論語詳解070里仁篇第四(4)まことに仁に志さば*

論語里仁篇(4)要約:本気で仁者になりたかったら、悪いことをするな。仁者が孔子先生の時代の意味”貴族”だとちょっと無理のあるお話ですが、孟子以降の「仁義」=”情け深さ”なら、なるほど悪事を働いてはいい人になれません。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「苟志於仁矣、無惡也。」

校訂

定州竹簡論語

(なし)


→子曰、「苟志於仁矣、無惡也。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 苟志於 金文仁 甲骨文已 矣金文 無 金文也 金文

※仁→(甲骨文)・矣→已。本章は赤字が論語の時代に存在しない。「也」の用法に疑問がある。本章は前漢以降の儒者による捏造である。

書き下し

いはく、まことじんこころざたらば、しきことかれ

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子
先生が言った。「本当に情け深い人間を志すなら、悪いことをしてははならないぞ。」

意訳

孔子 人形
本気で慈愛のある人になりたいなら、悪いことをしてはいかん。

従来訳

下村湖人
先師がいわれた。――
「志向がたえず仁に向ってさえおれば、過失はあっても悪を行うことはない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「一旦樹立了崇高的理想,就不會為非作歹。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「ひとたび崇高な理想を掲げたなら、決して悪いことをしてはならない。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」

子曰(シエツ)(し、いわく)

論語 君子 諸君 孔子

論語の本章では”孔子先生が言った”。「子」は貴族や知識人に対する敬称で、論語では多くの場合孔子を指す。「子」は赤ん坊の象形、「曰」は口から息が出て来るさま。「子」も「曰」も、共に初出は甲骨文。辞書的には論語語釈「子」論語語釈「曰」を参照。

子 甲骨文 曰 甲骨文
(甲骨文)

この二文字を、「し、のたまわく」と読み下す例がある。「言う」→「のたまう」の敬語化だが、漢語の「曰」に敬語の要素は無い。古来、論語業者が世間から金をむしるためのハッタリで、現在の論語読者が従うべき理由はないだろう。詳細は論語と日本儒教史を参照。

苟(コウ)

苟 隷書 苟 字解
(前漢隷書)

論語の本章では”本気で”。初出は前漢の隷書。字形は「艹」+「句」で、原義は不明。「敬」の古形である「茍」とは別字。『大漢和辞典』の第一義は”かりそめ・かり”。伝統的読み下しでは「いやしくも」と読むが、もはや誤解を招くだけの読みと思う。詳細は論語語釈「苟」を参照。

志(シ)

志 金文 志 字解
(金文)

論語の本章では”こころざし”。『大漢和辞典』の第一義も”こころざし”。初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しない。論語時代の置換候補もない。字形は「止」”ゆく”+「心」で、原義は”心の向かう先”。詳細は論語語釈「志」を参照。

於(ヨ)

烏 金文 於 字解
(金文)

論語の本章では”…に”。初出は西周早期の金文。ただし字体は「烏」。現行字体の初出は春秋中期の金文。「ヨ」は”…において”の漢音、呉音は「オ」。「オ」は”ああ”の漢音、呉音は「ウ」。西周時代では”ああ”という感嘆詞だったが、春秋時代末期になると”…において”の語義を獲得した。詳細は論語語釈「於」を参照。

仁(ジン)

仁 甲骨文 仁 字解
(甲骨文)

論語の本章では、”慈悲深さ”。本章は後世の偽作が確定しているので、通説通り「仁義」の意で解すべき。初出は甲骨文。字形は「亻」”ひと”+「二」”敷物”で、原義は敷物に座った”貴人”。詳細は論語語釈「仁」を参照。

孔子の生前、「仁」は単に”貴族(らしさ)を意味したが、孔子没後一世紀後に現れた孟子は「仁義」を発明し、それ以降は「仁」→「仁義」となった。詳細は論語における「仁」を参照。

矣(イ)

矣 金文 矣 字解
(金文)

論語の本章では、”(きっと)…である”。初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しない。同音で同義の「已」が、論語時代の置換候補になる。字形の下部は「矢」だが、上部の由来は明瞭でなく、原義も明瞭でない。初出の金文は”…である”だと解釈されている。詳細は論語語釈「矣」を参照。「苟志於仁矣」で”もし仁に志し切ってしまったならば”。

無(ブ)

無 甲骨文 無 字解
(甲骨文)

論語の本章では”…ない”。初出は甲骨文。「ム」は呉音。甲骨文の字形は、ほうきのような飾りを両手に持って舞う姿で、「舞」の原字。その飾を「某」と呼び、「某」の語義が”…でない”だったので、「無」は”ない”を意味するようになった。論語の時代までに、”雨乞い”・”ない”の語義が確認されている。戦国時代以降は、”ない”は多く”毋”と書かれた。詳細は論語語釈「無」を参照。

惡(アク/オ)

悪 楚系戦国文字 悪 字解
(楚系戦国文字)

論語の本章では”悪事を働く”。現行字体は「悪」。初出は楚系戦国文字。論語の時代に存在しない。論語時代の置換候補もない。漢音(遣隋使・遣唐使が持ち帰った音)「アク」で”わるい”を、「オ」で”にくむ”を意味する。字形は「亞」”はかあな”+「心」で、落ち込んで気分が悪いさま。原義は”嫌う”。部品の「亞」の初出は甲骨文だが、「惡」の語義を獲得するのは戦国時代の竹簡から。詳細は論語語釈「悪」を参照。

也(ヤ)

也 金文 也 字解
(金文)

論語の本章では、「や」と読んで詠歎の意”…よ”に用いている。この語義は春秋時代では確認できない。初出は春秋時代の金文。原義は諸説あってはっきりしない。「や」と読み主語を強調する用法は、春秋中期から例があるが、「也」を句末で断定に用いるのは、戦国時代末期以降の用法で、論語の時代には存在しない。詳細は論語語釈「也」を参照。

無惡也

従来訳のように、「あしき無きなり」と読んで、”悪がない・なくなる”と解する場合がある。しかし『学研漢和大字典』に、日本語の「なし」は形容詞であるが、漢語では「無」は動詞である、と明記されている。

もし「あしき無きなり」なら、S-V順に「悪無也」と書いた方が文法的に妥当。従って”悪がない・なくなる”と解するのには無理がある。動詞として”無くす”、つまり”悪いことをするな”。

論語:解説・付記

論語の本章、「苟志於仁矣」について、「苟不志於仁」との用例が『孟子』にある。しかし「苟」はどうやりくりしても前漢より前には遡れず、『孟子』のこの部分も漢儒によるでっち上げと思う。また「志於仁」は孟子以外、先秦両漢の誰一人引用や再録していない。「無惡」は一般的な物言いだから、無数に用例があるので論語の本章の再出とは言いかねる。

吉川幸次郎
吉川本では「苟」について、「仮定の助字であるにはちがいないが、もしも確実に仁に志すならば、と読むのは朱子であり、その系統の訓では苟の字をマコトニと読む。もし少しでも仁に志しさえすれば、と読むのは徂徠であって、…イヤシクモと訓ずる。」とある。

しかし吉川は論語子路篇10の「苟」については、「可能性の極めて少ない事柄を仮定する助字」と言う。解釈がとっ散らかっており、「どれが正しいんだ?」と言いたくなるが、漢文解釈とはもともといいかげんなものだから、不思議がるには及ばない。

論語に限定するなら、甲骨文や青銅器に鋳込んだ金文を除けば、最も古い言葉を多く含む古典であり、後世の儒者のでっち上げによって「ああも読める、こうも読める」という散らかりが最も少ないと言えるから、出来るだけ統一した意味で読むようにしないと読み誤る。

だから漢字の音通を頼りに、仮定の意ではないと解した。ニセ孔子は本章で、”本気で仁者になりたいなら、悪をするな”以上のことを言っていない。これは前章の、「仁者だけが正しく人を憎める」、憎む=負の行為、と矛盾に見えるから、従来の論語本では解釈に悩んでいるわけ。

孔子 せせら笑い
しかし論語をざっと全体を読んでみると、儒者は特に論理的一貫性に気を付けて創作していない。孔子も終始一貫を心掛けていない。史実の発言は時期がバラバラで、論語は弟子のメモの集大成だから無理のないことだし、矛盾も人間孔子の成長として理解できる場合が多い。

だから論語はその章だけで完結して理解できるなら、特に論語の他の箇所と整合しなくていい。”いい人になりたければ、悪いことをしてはいかん”という教訓だろう。論語顔淵篇1に見られるように、仁は我欲に打ち勝つことだから、悪事をしないというのは理にかなっている。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする