論語語釈「ニ」

目的の項目が表示されるまでに時間が掛かる場合があります。もしurl欄に目的の漢字が無い場合、リンクミスですので訳者にご一報頂けると幸いです。
語釈 urlリンクミス

肉(ニク・6画)

→肉(ジク・6画)

任(ニン・6画)

論語 任 金文
作任氏簋・西周早期

初出は甲骨文。カールグレン上古音はȵi̯əm(平/去)。

学研漢和大字典

会意兼形声。壬(ジン)は、腹のふくれた糸巻きの軸、または、妊娠して腹のふくれた女性の姿を示す。妊娠の妊の原字。任は「人+(音符)壬(ジン)」で、腹の前に重荷を抱きかかえこむこと。転じて、かかえこんだ責任や仕事の意となる。類義語の負は、背に荷を背おうこと。担は、肩に重い荷をかつぐこと。扛(コウ)は、荷物を棒に通してかつぐこと。荷は、┓型に肩に載せてになうこと。挑は、天秤で二つにわけてになうこと。

語義

  1. {名詞}抱きかかえこんだ重い荷物。「任重而道遠=任重くして而道遠し」〔論語・泰伯〕
  2. {名詞}かかえこんだ仕事。「任務」「以為能勝其任也=以て能く其の任に勝ふと為さん」〔孟子・梁下〕
  3. (ニンズ){動詞}仕事を引き受ける。「任政於斉=政を斉に任ず」〔史記・管仲〕
  4. (ニンズ){動詞}役目や仕事を与えてまかせる。「一任」「王甚任之=王甚だこれに任ず」〔史記・屈原〕
  5. {形容詞}上べは柔らかだが腹黒い。「任人」。
  6. {動詞}まかせる(まかす)。ゆだねて思うとおりにさせる。なるままにまかせる。▽平声に読む。「放任」「曷不委心任去留=曷(なん)ぞ心を委(ゆだ)ねて去留に任せざる」〔陶潜・帰去来辞〕
  7. {動詞}たえる(たふ)。重みや仕事を引き受けてがまんする。▽平声に読む。「若不任羅綺=羅綺に任へざるがごとし」〔陳鴻・長恨歌伝〕

字通

[形声]声符は壬(じん)。壬は工具。工形のもので、金文の字形は縦の線に中肥のところを加えており、鍛冶(たんや)するときの台の形であろう。〔説文〕八上に「保つなり」とするが、鍛冶に堪える意。また任載の意に用い、〔礼記、王制〕「輕き任は幷(あは)せ、重き任は分つ」は荷物の意、〔詩、大雅、生民〕「是れを任(にな)ひ是れを負ふ」は負担・負任の意。そのことに堪える意より、任務・責任の意となり、人に任せることを委任という。

忍(ニン・7画)

論語 忍 金文
中山王昔壺・戦国末期

初出は戦国末期の金文。カールグレン上古音はȵi̯ən(上)。

学研漢和大字典

会意兼形声文字で、刃(ニン)・(ジン)は、刀のはのあるほうをヽ印で示した指事文字で、ねばり強くきたえた刀のは。忍は「心+(音符)刃」で、ねばり強くこらえる心。靱(ジン)(ねばり強い)と同系のことば。

語義

  1. {動詞}しのぶ。つらいことをねばり強く持ちこたえる。《類義語》耐。「忍耐」「堅忍不抜」「忍而就於此=忍んで此れに就く」〔史記・淮陰侯〕
  2. {動詞}しのぶ。むごいことにも平気でたえる。「残忍」「有不忍人之心=人に忍びざるの心有り」〔孟子・公上〕
  3. 《日本語での特別な意味》
    ①しのぶ。しのび。人に目だたないようにする。人に目だたないように物事をすること。「人目を忍ぶ」。
    ②しのび。忍術。また、忍術を心得た者。「忍者(ニンジャ)・(シノビノモノ)」。

字通

[形声]声符は刃(じん)。〔説文〕十下に「能くするなり」とあり、忍耐の意。耐・能は古くは同声であった。刃声の字にもその義があるらしく、靱(じん)はもと柔皮をいい、強靱の意がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)