論語詳解076里仁篇第四(10)君子の天下に*

論語里仁篇(10)要約:孔子一門は革命政党でもあります。それに携わる志士たちを、孔子先生が励ましたとされる言葉。政治がらみのことだけに、いつもうまく行くとは限らないが、諸君には正義がついている、と。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「君子之於天下也、無適也、無莫也。義之與比*。」

校訂

武内本

清家本に依り比の下也の字を補う。

定州竹簡論語

……[曰:「君子於天下a],無謫b也,無莫也,義之與比c。」67

  1. 君子於天下、今本作「君子之於天下也」
  2. 謫、阮本作「適」、『釋文』作「適」、云「鄭本作”敵”、適読為敵」。謫・適・敵古可通仮。
  3. 皇本「比」下有「也」字。

→子曰、「君子之於天下也、無謫也、無莫也。義之與比。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 君 金文子 金文之 金文於 金文天 金文下 金文也 金文 無 金文也 金文 無 金文莫 金文也 金文 義 金文之 金文与 金文比 金文

※論語の本章は謫の字が論語の時代に存在しない。「之」「也」の用法に疑問がある。本章は戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

いはく、君子くんし天下てんかけるとがめなりおはるるもなりともならばす。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子 肖像
先生が言った。「君子は天下の中で、とがめられることも、追われることもない。正義を付き添わせているから。」

意訳

孔子 人形
諸君が天下を経巡っても、責められるようないわれはないし、追い払われることもない。いつも正義が寄り添っているからだ。

従来訳

下村湖人
先師がいわれた。――
「君子が政治の局にあたる場合には、自分の考えを固執し、無理じいに事を行ったり禁止したりすることは決してない。虚心に道理のあるところに従うだけである。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「君子對於天下事,不刻意強求,不無故反對,一切按道義行事。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「君子が天下のことに関わる場合は、無理強いはしないし、理由もなく反対もしない。全て道義に従って事を行う。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


君子

君 金文 子 金文
(金文)

論語の本章では”貴族一般”とするより、”諸君”という呼びかけと解した。詳細は論語語釈「君子」を参照。

之(シ)

之 甲骨文 之 字解
(甲骨文)

論語の本章では”…の”・”これ”。初出は甲骨文。原義は進むこと。”これ”という指示代名詞に用いるのは、音を借りた仮借文字だが、甲骨文から用例がある。「…の」や、直前の動詞を強調する用法は、戦国時代以降にならないと現れない。詳細は論語語釈「之」を参照。

適→謫・敵

適 金文 ミサイル 適
(金文)

論語の本章では”受け入れられる”。現行書体の初出は戦国文字。カールグレン上古音はɕi̯ĕk(入)。同音は存在しない。上掲書体は「啻」「嫡」「敵」「適」へと後に分化する初文で、おそらく定州本「謫」の初文でもある。
啇 大漢和辞典

『大漢和辞典』の第一義は”行く”。以下”会う・(理に)当たる…”と続く。ここでは”迎えられること”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、右側は、啻(シ)(ただす)の変形したもので、一つにまとめる、まっすぐ一本になった、という意を含む。適はそれを音符とし、辶(足の動作)を加えた字で、まっすぐひとすじにまともに向かうこと。匹敵の敵(まともに向かう)と同系のことば、という。

詳細は論語語釈「適」を参照。

「謫」は論語の本章では、”とがめ”。初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はtĕk(入)で、同音に摘。
謫 大漢和辞典

啻 金文

「敵」について、「国学大師」は、金文では「啻」”口数が多くて止まらない”の字の音を借りて表記したという。カールグレン上古音はdʰiek(入)で、同音に荻・狄”えびす”。
敵 大漢和辞典
啻 大漢和辞典

莫 金文 莫
(金文)

論語の本章では、”受け付けられないこと”。漢文での一般的な語義は否定辞として”~ない”。『大漢和辞典』の第一義は”日暮れ”。

『学研漢和大字典』によると、草原のくさむらに、日が隠れるさまを示す会意文字。暮の原字。隠れて見えない、ないの意。幕(見えなくする布)-墓-無-亡と同系のことば。
意味:くれる、くれ、おそい。ない。なかれ。ことわる、さからう、うけつけないこと(用例で里仁篇の章をこの義とする)。むなしい、はてしなく広い。莫莫とは、こんもり茂っておおいかくすさま、という。

詳細は論語語釈「莫」を参照。

義 金文 レール 義
(金文)

論語の本章では”正しい筋道”。詳細は論語語釈「義」を参照。

比 金文 赤ちゃん夫婦 比
(金文)

論語の本章では”ならべる”→”寄り添わせる”。『大漢和辞典』の第一義は”親しむ”。以下”比べる・並ぶ…”と続く。詳細は論語語釈「比」を参照。

義之與比

論語の本章では”正義を一緒に付き添わせている”。ここでの「之」は倒置・強調の意を示し、A之Bで「AをこれBす」と読む。

論語:解説・付記

論語の本章について、もし史実だとすると、「也」を主語の強調に解する必要がある。「也」を断定で用いるのは、戦国時代以降の語法だからだ。従って以下の通りとなる。

子曰、「君子之於天下也、無謫也、無莫也。義之與比。」
子曰く、「君子之天下に於ける也、とがめも無き也、おわるるるも無き也、義之ともならべり。」
先生が言った。「諸君は天下の中で、まさにとがめられることも、まさに追われることもない。正義がともに寄り添っているのだから。」

ただし訳していて呆れた思いがするし、言われた弟子たちもそう思っただろう。孔子と一門は放浪の旅で、滞在国のどこでも政府転覆工作を行い、そのたびに追い払われている。とがめも追放も日常茶飯事だった。そんな有様の中で孔子が、こんな事を言うとは思えない。

励ましの言葉にしても、あまりにも白々しい。一行はたびたび死ぬ目にも遭っているのである。儒家で「義」を言い出したのは、危ない政治工作を行った孔子ではなく、むしろただの世間師だった孟子である。孟子は売るためには、どんな白々しいことでも平気で言った。

従って本章はやはり、成立が戦国時代まで下ると思われる。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする