論語詳解087里仁篇第四(21)父母の年は’

論語里仁篇(21)要約:孝行をしたい時には親は無し、とあまりに儒教が孝行を説くから、こうこを漬けたい時にはナスはなし、と江戸時代人はからかいました。しかし孔子先生は本来、それほど無茶な孝行は説かなかったのです。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「父母之年、不可不知也。一則以喜、一則以懼。」

復元白文

論語 子 金文論語 曰 金文 論語 父 金文論語 母 金文之 金文論語 年 金文 論語 不 金文論語 可 金文論語 不 金文智 金文也 金文 一 金文論語 則 金文㠯 以 金文論語 喜 金文 一 金文論語 則 金文㠯 以 金文論語 虞 金文

※懼→虞。論語の本章は喜の字に留意が必要である。也の字を断定で用いている可能性がある。本章は戦国時代以降の儒者による捏造の可能性がある。

書き下し

いはく、父母ふぼとしは、らざるからざるかななり。一はすなはよろこび、一はすなはおそる。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 切手
先生が言った。「父母の歳は知らないではいられないね。理由の一は喜び、もう一は恐れるために。」

意訳

孔子
親の歳は片時も忘れてはならぬ。理由の一は長寿を喜び、もう一は残された歳月を大事にするためじゃ。

従来訳

論語 下村湖人
先師がいわれた。――
「父母の年齢は忘れてはならない。一つにはその長命を喜ぶために、一つには老先の短いのをおそれていよいよ孝養をはげむために。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「父母年齡,不能不知道。一因長壽而喜,一因年高而懼。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「父母の年齢は、知らないわけには行かない。一つの理由は長寿を喜び、一つの理由は高齢を恐れる。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


論語の本章では”それで”。「以」は目的語を後ろに持つ場合は前置詞”でもって”か動詞”を使って”。持たない場合は前句全体を受ける接続詞で、”それで”の意となる。

論語の本章では”よろこぶ”。藤堂説も白川説も、原義は神を喜ばせるために、お供えをして太鼓をドンドン打って祈るさまとしており、人が喜ぶのは後起の義とする。論語と同時代の孫武兵法に、「怒可以復喜,慍可以復悅」とあるからすでにその義を獲得しているとみてよいが、同時代の出土金文では一様に原義で用いられている。詳細は論語語釈「喜」を参照。

論語 懼 金文 論語 鳩 懼
(金文)

論語の本章では『大漢和辞典』の第一義と同じく”おそれる”。この字の初出は戦国末期の中山王の青銅器に鋳込まれた金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はɡhi̯woで、同音は瞿(見る・驚き見る)を部品とする漢字群。しかし瞿の初出も戦国文字。置換候補は「虞」ŋi̯wo(平)。詳細は論語語釈「懼」を参照。

『学研漢和大字典』によると瞿は「目二つ+隹(とり)」の会意文字で、鳥が目をきょろきょろさせること。懼は「心+音符瞿の会意兼形声文字で、目をおどおどさせる不安の気持ち。危虞の虞(おそれ)と同系のことば、という

論語:解説・付記

論語 孔子 変装
孔子の前半生は確かな史料が少なく、多くは想像によって補うしかない。こんにち、儒教と言えば親孝行と思われているが、論語時代の儒学に孝行の概念はそれほど重要ではない。政治論・人格修養論に比べると、論語での記述が少ないのは、孔子の家族経験の薄さからだろう。

孔子は父の名も顔も知らず、母も恐らく夫のそれらを知らなかった。そして孔子の母は巫女であり、巫女は冠婚葬祭のある場=顧客を求めて移動しなければならない。母の属する呪術者集団に、移動幼稚園の機能があったかも知れないが、おそらくは孔子は近所に預けられた。

父親の墓がどれか分からず、近所のおばさんに教えて貰ったと『史記』にあるのはそれを示しているだろう。

つまり母親との関係も希薄だった。従って孔子の家族論は多分に想像によるもので、具体性に欠け迫力がなかった。少なくとも政治論ほど孔子は熱心に語らなかった。論語時代には珍しく、息子が一人しか居ないのも傍証となる。孔子は家庭に重きを置かなかったのだ。

論語 マイホーム
しかし儒学が孔子の母の土俗的呪術の色を濃厚に引き継いでいる以上、子とは先祖の祭祀を絶やさぬために生むものであり、いわゆるマイスウィートホーム的な家庭像を孔子が思ったのではない。その証拠に、論語では孔子が自分の家族を語った話が、たった三つしかない。

それと別に一章、息子の鯉に教えを語ったのはあるが、それは又聞きである。しかも聞いた当人は、「君子は子に冷たいと知ったぞ!」とひどいことを言っている(論語季氏篇16)。それが証拠立てるように、孔子は家族に冷たい人だった。むしろ祖先の祭祀が絶えるのを恐れた。

しかし親は死んでしまえと思ったわけではなく、このあたりは論語時代に常識的な孝行を説いたに過ぎない。ただし自分の教説として、虚偽を嫌い真心を重んじたから、心を込めて親に仕えなさいと言ったのだ(本章、論語為政篇7)。この点では孔子は革命家ではなかった。

論語 光武帝劉秀
儒教が隷属的な孝行を説くようになったのは、国教化と同時に皇帝と臣下の関係を、擬似的親子関係に見るようになってから。権力を伴うからには、それには偽善と傲慢がつきまとう。これまでしばしば紹介したように、後漢とは信じがたい偽善がまかり通った帝国だった

なお既存の論語本では吉川本で、この章は虚字の「也」を軽く読めば、リズミカルな四字ずつで構成されるという。

子曰 父母之年 不可不知 一則以喜 一則以懼

文化大革命中の「革命無罪」や、八路軍兵士を躾けるために作った歌に「革命軍人、記記牢記、三大規律、八項注意」とあるように、中国語は四字句で舌を転がすとリズムがいい。

革命軍人、記記牢記、三大規律、八項注意
クーミンチュンレン、チーチラオチー。サンタークィーリー、パーシャンチュウイー。

論語に限らず漢文で、「焉」や「之」が無くても通るのに、つけ加えられる理由の多くも同じ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント