論語詳解029為政篇第二(13)子貢君子を問う

論語為政篇(13)要約:為政者が嘘をついても、ころころと政策を変えても民は迷惑します。君子たる者、自分の行動が多くの人の生活を左右するのだ、その自覚が無くてはただの暴君。そうなってはならぬと孔子先生は子貢に教えます。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子貢問君子。子曰、「先行其言、而後從之。」

復元白文

論語 子 金文江 金文論語 問 金文論語 君 金文論語 子 金文 論語 子 金文論語 曰 金文 論語 先 金文論語 行 金文論語 其 金文論語 言 金文 而 金文論語 労 金文論語 従 金文之 金文

※貢→江

書き下し

子貢しこう君子くんしふ。いはく、げんおこなひ、しかのちこれしたがへ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子貢 論語 孔子
子貢が君子を問うた。先生が言った。「まず言ったことをやれ。その後はやり続けろ。」

意訳

論語 子貢 遊説 論語 孔子 波濤
言ったことをやれ。その後はやり続けろ。お前に足りないのはその辛抱だ。

従来訳

論語 下村湖人

 子貢が君子たるものの心得をたずねた。先師はこたえられた。――
「君子は、言いたいことがあったら、先ずそれを自分で行ってから言うものだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

子貢問君子,孔子說:「先將要說的做出來,然後再說。」

中国哲学書電子化計画

子貢が君子を問うた。孔子が言った。「まず言いたい事をやって見せてから、その後で言え。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子貢

論語 子 金文 論語 貢 金文
「子」(金文)・「貢」(金文大篆)

孔子の弟子。論語の人物:端木賜子貢参照。

君子

論語 君 金文 論語 子 金文
(金文)

論語の本章では、庶民に対する”為政者”。詳細は論語語釈「君子」を参照。

論語 先 金文 論語 先 解字
(金文)

論語の本章では、”はじめに”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「足+人の形」。跣(セン)(はだしの足さき)の原字。足さきは人体の先端にあるので、先後の先の意となった、という。詳細は論語語釈「先」を参照。

論語 行 甲骨文 論語 行 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では、”行え”。語源は”十字路”。詳細な語釈は論語語釈「行」を参照。

論語 其 金文 論語 其 解字
(金文)

論語の本章では、”その”という指示詞。語源は農具の。詳細な語釈は論語語釈「其」を参照。

論語 言 金文 論語 宣誓 言
(金文)

論語の本章では”発言”。『字通』による原義は宣誓して言うこと。詳細な語釈は論語語釈「言」を参照。

先行其言

論語の本章では、”その言葉をまず行え”。

「先」は「行」にかかる副詞であり、「先行」は”先に行う”ことでしか﹅﹅﹅ない。

「先」は動詞になり得るが、すると目的語は「行」となり、「先行」は”行動に先んじる”と解釈するほか無い。その結果「其言」が宙に浮き、解釈が行き詰まる。「先行其言」を”その発言を実行するより先んじて”と解せなくは無いが、直後の「而後従之」(その後はやり続けろ)へと意味がつながらない。

「其言」は「行」の目的語であり、「行其言」は”その言動を実践する”ことでしか﹅﹅﹅ない。

これを、”言う前に行ってから言え”と解したのは儒者の個人的お説教であり、有り体に言えばデタラメだ。そう解するためには、語順が「行先其言」または「先其言行」でなくてはならない。そのどちらとも孔子は言わず、わざわざ﹅﹅﹅﹅「先行其言」、つまり”言ったからには実行しろ”と言ったのだ。

而(ジ)

論語 而 金文 論語 而 解字
(金文)

論語の本章では”そして”。原義は”柔らかいヒゲ”。詳細な語釈は論語語釈「而」を参照。

論語 後 金文 論語 後 解字
(金文)

論語の本章では”あとでは”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「幺(わずか)+夂(あしをひきずる)+彳(いく)」で、足をひいてわずかしか進めず、あとにおくれるさまをあらわす。のち、后(コウ)・(ゴ)(うしろ、しりの穴)と通じて用いられる、という。詳細は論語語釈「後」を参照。

從(従)

論語 従 金文 論語 従 解字
(金文)

論語の本章では、”やり続けろ”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、从(ジュウ)は、前の人のあとにうしろの人がつきしたがうさま。從は「止(あし)+彳(いく)+(音符)从」で、つきしたがうこと。AのあとにBがしたがえば長い縦隊となるので、長く縦に伸びる意となった、という。詳細は論語語釈「従」を参照。

論語 之 金文 論語 之 解字
(金文)

論語の本章では「先行其言」を指し示す指示代名詞。

『学研漢和大字典』によると象形文字で、足の先が線から出て進みいくさまを描いたもの。進みいく足の動作を意味する。先(跣(セン)の原字。足さき)の字の上部は、この字の変形である。「これ」ということばに当てたのは音を利用した当て字。

是(シ)・(コレ)、斯(シ)・(コレ)、此(シ)・(コレ)なども当て字で之(シ)に近いが、其‐之、彼‐此が相対して使われる。また、之は客語になる場合が多い、という。詳細は論語語釈「之」を参照。

論語:解説・付記

論語 吉川幸次郎
既存の論語本の中では吉川本に、「君子すなわち紳士たるものの資格を問うたのに対し、与えられた孔子の答えは、不言実行ということであった。」とある。代々の論語に注を付けた儒者もほぼそう解している。しかしそう読むためには、語順が「行先其言」でなければならない。

【原文】ズ(副詞)(動詞)(目的語)、而後、從(動詞)(目的語)
【改文】イ(動詞)ンジテ(副詞)ニ(目的語)、而後、從

儒者も吉川本も、論語の他箇所で孔子が口数の少なさを称揚していること(論語公冶長篇5)を理由に、この章の解釈をねじ曲げた。だが黙って行って成功すれば、自分の手柄だと後出しじゃんけんで言い放題だし、失敗しても黙っていれば、うまくすれば人のせいに出来る。

つまり孔子がよほど陰険な人間に読める。論語本では早くも古注の段階で、「凡人(小人)はべらべら喋るくせに行動が伴わないのを憎んだのである*」とある。だが多言を憎んだかも知れないが、孔子自身は極めて饒舌な上に、弁舌無しで政治や革命ができるだろうか?

*註。孔安國曰、疾小人多言、而行之不周也。(『論語集解義疏』)

トロツキー
演説する革命家、トロツキー赤衛軍司令官

論語の本章の解釈について、まず発言者が子貢であることを考える。子貢は弁舌の才を孔子に評価された弟子であり(論語先進篇2)、その弁舌で五カ国をひっくり返した(『史記』弟子列伝)。なるほど多弁な人物だったろう。しかし言っただけのことは行ってもいる。

しかし仕官以前は行いようがなかったろうし、仕官後も至らぬ事はあっただろう。孔子はそれをたしなめたのであって、自分が認めた子貢の弁才をおとしめはしなかったろう。「つのめて牛を殺す」愚は、孔子も十分承知していただろうから。だから優れた師匠として仰がれた。

論語 放浪
既存の論語本が言うように、孔子が子貢の弁舌を、「不言実行」などと言って封じてしまえば、度重なった一門の危難と、『史記』にあるような魯国の危機を子貢は救えなかった。となると「不言実行」は子貢のような才と、孔子と同等の弟子を見抜く才が無い者の言う事。

重ねて孔子が子貢の弁才を封じたらどうなるか考えよう。その日から孔子一門は確実に食うにも困るは必定である。弟子が差し出すわずかな干し肉の束だけで(論語述而篇7)、塾が経営できるわけが無い。弟子でカネを持っているのは子貢しか記録が無い。彼が財政を支えたのだ。

中国儒者の多くも日本の漢学教授も雇われ人に過ぎない。サラリーマン社会(官場、と漢文では言う)の手練手管は知っているかも知れないが、働かなくとも給料が出るのが当たり前と思っている人間に、経営のなんたるかが分かる動機が無い。だから平気でこういうウソをつくのだ。

孔子が多弁を嫌った場面はあるだろう。だがそれは「バカどもが一日中、集まって下らないことをわあわあ言い合っている。救いようが無い」(論語衛霊公篇17)けしきに対してであり、「平均以上の者には奥義が語れる」(論語雍也篇21)子貢に対する嫌悪では無かった。

また儒者は本章を「不言実行」と解する証拠に、論語学而篇14の孔子の言葉、「慎於言」(言葉を慎重に)を挙げたのだろうが、そもそも該章のこの部分が戦国時代以降の捏造であり、ともすると本章を「不言実行」と解するためのつじつま合わせだった可能性すらある。

論語のような古典を読む際に訳者が留意するのは、第一にその真意を求めることで、第二に筆者や登場人物は、自分より偉いと仮定すること。真意を求めた後で、やはりこの人は下らないと断定することもあるが、下らないを前提に、意味を塗りつけようとは思わない。

代々の儒者はこのでん﹅﹅で、論語をおとしめてきた。自己宣伝のために、勝手に書き換えてきた。救いがないのは少なからぬ日本の漢学者で、儒者の自己宣伝を真に受けて、肝心の原書は後回し。既存の論語本にはそうした自己宣伝の自乗が少なくないから、警戒した方がいい。

論語 曽子 論語 儒者
それともう一つ、帝政時代の儒者はほぼ全て曽子の系統を引いており、曽子が子貢を嫌い、原・論語の記述でおとしめていることにも気付いただろう。しかし神格化された曽子は批判できないから、子貢をおとしめるのに手を貸している。論語の本章の注釈も、その産物。

中国史ではこういうことが良くある。批判したいが相手が権力者の場合、周囲の人間をおとしめる。本章の解釈の場合は子貢をおとしめることがすなわち曽子を持ち上げることであり、ひいては自分らの立場を強化することでもある。そのためには曲解・捏造も厭わなかったのだ。

いわゆる儒教社会の宿命的病巣はこれほど長く、根は深い。そして孔子のせいではない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)