論語詳解079里仁篇第四(13)よく礼譲を以て*

論語里仁篇(13)要約:お作法で国が治まれば安いもの。でも治まらなかったら意味がなく、ただの見せ物になってしまう。しかしお作法は先生の生きた当時、あくまで個人の教養で、国の政治とは関係がありませんでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「能以禮讓爲國乎、*何有。不能以禮讓爲國、如禮何。」

校訂

武内本

後漢書劉般伝、列女伝曹世叔妻の上疏此章を引く何有の上に於従政の三字あり。学而16衛霊公19参照。

定州竹簡論語

曰:「能以禮讓為國乎?何有?70……

復元白文

論語 子 金文論語 曰 金文 論語 能 金文㠯 以 金文論語 礼 金文論語 為 金文論語 国 金文論語 乎 金文 論語 何 金文論語 有 金文 論語 不 金文論語 能 金文㠯 以 金文論語 礼 金文論語 為 金文論語 国 金文 如 金文論語 礼 金文論語 何 金文

※論語の本章は讓の字が論語の時代に存在しない。本章は戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

いはく、禮讓れいじやうもちゐてくにをさめむなにらむ。禮讓れいじやうもちゐてくにをさむることあたはずんば、れい如何いかん

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「礼法とへりくだりで国が治まれば、言うことはない。礼法とへりくだりで国が治まらないなら、礼法をどうすればいい。」

意訳

ニセ孔子
お作法で国が治まるなら安いものだ。治まらないなら、お作法など無用の長物だ。だがそうではないぞ。

従来訳

論語 下村湖人
 先師がいわれた。――
「礼の道にかなつた懇切さで国を治めるならば、何の困難があろう。もし国を治めるのに、そうした懇切さを欠くなら、いったい礼制は何のためのものか。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「能以禮讓治國嗎?沒問題!不能以禮讓治國,怎麽實行禮法?」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「礼譲で国を治められるか? 問題ない。礼譲で国を治められなければ、なぜ礼法を行うのか?」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


讓(譲)

この字の初出は戦国時代で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はȵi̯aŋ。同音は襄を部品とする漢字群。春秋時代に遡れるのは、瀼(露の多いさま。甲骨文あり)のみ。『大漢和辞典』による部品襄sni̯aŋの語釈は”はりあげる”などで、”ゆずる”の意味は無い。

あるいは”たすける・うつる”がそれに相当するかと思われるが、今は指摘に留める。また『字通』は同音部品「襄」の原義を”はらいきよめる”といい、”ゆずる”の意味を拡大解釈出来なくも無いが、無理があるように思う。詳細は論語語釈「譲」を参照。

禮(礼)讓(譲)

論語 礼 金文 論語 譲 金文大篆
(金文)

論語の本章では、”礼儀正しさとへりくだり”。

『大漢和辞典』では”礼儀厚く、人にへりくだる”。吉川本には、「讓」を「だいたい謙遜という意味に当たる」とあり、「礼、とただ一字でいう場合と、意味に大差はないであろう」とする。また続けて『左伝』を引き、「襄公十三年に、讓は礼の主也、謙遜は礼の中心と言う言葉がある」という。

『学研漢和大字典』では、「礼讓」は礼儀をあつくして、人にへりくだること、でおしまい。「讓」は会意兼形声文字で、襄(ジョウ)は、中にわりこむの意を含む。讓は「言+〔音符〕襄」で、どうぞといって間にわりこませること。

転じて、間にはさんで両わきからせめる意ともなる。鑲(ジョウ)(中に金属をはめこむ)・饟(ジョウ)(中にわりこませたあん)などと同系のことば、という。

何有

論語 何 金文 論語 有 金文
(金文)

論語の本章では、”何の障害があるだろうか”。吉川本によると、古注に「難しからざるをいうなり」とあるという。

如禮何

方法・処置を問う「如何」の間に、「禮(礼)」を挟んだ形。”礼をどうすればいいか”。如何には次のような語義がある。従来訳のように、3.の”礼が何だって言うんだ”と解釈するのも誤りとは言いがたい。

  1. 方法や処置を問うことば。どうしたらよいか。「夜如何其、夜未央=夜はいかん、夜いまだ央ならず」〔詩経・小雅・庭燎〕
  2. 反問の意をあらわすことば。どうして。なんだって。
  3. 問いつめる意をあらわすことば。どういうわけだ。「非鼠如何=鼠に非ずしていかん」〔春秋左氏伝・襄二三〕

論語:解説・付記

論語の本章は上掲の通り、「譲」を「襄」として無理やり史実という理屈が付けられなくも無いが、おそらく意味が無いだろう。というのも、孔子在世当時の「礼」とは、塾生が身につけるべき個人的教養であって、あくまで貴族に成り上がるための実践技術だった。

それで国を治めるとかいう誇大妄想は、孔子没後一世紀後に現れた、孟子まで時代が下る。また「礼譲」を「作法とお祓い」と解すれば、春秋時代の中国語として通用はするものの、やはり国政うんぬんとは関係ない行為で、正しい解釈とは思えない。

そしてもちろん、南北朝までの儒者は、孟子のような解釈をしている。

古注『論語義疏』

子曰能以禮讓為國乎何有註何有者言不難也不能以禮讓為國如禮何註苞氏曰如禮何者言不能用禮也疏子曰至禮何 云能以禮讓為國乎何有者為猶治也言人君能用禮讓以治國則於國事不難故云何有言其易也故江熙曰范宣子讓其下皆讓之人懐讓心則治國易也云不能以禮讓為國如禮何者若昏閽之君不為用禮讓以治國則如治國之禮何故江熙曰不能以禮讓則下有爭心錐刀之末將盡爭之唯利是恤何遑言禮也

本文。「子曰能以禮讓為國乎何有」。

注釈。「何有」とは、難しくないという事である。

本文。「不能以禮讓為國如禮何」。

注釈。苞氏「”如禮何”とは、礼を用いることが出来ないという事である。」

付け足し。先生は礼とは何かを語ってそれを記した。「能以禮讓為國乎何有」とは、礼儀と譲り合いで治めることもできる、ということだ。その心は、君主が礼法で国を治めることが出来たなら、政治など簡単だという事だ。だから「何有」と言い、その簡単であることを言った。

だから江熙はこう言った。「范宣子は家臣にへり下った。すると家臣の方でも腰が低くなり、こうして簡単に国が治まったのである。」

「不能以禮讓為國如禮何」とは、もしバカ殿が礼儀と譲り合いで国を治めなければ、国を治めるはずの礼儀と譲り合いが、無意味になってしまうということだ。

だから江熙はこう言った。「礼儀と譲り合いが使えないなら、家臣どもは錐の先ほどの利益すら取り尽くそうと争い、儲け話しか聞かなくなる。これでは礼儀の出番は無い。」

いけしゃあしゃあとはこういうことで、たびたび紹介したように、帝政期の中国の役人は、その九分九厘が「錐の先ほどの利益も独り占め」しようとした欲タカリで、生涯「譲り合い」とは縁が無く、「ゆすり合い」を事としたワイロ取りである。もちろん古注を書いているような儒者も例外ではない。

ところが新注を編んだ朱子は、見方が古注とまるで違う。

新注『論語集注』

讓者,禮之實也。何有,言不難也。言有禮之實以為國,則何難之有,不然,則其禮文雖具,亦且無如之何矣,而況於為國乎?

讓とは、礼の実践である。何有とは、難しくないと言ったのである。礼が規定通りに実践され、それで国を治めるなら、困難など無いと言ったのか? そうではない。その礼儀作法がごてごてとくどく、一々細かいのに、それが役立たずだと言ったのだ。それでどうやって、国を治めるなどできるだろうか。

極めて冷めた目で「礼譲」を見ている。朱子は儒者の高慢ちき全盛で「礼」が盛んだった北宋末期と、それがいともあっさり女真族の攻撃で滅んだのを目撃しているから、礼については正気にならざるを得なかったのだろう。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント