論語詳解029為政篇第二(13)子貢君子を問う’

論語為政篇(13)要約:為政者が嘘をついても、ころころと政策を変えても民は迷惑します。君子たる者、自分の行動が多くの人の生活を左右するのだ、その自覚が無くてはただの暴君。そうなってはならぬと孔子先生は子貢に教えます。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子貢問君子。子曰、「先行其言、而後從之。」

校訂

定州竹簡論語

貢 外字問君子。子曰:「先行,其言從a。」18

  1. 先行其言從之、今本作「先行其言而後從之」。

→子貢 外字問君子。子曰、「先行、其言從之。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文江 金文問 金文君 金文子 金文 子 金文曰 金文 先 金文行 金文 其 金文言 金文従 金文之 金文

貢 外字→江。論語の本章は、「行」「其」の用法に疑問がある。

書き下し

子貢しこう君子くんしふ。いはく、おこなひ、かたりはこれしたがへ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

子貢 孔子
子貢が君子を問うた。先生が言った。「まずやれ。発言はそれに従え。」

意訳

子貢 遊説 孔子 波濤
まず行動しろ。そのあとで行動に沿ってものを言え。

従来訳

下村湖人

子貢が君子たるものの心得をたずねた。先師はこたえられた。――
「君子は、言いたいことがあったら、先ずそれを自分で行ってから言うものだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

子貢問君子,孔子說:「先將要說的做出來,然後再說。」

中国哲学書電子化計画

子貢が君子を問うた。孔子が言った。「まず言いたい事をやって見せてから、その後で言え。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


子貢(シコウ)

子 甲骨文 貢 金文
「子」(甲骨文)・「貢」(金文大篆)

孔子の弟子。論語の人物:端木賜子貢参照。

「子」は赤子の象形。初出は甲骨文。春秋時代以降では知識人や貴族への敬称として用いられた。孔子や孟懿子など開祖級の知識人や大貴族は「○子」と呼び、孔子の弟子など一般知識人や貴族は「子○」と呼んだ。詳細は論語語釈「子」を参照。

「貢」の初出は前漢の隷書。論語の時代に存在しない。字形は「工」+「貝」だが、字形から原義を探るのは困難。論語時代の置換候補の一つは「江」。詳細は論語語釈「貢」を参照。

問(ブン)

問 甲骨文 問 字解
(甲骨文)

論語の本章では”問う”。初出は甲骨文。「モン」は呉音。字形は「門」+「口」。甲骨文での語義は不明。金文では人名に用いられ、”問う”の語義は戦国時代の竹簡以降になる。詳細は論語語釈「問」を参照。

君子(クンシ)

君 甲骨文 子 甲骨文
(甲骨文)

論語の本章では、”貴族”。どちらも初出は甲骨文。

「君」は「コン」”筋道”を握る「又」”手”の下に「𠙵」”くち”を記した形で、原義は天界と人界の願いを仲介する者の意。古代国家の君主が最高神官を務めるのは、どの文明圏でも変わらない。「子」は生まれたばかりの子供の象形。春秋時代以降は明確に、知識人や貴族への敬称になった。孔子や孟懿子のように、開祖級の知識人や大貴族は、「○子」と記して”○先生”・”○様”の意だが、孔子の弟子や一般貴族は、「子○」と記して”○さん”の意。

現代中国語でも「○シェンション」と言えば、”○さん”の意で”教師”ではない。辞書的には論語語釈「君」を参照。

論語 貴族 孟子
以上の様な事情で、「君子」とは孔子の生前は単に”貴族”を意味するか、孔子が弟子に呼びかけるときの”諸君”の意でしかない。それが後世、”情け深い教養人”などと偽善的意味に変化したのは、儒家を乗っ取って世間から金をせびり取る商材にした、孔子没後一世紀の孟子から。詳細は論語における「君子」を参照。

子曰(シエツ)(し、いわく)

論語 君子 諸君 孔子

論語の本章では”孔子先生が言った”。「子」は貴族や知識人に対する敬称で、論語では多くの場合孔子を指す。「子」は赤ん坊の象形、「曰」は口から息が出て来るさま。「子」も「曰」も、共に初出は甲骨文。辞書的には論語語釈「子」論語語釈「曰」を参照。

子 甲骨文 曰 甲骨文
(甲骨文)

この二文字を、「し、のたまわく」と読み下す例がある。「言う」→「のたまう」の敬語化だが、漢語の「曰」に敬語の要素は無い。古来、論語業者が世間から金をむしるためのハッタリで、現在の論語読者が従うべき理由はないだろう。詳細は論語と日本儒教史を参照。

先(セン)

先 甲骨文 先 字解
(甲骨文)

論語の本章では、”はじめに”。初出は甲骨文。字形は「止」”ゆく”+「人」で、人が進む先。甲骨文では「後」と対を為して”過去”を意味し、また国名に用いた。春秋時代までの金文では、加えて”先行する”を意味した。詳細は論語語釈「先」を参照。

行(コウ)

行 甲骨文 行 字解
(甲骨文)

論語の本章では”行え”。初出は甲骨文。十字路を描いたもので、真ん中に「人」を加えると「道」の字になる。甲骨文や春秋時代の金文までは、”みち”・”ゆく”の語義で、”おこなう”の語義が見られるのは戦国末期から。「ギョウ」は呉音。詳細は論語語釈「行」を参照。

其(キ)

其 甲骨文 其 字解
(甲骨文)

論語の本章では”その”という指示詞。初出は甲骨文。原義は農具の。ちりとりに用いる。金文になってから、その下に台の形を加えた。のち音を借りて、”それ”の意をあらわすようになった。指示詞に用いられるようになったのは、戦国時代まで時代が下る。詳細は論語語釈「其」を参照。

言(ゲン)

言 甲骨文 孔子
(甲骨文)

論語の本章では”発言”。初出は甲骨文。字形は諸説あってはっきりしない。「口」+「辛」”ハリ・ナイフ”の組み合わせに見えるが、それがなぜ”ことば”へとつながるかは分からない。原義は”言葉・話”。甲骨文で原義と祭礼名の、金文で”宴会”(伯矩鼎・西周早期)の意があるという。詳細は論語語釈「言」を参照。

而(ジ)

而 甲骨文 而 解字
(甲骨文)

論語の本章では”そして”。初出は甲骨文。原義は”あごひげ”。金文になると、二人称や”そして”の意に転用され、原義では用いられなくなった。英語のandに当たるが、「A而B」は、AとBが分かちがたく一体となっている事を意味し、単なる時間の前後や類似を意味しない。詳細は論語語釈「而」を参照。

後(コウ)

後 甲骨文 後 字解
(甲骨文)

現伝本について、論語の本章では”あとでは”。「ゴ」は慣用音、呉音は「グ」。初出は甲骨文。その字形は彳を欠く「ヨウ」”ひも”+「」”あし”。あしを縛られて歩み遅れるさま。原義は”おくれる”。甲骨文では原義に、春秋時代以前の金文では加えて”うしろ”を意味し、「後人」は”子孫”を意味した。また”終わる”を意味した。人名の用例もあるが年代不詳。詳細は論語語釈「後」を参照。

從(ショウ)

従 甲骨文 従 字解
(甲骨文)

論語の本章では、現伝本については”やり続けろ”。定州本については”かなったことをする”。初出は甲骨文。新字体は「従」。「ジュウ」は呉音。字形は「彳」”みち”+「从」”大勢の人”で、人が通るべき筋道。原義は筋道に従うこと。甲骨文での解釈は不詳だが、金文では”従ってゆく”、「縦」と記して”好きなようにさせる”の用例があるが、”聞き従う”は戦国時代の「中山王鼎」まで時代が下る。詳細は論語語釈「従」を参照。

之(シ)

之 甲骨文 之 字解
(甲骨文)

論語の本章では、現伝本については、「先行其言」を指し示す指示代名詞。定州竹簡論語については、「先行」を指し示す指示代名詞。初出は甲骨文。原義は進むことで、”…の”のような用法は、戦国時代にならないと現れない。”これ”という指示代名詞に用いるのは、音を借りた仮借文字だが、甲骨文から用例がある。詳細は論語語釈「之」を参照。

先行其言而後從之→先行其言從之

まず現伝本について、「先行其言而後從之」は「而」があることから「先行其言、而後從之」と句読を切るしかない。「而後從之」は、”その後でそれに従え”としか解せない。「先行其言」のうち動詞になり得るのは「先」=”先んじる”か、「行」=”行う”。

「先」を動詞とした場合、”行動に先んじてその言葉は”としか解せない。そして”その後でそれに従え”と繋がらない。つまりわけが分からない。「行」を動詞とした場合、”先に行ってからその言葉は”となり、”その後でそれに従え”と繋がるから、意味が通じる。

次に定州竹簡論語について。「而後」が抜けたので全体で一句、動詞になり得るのは同じく「先」と「行」だが、「先」の場合”行動に先んじてその言葉はそれに従え”となりわけワカメ。「行」を動詞と解し、”まず行動してその言葉はそれに従え”が正解。

論語:解説・付記

論語の本章は、文字史的に偽作を疑えず、定州竹簡論語にもあるが、それ以外に春秋戦国・秦両漢の誰一人引用していない。「而後從之」が、一般的な言い廻しとして見られるのみである。漢字の用法に疑いは残るが、とりあえず史実と扱ってかまわない。

吉川幸次郎
既存の論語本の中では吉川本に、「君子すなわち紳士たるものの資格を問うたのに対し、与えられた孔子の答えは、不言実行ということであった。」とある。代々の論語に注を付けた儒者もほぼそう解している。しかしそう読むためには、語順が「行先其言」でなければならない。

【原文】ズ(副詞)(動詞)(目的語)、而後、從(動詞)(目的語)
【改文】イ(動詞)ンジテ(副詞)ニ(目的語)、而後、從

吉川は何も考えないで儒者の受け売りをしているだけだが、儒者はおそらく意図的に、論語の本章の解釈をねじ曲げた。多くの儒者は教師稼業で食ったから、弟子には黙っていて貰いたかったのだろう。文句も言わずに黙って授業料を払ってくれる弟子ほど、有り難いからだ。

古注『論語義疏』

註孔安國曰疾小人多言而行之不周也。

孔安国
注釈。孔安国「下らぬ人間はべらべら喋るくせに行動が伴わないのを憎んだのである。」

孔安国にとって、孔門十哲の子貢が「下らない人間」ということになるのだが?

新注『論語集注』

周氏曰:「先行其言者,行之於未言之前;而後從之者,言之於既行之後。」范氏曰:「子貢之患,非言之艱而行之艱,故告之以此。」

宋儒
周孚先「”先行其言”とあるのは、言わない前に行えという事だ。”而後從之”とは、言うならやった後で言えということだ。」
范祖禹「子貢の下らない所は、口が回らない点でなく行動が出来ない点だ。だから孔子はこう言って戒めたのだ。」

金田一京助 石川啄木 憂 字解
周孚先は明代にも同名の儒者がいるようだが、北宋儒の親玉である程頤(伊川)の弟子で、人格的壊れ物が多い北宋儒者の中でも、極めつけに悪どい楊時のマブダチだったらしい。世には善人の金田一京助博士とクズの石川啄木の友情もあるから、当人が悪党かどうかは分からない。

論語 楊時
楊時とは論語の新注に偉そうな説教を残した男で、北宋が金に都を攻め落とされ、皇帝が拉致され滅ぶという大事件さえ、「利にさとって」政敵の新法党を弾劾する好機に変え、それ以外は何をするでなく、のうのうと逃げ延び、特に「義を選ぶ」ことなく南宋で出世した。論語里仁篇16を参照。

范祖禹
范祖禹は司馬光を補佐して『資治通鑑』の編纂に携わり、れっきとした進士合格者なのに、珍しくあまり官界での出世を求めなかった、とされる。難しい顔をした謹厳居士だったようで、「無駄口を聞いたことが無い」と口数の多いサディストの蘇東坡が言っている。

以上の様に、儒者は論語の他箇所で孔子が口数の少なさを称揚していること(論語公冶長篇5)を理由に、この章の解釈をねじ曲げた。だが黙って行って成功すれば、自分の手柄だと後出しじゃんけんで言い放題だし、失敗しても黙っていれば、うまくすれば人のせいに出来る。

つまり孔子がよほど陰険な人間に読める。だが仮に孔子が多言を憎んだにせよ、孔子自身は極めて饒舌な上に、弁舌無しで政治や革命ができるだろうか?

トロツキー
演説する革命家、トロツキー赤衛軍司令官

論語の本章の解釈について、まず発言者が子貢であることを考える。子貢は弁舌の才を孔子に評価された弟子であり(論語先進篇2)、その弁舌で五カ国をひっくり返した(『史記』弟子列伝)。なるほど多弁な人物だったろう。しかし言っただけのことは行ってもいる。

しかし仕官以前は行いようがなかったろうし、仕官後も至らぬ事はあっただろう。孔子はそれをたしなめたのであって、自分が認めた子貢の弁才をおとしめはしなかったろう。「つのめて牛を殺す」愚は、孔子も十分承知していただろうから。だから優れた師匠として仰がれた。

放浪
既存の論語本が言うように、孔子が子貢の弁舌を、「不言実行」などと言って封じてしまえば、度重なった一門の危難と、『史記』にあるような魯国の危機を子貢は救えなかった。となると「不言実行」は子貢のような才と、孔子と同等の弟子を見抜く才が無い者の言う事。

重ねて孔子が子貢の弁才を封じたらどうなるか考えよう。その日から孔子一門は確実に食うにも困るは必定である。塾経営で孔子が儲かった話は見たことがなく、高給取りだったが、政治にはとにかくカネが要る。弟子でカネを持っているのは子貢だけで、彼が財政を支えたのだ。

中国儒者の多くも日本の漢学教授も雇われ人に過ぎない。サラリーマン社会(官場、と漢文では言う)の手練手管は知っているかも知れないが、働かなくとも給料が出るのが当たり前と思っている人間に、経営のなんたるかが分かる動機が無い。だから平気でこういうデタラメを言う。

孔子が多弁を嫌った場面はあるだろう。だがそれは「バカどもが一日中、集まって下らないことをわあわあ言い合っている。救いようが無い」(論語衛霊公篇17)けしきに対してであり、「平均以上の者には奥義が語れる」(論語雍也篇21)子貢に対する嫌悪では無かった。

また儒者は本章を「不言実行」と解する証拠に、論語学而篇14の孔子の言葉、「慎於言」(言葉を慎重に)を挙げたのだろうが、そもそも該章のこの部分が戦国時代以降の捏造であり、ともすると本章を「不言実行」と解するためのつじつま合わせだった可能性すらある。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする