論語詳解084里仁篇第四(18)父母につかうるに°

論語里仁篇(18)要約:若い弟子には想像しがたいほど、親は体も心も衰えている。そこを見越して世話をしないと、何かとトラブルのタネになる。それは幼な子を育てるのと変わらない配慮、孔子先生はそう弟子に説いたのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「事父母幾諫。見志不從、又敬而不違、勞而*不怨。」

校訂

武内本

唐石経勞下而の字あり。

定州竹簡論語

曰:「事父母儆a諫,見志不從,有b敬c不[違,勞而d不]。74

  1. 儆、今本作「幾」。
  2. 有、今本作「又」。古文有・又可通仮。
  3. 皇本「敬」下有「而」字
  4. 而、高麗本無。

→子曰、「事父母儆諫。見志不從、有敬而不違、勞而不怨。」

復元白文

論語 子 金文論語 曰 金文 論語 事 金文論語 父 金文論語 母 金文論語 敬 金文論語 諌 金文 論語 見 金文志 金文論語 不 金文論語 従 金文 論語 又 金文論語 敬 金文論語 不 金文論語 違 金文 論語 労 金文而 金文論語 不 金文夗 怨 金文

※儆→敬・怨→夗。

書き下し

いはく、父母ふぼつかふるにはかすかにいさめよ。こころざししたがはれざるをば、またゐやまたがはず、つとめ(うらまざれ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「父母の世話を務めるに当たっては遠回しに意見する。もし自分の希望通りにならないのを見ても、それでも親を敬って孝行を続け、よく働いて怨むな。」

意訳

論語 孔子 慈愛
年老いた親の世話は、思い通りにならないことが多い。それを覚悟した上で孝行に努めなさい。

従来訳

論語 下村湖人
 先師がいわれた。
「父母に仕えて、その悪を默過するのは子の道ではない。言葉を和らげてそれを諌めるがいい。もし父母がきかなかったら、一層敬愛の誠をつくして、根気よく諌めることだ。苦しいこともあるだろうが、決して親を怨んではならない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「父母有錯,要好言相勸,聽不進時,要尊重他們,要任勞任怨。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「父母が間違いをしたとき、やわらかな言葉で互いに歩み寄るようにせよ。聞き入れないときは、父母を重んじろ。どんなに手間が掛かり、怨みが積もってもだ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


論語 事 金文 論語 介護 事
(金文)

論語の本章では”仕える・奉仕する”。多義語だが、動詞としては”事とする・専念する”のほか、”仕える”の意がある。「事大主義」(強い者にこびへつらう)の「事」はこの意味。詳細は論語語釈「事」を参照。

幾(キ)

論語 幾 金文 論語 幾
(金文)

論語の本章では”しずかに・おだやかに”。『大漢和辞典』の第一義は”かすか”。以下”あやうい・しずかに…”と続く。”はじめる”と”おわる”の語義を同時に持つ厄介な多義語だが、疑問辞”いくばく”と修飾辞”近い”と副詞”しずかに”を記憶しておくと、漢文読解のたいていは間に合う。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、幺二つは、細くかすかな糸を示す。戈は、ほこ。幾は「幺二つ(わずか)+戈(ほこ)+人」で、人の首にもうわずかで、戈の刃が届くさまを示す。もう少し、ちかいなどの意を含む。

わずかの幅をともなう意からはしたの数(いくつ)を意味するようになった。畿(キ)(都にちかい土地)・近と同系のことば、という。詳細は論語語釈「幾」を参照。

儆(ケイ)

論語の本章では”うやまう”。初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はki̯ĕŋまたはɡʰi̯ĕŋで、前者の同音に敬、警、驚など。後者の同音に擎”ささげる”、檠”ゆだめ”、頸。論語時代の置換候補は敬。詳細は論語語釈「敬」を参照。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声。真中(苟(コウ)と異なる)の上部は、羊のつの、下部はからだをまるく締めて口を隠すさまからなり、つのに触れてはっと緊張すること。それに攴(動詞の記号)を加えたのが敬の字で、はっと緊張するの意。科は「人+(音符)敬」で、敬が尊敬の意に転用されたので、科の字でその原義をあらわすようになった、という。

諫(諌)(カン)

論語 諌 諫 金文大篆 論語 諫
(金文大篆)

論語の本章では”いさめる”。現代字の「諌」は”言葉が多い”の意であって、音は「トウ」、本来は別字。『学研漢和大字典』によると原義は言葉で真偽を分けること。詳細は論語語釈「諌」を参照。

論語 違 金文 論語 違 解字
(金文)

論語の本章では”親の心に違う”。『大漢和辞典』の第一義は”たがう”。「異」と異なってそもそも道徳的非難を被るような意味があり、孔子が無制限の孝行を説かなかったことはここまで記した通りだが、孝行を奨励しているには違いない。原義は互い違いになった足。詳細は論語語釈「違」を参照。

勞(労)

論語 労 金文 論語 怒り 労
(金文)

論語の本章では『大漢和辞典』の第一義と同じく”つとめる”。以下、”はたらく・うれえる…”と続く。漢文読解的には”ねぎらう”を知っていると便利。『学研漢和大字典』によると原義は燃えるように力を出し尽くして働くこと。詳細は論語語釈「労」を参照。

論語 怨 篆書 論語 挫折 怨
(篆書)

論語の本章では”うらむ”。文字の上半分は土下座させられた人で、下は心。押さえつけられて晴らせないようなうらみをいう。この文字の初出は戦国文字で、論語の時代に存在しないが、同音の夗を用いて夗心と二文字で書かれた可能性がある。詳細は論語語釈「怨」を参照。

論語:解説・付記

孔子は自分の家族をほとんど語らない人だった。孔子は父の顔や名前を知らずに育ち、恐らく母も知らなかっただろう。母は孔子が16ごろに亡くなり、享年は30過ぎあたりで、当時の庶民の寿命としては平均的。まだ少年期の孔子は、20後半だが年老いた母の面倒を見たのだろう。

論語 吉川幸次郎
なお既存の論語本では吉川本に、王引之の説として「ここの労の字は憂、うれえるという意味で…すなわち父母の行為に何か賛成しがたいものがあり、いくら勧告してもきかれない場合は、そのために心配はするが、怨みがましい気持は持たない、というのだとする」という。

また吉川本の示唆に従い、和刻本『論語義疏』を確認した所、確かに「敬不違」が「敬而不違」となっている。その結果、ここで引用した原文(國譯漢文大成經子史部第一卷『四書・孝經』國民文庫刊行會 大正11年刊)もその系統に従っていると判明した。

ただし上掲のように、定州竹簡論語では「敬不違」と「而」の字がない。6世紀頃、古注の完成と共に成立した皇侃のいわゆる「皇本」の傾向として、まるで次郎系ラーメンのように、文字を増したがる点を挙げられる。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)