論語詳解089里仁篇第四(23)約を以て’

論語里仁篇(23)要約:孔子先生の教えは徹底的に実用的で、見せ物を行うのはその効果が期待できる時だけでした。自信のなさから来る見栄っ張りは、勉強や稽古が至らないからだと見なされました。それを伝える一節。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「以約失之者、鮮矣。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 㠯 以 金文要 金文失 金文之 金文者 金文 鮮 金文已 矣金文

※約→要・矣→已。論語の本章は、「之」の用法に疑問がある。

書き下し

いはく、つづまやかもつこれゆきすものは、なまぐさなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子別像
先生が言った。「貧窮生活をやり過ぎる者は、生臭い。」

意訳

孔子 居直り
これ見よがしに質素倹約を見せつける者からは、偽善の匂いがプンプンするわい。

従来訳

下村湖人
先師がいわれた。――
「ひかえ目にしていてしくじる人は少い。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「嚴於律己,就會少犯錯誤。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「厳しく自分を規制する人は、すなわち間違いを仕出かす事を少なく出来る。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」

約 金文大篆 貧乏
(金文大篆)

論語の本章では、”生活に余裕のないさま”。この文字の初出は戦国文字で、論語の時代に存在しないが、同音の「要」(締める)は存在した。詳細は論語語釈「約」を参照。

失 金文大篆 落とす 失
(金文)

論語の本章では、”やり過ぎる”。『大漢和辞典』の第一義は”うしなう”。詳細は論語語釈「失」を参照。

之(シ)

之 甲骨文 之 字解
(甲骨文)

論語の本章では「これ」と読んで”まさに”。初出は甲骨文。原義は進むことで、このような用法は、戦国時代以降にならないと現れない。”これ”という指示代名詞に用いるのは、音を借りた仮借文字だが、甲骨文から用例がある。詳細は論語語釈「之」を参照。

論語の本章では、直前が動詞であることを示す記号で、意味内容を持っていない。つまり動詞の目的語にならない。従って「これ」の訓読は誤り。

鮮(セン)

鮮 金文 鮮魚
(金文)

論語の本章では”生臭い”。初出は西周早期の金文。字形は「羊」+「魚」。生肉と生魚のさま。原義は”生臭い”。”新鮮”・”すくない”の語義は、戦国時代まで時代が下る。詳細は論語語釈「鮮」を参照。

伝統的には”すくない”と解釈するが、それは音の通じるせんと同義に転用された結果であり、最古の古典の一つである論語をそう解釈するのは無理がある。論語学而篇3と同様、偽善や欺瞞の匂いがプンプンと鼻につく、ということ。詳細は論語語釈「鮮」を参照。

矣(イ)

矣 金文 矣 字解
(金文)

論語の本章では、”(きっと)…である”。初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しない。同音で同義の「已」が、論語時代の置換候補になる。字形の下部は「矢」だが、上部の由来は明瞭でなく、原義も明瞭でない。初出の金文は”…である”だと解釈されている。詳細は論語語釈「矣」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、中庸を説く孔子らしい言葉で、これ見よがしに貧窮生活を見せ物にする世間師に、よほど腹が立ったに違いない。文末の「矣」の語気が、それを示している。確かに孔子は、高弟の顔回の貧窮生活を讃えたが(論語雍也篇11)、それは顔回だからである。

孔子の存命中、唯一仁を実践して見せた顔回だったからこそ、貧乏暮らしもイヤミにならなかったのだ。旧友の原壤がすね毛丸出しの生活ぶりを孔子に見せつけたとき、孔子は「さっさとくたばれ。この穀潰しが!」と言ってスネを杖で引っぱたいている(論語憲問篇46)。

原壤

なお、もし本章の言葉を伝統的な解釈で理解するなら、孔子が魯国政権の中枢にあったとき、油断してやり過ぎ、失脚した過去を振り返っての反省と思いたい。孔子は夾谷の会盟で魯の定公の危機を救ったあと、昇進して宰相格になったとされる。

孔子 笑い 子路 あきれ
その際、舞い上がった姿を弟子(おそらく子路)にたしなめられ(『史記』孔子世家)、しかも開き直って得意気分でいた。その勢いで門閥三家老家=三桓の根城破壊に手を付けたのだが、国防に必要と反対されて完遂できなかった。そしてまもなく失脚し、亡命の旅に出る。

破壊に失敗したのは孟孫氏の根城・成邑で、なるほどたびたび侵略してくる斉を防ぐには必要だろう。加えて孟孫家は、無名の孔子に目をかけ、洛邑への留学費を国君に口利きし、おそらくは仕官にも孔子を推挙した後援者だった。その根拠地に手を出されて孟孫氏はどう思うか。

手のひらを返すようだ、と当主の孟懿子モウイシは思っただろう。従って三都破壊の失敗後、孔子を弁護する者は魯国政権にいなかったに違いない。それでは民衆の支持があったかと言えば、孔子は風俗を厳格に取り締まり、刑罰では死刑も辞さなかった。人々の口を閉ざしたのだ。

これでは民衆の支持があるわけがない。その結果十年以上に及ぶ放浪をするハメになったのだが、古くからの弟子だけは孔子を見捨てず、放浪に付き従った。つまり孔子は身内と感じた者には、ひたすら優しかったのだろう。ウチとソトを、厳しく分別する癖があったのだ。
放浪

以下は訳者の想像だが、儒教的秩序が宗家と分家、中華皇帝とその周囲を、関係の深浅によって厳しく分別するのは、開祖の孔子の影響があるかもしれない。異民族だろうと貢ぎ物を捧げて臣従すれば愛護するが、そうでなければケダモノ呼ばわりしてはばからない。

それは君臣関係も同様で、皇帝の思慮はせいぜい科挙を通った高級官僚=儒者だけに及び、民衆はあくまで支配する対象、徴税する対象としてしか見なかった。そうでもないぞと思った皇帝に、宋の司馬光が「陛下は誰と天下を治めるのですか」と言ったのはそれを白状している。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする