論語詳解069里仁篇第四(3)ただ仁者のみよく*

論語里仁篇(3)要約:前漢儒者による偽作。情け深い仁者様だけが、人の善し悪しを決められる。つまり我ら儒者だけが、人間の価値を決められるぞよ、と。この高慢ちきは儒者の必須暗記項目になり、クルクルパーの集まりを作りました。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「惟仁者能好人、能惡人。」

校訂

定州竹簡論語

(なし)


→子曰、「惟仁者能好人、能惡人。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文惟 金文仁 甲骨文者 金文能 金文好 金文人 金文 能 金文人 金文

※論語の本章は、「惡」の字が論語の時代に存在しない。「惟」「者」「能」の用法に疑問がある。本章は早くとも戦国時代の成立で、後世の儒者による捏造である。

書き下し

いはく、ただ仁者じんしやのみ、ひとこのみ、ひとにくむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子 切手
先生が言った。「ただ情け深い者だけが、人を好んだり、憎んだりできる。」

意訳

孔子
慈悲深い者だけが、一時の感情に流されずに人の善し悪しを決められる。

従来訳

下村湖人
先師がいわれた。――
「ただ仁者のみが正しく人を愛し、正しく人を悪むことが出来る。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「衹有仁者能正確地愛人,正確地恨人。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「ただ仁のあるものだけが、正確に人を愛し、正確に人を怨むことができる。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」

子曰(シエツ)(し、いわく)

論語 君子 諸君 孔子

論語の本章では”孔子先生が言った”。「子」は貴族や知識人に対する敬称で、論語では多くの場合孔子を指す。「子」は赤ん坊の象形、「曰」は口から息が出て来るさま。「子」も「曰」も、共に初出は甲骨文。辞書的には論語語釈「子」論語語釈「曰」を参照。

子 甲骨文 曰 甲骨文
(甲骨文)

この二文字を、「し、のたまわく」と読み下す例がある。「言う」→「のたまう」の敬語化だが、漢語の「曰」に敬語の要素は無い。古来、論語業者が世間から金をむしるためのハッタリで、現在の論語読者が従うべき理由はないだろう。詳細は論語と日本儒教史を参照。

惟(イ)

惟 金文 惟 字解
(金文)

論語の本章では、「ただ」と読んで強調の意。この語義は春秋時代では確認できない。「ユイ」は呉音。初出は殷代末期の金文。ただし字形は部品の「隹」のみで、現行字体の初出は楚系戦国文字。戦国時代の金文に「惟」に比定されている字があるが、字形は「口」+「廿」+「隹」で、どうして「惟」に比定されたか明らかでない。金文では「唯」とほぼ同様に、”はい”を意味する肯定の語に用いられた。”ただ…だけだ”の語義は、春秋時代以前では確認できない。詳細は論語語釈「惟」を参照。

仁(ジン)

仁 甲骨文 仁 字解
(甲骨文)

論語の本章では、”慈悲深さ”。本章は後世の偽作が確定しているので、通説通り「仁義」の意で解すべき。初出は甲骨文。字形は「亻」”ひと”+「二」”敷物”で、原義は敷物に座った”貴人”。詳細は論語語釈「仁」を参照。

孔子の生前、「仁」は単に”貴族(らしさ)を意味したが、孔子没後一世紀後に現れた孟子は「仁義」を発明し、それ以降は「仁」→「仁義」となった。詳細は論語における「仁」を参照。

者(シャ)

者 諸 金文 者 字解
(金文)

論語の本章では、”…であるもの”。この語義は春秋時代では確認できない。新字体は「者」。初出は殷代末期の金文。金文の字形は「木」”植物”+「水」+「口」で、”この植物に水をやれ”と言うことだろう。つまり原義は”これ”。漢文では人に限らず事物にも用いる。春秋時代までに「諸」と同様”さまざまな”の語義を持ったが、”…は”・”するもの”の用法は、戦国時代まで時代が下る。詳細は論語語釈「者」を参照。

能(ドウ)

能 甲骨文 能 字解
(甲骨文)

論語の本章では”~できる”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。原義は鳥や羊を煮込んだ栄養満点のシチューを囲んだ親睦会で、金文の段階で”親睦”を意味し、また”可能”を意味したが、その初出は戦国初期の「中山王鼎」。論語の時代にギリギリ存在しなかった可能性がある。「ノウ」は呉音。詳細は論語語釈「能」を参照。

好(コウ)

好 甲骨文 好 字解
(甲骨文)

論語の本章では”好む”。初出は甲骨文。字形は「子」+「母」で、原義は母親が子供を可愛がるさま。春秋時代以前に、すでに”よい”・”好む”・”先祖への奉仕”の語義があった。詳細は論語語釈「好」を参照。

人(ジン)

人 甲骨文 人 字解
(甲骨文)

論語の本章では”他人”。初出は甲骨文。原義は人の横姿。甲骨文・金文では、人一般を意味するほかに、”奴隷”を意味しうる。対して「大」「夫」などの正面形には、下級の意味を含む用例は見られない。詳細は論語語釈「人」を参照。

惡(アク/オ)

悪 楚系戦国文字 悪 字解
(楚系戦国文字)

論語の本章では”にくむ”。現行字体は「悪」。初出は楚系戦国文字。論語の時代に存在しない。論語時代の置換候補もない。漢音(遣隋使・遣唐使が持ち帰った音)「アク」で”わるい”を、「オ」で”にくむ”を意味する。字形は「亞」”はかあな”+「心」で、落ち込んで気分が悪いさま。原義は”嫌う”。部品の「亞」の初出は甲骨文だが、「惡」の語義を獲得するのは戦国時代の竹簡から。詳細は論語語釈「悪」を参照。

論語における「悪」は、この論語里仁篇の第3と、4・5・6・9に集中して出ており、これらがまとめて創作され挿入されたことを窺わせる。

論語:解説・付記

論語の本章は、春秋戦国の誰一人引用していない。史書では、現伝『後漢書』の前に後漢の正史の地位にあった『東漢観記』に孔子曰くとして全文の引用があるのみ。それ以外で先秦両漢で本章が見られるのは、周の礼法をでっち上げるために前漢儒が書いた『小載礼記』のみ。

《秦誓》曰:「若有一个臣,斷斷兮無他技,其心休休焉,其如有容焉。人之有技,若己有之;人之彥聖,其心好之,不啻若自其口出。實能容之,以能保我子孫黎民,尚亦有利哉!人之有技,媢嫉以惡之;人之彥聖,而違之俾不通。實不能容,以不能保我子孫黎民,亦曰殆哉!」唯仁人放流之,迸諸四夷,不與同中國,此謂唯仁人為能愛人,能惡人。見賢而不能舉,舉而不能先,命也;見不善而不能退,退而不能遠,過也。好人之所惡,惡人之所好,是謂拂人之性,災必逮夫身。是故君子有大道,必忠信以得之,驕泰以失之。

礼記
『書経』秦誓篇にいわく、「ある家臣が、一芸のみに通じて他芸を知らないなら、つまらぬ事を考えずに働き、顔色にもそれが出る。人の持つわざとは、ただその人だけが持てば良いのだ。多芸多才な人とは、好きが高じてそうなったので、口で言うだけで無く本当に出来るものだ。そうした人を家臣に迎えるなら、我が子孫や民百姓を栄えさせるのに、大いに役立つに違いない。だが一芸の人は、その芸ゆえに妬まれ嫌われる。多芸多才な人でも、分野が違えば出来ない事がある。それを承知しないで家臣に迎えないなら、我が子孫や民百姓を栄えさせるのに、大いに差し支えるに違いない。」と。

ただ仁者だけが、蛮族の国に流されても、中華の風習にこだわらない。これが「ただ仁者だけが人を愛し、憎むことが出来る」を表している。賢者を見ても採用できない、採用しても昇進させられないことがあるが、それは時運のせいで仕方がない。悪事と知りながらまぜろと近寄り、仮に離れても未練がましく見ているのは、自分が仕出かした過ちだ。

人が嫌うことを好み、好む事を嫌うのを、人好きのしない性格という。叩き直さないといずれ災いが降りかかる。だから君子には従うべき大原則があるのだが、それに従えるのは必ず真心の作用であり、おごり高ぶっていてはその道を踏み外す。(『小載礼記』大学14)

従って論語の本章は、前漢儒による創作と考えるのが筋が通る。

『小載礼記』大学篇は中庸篇と共に、『論語』『孟子』を加えた四書の一つとされ、南宋の朱子からは独立した本と見なされた、元帝国の時代に科挙が復活すると、四書は必須科目に加えられ、明清帝国もそれを引き継いだし、朱子学にイカれた江戸の儒者もとりわけ重んじた。

朱子がなぜ大学篇を重んじたかは、知らないし知りたくもない。宋儒は北宋の頃からオカルトに走り、何が書いてあるかは分かっても、何を言いたいのかまるで分からない文章を量産した。これは読経と同じ効果を表し、「分からないから有りがたい」と見なされた。

つまり人の弱みに付け込んで、社会から甘い汁をチュウチュウと吸い取っていたのだが、ちょっと漢文が読めてしまえば、下らない事しか書いていないと判明する。四書でも罪がより深いのは中庸篇で、儒者派変転常ならぬこの世の中庸を知り、先を見通せるとうそぶいた。

うそぶいただけでウソであること、現代人なら中学程度の数理で見破れる。本章もそのウソをもっともらしく仕立てるのに使われた。人間にとって善悪は考える価値のある事柄だが、儒者しかそれが分からないと本章を偽作した漢儒は言う。とんでもない高慢ちきだ。

だが漢儒にはそう言い張るだけの歴史的背景があった。前漢武帝期の、いわゆる儒教の国教化は半ばウソで、武帝が道家嫌いだったから儒家がその分だけ持ち上がったに過ぎない。事実上武帝の後継だった宣帝は、「儒者という役立たずども」と公言している(『漢書』元帝紀)。

だから他学派と戦うためのウソとも言える。

だが宋儒の場合は違う。唐代まで貴族と取っ組み合いのケンカを帝室が続けた事の反省から、宋の帝室は役人を科挙でしか取らなかった。つまり政界官界が儒者で独占されたわけで、儒家は批判勢力を持たなかった。それゆえの宋儒の高慢ちきであり、オカルト走りである。

論語の本章にしたところで、宋儒が手を入た可能性すらあるのだ。朱子は本章について言う。

新注『論語集注』

唯之為言獨也。蓋無私心,然後好惡當於理,程子所謂「得其公正」是也。游氏曰:「好善而惡惡,天下之同情,然人每失其正者,心有所繫而不能自克也。惟仁者無私心,所以能好惡也。」

論語 朱子 新注
唯(惟)とは何者にも従わないという事だ。たぶん私心が無いことを示しているのだろう。そうあってこそ、人の好みは理の当然と合致する。程伊川(程頤)先生が言った「公正を確保する」とはそういうことだ。游酢(程頤の弟子)いわく、「善を好んで悪を憎めば、天下の世論と寄り添うことが出来る。それなのに俗人どもがいつも公正さを失うのは、心にこだわりがあって自分で押さえられないからだ。だから仁者だけが私心を持たないし、だから人の善し悪しを決められる。」

こう言い張る宋儒は、もちろん自分が仁者のつもりでいる。高慢ちきとはこういうことだ。江戸期の幕政にもこれが反映され、儒学を学んだ侍は、私心が無いことになっていた。それを前提に弾圧をやりたい放題にやった一人に、一目で頭がおかしいとわかる松平定信がいた。

論語と算盤 松平定信
狂信者の目をしている。しかもこれが自画像と言うから恐ろしい。定信は勝手な思い込みから、思想ばかりでなく経済まで統制し、幕府財政を破綻させたばかりか、大勢の庶民の生活を貧困に追いやった。江戸の幕政史上、これほど罪の重い者は珍しい。

我欲の無い人間などいない。人間には何が正しいのか分からない。東に向かえば西から遠ざかると知れるが、地球の裏を回れば逆になる。宇宙がそうでないと誰が言えよう。正しい人、公正な人、それを崇め奉るのを止めないと、人界からいつまでたっても暴政が無くならない。

漢文には論語でさえ、下らないことが書いてある。有り難がるのはもうやめよう。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする