論語詳解077里仁篇第四(11)君子徳をおもえば’

論語里仁篇(11)要約:読むそばから、戦国時代以降のニセと分かる贋作。孔子先生の生前、君子=戦士で説明の要がありませんでした。小人をこき下ろす話は、自分から「これはうそデタラメです」と白状するようなものです。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「君子懷德、小人懷土。君子懷刑、小人懷惠。」

校訂

定州竹簡論語

曰:「君子懷德,小人壞土];68……


→子曰、「君子懷德、小人懷土。君子懷刑、小人懷惠。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 君 金文子 金文懐 懷 金文徳 金文 小 金文人 金文懐 懷 金文土 金文 子 金文曰 金文懐 懷 金文刑 金文 小 金文人 金文懐 懷 金文恵 惠 金文

※論語の本章では、「小人」「惠」の用法に疑問がある。

書き下し

いはく、君子くんしとくおもへば、小人せうじんところおもふ、君子くんしつみおもへば、小人せうじんめぐみをおもふ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子
先生が言った。「君子は道徳を身につけようとするが、凡人は土地を欲しがる。君子は刑に服するのを好ましく思うが、凡人は恩恵を好ましく思う。」

意訳

教養ある人格者である君子は、道徳を身につけようとするが、つまらない人間は手っ取り早く稼げる土地を求める。君子は罪を犯せばいさぎよく罰せられようとするが、つまらない人間はお目こぼしを願って逃げ回る。

従来訳

下村湖人
先師がいわれた。
「上に立つ者が常に徳に心掛けると、人民は安んじて土に親み、耕作にいそしむ。上に立つ者が常に刑罰を思うと、人民はただ上からの恩恵だけに焦慮する。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「君子心懷仁德,小人心懷家鄉;君子心懷法制,小人心懷實利。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「君子は心に人徳を思い、小人は心に家庭を思う。君子は心に法制度を思い、小人は心に実利を思う。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」

子曰(シエツ)(し、いわく)

論語 孔子

論語の本章では”孔子先生が言った”。「子」は貴族や知識人に対する敬称で、論語では多くの場合孔子を指す。「子」は赤ん坊の象形、「曰」は口から息が出て来るさま。「子」も「曰」も、共に初出は甲骨文。辞書的には論語語釈「子」論語語釈「曰」を参照。

子 甲骨文 曰 甲骨文
(甲骨文)

この二文字を、「し、のたまわく」と読み下す例がある。「言う」→「のたまう」の敬語化だが、漢語の「曰」に敬語の要素は無い。古来、論語業者が世間からお金をむしるためのハッタリで、現在の論語読者が従うべき理由はないだろう。

君子・小人

論語の本章では、為政者階級と庶民。武内本には、本章について「君子は官吏、小人は人民をいう」とある。それはその通りで、孔子の生前、「君子」とは従軍の義務がある代わりに参政権のある、士族以上の貴族を指した。「小人」とはその対で、従軍の義務が無い代わりに参政権が無かった。

ただし「小人」との言葉が漢語に現れるのは、出土史料では戦国の簡文から。詳細は論語における「君子」を参照。また春秋時代の身分については、春秋時代の身分秩序と、国野制も参照。

懷(カイ)

懐 金文 懐 字解
(金文)

論語の本章では”好ましく思うこと”。新字体は「懐」。初出は西周早期の金文。ただし字形は「褱」。現行字体の初出は秦系戦国文字。同音は同訓の「褱」と異訓の「壊」(去)。「褱」の字形は「トウ」+「衣」で、「眔」はのちに”視線で跡を追う”と解されたが、原義は「目」+「水」で”涙を流す”こと。「褱」は全体で”泣いて衣を濡らす”ことであり、そのような感情のさま。秦系戦国文字で”心”を示す「忄」がついたのは感情を示すダメ押し。原義は”泣くほどの思い”。金文では”思い”、”ふところ”、”与える”、「鬼」”亡霊”、”招き寄せる”の意に用いた。詳細は論語語釈「懐」を参照。

德(トク)

徳 金文 孔子 TOP
(金文)

論語の本章では”道徳”。初出は甲骨文。新字体は「徳」。甲骨文の字形は、「行」”みち”+「コン」”進む”+「目」であり、見張りながら道を進むこと。甲骨文で”進む”の用例があり、金文になると”道徳”と解せなくもない用例が出るが、その解釈には根拠が無い。論語では史実を記した章の場合、”道徳”と解すると、まず間違いなく論語を読み誤る。孔子生前の語義は、”能力”または”機能”。詳細は論語語釈「徳」を参照。

本章もまた”能力”と解せなくはないが、本章は「君子」と、孔子生前に見られない「小人」との対比話であり、「徳」を何かしら立派なものとして解さないと、文意が通じない。

土(ト)

土 甲骨文 土 字解
(甲骨文)

論語の本章では”土地”。「ド」は慣用音。呉音は「ツ」。初出は甲骨文。字形は「一」”地面”+「∩」形で、地面の上に積もったつちのさま。甲骨文の字形には、「一」がないもの、「水」を加えたものがある。甲骨文では”領土”、”土地神”を意味し、金文では加えて”祭祀を主催する”、天に対する”大地”、また「𤔲土」と記し後年の「司徒」の意を示した。詳細は論語語釈「土」を参照。

刑(ケイ)

刑 金文 牢屋 刑
(金文)

論語の本章では”刑罰”。初出は西周中期の金文。字形は「井」”牢屋”+「刂」”かたな”で、原義は刑罰。ただし初出の「史牆盤」は「荊」”いばら”と解釈されており、「荊」=楚国のことだとされる。詳細は論語語釈「刑」を参照。

惠(ケイ)

恵 甲骨文 恵 字解
(甲骨文)

論語の本章では”恩恵”。この語義は春秋時代では確認できない。新字体は「恵」。初出は甲骨文。字形は「セン」(専)+「心」。「叀」は紡錘の象形とされるが、甲骨文から”ただ…のみ”の意に用いた。「惠」は”ひたすらな心”の意。春秋までの金文では”従う”、”善い”、戦国の金文では”憐れみ”の意に用いた。詳細は論語語釈「恵」を参照。

論語:解説・付記

中国歴代王朝年表

中国歴代王朝年表(横幅=800年) クリックで拡大

論語の本章は、春秋戦国の誰一人引用せず、事実上の初出は定州竹簡論語か、ほぼ同時期の前漢武帝死没直後の記録『塩鉄論』で、文学=メルヘンに酔いしれる若造儒者の屁理屈として引用された。このメルヘン者については論語八佾篇4の解説を参照。

論語の本章は、文字史的には全く史実を疑えないにもかかわらず、読むそばからニセモノとわかる贋作で、その理由は「君子」と「小人」を対比して論じていることにある。孔子の生前、「君子」は説明の要がない明確な言葉で、「小人」の語が存在したかは極めて如何わしい。

加えて論語為政篇14と違い、「小人」を”平民”と非差別的に訳しうる余地を持たず、土地を欲しがり悪事を働いても逃げ回る、下らない人間だと解するしか方法が無い。従って論語の本章は文字史にかかわらず、孔子の史実の発言として取り扱うことが出来ない。

孔子の生前、「君子」とは戦士のことで、従軍する代わりに参政権があった(国野制)。春秋前半、庶民にとっていくさは見物や落ち武者狩りの場ではあっても、自分事ではなかった(『春秋左氏伝』荘公十年)。だから「君子」も「小人」も、誰が誰に説明する必要の無い言葉だった。

論語 弩 戦車戦
それが変わったのは孔子の時代で、「弩」(クロスボウ)の普及によって、「卒」(徴集兵)の戦力化が現実になった。長い訓練を経なくても、徴集兵に弩を渡して斉射させれば、それまで軍の主力だった貴族の操る戦車を一掃できるようになり、「君子」の価値が暴落した。

だからこそ、被差別階級に生まれた孔子が宰相格にまで出世できた。詳細は論語における君子を参照。だが過渡期ゆえに、孔子塾に入ったのは君子に成り上がりたい小人階級で、彼らは当然君子とは何かを心得ていた。心得られなくなったのは、孔子より一世紀後の孟子の時代。

つまり戦国の世、軍の主力は徴集兵に転換し終え、「君子」とはわざわざ説明せねば意味が分からない言葉になっていた。加えて孟子は「君子」にもったいをつけ、自分の教説を売り歩くための商材にした。だから「小人」と対比させ、「君子」の価値がすごいように言い回った。

論語 君子 小人
「小人」という言葉がいつから漢語にあったか。「小」の初出は甲骨文「人」の初出も甲骨文で、ともに論語の時代に存在したが、「小人」との言葉が漢語に現れるのは、出土史料としては戦国の簡書(竹簡や木簡)からになる。その中で謙遜の語としての「小人」(わたくしめ)ではなく、”くだらない奴”の用例は、例えば次の通り。

子曰:唯君子能好其駜(匹),小人剴(豈)能好亓(其)駜(匹)。古(故)君子之友也


子曰く、唯だ君子のみ好く其のともたるを能う。小人豈に好く其の匹たるを能うや。故に君子の友也。(『郭店楚簡』緇衣42・戦国中期或いは末期)

これより先、臣下がへり下って「小臣」と青銅器に鋳込んだ例はあるが(小臣宅簋・西周早期など)、財産も文字の読解力も無い「小人」が金文を鋳込むわけが無い。

春秋の世、武器を除く青銅器は実用品ではなく記念品で、そこに政治的宣伝効果を期待して「小臣」と鋳込んだ。そういう青銅器は配るものではなく見せびらかすものだった。

孔子の生前、「君子」が単に参政権のある貴族を意味したように、「小人」という言葉は仮に当時の漢語にあったにせよ、参政権の無い庶民を意味するに過ぎなかった。それをバカにし始めたのは孔子没後一世紀に現れた孟子で、激しくバカにしたのは戦国末期の荀子に始まる。

論語の本章は定州竹簡論語にあることから、前漢中期までには存在したことが確実だが、内容的には春秋時代まで遡れない。戦国時代の儒者による偽作が大いに疑われ、「惠」を戦国以降の語義である”恩恵”と解さないと文意が通じない。

なお新古の注の解釈は、以下の通り。

古注『論語集解義疏』

子曰君子懐徳註孔安國曰懐安也小人懐土註孔安國曰重遷也君子懐刑註孔安國曰安於法也小人懐惠註苞氏曰惠恩惠也

子曰君子懐徳。註。孔安國曰く。懐は安んする也。小人懐土。註。孔安國曰。遷るをはばかる也。君子懐刑。註。孔安國曰く、法於安んずる也。小人懐惠。註。苞氏曰く、惠は恩惠也。

古注 孔安国
子曰君子懐徳。注釈。孔安国「懐はそれに寄り添って安心することである。」小人懐土。注釈。孔安国「住む土地を離れるのを嫌がることである。」君子懐刑。注釈。孔安国「法律に寄り添って安心することである。」小人懐惠。注釈。苞氏「恵とはお貰いのことである。」

新注『論語集注』

懷,思念也。懷德,謂存其固有之善。懷土,謂溺其所處之安。懷刑,謂畏法。懷惠,謂貪利。君子小人趣向不同,公私之間而已。尹氏曰「樂善惡不善,所以為君子;苟安務得,所以為小人。」

懷は思い念う也。懷德は、其れ固有之善存るを謂う。懷土は、其の處る所之安きに溺るるを謂う。懷刑は、法を畏るるを謂う。懷惠は、利を貪るを謂う。君子と小人は趣き向うの同しから不、公私之間而已のみ。尹氏曰く、「善を樂しみて不善を惡むは、君子為る所以なり。苟安かりそめに得るに務むるは、小人為る所以なり。」

朱子 新注 尹焞
懷とは思い願うことである。懷德とは、もともと身に付いた善がある事を言う。懷土とは、住む土地の安楽に溺れることを言う。懷刑とは、法を尊重することを言う。懷惠とは、利益を貪り求めることを言う。君子と小人とでは志望が違う。公私のけじめの有る無しが決定的に違う。

インジュン「善を楽しんで不善を憎むのは、君子のあかしだ。一時凌ぎの稼ぎにあくせくするのは、小人のあかしだ。」

*尹焞:北宋の儒者。1061-1132年。 程伊川の門人。

本章は「刑」という物騒な言葉を扱うから息苦しく感じるが、歌うような言葉になっている。藤堂明保先生の『学研漢和大字典』から上古音(周代~秦代)を引いてみる。

君子懐徳 kıuən tsiəg ɦuər tək キウエン チエク ブエル テク
小人懐土 siɔg nien ɦuər t’ag シオク ニエン ブエル トッアク
君子懐刑 kıuən tsiəg ɦuər ɦeŋ キウエン チエク ブエル ブエンク
小人懐恵 siɔg nien ɦuər ɦuəd シオク ニエン ブエル ブエード

カナは無理に直せばこう、という参考例。ɦはブではなくロシア語のХと同じで…とか言い出したら切りがない。訳者もIPA(国際発音記号)を正確に発音できるには遠い。

それでも「徳」と「土」、「刑」と「恵」が近い音で韻を踏んでいるのがおわかりだろうか? おそらく多くの弟子の前で子あたりが読み上げ、弟子に繰り返させたのだろう。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする