論語詳解069里仁篇第四(3)ただ仁者のみよく°

論語里仁篇(3)要約:立派な態度の者だけが、本当に人を憎む事が出来る。イエスの”罪のない者だけが石を投げよ”と似た教えを孔子先生も説きました。厳しい殺し合いの春秋時代末期、仁はそこから超然としていられる技術でもありました。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「惟仁者能好人、能惡人。」

復元白文

論語 子 金文論語 曰 金文惟 金文論語 仁 甲骨文論語 者 金文論語 能 金文論語 好 金文論語 人 金文 論語 能 金文論語 亜 金文論語 人 金文

※惡→亞。

書き下し

いはく、ただ仁者じんしやのみ、ひとこのみ、ひとにくむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「ただ貴族らしくする者だけが、人を好んだり、憎んだりできる。」

意訳

論語 孔子 波濤
高貴な振る舞いを保てる者だけが、一時の感情に流されずに人の善し悪しを決められる。

従来訳

論語 下村湖人
 先師がいわれた。――
「ただ仁者のみが正しく人を愛し、正しく人を悪むことが出来る。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「衹有仁者能正確地愛人,正確地恨人。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「ただ仁のあるものだけが、正確に人を愛し、正確に人を怨むことができる。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」

惟 金文 論語 指差呼称 唯
(金文)

論語の本章では”ただ~だ”。

『大漢和辞典』の第一義は”おもふ”。以下”はかる・つらねる…”と続き、形と音の似た「唯」に通じて”ただ”の意となる。

『学研漢和大字典』によると形声文字で、「心+〔音符〕隹(スイ)」。隹(とり)は音符であり、意味には関係がない。▽惟・維はもと近い物をさし示す指示詞であり、「ただこれだけ」の意から、強く限定することばとなった。

また、ある点に限って心を注ぐ意の動詞ともなった。「これ」の意なら「隹」「維」と書き、「ただ」の意なら「唯」と書き、「おもう」の意なら「惟」と書くのが正則、という。

詳細は論語語釈「惟」を参照。

論語 仁 金文大篆 論語 貴族
(金文大篆)

孔子の肉声としての論語では、”貴族(らしさ)”。詳細は論語における「仁」を参照。

論語 能 金文 論語 能 三本足 亀
(金文)

論語の本章では”~できる”。語源は”亀”。詳細は論語語釈「能」を参照。

惡(悪)

論語 悪 金文大篆 論語 禁煙
(金文大篆)

論語の本章では”にくむ”。『大漢和辞典』の第一義は”わるい”。動詞としては”にくむ”。この文字の初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音は、”にくむ”の場合去声か平声で、ʔɑɡ。同音は存在しない。結論として、論語の時代の代替候補は亞(亜)。

『学研漢和大字典』によると、会意兼形声文字で、亞(ア)(=亜)は、角型に掘り下げた土台を描いた象形。家の下積みとなるくぼみ。惡は「心+〔音符〕亞」で、下に押し下げられてくぼんだ気持ち。

下積みでむかむかする感じや、欲求不満。堊(アク)(下積みとなる土台)・於(オ)(つかえる)・淤(オ)(つかえる)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「悪」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章が言うのは、「仁のあるものだけが、正しく人を好み嫌うことが出来る」。「仁」の解釈を除き、通説と訳者の間に違いは無い。ただ論語の「仁」の語義は、孔子没後一世紀のちに現れた孟子の言う、「仁義」と同じに解釈してはならない。

論語 孔子 論語 顔回
孔子は論語の中で、弟子の顔回に「克己復礼を仁となす」(論語顔淵篇1)と教えている。自分に勝ち、礼法に従うことが仁だと。弟子で最も仁に優れたのが顔回だから、この教えが仁の定義に最も近いだろう。つまり克己=自分の本能や欲望に打ち勝つことが仁の必要条件だった。

人が他人を好んだり憎んだりする理由は、とりもなおさず欲望にある。奪われたと言っては怒り、くれたと言っては喜ぶ。そのような好悪は、所詮喜怒哀楽している本人にとっての好悪であり、立場が変われば見解が異なる。詐欺に泣く人と喜ぶ詐欺師のようなもの。

論語 ブッダ
孔子と同時代の賢者、ブッダは、克己復礼と近い教えを説いた。加えて生きとし生けるものへの慈悲を説いた。後世「仁」が”情け”と解されたのに、ブッダの影響があるかも知れない。しかしブッダによれば、欲望を消し去った者にはもはや喜怒哀楽が存在しないという。

自己を含めたあらゆる事物への徹底的無関心が、解脱だった

その境地にいる如来タターガタ=かくのごとく悟りの彼岸へ行きし者が、生き続ける意欲や慈悲を持ったりする理由は、訳者如きには分からないが、恐らく孔子にも分からなかっただろう。だから本章で言うように、仁者もまた憎んだり好んだりする。

ただしそれが、無原則な好き嫌いでは、原則が無い=無道という評価になる(論語憲問篇20)。亡命してきた孔子にポンと現代換算で111億円もの捨て扶持を呉れた衛の霊公も、後妻の南子に振り回され、跡目争いの種を作った無道な人だと孔子は見たのである。

だからこそ孔子は、「難きかなつね有ること」と言った(論語述而篇25)。もっともその章は史実に疑いがあるが、理想の貴族である仁者が、その時の機嫌によって言動を変えれば、迷惑するのは庶民である。だから孔子は子貢に、やり続けることの重要性を説いた(論語為政篇13)。

まず行え、言葉はそれに従え。それが君子=貴族の条件だぞと。

振り返って本章を検討すればその心は同じで、貴族やそれを目指す者には確固たる信念がなければならず、他者を評価するにもその不動心が無ければ、無道な凡人と変わらないと孔子は考えた。だからこそ仁者=貴族らしい貴族だけが、人を好みも憎みもできるというわけ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)