論語語釈「モ」

目的の項目が表示されるまでに時間が掛かる場合があります。もしurl欄に目的の漢字が無い場合、リンクミスですので訳者にご一報頂けると幸いです。
語釈 urlリンクミス

孟(モウ・8画)

論語 孟 金文
番匊生壺・西周中期

初出は殷代末期の金文。カールグレン上古音はmăŋ(去)。

孔子の生国・魯国の門閥家老家に三桓がおり、その一家・孟孫氏は、代々司空=法相兼建設相を家職として受け継いだ。その当主孟子は、きっかけは定かでないが、若き日の孔子の才能を見出し、自分の跡取り=孟子とその弟である南宮敬叔の教育を委ねた。

のちに当主となった孟懿子は、弟と共に孔子の洛陽留学を援助し、帰国後は孔子を政界に押し上げた。孔子の破天荒な出世は、孟孫家無しではありえない。

学研漢和大字典

会意。「子+皿(かぶせるさら、おおい)」で、おおいをおかして子どもが成長することを示す。季節のはじめ、兄弟の順番のはじめを孟というのは、勢いよく伸びる先端にあたるからである。萌(ホウ)(地面をおかして芽が伸びる)・猛(障害をおかしてつき進む)と同系。

意味〔一〕モウ/ミョウ

  1. {名詞}かしら。兄弟の序列で、最年長の人。▽兄弟を年齢の上の者から順に孟・仲・季という。また、伯・仲・叔・季ともいう。「孟女(モウジョ)(長女)」。
  2. {名詞}はじめ。季節や時代のはじめ。「孟春(モウシュン)」。
  3. {形容詞}大きい。「莫敢高言孟行、以過其情=敢へて高言孟行して、以て其の情を過ぐることなし」〔管子・任法〕
  4. {動詞}つとめる(つとむ)。困難をおかして努力し、前進する。《類義語》勉。「孟晋(モウシン)(つとめ進む)」。
  5. {名詞}「孟子(モウシ)」の略。「孔孟(孔子と孟子)」。

意味〔ニ〕モウ/ボウ

  1. 「孟浪(モウロウ)・(マンラン)」とは、つとりとめもない、でたらめの意。「夫子以為孟浪之言=夫子は以て孟浪の言を為す」〔荘子・斉物論〕づ目的もなく各地をさまよい歩くこと。

字通

[会意]子+皿。生まれた子に産湯をつかわせている形。〔説文〕十四下に「長なり」とし、皿(べい)声とするが、声が異なる。古文の字形は呆(ほう)に従い、保の従うところと同じで、呆は生子儀礼を示す字である。生まれてはじめての儀礼であるから、孟初の意となり、兄弟の序列に及ぼして孟長の意となる。〔方言、十二〕や〔広雅、釈親〕には「姉なり」と訓し、女子には孟、男子には伯という。金文には男子に用いることもあり、魯には孟孫・叔孫・季孫の氏を称するものがあった。

猛(モウ・11画)

初出は戦国文字。カールグレン上古音はmăŋ(上)。

学研漢和大字典

会意兼形声。孟は「子+皿(ふたをしたさら)」の会意文字で、ふたをして押さえたのをはねのけて、どんどん成長することを示す。猛は「犬+(音符)孟」で、押さえをきかずにいきりたって出る犬。はげしく外へ発散しようとする勢いを意味する。萌(ボウ)(外へ出ようといきりたつ芽ばえ)と同系。類義の厲(レイ)は、強い力で、まさつをおこすこと。烈は、ずるずると延焼して止めようもないさま。
付表では、「猛者」を「もさ」と読む。

語義

  1. {動詞・形容詞}たける。たけし。たけだけしい(たけだけし)。いきりたつ。いきりたって荒々しいさま。「勇猛果敢」「威而不猛=威ありて猛からず」〔論語・述而〕
  2. {形容詞}はげしい(はげし)。気力や勢いがはげしいさま。《対語》⇒寛。《類義語》厲(レイ)(ひどい)・烈。「猛雨」「猛烈」「寛以済猛猛以済寛=寛以て猛を済へ猛以て寛を済ふ」〔春秋左氏伝・昭二〇〕。「苛政猛於虎也=苛政は虎よりも猛し」〔礼記・檀弓下〕

字通

[形声]声符は孟(もう)。〔説文〕十上に「健(たけ)き犬なり」とあって、猛犬をいう。〔戦国策、韓二〕に「齊の大夫諸子、犬有りて甚だ猛なり」とあり、猛犬を飼う風があった。中山王墓には、盛飾を施した犬が陪葬されていた。獳(どう)字条に「怒れる犬の皃なり」とあり、合わせて獳猛という。

蒙(モウ・13画)

初出は戦国末期の金文。論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はmuŋ(平)。同音は以下の通り。うち「夢」(夢)に”くらい”の語釈があり初出は甲骨文

平声 上声
夢、濛”小雨の降る様”、矇”めしい”、饛”器に盛り上げる様”、幪”覆い”、蠓”ヌカガ・ミミズ”

学研漢和大字典

会意兼形声。下部の字(音モウ)は、ぶたの上におおいをかぶせたことを示す。蒙はそれを音符とし、艸を加えた字で、草がおおいかぶさるの意。冒(モウ)・(ボウ)(かぶせる、おかす)・濛(モウ)(水気がおおう)と同系。

語義

  1. {形容詞}くらい(くらし)。上からおおわれてくらい。光がくらい。もやもやしてみわけがつかないさま。《同義語》⇒曚・矇。「大蒙(タイモウ)(日の入る所)」。
  2. {形容詞・名詞}くらい(くらし)。道理にくらい。おろかである。また、幼くて物事の道理がわからない。また、もの知らずの子ども。《同義語》⇒曚・矇。「蒙昧(モウマイ)」「愚蒙(グモウ)(おろか者)」「啓蒙=蒙を啓く」。
  3. {動詞}おおう(おほふ)。おかす(をかす)。上からかぶせる。おおいかくす。また、かぶさったものを自ら進んでおしのける。「蒙葺(モウシュウ)(屋根をかぶせてふく)」「蒙死=死を蒙す」「上下相蒙=上下相ひ蒙ふ」〔春秋左氏伝・僖二四〕
  4. {動詞}こうむる(かうむる)。ある事を身にうける。また、かぶる。「蒙難=難を蒙る」「蒙恩=恩を蒙る」。
  5. {名詞}周易の六十四卦(カ)の一つ。陬陲(坎下艮上(カンカゴンショウ))の形で、おおわれてくらいさまを示す。
  6. {名詞}蒙古(モウコ)(モンゴル)の略。「漢蒙(漢人とモンゴル人)」▽上声に読む。

字通

[象形]獣皮の形。〔説文〕に字を艸部一下に属し、冡(もう)声の字とする。冡は〔説文〕七下に「覆(おほ)ふなり」とあり、豕(し)を覆う形であるとするが、冡の上部に角や耳を加えた形が蒙であるから、冡・蒙は繁簡の字とみてよく、蒙は頭部をも含む獣皮の全体像である。〔説文〕に蒙を「王女なり」、すなわち女蘿(じよら)とするのは、字の上部を草と誤ったものであろう。〔国語、晋語六〕「甲冑を蒙(かうむ)る」のように、全体を覆うて服する意。縫いぐるみのようにかぶることをいう。毛の乱れるさまを蒙戎(もうじゆう)・蒙茸(もうじよう)という。蒙昧の意があり、人に移して童蒙という。

※女蘿:地衣類に属するコケの一種。サルヲガセ・ヒゲノカヅラ・サガリコケの類。

門(モン・8画)

論語 門 金文
頌鼎・西周晚期

初出は甲骨文。カールグレン上古音はmwən(平)。

学研漢和大字典

象形。左右二まいのとびらを設けたもんの姿を描いたもので、やっと出入りできる程度に、狭くとじているの意を含む。悶(モン)(心が中にふさぎこむ)・問(モン)(とじてわからないことをむりにきき出す)・聞(モン)(とじてわからないことがやっときこえる)などと同系。類義語の戸は、とびら一枚を描いた字で、門の字の左側の部分に当たる。護(ゴ)(中をまもる)と同系で、とじて家の中を守る家のとびら。扉は、両びらきのとびら。

語義

  1. {名詞}かど。やっと出入りできる程度に、通路をおさえてつくったもん。《類義語》戸。「門戸」「城門」「掖門(エキモン)(わきの小門)」。
  2. {名詞}やっと通れる程度のせまい入り口。転じて、最初の手引き、「衆妙之門(シュウミョウノモン)」〔老子・一〕
  3. {名詞}みうち。家がら。「一門」「権門(権勢のある家がら)」。
  4. {名詞}学派や宗派のなかま。「仏門」「沙門(シャモン)(僧)」「入門」「門人惑=門人惑へり」〔論語・述而〕
  5. {名詞}事物の分類上の大きなわく。また、生物の分類上の大わく。「部門」「専門」「節足動物門」。
  6. (モンセム){動詞}もんを攻める。「門于東門=東門にて門せむ」〔春秋左氏伝・襄一一〕
  7. {単位詞}大砲を数えることば。「砲(=礟)一門」。

字通

[象形]門の形。〔説文〕十二上に「聞するなり。二戸に從ふ。象形」とする。門・聞は畳韻の訓。「戸は護なり」というのと同じく、当時の音義説による解である。〔釈名、釈宮室〕に「門は捫(お)すなり」と訓する。のち家門・門閥のように家や家族をいい、門下・門生のように徒弟をいう。

問(モン・11画)

論語 問 金文
『字通』所収金文

初出は甲骨文。カールグレン上古音はmi̯wən(去)。

学研漢和大字典

会意兼形声。門は、二枚のとびらを閉じて中を隠す姿を描いた象形文字。隠してわからないの意や、わからない所を知るために出入りする入り口などの意を含む。問は「口+(音符)門」で、わからないことを口で探り出す意⇒。聞(耳でわからないことを探る)と同系。

語義

  1. {動詞}とう(とふ)。たずねる。といただす。「尋問」「問於子貢曰=子貢に問ひて曰はく」〔論語・学而〕
  2. {名詞}とい(とひ)。といただすこと。また、その内容。「質問」「問題」「大哉問=大なる哉問ひや」〔論語・八飲〕
  3. {動詞}とう(とふ)。人をたずねる。「訪問」「遺問(贈り物を送って相手の安否をたずねる)」「問人於他邦再拝而送之=人を他邦に問はしむれば再拝してこれを送る」〔論語・郷党〕
  4. {動詞}とう(とふ)。責任や罪をといただす。「責問(=問責)」「問罪=罪を問ふ」。
  5. {名詞}相手のようすをたずねる手紙。また、指示を書きよこすこと。「問信」。

字通

[会意]門(もん)+口。門は家廟の廟門。口は祝禱を収める器の形で𠙵(さい)。祈って神意を問う。〔説文〕二上に「訊(と)ふなり」とあり、言部三上に「訊は問ふなり」とあるのと互訓。訊の初形は𡀚(じん)に作り、罪人や俘虜を糾問する意であるから、訊と問とは大いに字義が異なる。問は神意に諮(はか)り問う意。〔書、呂刑〕「皇帝、下民に清問す」、〔詩、大雅、緜〕「亦た厥(そ)の問(ぶん)を隕(おと)さず」とは、みな神意に関していう。のち問答や、人に問遺する意などに用いる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)