論語詳解085里仁篇第四(19)父母いまさば’

論語里仁篇(19)要約:親思う心にまさる親心。普通の親なら、いつも我が子を心配します。よい親子関係には、まず心配させない事。もし遠く離れていても、ちゃんと元気でいると知らせなさい、そう孔子先生が説いたお話。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「父母在、*不遠遊。遊必有方。」

校訂

武内本

清家本により、在の下子の字を補う。

定州竹簡論語

曰:「父母在,不a遠遊,遊必有方。」75

  1. 皇本「不」上有「而」字。

→子曰、「父母在、不遠遊。遊必有方。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 父 金文母 金文在 金文 不 金文遠 金文遊 金文 遊 金文必 金文有 金文方 金文

※論語の本章は、「必」「方」の用法に疑問がある。

書き下し

いはく、父母ふぼいまさば、とほあそれ。あそばばかならふみれ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子 切手
先生が言った。「父母が存命であれば遠くに旅するな。もし旅するなら必ず手紙を出せ。」

意訳

孔子 水面キラキラ
親に心配かけないよう、居場所はいつも分かるように手紙を出せ。

従来訳

下村湖人
先師がいわれた。――
「父母の存命中は、遠い旅行などはあまりしないがいい。やむを得ず旅行する場合は行先を明らかにしておくべきだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「父母在世時,不要走遠,必須遠走時,一定要留下準確的地址。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「父母が生きている間は、遠くに行ってはならない。遠くに行く場合には、必ず居場所を知らせよ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」

子曰(シエツ)(し、いわく)

論語 孔子

論語の本章では”孔子先生が言った”。「子」は貴族や知識人に対する敬称で、論語では多くの場合孔子を指す。「子」は赤ん坊の象形、「曰」は口から息が出て来るさま。「子」も「曰」も、共に初出は甲骨文。辞書的には論語語釈「子」論語語釈「曰」を参照。

子 甲骨文 曰 甲骨文
(甲骨文)

この二文字を、「し、のたまわく」と読み下す例がある。「言う」→「のたまう」の敬語化だが、漢語の「曰」に敬語の要素は無い。古来、論語業者が世間からお金をむしるためのハッタリで、現在の論語読者が従うべき理由はないだろう。

父(フ)

父 甲骨文 父 字解
(甲骨文)

論語の本章では”父”。初出は甲骨文。手に石斧を持った姿で、それが父親を意味するというのは直感的に納得できる。金文の時代までは父のほか父の兄弟も意味し得たが、戦国時代の竹簡になると、父親専用の呼称となった。詳細は論語語釈「父」を参照。

母(ボウ)

母 甲骨文 母 字解
(甲骨文)

論語の本章では”母”。初出は甲骨文。「ボ」は慣用音。「モ」「ム」は呉音。字形は乳首をつけた女性の象形。甲骨文から金文の時代にかけて、「毋」”するな”の字として代用もされた。詳細は論語語釈「母」を参照。

在(サイ)

才 在 甲骨文 在 字解
(甲骨文)

論語の本章では、”生存する”。「ザイ」は呉音(遣隋使より前に日本に伝わった音)。初出は甲骨文。ただし字形は「才」。現行字形の初出は西周早期の金文。ただし「漢語多功能字庫」には、「英国所蔵甲骨文」として現行字体を載せるが、欠損があって字形が明瞭でない。同音に「才」。甲骨文の字形は「才」”棒杭”。金文以降に「士」”まさかり”が加わる。まさかりは武装権の象徴で、つまり権力。詳細は春秋時代の身分制度を参照。従って原義はまさかりと打ち込んだ棒杭で、強く所在を主張すること。詳細は論語語釈「在」を参照。

不(フウ)

不 甲骨文 不 字解
(甲骨文)

漢文で最も多用される否定辞。初出は甲骨文。「フ」は呉音(遣隋使より前に日本に伝わった音)、「ブ」は慣用音。原義は花のがく。否定辞に用いるのは音を借りた派生義だが、甲骨文から否定辞”…ない”の意に用いた。詳細は論語語釈「不」を参照。

遠(エン)

遠 甲骨文 遠 字解
(甲骨文)

論語の本章では”遠い”。初出は甲骨文。字形は「彳」”みち”+「袁」”遠い”で、道のりが遠いこと。「袁」の字形は手で衣を持つ姿で、それがなぜ”遠い”の意になったかは明らかでない。ただ同音の「爰」は、離れたお互いが縄を引き合う様で、”遠い”を意味しうるかも知れない。詳細は論語語釈「遠」を参照。

遊(ユウ)

游 甲骨文
「遊」(甲骨文)/「旅」(甲骨文)

論語の本章では、”一人でぶらぶら出歩くこと”。『大漢和辞典』の第一義は”遊ぶ”だが、論語の本章では”一人もしくは少人数での旅”。初出は甲骨文。字形は「辶」”みち”+「ユウ」”吹き流しを立てて行く”で、一人で遠出をするさま。原義は”旅(に出る)”。対して「旅」は旗を立てて大勢で行くさま。「遊」は甲骨文では地名・人名に用い、金文では人名に用いたほかは、原義で用いた。詳細は論語語釈「遊」を参照。

必(ヒツ)

必 甲骨文 必 字解
(甲骨文)

論語の本章では”必ず”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。原義は先にカギ状のかねがついた長柄道具で、甲骨文・金文ともにその用例があるが、”必ず”の語義は戦国時代にならないと、出土物では確認できない。『春秋左氏伝』や『韓非子』といった古典に”必ず”での用例があるものの、論語の時代にも適用できる証拠が無い。詳細は論語語釈「必」を参照。

有(ユウ)

有 甲骨文 有 字解
(甲骨文)

論語の本章では”しなさい”。知らせをちゃんと届けなさい、の意。「有」は「ユウ」が去声に対して上声だが同音で、意味が通用する。初出は甲骨文。ただし字形は「月」を欠く「㞢」または「又」。字形はいずれも”手”の象形。原義は両腕で抱え持つこと。詳細は論語語釈「有」を参照。

方(ホウ)

方 甲骨文 論語 方 字解
(甲骨文)

論語の本章では”手紙”。この語義は春秋時代では確認できない。超多義語で、論語の本章では語義の一つに”(文字を記す)ふだ”とあるのに注目し、”手紙”と解した。”しらせ”を意味する漢字に「報」があるが、上古音では同音とは到底言えない。初出は甲骨文。字形は「人」+「一」で、字形は「人」+「一」で、甲骨文の字形には左に「川」を伴ったもの「水」を加えたものがある。原義は諸説あるが、甲骨文の字形から、川の神などへの供物と見え、『字通』のいう人身御供と解するのには妥当性がある。おそらく原義は”辺境”。論語の時代までに”方角”、”地方”、”する”、”四角形”、”面積”の意がある。”やっと”の意は戦国時代の「中山王鼎」まで下る。秦系戦国文字では”字簡”の意が加わった。詳細は論語語釈「方」を参照。

論語時代に紙がなかったのは高校世界史的知識で、発明は後漢の蔡倫によるAD105ごろとするが、最近では紀元前の紙も発掘されているという。

論語:解説・付記

中国歴代王朝年表

中国歴代王朝年表(横幅=800年) クリックで拡大

論語の本章は、先秦両漢の誰一人引用していない。定州竹簡論語にあるほかは、古注『論語集解義疏』まで再出がない。古注には後漢の鄭玄が注を付けているが、鄭玄は後漢が黄巾の乱によって絶賛滅亡中に活動した人物で、先秦両漢もたそがれ時ということになる。

後漢年表

後漢年表 クリックで拡大

従って本章は、文字史的には史実の孔子の発言を疑えないのだが、「必」のみならずとりわけ「方」の用法に疑いがあり、前漢儒による創作の可能性を排除できない。

さて孔子が世に出る前の姿は、信頼できる史料が少ないが、おそらく遠く旅に出ることがあったと創造する。巫女の私生児として生まれた孔子は、決して幸福に生まれつきはしなかったが、ただ一つ一般庶民と違うのは、巫女の子ゆえに読み書きを教わる機会があったことだ。

孔子は旺盛な好奇心を持っていたから、母親や母が属する呪術者集団の持つ文献に飽きたらず、つてを頼って貴族の蔵書を見せて貰ったり、諸国を歩いて名所旧跡を見て回っただろう。「はとるに足らざる」(論語八佾篇9)と断言しているのはそれが理由だろう。

孔子は自分の目で、杞国や宋国を見て回り、資料を探し歩いたのだ。しかし自分で旅に出られるのは、現在で言えば中学生ぐらいからだろうから、13から母の死去する16まで、あまり時間が無かっただろう。晩年の母親の介護を考えると、1年ほどしかなかったのではないか。

その間恐らく、母親から安否を尋ねる手紙を受け取っただろう。巫女の集団は巡業するもので、集団道士のつながりもあっただろうから、連絡は論語時代にしてはつきやすかっただろうから。そのような過去を思い出し、弟子に語ったのが論語の本章と思われる。

大漢和辞典
なお論語憲問篇31に「子貢、人をたくらぶ」とあり、訳者は「方」を”並べて比較する”と解していたが、今回『大漢和辞典』を改めて引いて、語義の終わりの方に「(四七)そしるに通ず。」とあるのを知った。やはり辞書はまめに引かないとダメである。

なお新古の注は、「方」を次の通り解している、

古注『論語義疏』

方常也曲禮云為人子之禮出必告反必靣所遊必有常所習必有業是必有方也若行遊無常則貽累父母之憂也鄭𤣥曰方猶常也。

方は常也。曲禮に云く、人の子為る之禮、出づるに必ず告げ、反るに必ずまみゆ。遊ぶ所必ず常有り、習う所必ず業有り。是れ必ず方有り也。若し行き遊びて常無からば、則ちのこして父母之憂いを累ぬる也。鄭𤣥曰く、方は猶お常也。

鄭玄 古注 皇侃
方はおきてである。作法の細則に、人の子たる者は、出かける際には必ず父母に一声掛け、帰った際には必ず会って挨拶せよとある。出かけるに当たっても必ずおきてがあり、習うに当たっては必ず務めがある。だから「必ず方がある」と論語にある。

もし出かけたのにおきてに従わないなら、家に残した父母の心配が募ってしまうものだ。鄭玄も言った。「方はおきてのことだ」と。

新注『論語集注』

遠遊,則去親遠而為日久,定省曠而音問疏;不惟己之思親不置,亦恐親之念我不忘也。遊必有方,如己告云之東,即不敢更適西,欲親必知己之所在而無憂,召己則必至而無失也。范氏曰:「子能以父母之心為心則孝矣。」

遠く遊ばば、則ち親を去りて遠ざかり而日久しかり為り、定省むなしかり而音問まばらならん。惟れ己之親を思いて置か不るに不ず、亦た親之念いを恐れて我れ忘れ不る也。遊ばば必ず方有らんは、己告げて之に東と云わば、即ち敢えては更に西に適か不るが如し。親必ず己之所在を知り而憂無からんを欲し、己を召さば則ち必ず至り而失う無き也。范氏曰く、「子能く父母之心を以て心を為さば則り孝たる矣」と。

朱子 新注 范祖禹
遠方に出かければ、つまり親元を遠く離れ、日にちも過ぎてゆき、親の世話も出来ず音沙汰もまばらになってしまう。これでは親を思って放置しない事にならないから、かえって親の気持ちをくんで忘れないようにするのである。

「遊ばば必ず方有り」と論語にあるのは、東に出向きます、と告げたなら、西へ行くようなことをしない、ということだ。親に自分の所在が必ず分かるようにして、心配を掛けないようにし、呼ばれたら必ずすぐさま帰って、帰り損ねないようにする。

范祖禹「子は親の心を自分の心として思えるようなら、つまり孝行と言えるのである。」

*定省:親に仕えて、夜はその寝具を整え、朝にはその安否を尋ねる。子が親に仕えるときの礼を述べたもの。/音問:音信。たより。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする