論語語釈「メ」

目的の項目が表示されるまでに時間が掛かる場合があります。もしurl欄に目的の漢字が無い場合、リンクミスですので訳者にご一報頂けると幸いです。
語釈 urlリンクミス

名(メイ・6画)

論語 名 金文
南宮乎鐘・西周末期

初出は甲骨文。カールグレン上古音はmi̯ĕŋ(平)。

学研漢和大字典

会意文字で、「夕(三日月)+口」。薄暗いやみの中で自分の存在を声で告げることを示す。よくわからないものをわからせる意を含む。鳴(鳥が自分の所在をわからせる→声を出してなく)・命(自分の気持ちや意志を声でわからせる)と同系のことば。

語義

  1. {名詞}な。人の名前。人の本名。
    ▽中国では元服(=冠)すると名のほかに字(アザナ)をつけ、長上に対する場合には本名を、友人の間では字を呼ぶ。また、屈原(原は字)の本名は平であるように、名と字は意味上関連するものが多い。「姓李氏、名耳、字伯陽=姓は李氏、名は耳、字は伯陽なり」〔史記・老子〕
  2. {名詞}な。内容を「実」というのに対して、それをあらわすことばのこと。転じて、称号・ことば・文字・表現など。「名家(中国の論理学派)」「刑名学」「名学(論理学のこと)」「必也正名乎=必ずや名を正さんか」〔論語・子路〕
  3. {名詞}な。評判。「文名」「揚名於後世=名を後世に揚ぐ」〔孝経・開宗明義〕
  4. {形容詞}有名である。すぐれているさま。「名勝」「常為名大夫=常に名大夫と為す」〔史記・管仲〕
  5. {動詞}なづける(なづく)。命名する。「自名秦羅敷=自ら秦羅敷と名づく」〔古楽府・焦仲卿妻〕
  6. {動詞}なあり。有名になっている。「名海内=海内に名あり」。
  7. {単位詞}人数を数えるときのことば。「三名」。

字通

[会意]夕(肉)+口。口は𠙵(さい)、祝禱を収める器。子が生まれて三月になると、家廟に告げる儀礼が行われ、そのとき名をつけた。〔説文〕二上に「自ら命(ない)ふなり。口夕に從ふ。夕なる者は冥(めい)なり。冥(くら)くして相ひ見ず。故に口を以て自ら名いふ」とするが、字の上部は祭肉の形。下は祝禱の器の𠙵の形である。〔礼記、内則〕に生子の礼を詳しく記している。命名は祖霊の前で行われ、加入儀礼としての意味をもつ。名実の意から、名分・名声・名流のように用いる。

明(メイ・8画)

論語 明 金文
明公簋・西周早期

初出は甲骨文。カールグレン上古音はmi̯ăŋ(平)。

学研漢和大字典

会意。「日+月」ではなくて、もと「冏(ケイ)(まど)+月」で、あかり取りの窓から、月光が差しこんで物が見えることを示す。あかるいこと。また、人に見えないものを見分ける力を明という。望(モウ)・(ボウ)(見えないものをのぞむ)・萌(モウ)・(ボウ)(見えなかった芽が外に出て、見える)などと同系。異字同訓に空く・空ける「席が空く。空き箱。家を空ける。時間を空ける」 開く・開ける「幕が開く。開いた口がふさがらない。店を開ける。窓を開ける」。付表では、「明日」を「あす」と読む。

語義

  1. {形容詞}あきらか(あきらかなり)。あかるい(あかるし)。光がさしてあかるい。よく物が見える。はっきりして疑う余地がない。《対語》⇒暗・昏(コン)。「明暗」「明白」「月明星稀=月明らかに星稀なり」〔曹操・短歌行〕。「人倫、明於上=人倫、上に明らかなり」〔孟子・滕上〕。「人之性悪明矣=人之性悪なること明らかなり矣」〔荀子・性悪〕
  2. {形容詞}あきらか(あきらかなり)。物事にあかるい。道理がよくわかっているさま。《対語》⇒昏(コン)・愚(おろか)。「明君」「雖愚必明=愚と雖も必ず明らかなり」〔中庸〕
  3. {動詞}あきらかにする(あきらかにす)。はっきりさせる。「在明明徳=明徳を明らかにするに在り」〔大学〕
  4. {名詞}ものを見分ける力。さとい目の働き。「失明」「離婁之明」〔孟子・離上〕
  5. {名詞}曇りない知恵。「蔽明=明を蔽ふ」。
  6. {動詞・名詞}あける(あく)。あけ。夜あけ。夜があけること。「未明(ミメイ)(まだあけやらぬころ)」「旦明(タンメイ)(朝)」「遅明(チメイ)(夜明け)」「欲明天=明けんと欲する天」〔白居易・与微之書〕
  7. {名詞}あかり。光線。ともしび。「取明=明を取る」。
  8. {名詞}この世。《対語》⇒幽(あの世)。「幽明、異所(生者と死者と、別の世に隔たる)」。
  9. {助辞}尊敬の意をあらわすためにつける接頭辞。「明公(あなた)」「明府(お宅、あなた)」。
  10. {形容詞}あけて次。「明日」「明春」。
  11. {名詞}何もかも見通している神。「神明」「明器(死者にそえて埋葬する器物)」。
  12. {名詞}王朝名。元(ゲン)を倒して朱元璋(シュゲンショウ)がたてた。一三六八~一六四四年の間、十七代続いたが、満州族の清(シン)に滅ぼされた。「明代(ミンダイ)」。
  13. 《日本語での特別な意味》
    ①あけ。期間が終わること。また、その時期。「彼岸明け」。
    ②あく。すき間ができる。

字通

[会意]正字は朙に作り、囧(けい)+月。囧は窓の形。窓から月光が入りこむことを明という。そこは神を迎えて祀るところであるから、神明という。〔説文〕七上に「照らすなり」とし、また古文の明を録し、その字は日月に従うが、卜文・金文の字はすべて囧に従う。〔詩、小雅、楚茨〕「祀事孔(はなは)だ明らかなり」のように、神明のことに用いるのが本義。ゆえに〔易、繫辞伝下〕「神明の徳に通ず」のようにいう。黄土層の地帯では地下に居室を作ることが多く、中央に方坑、その四方に横穴式の居室を作る。窓は方坑に面する一面のみで、そこから光をとる。光の入る所が神を迎えるところであった。この方坑の亞(亜)字形が明堂や墓坑の原型をなすものであったと考えられる。周初の聖職者を明公・明保といい、周公家がその職を世襲したと考えられる。すべて神明の徳に関することを明という。

命(メイ・8画)

論語 命 金文
不𡢁簋蓋・西周末期

初出は甲骨文。カールグレン上古音はmi̯ăŋ(去)。

「命」の原義は”天命”であり、天命によって享受するものだから”いのち”の意になった。論語の時代に含まれるBC518ごろの「蔡侯尊」には、「蔡𥎦󱠜虔共大命」とあり、「蔡侯□つつしんで大命を共にす」と訓める。つまり”天命”の意。

元年正月。初吉辛亥。蔡𥎦󱠜虔共大命。上下陟󱯎。󱦵敬不惕。肈󱱦天子。用乍大孟姬賸彝󱷷。禋亯是台。祗盟嘗󱦲。祐受母巳。䄢𧪕整󱯏。󱦳文王母。穆穆󱱉󱱉。悤憲訢󰚏。威義遊遊。霝頌託商。康諧穆好。敬配吳王。不諱考壽。子孫蕃昌。永保用之。千歲無疆。

学研漢和大字典

会意。「亼(シュウ)(あつめる)+人+口」。人々を集めて口で意向を表明し伝えるさまを示す。心意を口や音声で外にあらわす意を含む。特に神や君主が意向を表明すること。転じて、命令の意となる。名(ことばで素姓を明らかにする)・鳴(声で所在をつげる)と同系のことば。

意味

  1. {名詞}みこと。神や目上の人からのさしず・いいつけ。お告げ。「命令」「天命(天の神のさしず)」「使人致命懐王=人をして命を懐王に致さしむ」〔史記・項羽〕
  2. (メイズ){動詞}いいつける。「舜亦以命禹=舜も亦た以て禹に命ず」〔論語・尭曰〕
  3. {名詞}天からの使命。▽天の意向を自分の責任として自覚したもの。
  4. {名詞}天からの運命。▽天の定めを避けがたいものと自覚したもの。「命矣夫=命なる矣夫」〔論語・雍也〕
  5. {名詞}いのち。天から授かった生きる定め。のち広く、生命。「士見危致命=士は危ふきを見て命を致す」〔論語・子張〕
  6. {動詞}なづける(なづく)。名をつける。《同義語》⇒名。「命名」「命曰和氏之璧=命づけて和氏の璧と曰ふ」〔韓非子・和氏〕
  7. {名詞}ことば。名称。「誓命(誓いのことば)」「誥命(コウメイ)(天子から爵位を与えられる賞詞)」。
  8. 《日本語での特別な意味》みこと。神の称号。「大国主命」。

字通

会意、令+口。令は礼帽を着けて、跪いて神の啓示を受ける形。口は祝詞を収める器の𠙵さい。神に祈って、その啓示として与えられるものを命という。〔説文〕二上に「使うなり。口に従い、令に従う」とし、口を以て使令する意とするが、もと神意を意味する字である。卜文・金文に令を命の意に用い、令がその初文。周初の金文〔大于鼎〕に「天の令する大令(命)を受けらる」とあり、のち〔賢𣪘〕に「公、事を命ず」のように、命の字を用いる。天命の思想は〔大于鼎〕をはじめ、〔也𣪘〕などにも「顕〻たる受令(命)」とあって、周王朝創建の理念として掲げられたものであった。人の寿夭も天与のものであるから、列国期の金文に「永命眉寿」を祈る語を著けるものが多い(訳者注、眉寿は眉の長い年寄り、転じて長寿)。金文にまた賜与の意に用い、〔献𣪘〕「の臣、献(人名)に金車をたまう」のように用いる。天の命ずるところであるから、人為の及ばないこと全てを命といい、君子は命を知るべきものとされた。

訓義

  1. おおせ、いいつか、神のお告げ、おしえ、あたえる。
  2. いのち、うまれつき、さが、神よりうけたもの。
  3. さだめ、運命、めぐりあわせ。
  4. お上のいいつけ、命令、おきて。

嗚(メイ・13画)

「鳴」とは別字。

嗚(藤堂上古mɪěŋ)の字の初出は戦国文字で、カールグレン上古音はʔo(平)。論語の時代には無く、論語八佾篇6の校訂を受け入れるなら、論語の時代には「烏」(カラス)と書かれた。烏には「なんぞ」(どうして)の訓があり、また「烏滸オコ」のように、愚か者をも意味する。

烏滸とは、もと広西省の海岸沿いに住んだ異民族を指し、後漢の末になってやっと中華帝国の支配下に入った。中国人から見れば紛れもない蛮族で、「烏」に”愚か者”の語気が加わったのはそれゆえだろう。その後この部族名は忘れられるが、中国人の地理知識が西へ広がるに及び、アムダリア(阿母河・水・奥克蘇オクソス河)を指す言葉へと変化していく。

その後何らかの経緯で日本に入り、愚か者を意味するようになったのだが、その由来は明らかでない。
烏滸 大漢和辞典

学研漢和大字典

形声。「口+(音符)烏(ウ)」。烏も、本来は「ああ」と鳴くからすの声を示した擬声語であった。

語義

{感動詞}あ、という声をあらわす。「嗚呼(アア)(あはあ、という嘆声をあらわす擬声語。感心したときにも、残念がるときにも用いる)」▽「烏乎」「於乎」「於戯」は、用字が異なるだけで、すべて上古には「あはあ」という発音をあらわした。「嗚呼」が最も普通に用いられる。「嗚呼曾謂泰山不如林放乎=嗚呼曾ち泰山を林放に如かずと謂へるか」〔論語・八佾〕

字通

[形声]声符は烏(う)。烏は死烏を懸ける形。その鳥追いの声を烏・於という。嗚は烏の形声字で、むせぶような声。また感動詞に用いる。

鳴(メイ・14画)

鳴 金文
王孫遺者鐘・春秋末期

「嗚」とは別字。

初出は甲骨文。カールグレン上古音はmi̯ĕŋ(平)。

学研漢和大字典

会意。「口+鳥」で、鳥が口で音を出してその存在をつげること。名(口で音を出す)・命(声を出して意図をつげる)と同系。類義語に啼。「なく」「なかす」「なき」は「啼く」「啼かす」「啼き」とも書く。

意味

  1. {動詞}なく。鳥がなく。また、獣などが声を出す。「鶏鳴」「鳥之将死其鳴也哀=鳥のまさに死せんとするや其の鳴くこと哀し」〔論語・泰伯〕
  2. {名詞}鳥や獣のなき声。人のなき声やうめき声。「鹿鳴(ロクメイ)」「悲鳴」。
  3. {動詞・名詞}なる。物が音を出す。また、その音。「共鳴」「雷鳴」。
  4. {動詞}ならす。楽器などをならす。「小子鳴鼓而攻之可也=小子鼓を鳴らしてこれを攻めて可なり」〔論語・先進〕
  5. {動詞}なる。音がきこえる。名声が世の中にひろく伝わる。なりひびく。《類義語》名。「孟軻荀卿以道鳴者也=孟軻荀卿は道を以て鳴る者なり」〔韓愈・送孟東野序〕

字通

[会意]口+鳥。口は祝禱を収める器の𠙵(さい)。神に祈り、鳥の声などによって占う鳥占(とりうら)の俗を示す字。〔説文〕四上に「鳥の聲なり」とするが、おそらく唯と同じ立意の字で、唯も隹(すい)(鳥)と𠙵とに従い、神意を卜し、神の承諾を求める俗をいう。ゆえに唯諾の意がある。卜辞に「鳴鳥あり」というのは神の啓示を得る意であろう。〔書、君奭〕に「我は則ち鳴鳥を聞かず。矧(いは)んや曰(ここ)に其れ能く(神意に)格(いた)る有らんや」という文がある。〔詩〕に鳥声の発想をとるものがあり、神の来格を示すものが多い。

滅(メツ・13画)

滅 金文
子犯鐘・春秋中期

初出は甲骨文。カールグレン上古音はmi̯at(入)。

学研漢和大字典

会意兼形声。府(メツ)とは「戉(ほこ)+火」の会意文字で、刃物で火だねを切って火をけすことを示す。滅は「水+(音符)府」で、水をかけて火をけし、または見えなくすること。蔑(ベツ)・(メチ)(みとめない)・漆(ベツ)・(メチ)(足先を見えなくするたび)などと同系。類義語の亡は、完全になくなる。

語義

  1. (メッス){動詞}ほろぼす。ほろぶ。ほろびる(ほろぶ)。この世からなくする。姿をなくする。たえてなくなる。《対語》⇒興。《類義語》亡。「滅亡」「消滅」「滅国者五十=国を滅ぼす者五十」〔孟子・滕下〕。「万径人蹤滅=万径人蹤滅す」〔柳宗元・江雪〕
  2. (メッス){動詞}きえる(きゆ)。火がきえる。また、火をけす。《対語》点・明。「点滅」「残灯滅又明=残灯滅えて又明らかなり」〔白居易・夜雨〕
  3. 仏陀、または高僧の死。「滅度」。

字通

[形声]声符は烕(べつ)。烕は戉(えつ)(鉞(まさかり))を火に加えて、火を鎮(しず)める意の字。〔説文〕十一上に「盡くるなり」とあり、烕十上にも「滅ぶるなり」とあって、滅尽することをいう。戉を聖器として、火を鎮圧する呪儀をいい、それより滅尽・滅亡の意とする。〔詩、小雅、正月〕に「赫赫たる宗周 褒姒(はうじ)之れを烕(ほろ)ぼす」、その上文に「燎(ひ)の方(まさ)に揚ぐるとき 寧(なん)ぞ之れを滅ぼすこと或(あ)らんや」とあり、烕を滅亡、滅を消火の意に用いる。古くその別があったのであろう。

免/免(メン・8画)

論語 免 金文 論語 免
(金文)

初出は甲骨文。カールグレン上古音はmian(上)。大陸と台湾では「免」が正字として扱われている。

学研漢和大字典

会意。免の原字は、女性がももを開いてしゃがみ、狭い産道からやっと胎児が抜け出るさまを示す。上は人の形、中は両もも、下の儿印は、胎内から出る羊水。分娩(ブンベン)の娩の原字で、やっと抜け出る、のがれ出る意を含む。「免(まぬか)れる」は、「まぬがれる」とも読む。▽草書体をひらがな「め」として使うこともある。

意味

  1. {動詞}まぬかれる(まぬかる)。やっとのがれる。「免除」「民免而無恥=民免かれて恥無し」〔論語・為政〕
  2. (メンズ){動詞}どうにか許す。見のがす。やっと見のがしてやる。「放免」▽日本語の「ご免なさい」の免は漢語からの借用語。
  3. {動詞}ぬぐ。かぶっているもの、着ているものをぬぐ。「朔免冠謝=朔冠を免ぎて謝す」〔漢書・東方朔〕
  4. (メンズ){動詞}重荷から免除される。罰として官位を召しあげる意にも用いる。「免官」。
  5. {動詞}まぬかれる(まぬかる)。…しないですむ。「身衣口食且免求人=身衣口食且く人に求むるを免る」〔白居易・与微之書〕▽「不免=免れず」とは、どうしてもそうなってしまうの意。「不免於乱=乱を免れず」〔韓非子・五蠹〕
  6. {動詞}狭い産道を通して、やっと子をうみおとすこと。《同義語》⇒娩。

字通

[象形]字に二系あり、一は冑を免(ぬ)ぐ形で、逸脱の意がある。一は分娩の象で、胯間(こかん)をひらき、子の生まれる象で、娩の初文。俛焉(べんえん)の意がある。〔説文〕にみえず、ただ書中に多く免声の字を収めているから、説解を脱したものであろう。〔段注〕十上に「兔逸するなり。免に從ひ、足を見ず。會意」という説解を試みているが、兔とは関係のない字である。金文に免氏の諸器があり、その免字は免冑の象とみられる。〔国語、周語中〕「左右、冑を免ぎて下る」、〔礼記、曲礼上〕「冠を免ぐこと毋(なか)れ」のように用いる。また分娩の娩は、奐(かん)・弇(えん)・夐(けい)・㼱(ぜん)の字形と関係があり、奐は渙然として生子の出るさま。弇は生子をとり出す意。夐・㼱はふぐりの象を含む。分娩の娩は、俛・娩・勉の系列をなしている。字形近くして一となり、一字両義の字となった。

大漢和辞典

兎字の﹅を省いて兎の足が見えない意を示す。兎が速やかに走って足を身得ないことから、兎が疾走して人に獲れないで免れる意を示す。それからおよそ逃げ逸するを免という。一説に娩の字とし、女が子を生むこととす。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 論語が描く春秋時代の中国語にはほとんど熟語が見られず、このことが本章を史実でないと断定する理由になり得る。論語語釈「将」・論語語釈「命」も参照。 […]