論語詳解074里仁篇第四(8)朝に道を聞かば°

論語里仁篇(8)要約:何かを成し遂げるなら、全力で取り組まなくてはいけない。求めるものが手に入ったら、もう死んでもいいと思えるほどに。孔子先生はそうたとえました。それは人格修養でも、政治改革でも同じです、というお話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「朝聞道、夕死可矣。」

校訂

定州竹簡論語

曰:「朝聞道,夕死可□a。」66

  1. 可□、阮本作「可矣」、漢石経作「可也」。

※『論語集釋』によると、漢石経は「矣」を「也」と書いているという。

復元白文

論語 子 金文論語 曰 金文 論語 朝 金文論語 聞 金文論語 道 金文 夕 金文論語 死 金文論語 可 金文已 矣金文

矣→已。

書き下し

いはく、あしたみちかば、ゆふべすともなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
朝、正しい道を伝え聞いたなら、その日の夕方に死んでもいい。

意訳

論語 君子 諸君 孔子
同志諸君。革命成功への筋道が分かったら死んでもいい、それぐらいの覚悟で戦ってくれ。

従来訳

論語 下村湖人
 先師がいわれた。――
「朝に真実の道をきき得たら、夕には死んでも思い残すことはない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「早上理解真理,晚上死也值得。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「朝に真理を理解したら、夕方の死も価値がある。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」

論語 朝 金文
(金文)

論語の本章では”あさ”。

『学研漢和大字典』によると会意→形声。金文は「草+日+水」の会意文字で、草の間から太陽がのぼり、潮がみちてくる時を示す。篆文(テンブン)は「幹(はたが上がるように日がのぼる)+(音符)舟」からなる形声文字で、東方から太陽の抜け出るあさ、という。詳細は論語語釈「朝」を参照。

論語 聞 金文 論語 聞
(金文)

論語の本章では”伝え聞く”。論語の時代、直接聞くのを「聴」といい、間接的に聞くのを「聞」と言った。本章は後世の創作を疑えないので、論語の時代の意味、”間接的に聞く”と解すべき。詳細は論語語釈「聞」を参照。

論語 道 金文 論語 レシピ 道
(金文)

論語では”やり方・方法”の意で、道徳的な何かを指すことはほどんどない。「道」の詳細な語釈は、論語語釈「道」を参照。

夕 金文
(金文)

論語の本章では”夕暮れ時”。

『学研漢和大字典』によると象形。三日月を描いたもの。夜(ヤ)と同系で月の出る夜のこと。diak→yiεk→ziεkと変化したもので、夜diag→yiaときわめて近い。▽もとの字体は月と同じだが、ことばとしては別、という。詳細は論語語釈「夕」を参照。

論語の本章では”してもよい”。可能の可だから、”できる”の意味だけだと考えがちだが、日本古語の「べし」とかなり同じ用法がある。詳細は論語語釈「可」を参照。

矣(イ)

論語 矣 金文 論語 見返り美人図 矣
(金文)

論語の本章では、人が後ろを振り返った象形。断定の意味を示す。孔子在世当時に無い字だが、恐らく論語の当時は「已」と書かれていただろう。詳細は論語語釈「矣」を参照。

朝聞道、夕死

「朝」が聞くわけでも、「夕」が死ぬわけでもないので、文法的には「朝・夕」を前に出した倒置か、「朝・夕」を副詞だと解するしかない。「夕」は論語では本章のみに登場。

論語:解説・付記

論語の本章は、革命家孔子の面目を伝える言葉で、おとなしい、ただのもの知り爺さんでは無かったことを物語る。論語の本章について、古注は悲観的なことを書いている。

古注

論語 鄭玄 論語 馬融 古注
注。その日の夕方に死んでもいい、とは、今にも死のうとしているのに、世に正しい道があるという話を聞かない、ということだ。

付け足し。本章は、世の中に道がないことを嘆いたのだ。だからもし朝に、道があるという話を聞いたなら、その日の夕方に死んでも悔いはない、と言ったのだ。だから可=死んでもいい、と言った。

ランチョウいわく、「道が民を救える理由は、聖人がいてその道を行ってくれるからだ。道を用いて民を救うなら、自分の身は救わない。だから本当に道があると朝方に聞いたなら、夕方には死んでもいいと言ったのだ。道がダメになって行われないなら、もう世の終わりは見えていて、やはり世を嘆いて身を保とうとはしないのである。」(『論語集解義疏』)

古注が記した後漢というのはひどい時代で、ひたすら偽善をこととする清流派と、やや偽善の程度がおとなしかった濁流派が官界で争い、これに宦官や外戚が加わって、些細な発言が処刑につながった。論語の本章を悲観的に解釈するのも、彼らに同情できる点がある。

清儒・程樹徳はこの事情について以下のように言っている。

魏晋時代は道家の説が世間に流行して、本章のことばは取りあげるにうってつけだったので、大いに道家風に解釈された。当時論語に注を付けた人物は、こうした世間の風潮に迎合して、そのような本が少なからず出回っていた。

ところが古注をまとめた何晏は、そうした本には目もくれず、自分の説だけを書き記したので、古注の見解は時流とはそぐわなかった。同じく古注の撰者の一人である皇侃は、南朝・斉の時代に生まれ、梁の世を生き、当時は老荘思想の他に、仏教思想まで入っていた。

だから当時の著述は仏教道教の虚無論が大流行りで、王弼『論語釋疑』、郭象『論語体略』、太史叔明『論語集解』などは、すべて仏教や道教、さらには当時の虚無主義の影響を受けている。

ところが皇侃は、ただ欒肇の説に従って注釈を書き、それ例外の書籍を参照しなかったので、かえってその慧眼は宋儒の上に出た。論語の真意が道教仏教によって覆い隠されること数百年、遂に再びその光が輝き、闇から明るみに出た。私はその功績を思うと、今なおすり減らずに残っているように感じる。(『論語集釋』)

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)