論語詳解023為政篇第二(7)子游孝を問う’

論語為政篇(7)要約:子游シユウはのちに冠婚葬祭業者の大親分になった、孔子先生の若い弟子。親孝行を問われた先生は、カタチも大事だがココロも大事じゃよと、本当に愛情の通い合う孝行の道を、分かりやすいたとえで説いたのでした。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子游問孝。子曰、「今之孝者、是謂能養。至於犬馬、皆能有養。不敬、何以別*乎。」

校訂

武内本

唐石経別下乎字あり、漢石経なし。

定州竹簡論語

游問[孝。子曰:「今之孝者],是謂能養。至於犬馬,皆10[養。不敬,何以?a」11

  1. 阮本「別」下有「乎」字、漢石経無「乎」字、与此同。

→子游問孝。子曰、「今之孝者、是謂能養。至於犬馬、皆能有養。不敬、何以別。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文游 金文問 金文孝 金文 子 金文曰 金文 今 金文之 金文孝 金文者 金文 是 金文謂 金文能 金文養 金文 至 金文於 金文犬 金文馬 金文 皆 金文能 金文有 金文養 金文 不 金文敬 金文 何 金文以 金文別 甲骨文

※別→甲骨文。論語の本章は、「問」「之」「者」「是」「於」「有」「何」「以」の用法に疑問がある。

書き下し

子游しいうかうふ。いはく、いまかうやしなふをふ。犬馬けんばいたるまで、みなやしならん。ゐやまはずんば、なにわかたん()。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子
子游シユウが孝を問うた。先生が言った。「今の孝行は親を養えることを言う。犬や馬に至るまで、みな養うことはあるだろう。敬わなければ何がそして区別するだろう。」

意訳

子游 孔子 ぼんやり
今日びの孝行は、老いた親を養えばそれでいいと思っている。犬や馬でもやりそうなことだ。敬意がこもっていなければ、区別がつかんじゃないか。

従来訳

下村湖人
子游(しゆう)が孝の道を先師にたずねた。先師がこたえられた。――
「現今では、親に衣食の不自由をさせなければ、それが孝行だとされているようだが、それだけのことなら、犬や馬を飼う場合にもやることだ。もし敬うということがなかつたら、両者に何の区別があろう。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

子游問孝,孔子說:「現在的孝順,衹是能贍養老人。即使是犬馬,都會得到飼養。不敬重,有何區別?」

中国哲学書電子化計画

子游が孝を問うた。孔子が言った。「現在の孝行は、ただ老人を養えることでしかない。たとえ犬や馬だろうが、どれも飼い養うことはやれる。尊敬しなければ、何の区別があるだろうか?」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


子游(シユウ)

子游
BC506 – BC443?。孔子の弟子。姓は言、名はエン。文学(古典研究)の才を孔子に評価された。孔門十哲のひとりだが、ヤラセも辞さない、やや如何わしい弟子で、孔子没後は葬祭業のボスになったらしい。

子游の「游」は”水にプカプカ浮かぶ”で、本名の「偃」に”水を防ぎ止める”の意味があるので、それに呼応したあざ名だが、名乗りはお堅いがやることはちゃらんぽらんだ、という隠された意味を想像させる。中国儒者は、「游」の略体「斿」が、「偃」と同音だというが、真に受けない方がよさそうだ。詳細は論語の人物:言偃子游を参照。

子 甲骨文 子 字解
「子」(甲骨文)

「子」の初出は甲骨文。原義は産まれたばかりの子供の姿。詳細は論語語釈「子」を参照。

游 甲骨文 游 字解
「斿」(甲骨文)

「游」は”水の上にプカプカ浮かんで遊ぶ”・”どこかへ行く”こと。初出は甲骨文。ただし字形は「ユウ」で、「遊」と共有。子が旗を立てて道を行くさまで、原義は”遊びに出ること”。現行字体の初出は春秋早期の金文。さんずいが加わって、”水で遊ぶ”こと、すなわち”水泳”を意味した。上古音の同音は「」。金文では”遊ぶ”を意味し、戦国の竹簡では原義で用いられ、漢代の帛書では「流」の字で”泳ぐ”を意味したという。詳細は論語語釈「游」を参照。

問(ブン)

問 甲骨文 問 字解
(甲骨文)

論語の本章では”問う”。初出は甲骨文。「モン」は呉音。字形は「門」+「口」。甲骨文での語義は不明。金文では人名に用いられ、”問う”の語義は戦国時代の竹簡以降になる。詳細は論語語釈「問」を参照。

孝(コウ)

孝 甲骨文 孝 字解
(甲骨文)

論語の本章では、”年下の年上に向けた付き合い方”。初出は甲骨文。原義は年長者に対する、年少者の敬意や奉仕。ただしいわゆる”親孝行”の意が確認できるのは、戦国時代以降になる。詳細は論語語釈「孝」を参照。

子曰(シエツ)(し、いわく)

君子 諸君 孔子

論語の本章では”孔子先生が言った”。「子」は貴族や知識人に対する敬称で、論語では多くの場合孔子を指す。「子」は赤ん坊の象形、「曰」は口から息が出て来るさま。「子」も「曰」も、共に初出は甲骨文。辞書的には論語語釈「子」論語語釈「曰」を参照。

この二文字を、「し、のたまわく」と読み下す例がある。「言う」→「のたまう」の敬語化だが、漢語の「曰」に敬語の要素は無い。古来、論語業者が世間から金をむしるためのハッタリで、現在の論語読者が従うべき理由はないだろう。詳細は論語と日本儒教史を参照。

今(キン)

今 甲骨文 今 字解
(甲骨文)

論語の本章では”いまどきの”。初出は甲骨文。「コン」は呉音。字形は「シュウ」”集める”+「一」で、一箇所に人を集めるさまだが、それがなぜ”いま”を意味するのかは分からない。「一」を欠く字形もあり、英語で人を集めてものを言う際の第一声が”now”なのと何か関係があるかも知れない。甲骨文では”今日”を意味し、金文でも同様、また”いま”を意味したという(訓匜・西周)。詳細は論語語釈「今」を参照。

之(シ)

之 甲骨文 之 字解
(甲骨文)

論語の本章では”…の”。この用例は春秋時代以前では確認できない。初出は甲骨文。原義は進むこと。”これ”という指示代名詞に用いるのは、音を借りた仮借文字だが、甲骨文から用例がある。詳細は論語語釈「之」を参照。

者(シャ)

者 諸 金文 者 字解
(金文)

論語の本章では、助詞のような働きをし”…は”。この語義は春秋時代では確認できない。上の文句を「それは」と、特に提示することば。新字体は「者」。初出は殷代末期の金文。金文の字形は「木」”植物”+「水」+「口」で、”この植物に水をやれ”と言うことだろう。つまり原義は”これ”。漢文では人に限らず事物にも用いる。春秋時代までに「諸」と同様”さまざまな”の語義を持ったが、”…は”の用法は、戦国時代まで時代が下る。詳細は論語語釈「者」を参照。

是(シ)

是 金文 是 字解
(金文)

論語の本章では「~これ…」と読み、”~は…だ”と訳す。認定の意を示す。この用例は春秋時代以前では確認できない。英語のbe動詞にあたる。初出は西周中期の金文。「ゼ」は呉音。字形は「睪」+「止」”あし”で、出向いてその目で「よし」と確認すること。同音への転用例を見ると、おそらく原義は”正しい”。”この”・”これ”という用例は西周期からあるが、ただし接続詞”…は…だ”としての用例は、少なくとも戦国時代まで下がる。詳細は論語語釈「是」を参照。

謂(イ)

謂 金文 謂 字解
(金文)

論語の本章では”そう思う・こう考える”。ただ”いう”のではなく、”…だと評価する”・”…だと認定する”。現行書体の初出は春秋後期の石鼓文。部品で同義の「胃」の初出は春秋早期の金文。『学研漢和大字典』によると、胃は、「まるい胃袋の中に食べたものが点々と入っているさま+肉」で、まるい胃袋のこと。謂は、「言+〔音符〕胃」の会意兼形声文字で、何かをめぐって、ものをいうこと、という。詳細は論語語釈「謂」を参照。

能(ドウ)

能 甲骨文 能 字解
(甲骨文)

論語の本章では”~できる”。初出は甲骨文。原義は鳥や羊を煮込んだ栄養満点のシチューを囲む親睦会で、金文の段階で”親睦”を意味し、また”可能”を意味したが、その初出は戦国初期の「中山王鼎」。論語の時代にギリギリ存在しなかった可能性がある。「ノウ」は呉音。詳細は論語語釈「能」を参照。

養(ヨウ)

養 甲骨文 養 字解
(甲骨文・金文)

論語の本章では、”やしなう”。初出は甲骨文。甲骨文の字形は「羊」+「コン」”つえ”+「又」”手”で、羊を放牧して養うこと。原義は”牧羊”。現行字体の初出は秦系戦国文字。字形は「𦍌」”ヒツジ”+「食」で、ヒツジを飼って暮らすこと。詳細は論語語釈「養」を参照。

善 字解
論語時代の中国王朝、周の王室は、もと西の辺境で羊を飼って暮らしていた部族と言われ、このため漢字には「美」や「善」のように、羊を好ましいものとして扱った文字が多い。

至(シ)

至 金文 至 字解
(金文)

論語の本章では接続詞の”いたるまで。”初出は甲骨文。字形は「矢」+「一」で、矢が到達した位置を示し、原義は”いたる”。甲骨文では原義の他、祭礼の名を意味した。金文では「致」の字が派生し、原義のほか人名、伝達、また武勇を意味した。ただし「致」の字は「至」とは別の字体で、すでに甲骨文が比定されている。詳細は論語語釈「至」を参照。

於(ヨ/オ)

烏 金文 於 字解
(金文)

論語の本章では”…に”。この語義は春秋時代以前では確認できない。初出は西周早期の金文。ただし字体は「烏」。現行字体の初出は春秋中期の金文。「ヨ」は”…において”の漢音、呉音は「オ」。「オ」は”ああ”の漢音、呉音は「ウ」。西周時代では”ああ”という感嘆詞だったが、春秋時代末期になると”…において”の語義を獲得した。詳細は論語語釈「於」を参照。

犬馬(ケンバ)

論語の本章では”犬や馬”。

犬も馬も論語の時代、主要な役畜・食用畜産動物として、牛・羊・豚・鶏と共に六畜の中に入っている。犬は猟犬・番犬としての利用の他に、さかんに食用にも供せられ、祭祀の際には天を感応させることの出来る、重要な家畜として扱われた。

犬 甲骨文 犬 字解
「犬」(甲骨文)

「犬」の初出は甲骨文。字形はいぬの姿を描いた象形で、原義は動物の”いぬ”。「漢語多功能字庫」によると、甲骨文では原義のほか諸侯国の名、また「多犬」は狩りの勢子を意味した。金文では原義に用いた。詳細は論語語釈「犬」を参照。

馬 甲骨文 馬 字解
「馬」(甲骨文)

「馬」の初出は甲骨文。初出は甲骨文。「メ」は呉音。「マ」は唐音。字形はうまを描いた象形で、原義は動物の”うま”。甲骨文では原義のほか、諸国国の名に、また「多馬」は厩役人を意味した。金文では原義のほか、「馬乘」で四頭立ての戦車を意味し、「司馬」の語も見られるが、”厩役人”なのか”将軍”なのか明確でない。戦国の竹簡での「司馬」は、”将軍”と解してよい。詳細は論語語釈「馬」を参照。

皆(カイ)

皆 甲骨文 皆 字解
(甲骨文)

論語の本章では”どれもすべて”。初出は甲骨文。「ケ」は呉音。上古音の同音は存在しない。字形は「虎」+「𠙵」”口”で、虎の数が一頭の字形と二頭の字形がある。後者の字形が現行字体に繋がる。原義は不明。金文からは虎が人に置き換わる。「ジュウ」”人々”+「𠙵」”口”で、やはり原義は不明。金文から”みな”の用例があるが、出典は戦国時代。詳細は論語語釈「皆」を参照。

有(ユウ)

有 甲骨文 有 字解
(甲骨文)

論語の本章では、「或」と同様、”~するものがある”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。ただし字形は「月」を欠く「㞢」または「又」。字形はいずれも”手”の象形。原義は腕で”抱える”さま。詳細は論語語釈「有」を参照。

不(フウ)

不 甲骨文 花の構造
(甲骨文)

漢文で最も多用される否定辞。初出は甲骨文。原義は花のがく。否定辞に用いるのは音を借りた派生義。「フ」は呉音、「ブ」は慣用音。詳細は論語語釈「不」を参照。

敬(ケイ)

敬 甲骨文 敬 字解
(甲骨文)

論語の本章では”敬う”。初出は甲骨文。ただし「攵」を欠いた形。頭にかぶり物をかぶった人が、ひざまずいてかしこまっている姿。現行字体の初出は西周中期の金文。原義は”つつしむ”。論語の時代までに、”警戒する”・”敬う”の語義があった。詳細は論語語釈「敬」を参照。

何(カ)

何 甲骨文 何 字解
(甲骨文)

論語の本章では”なに”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。字形は「人」+”天秤棒と荷物”または”農具のスキ”で、原義は”になう”。甲骨文から人名に用いられたが、”なに”のような疑問辞での用法は、戦国時代の竹簡まで時代が下る。詳細は論語語釈「何」を参照。

以(イ)

以 甲骨文 以 字解
(甲骨文)

論語の本章では”…で”。初出は甲骨文。人が手に道具を持った象形。原義は”手に持つ”。論語の時代までに、”率いる”・”用いる”の語義があったが、「もって」と読んで接続詞や助詞に用いる例は確認できない。詳細は論語語釈「以」を参照。

別(ヘツ)

別 甲骨文 別 字解
(甲骨文)

論語の本章では”区別する”。「ベツ」は慣用音、「ベチ」は呉音。初出は甲骨文だが、金文では未発掘、再出は秦系戦国文字。現行字体の初出は前漢の隷書。ただし後漢の説文解字は、甲骨文や秦系戦国文字の字体を篆書として載せる。甲骨文の字形は「冎」”ほね”+「刂」”かたな”で、刀で動物を解体するさま。原義は”切り分ける”。甲骨文では地名を意味し、戦国の竹簡では原義のほか、”わかれる”にも用いられた。詳細は論語語釈「別」を参照。

乎(コ)

乎 甲骨文 乎 字解
(甲骨文)

論語の本章では、”~じゃないか”と訳し、「はぁ」という詠歎を示す。文末・句末におかれる。初出は甲骨文。甲骨文の字形は持ち手を取り付けた呼び鐘の象形で、原義は”呼ぶ”こと。甲骨文では”命じる”・”呼ぶ”を意味し、金文も同様で、「呼」の原字となった。句末の助辞として用いられたのは、戦国時代以降になる。詳細は論語語釈「乎」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、よく似た話が曽子の言葉として前漢ごろ成立の『小載礼記』に出てくる。

曾子曰:「孝子之養老也,樂其心不違其志,樂其耳目,安其寢處,以其飲食忠養之孝子之身終,終身也者,非終父母之身,終其身也;是故父母之所愛亦愛之,父母之所敬亦敬之,至於犬馬盡然,而況於人乎!」

曽子
曽子が言った。「孝行者が親を養うにあたっては、親の願いを何でも叶え、見たいものを見せ聞きたいことを聞かせ、心地よい寝床をしつらえて、飲み食いを整えて孝行者としての道を全うする。生涯をそうして送るのは、父母の死去で終わるのではなく、没後も自分が死ぬまで続けるのである。だから父母が好むものは自分も好み、父母が敬うものは自分も敬う。犬や馬だってそうするのだから、人間ならなおさらだ。」(『小載礼記』内則48)

恐るべき奴隷根性といってよい。孔子の弟子としての曽子はニセモノだから(論語の人物・曾参子輿を参照)、この言葉そのものが前漢あたりの儒者の贋作だが、実は論語の本章とどちらが古いのか、断定することは難しい。この『礼記』が元ネタかも知れないでのある。

だが論語の本章に出てきたブツとしての文字は、一応春秋時代まで遡れるから、ひとまずホンモノとして取り扱う。ただし訳者の心証としては、こうも用例に如何わしいところがボコボコある本章が、孔子と子游の実の対話だったとはとうてい思えない。

宮崎市定
従来訳のような「人が家畜を飼うのと同じだ」について、既存の論語本では宮崎本に、動物がその親を養うことを「妖怪話めいている」と言う。しかしそれなら記述は「皆能養」で済むはずで、「皆能有養」と「有」を入れたのは、「そのようなものが存在しうる」ということ。

古代中国のインテリの間では、妙なラノベが流行っていて、例えばカラスは親孝行な鳥だという。「烏は、孝鳥」と『論衡』指瑞篇に言い、『説文解字』は烏の字を解説して、「孝鳥なり」という。妖怪話を真に受けたか、少なくともそのふりだけはしていたわけ。

有
至於犬馬、皆能養。

犬や馬だろうと、どちらも養うことが有り得る。

従って「犬馬を飼う場合にもある」ではなく、「犬馬でも(親を)飼い養うことがある」と解すべき。有の語義は、「事物が形をなしてあること」だから。吉川本では、この解釈の分かれは早くも古注にあるとし、「犬馬を飼う場合でも」と解するのは朱子も同様と言う。

古注『論語集解義疏』

註苞氏曰犬以守禦馬以代勞能養人者也一曰人之所養乃能至於犬馬不敬則無以別孟子曰養而不愛豕畜之也愛而不敬獸畜之也

古注 何晏 古注 皇侃
注釈。苞氏「犬は番犬を務めることで、馬は人の代わりに働くことで、人を養うことができる。」
異説「人が養う生き物の範囲は、犬や馬を含めることが出来る。だから敬意が伴わないと、人を養うのも犬や馬を養うのも区別がつかない。」
孟子「養うだけで愛さないのは、豚を飼うのと同然だ。愛しても養わないのは、動物を飼うのと同然だ。」

苞氏が言う「養う」の意味がよく分からない。番をしたり働くことが、衣食住を与えることと同様に、「養う」ことになるのだろうか。それとも番犬や馬車馬にも賃金というものがあり、その稼ぎは人に衣食住を与えるに十分だ、ということだろうか。まさか。

せいぜい、”ためになる・ためにする”程度の意味だろう。

新注『論語集注』

養,謂飲食供奉也。犬馬待人而食,亦若養然。言人畜犬馬,皆能有以養之,若能養其親而敬不至,則與養犬馬者何異。甚言不敬之罪,所以深警之也。胡氏曰:「世俗事親,能養足矣。狎恩恃愛,而不知其漸流於不敬,則非小失也。子游聖門高弟,未必至此,聖人直恐其愛踰於敬,故以是深警發之也。

朱子 新注
養とは、差し上げられた食べ物飲み物のことだ。犬や馬が人に飼われて食べるのは、全く飲食を差し上げられているのと変わらない。

本章で言うのは、人も家畜も犬も馬も、みな互いに養うことがあるが、親を養えるのにもかかわらず、敬意がこもっていないなら、いったい犬や馬を飼うのとどこが違うのか、ということだ。まさしく不敬の罪を述べて、そうした不孝を深く戒めているのだ。

胡氏「世間の常識では、親を養えればそれで十分だと思っている。親子の情愛を当たり前だと勘違いして、だんだんと不敬になっていくのに気付かないのは、ささいな罪だとは言えない。子游は尊い一門の高弟だが、それでもこの境地に至っているとは言い難かった。だから孔子様は、子游の愛情が敬意から懸け離れるのをすぐさま心配して、だからこの言葉で深く戒め、子游の気付かなかった不敬の心を指摘したのだ。」

ごく例外を除いて、一般的に動物は親孝行をしないから、孔子は観察の結果から孝行な犬馬がいる、と言ったのではない。孔子は論語の時代人としては博物学的な動物の知識に長けており、『史記』の記述によると、家畜の管理人としてよく太らせ、その数を増やしたという。
孔子事跡図解(12)

また弟子には詩を学ぶ効用として、動植物の名前が覚えられることを指摘している(論語陽貨篇9)。従って話の弾みで「犬馬だってやりそうなことだ」といったわけ。孔子は周文化の人間主義に共鳴するからには(論語八佾篇14)、人間ならなおさらだ、ということだろう。

なお論語の本章で孝行な犬馬に言及したからと言って、孔子の仁の情けが動物にまで及んでいると解釈するのも誤りで、孔子は動物を、徹頭徹尾利用の対象だと思っていた(論語雍也篇6)。それは濃淡こそあるものの民に対しても同様で、その政治論は民主主義とは関係ない。

詳細は論語における「法」を参照。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする