論語詳解022為政篇第二(6)孟武伯孝を問う°

論語為政篇(6)要約:孔子先生の最晩年。政界にも若い貴族が育っています。老人には老人にしかできない役割がある。政界の盟友に息子の教育を託され、孔子先生は若者に政治論を語るでなく、ただただ親の思いを伝えたのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

孟武伯問孝。子曰、「父母唯、其疾之憂。」

校訂

定州竹簡論語

……武伯問孝。子曰:「父母□……憂。」9

復元白文(論語時代での表記)

論語 孟 金文論語 武 金文論語 伯 金文論語 問 金文論語 孝 金文 論語 子 金文論語 曰 金文 論語 父 金文論語 母 金文論語 唯 金文 論語 其 金文論語 疾 金文之 金文論語 憂 金文

書き下し

孟武伯まうぶはくかうふ、いはく、父母ふぼ唯〻ただやまひうれふ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孟武伯 論語 孔子 楽
モウ武伯が孝行を問うた。先生が言った。「父母はそもそも、子供の病気を心配するものです。」

意訳

まことに、子の病気を親は気にかけています。心配掛けないようにしなさい。

従来訳

論語 下村湖人

孟武伯(もうぶはく)が孝の道を先師にたずねた。先師はこたえられた。――
「父母はいつも子の健康のすぐれないのに心をいためるものでございます。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孟武伯問孝,孔子說:「父母只有在子女生病時才擔憂。」

中国哲学書電子化計画

孟武伯が孝を問うた。孔子が言った。「父母とは、もっぱら子供が病気になった時、最も心を痛めるものです。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」

孟武伯(モウブハク)

論語 孟 金文 論語 武 金文 論語 伯 金文
(金文)

魯国門閥三家老(三桓)の一家、孟氏(孟孫氏)の跡取り息子。『左伝』によると、第10代当主となってからはさらに公室への圧力を強め、哀公が「私を殺す気か」と聞いたところ「知りません」と答え、恐れた哀公は国外逃亡して越国で客死した。

哀公十一年(BC484)に孔子が帰国する直前、魯は斉の侵攻を受けたが、その際右軍を率いて戦った。『左伝』では父の孟懿子が存命だったからか、「孟孺子」=”孟孫家の坊ちゃん”と記している。なお左軍は、孔子の弟子の冉有が指揮し、同じく弟子の樊遅が戦車に同乗した。

孟孫氏は最初に孔子の後ろ盾となった家老家であり、洛邑留学の費用も、そしておそらくその後の孔子の仕官も、孟孫氏の後援によるもので、孔子とは縁が深かった。ただし孔子が亡命するきっかけとなった、「三都破壊」の失敗は、孟孫氏の黙認から始まっている(→史記)。

昨日の友が今日は敵という政界のめまぐるしさは、現代も春秋時代も変わらない。なお「伯」の字は論語の時代、「白」と書き分けられていない。また「孟」とは”長男”・”年長の子”を意味する論語語釈「武」論語語釈「伯」も参照。

論語 孝 金文 論語 孝
(金文)

論語の本章では”親孝行”。初出は甲骨文。原義は年上に対する年下の愛情。詳細は論語語釈「孝」を参照。

唯(イ)

論語 唯 金文 論語 指差呼称 唯
(金文)

論語の本章では”ひたすらに”。

『学研漢和大字典』によると形声文字で、「口+(音符)隹(スイ)」。ユイや維と同じで、本来は「これ」と指定することば。強く「これだけ」と限定することから「ただ」の意の副詞となる。詳細は論語語釈「唯」を参照。

其(キ)

論語 其 金文 論語 其 解字
(金文)

論語の本章では、”そもそも・なんと”。反語・感嘆を強調する意を示す。この用例は多く文頭に使用され、物事の起源・原因などを述べる。

『学研漢和大字典』によると象形文字で、其の甲骨文字は、穀物を載せる四角い(み)の形を描いたもの。金文は、その下に台の形を加えた。其は、のちの箕の原字だが、その音を借りてやや遠い所の物をさす指示詞に当てた、という。詳細は論語語釈「其」を参照。

論語 疾 甲骨文 論語 疾 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では”病気になる”。矢で真っ直ぐ射るような急性の病気。漢文では、”にくむ”の意味で用いられることも多い。

論語 疾 字解
『学研漢和大字典』によると会意文字で、甲骨文字は人をめがけて進む矢を示す会意文字。金文以下は「容+矢」で、矢のようにはやく進む、また、急に進行する病気などを意味する。迅(シン・ジン)は、疾の語尾がnに転じた語で、疾にきわめて近い、という。詳細は論語語釈「疾」を参照。

論語 憂 金文 論語 憂 解字
(金文)

論語の本章では”うれう”。頭が重く心にのしかかること。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「頁(あたま)+心+夊(足を引きずる)」で、頭と心とが悩ましく、足もとどこおるさま。かぼそく沈みがちな意を含む。優(しずしずと動く俳優)・幽(細かくかすか)・夭(ヨウ)(か細い)などと同系のことば、という。詳細は論語語釈「憂」を参照。

其疾之憂

論語の本章では、”子供の病気を心配する”。

伝統的な論語解釈には、論語の本章での「之」は倒置を表し、「憂疾」(やまいをうれう)の「疾」を強調した語法と解説するものがある(「憂疾」→「疾之憂」)。それらは「憂」を使役に理解する。『学研漢和大字典』ではこれに従い、以下のように訳す。

父母唯其疾之憂。

父母にはただやまいをこれ憂えしめよ。

父母にはただ自分の病気のことだけを心配させるようになさい。

しかし典拠として挙げられているのは諸本いずれも論語の本章で、証明としては循環論理になる。解釈として賛成しがたいものの、とりあえず従った。

論語:解説・付記

論語の本章の問い手である孟武伯にとって、孔子は子供の頃から可愛がってくれた”おじさま”であり、問答の時期も、おそらく孔子の帰国後で、かつ父の孟懿子モウイシが死去する前後だろう。共に留学した叔父が孔子と同世代とすれば、孔子亡命前の孟武伯はまだ子供に過ぎない。

つまり論語の本章は、これから政界に打って出る覚悟を、孟武伯が固めた時期だった。

孟武伯
中国は古代から現中共政府が言うのとは別の意味で「独特の民主主義」であり、春秋の大貴族は譜代の家臣や領民にそっぽを向かれると、まず天寿を全うできない。少なくとも地位は追われる。孟武伯は哀公にそっぽを向いて客死させ、二代前の昭公も同じ目に遭った。

中国に「忠」の字が現れるのは戦国時代になってからだ。要するに論語の時代、「孝子」はあり得ても「忠臣」はあり得ない。事は孟孫家にとっても同じで、孔子失脚の発端となった三都破壊の失敗は、孟孫家の譜代家臣が抵抗したのを、孟懿子が黙認せざるを得なかったからだ。

その代わり孟懿子は、領民に慕われていたことが『左伝』に見える。

哀公十四年…秋,八月,辛丑,孟懿子卒,成人奔喪,弗內,袒免哭于衢,聽共,弗許,懼,不歸。

春秋左氏伝 定公五年
哀公十四年(BC480)…秋八月かのとうしの日、孟懿子が死去した。孟孫家の根城である成邑の住人が葬儀の会葬に走り来たが、孟孫家は都城曲阜の屋敷に入るのを許さなかった。住人は衣を脱いで左肩をあらわにし、冠を取ってもとどりのまま、街路で泣きまねをし、葬列に加わることを願ったが許さなかった。そこで住人は、「どうしよう」と互いに顔を見合わせたまま、それでも帰らなかった。(『春秋左氏伝』哀公十四年2)

つまり孟武伯にとり、自分が父に対していかに「孝」であることを世間に知らしめるかが、政治生命の一端を握っていた。それゆえに”おじさま”に問うたわけだし、どうすれば「孝」と世間が言ってくれるか、その演技法の質問を含めて論語の本章は成立している。

なお「忠」が出現した戦国時代でも、戦場から逃げた「五十歩百歩」の、「どちらが卑怯者か」と孟子が梁王に問うているが、以来現代に至るまで、中国兵はいくさになったら当然逃げた。その兵隊に逃げる気を起こさせないのが、孟武伯の当主としての腕の見せ所でもある。

「忠」や「孝」をすり込むこと、つまり人をクルクルパーにして特攻の如き無残をさせるのが、政治家と役人の図々しい役得というもので、孔子の時代にはまだそこまでのデタラメを構築する技術が無かった。だが孔子なら、あるいはそれを知っているかも、と孟武伯は問うた。

それに対して孔子は、あっさり「病気で親に心配かけないように」と言った。後世の儒者は孝行を見せ物にして官職獲得に狂奔し、そのためなら我が子を殺しまでしたが(郭巨)、孔子はそんなデタラメを許さなかった。ごく当たり前に、親に心配かけないことを説いたに過ぎない。

重複を恐れず記せば、儒教と言えば親孝行という「常識」は、少なくとも孔子の教えではない。後漢に流行った郭巨の如き残忍な偽善には、帝国滅亡直後に葛洪という証言者がいるが(『抱朴子』内編・微旨5)、孔子の教説はそうした見せ物やでっち上げとは無縁である。

最後に、儒者の注釈を検討しよう。

古注『論語集解義疏』

註馬融曰武伯懿子之子仲孫彘也武諡也言孝子不妄為非唯有疾病然後使父母之憂耳

論語 古注 馬融
注釈。馬融「武伯は懿子の子で、仲孫彘のことである。武はおくり名である。文の意味は、”孝行な子供とはむやみに悪事を働かないものだが、ただ病気にかかるのは仕方が無い。だから父母に心配を掛けるのは、病気だけに限るべきだ”ということである。」

彘とは”めすぶた”のことで、ひどい名を付けたものだ。幼時に病魔が取り付くのを恐れたおまじないだろうか。ぶたの生命力にあやかったのだろうか。それはともかく、使役の記号が無いのに、勝手に使役に解するのは賛成できない。後漢時代らしい、偽善も鼻について頂けない。

新注『論語集注』

武伯,懿子之子,名彘。言父母愛子之心,無所不至,惟恐其有疾病,常以為憂也。人子體此,而以父母之心為心,則凡所以守其身者,自不容於不謹矣,豈不可以為孝乎?舊說,人子能使父母不以其陷於不義為憂,而獨以其疾為憂,乃可謂孝。亦通。

論語 朱子 新注
武伯は懿子の子で、名は彘。文の意味は、父母が子を愛する心には、至らないところが無く、ひたすらに子供の病気を恐れて、いつも心配している。人の子たる者はそれを意識して、もし父母の心配を自分の心配と心得るなら、つまり自分の健康に気遣う心掛けとして、自分で気を付けないわけにはいかないのだ。そうすればどうして孝行者だと言えないだろうか、ということである。

なお古い解釈では、人の子たる者は、自分が悪事を働いて父母に心配を掛けることのないようにし、ただ病気だけを心配させるなら、そのまま孝行者だと言って良い、という。こちらも意味が通じる。

「旧説」は頂けないが、朱子の言う解釈は無理が無く、合理的だと思う。また日本の伊藤仁斎は、次のように解釈したという。

『論語古義』

論語 伊藤仁斎
「父母はただその疾いをこれ憂えよ。」
父母が老人になると、お世話する日はもう少ない。まして一度病気にかかられると、孝行をつくそうとしてもできなくなる。そこで父母の病気をいちばん気にかけるようになれば、少ない一日一日を大切にする真心がどうしてもやまれず、愛慕する情がくまなく行き渡り、孝行しないでおこうと思ってもできないのだ。(貝塚茂樹編『日本の名著13 伊藤仁斎』を引用)

語順から「父母唯其疾之憂」の主語は父母であって、子ではないから賛成しかねる。仁斎先生の人の良さを訳者は疑わないが、だからといって漢文を好き勝手、かつデタラメに読んでいい事にはならない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 父母唯、其疾之憂。→憂其疾(『論語』為政) 〔父母は唯、其れが疾いを之れ憂う。〕 […]

関連記事(一部広告含む)