハイ)

論語 顚 金文大篆 論語 沛 金文大篆
(金文)

論語の本章では、”突然の大洪水”「顚」の初出は戦国末期の金文。「沛」の初出は後漢の『説文解字』で、ともに論語の時代に存在しない。カールグレン上古音は顚は不明、藤堂上古音はten。沛はカ音pʰwɑdまたはpwɑdで、同音は存在しない。藤音はp’ad。

顚=脳天(がひっくり返ること)、沛=一面の沼地・洪水。つまり天地がひっくり返るような大洪水。顚に山が付けば巓=山頂、または山頂の平地。従来の論語本では、吉川本で”急に躓いて倒れる”と解するが、これも儒者の受け売り。

宮崎本は”真逆の時”と解するが、これは語義にかなっているから傾聴に値する。宇野本は”事変に遭遇してさまよい歩くこと”と解するが、これも語義から遠く離れた儒者の受け売り。武内本では「急遽の意」という。

『学研漢和大字典』では次のように言う。

  1. さかさまにたおれる。ひっくりかえる。
  2. つまずきうろたえる。
  3. とっさのとき。また、危難がせまっているとき。「造次顚沛」「君子無終食之間違仁、造次必於是、顚沛必於是=君子は食を終ふる間も仁に違(たが)ふこと無し、造次にも必ずここにおいてし、顚沛にも必ずここにおいてす」〔論語・里仁〕
『字通』顚条

[形声]声符は眞(真)(しん)。眞は匕(か)(化、死者)と県(縣、首の倒形)とに従って、顚死者を意味する。〔説文〕九上に「頂なり」として頂巓(ちようてん)の意とするが、もと顚倒・顚死することをいう。

沛条

[形声]声符は巿(はい)。巿は𣎳(はい)と同じく、草木の茂るさまをいう。これを水に移して、水勢のさかんなるさまをいい、また〔孟子、梁恵王上〕「天、油然として雲を作(おこ)し、沛然として雨を下す」のようにいう。また〔管子、揆度〕に「沛澤」の語があり、大沢の意。〔広雅、釈詁一〕に「大なり」とみえる。〔説文〕十一上に川の名とするが、別に声義のある字である。

論語:解説・付記

論語の本章は、上掲の検証の通り後世の創作だが、章の前半と後半でおそらく成立した時代が異なる。定州竹簡論語が分割していないことから、前漢宣帝期にはすでに一章にまとめられていたが、前半は「也」で句を締めくくっているのに対し、後半はそうでない。

前半
子曰、富與貴、是人之所欲也。不以其道、得之不處也。貧與賤、是人之所惡也。不以其道、得之不去也。
後半
君子去仁、惡乎成名。君子無終食之閒違仁、造次必於是、顚沛必於是。

すると前半は戦国時代以降に作られたのが確実だが、後半は「顚沛」の文字が春秋時代に見られないことを除けば、孔子の肉声である可能性が出て来る。

「顚」の藤堂上古音はtenであり、「轉(転)」と音通しそうだがtuanで同音ではない。加えて「転」は甲骨文や金文があるようなことを大陸中国のサイトが言うが、典拠がないので信用できない。意外にも「展」に”ころがる”の語釈があって、藤音はtɪan。ɪはエに近いイで、tenに近いが初出は後漢の『説文解字』

ここで発想を変えて、「天」の藤音はt’en。ほぼ同音と言っていい。

「沛」は『字通』の言う通り氵=水が巿さかんなことで、巿は西周早期の金文から存在し、カ音は「沛」pʰwɑdまたはpwɑdに対して「巿」はpi̯wət。◌̯は音節副音=弱い音を示し、両者は近い。

以上から「顚沛」→「天巿」、つまり天が降らせたさかんな雨だと出来るなら、論語の本章の後半は、以下の通り孔子の肉声として解釈出来る。無論「仁」の語釈も改めねばならず、論語の時代の意味、”貴族(らしさ)”。

君子去仁、惡乎成名。君子無終食之閒違仁、造次必於是、天巿必於是。

君子仁を去りて、いずくくに乎名を成さん。君子じきを終える之閒にも仁に違う無く、あわただしきおりも必ず是にり、天巿でみずも必ず是に於れ。

論語 君子 諸君 孔子
諸君が貴族を目指すのではないなら、どうやって名を挙げようというのか(=成り上がるつもりなのか)。諸君は食事を終える間でも貴族らしい挙措動作を心掛け、とっさの時も同様、洪水の時も同様にしなさい。

さて、本章の前半についても考察を加えておこう。前半は人間の口から出た話し言葉と言うより、整った形式の元で読み上げる韻文、つまりは詩に似ている。

富與貴、是人之所欲也。不以其道、得之不處也。

貧與賤、是人之所惡也。不以其道、得之不去也。

富貴と貧賤、もとめるとにくむ、るとる、こうした置換可能なパーツを同じ骨組みに組み合わせる修辞法を、漢文では対句という。対句の起こりは春秋時代の『詩経』にも見られるが、それが散文の常識になるのは、論語よりも千年後、六朝時代になってからだった。

それを受けて、対句の全盛期である唐詩の時代が始まるのだが、それゆえもし話し言葉として論語の時代に放たれたなら、人はおそろしくしゃちこばった言い方だと受け取ったに違いない。有り体に言えば経典をそらんずる時の物言いであり、人間の肉声とは言いがたい。

こういう対句を孟子は書かなかった。とにかくしゃべっていたい男で、口から出任せにものを言ったから、『孟子』には地の文が少ない。対して戦国末期の荀子は書斎で沈思して文を書き、「青は藍より出でて藍より青し、氷は水より出でて水より寒し」と冒頭に書いた。

漢代の儒者も書斎に閉じこもってものを書く者が多かったし、こうした対句的言い廻しはことわざになって流布していたらしい。2世紀の王符は『潜夫論』のなかで、「ことわざに言う、一犬形に吠ゆれば、百犬声に吠ゆと」と書いている。前漢にはこうした言い廻しが定着した。

従って、論語の本章の前半は、その成立はかなり遅れ、おそらくは漢代に入ってからだろう。儒教の国教化に伴って、多くの経典整備が必要になったはずである。その一環として本章前半のような「す」文字列が作られ、いつの間にか後半とつなぎ合わされたのだろう。

もう一つ前半について言えることは、「貴」「貧」といった、貨幣経済を前提にした言葉は、どうやっても論語の時代にはさかのぼれない事である。論語の時代は鋳鉄器と小麦の普及により、経済発展の時代ではあったが、まだ貨幣が登場するほど社会は豊かではない。

孔子が俸給を粟で受け取ったように、いまだ穀物が貨幣の役割を果たし、貝貨はあり得はしても、通用は極めて限られた範囲だったはずである。金属貨幣も楚の金塊が、秤量貨幣としてやっとあったかどうかという時代に過ぎない。前半を史実と言えないゆえんである。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント