論語詳解036為政篇第二(20)民をして敬忠にして

論語為政篇(20)要約:「領民がいう事を聞かなくて困る。」若家老が嘆きます。聞いた孔子先生は、「頼りがい」を身に付けることを教えました。血統や身分だけではもう民は従わない。激動の春秋時代末期ならではの政治論。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

季康子問、「使民敬忠以勸、如之何。」子曰、「臨之以莊、則敬。孝慈、則忠。舉善而敎不能、則*勸。」

復元白文

論語 季 金文論語 康 金文論語 子 金文論語 問 金文 論語 使 金文民 金文論語 敬 金文論語 中 金文論語 心 金文以 金文 論語 如 甲骨文之 金文論語 何 金文 論語 子 金文論語 曰 金文 論語 臨 金文之 金文以 金文論語 荘 金文 論語 則 金文論語 敬 金文 論語 孝 金文 論語 則 金文論語 中 金文論語 心 金文 論語 善 金文而 金文論語 教 金文論語 不 金文論語 能 金文 論語 則 金文

※忠→中心/如→甲骨文。

本章は上掲の文字が論語当時に遡れない。論語の本章は戦国時代以降の儒者による捏造である。

校訂

武内本:(清原家本により則の下に民を補う。)唐石経民字なし。民の字恐らくは衍。

書き下し

季康子きかうしふ、たみ使敬忠けいちうにしてつとめしめんには、これ如何いかんせん。いはく、これのぞむにさかりもちゐばすなはけい孝慈かうじならばすなはちうぜん不能ふのうをしふらばすなはつとむ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 季康子 論語 孔子
季康子が問うた。「民をへりくだらせ素直にしそれでまじめに働かせるには、どうしたらいいか。」先生が言った。「民に頼りがいのある姿を見せれば必ずへりくだります。年上も年下も哀れめば素直になります。有能な者を取り立てて無能な者を教えさせればまじめに働きます。」

意訳

若家老「民を躾けて真面目に働かせるには、どうしたらよいか。」

ニセ孔子
孔子「行動を重々しくし、ご家族をいたわれば、民は見習って真面目になります。」

若家老「どうもワシはなめられておるらしい。民が年貢もまともに納めぬ。」

孔子「頼りないからですよ。社会保障をし、職業教育をすればまじめに納税します。」

従来訳

論語 下村湖人
 大夫の季康子(きこうし)がたずねた。――
「人民をしてその支配者に対して敬意と忠誠の念を抱かせ、すすんで善を行わしめるようにするためには、どうしたらいいでしょうか。」
 先師はこたえられた。――
「支配者の態度が荘重端正であれば人民は敬意を払います。支配者が親に孝行であり、すべての人に対して慈愛の心があれば、人民は忠誠になります。有徳の人を挙げて、能力の劣った者を教育すれば、人民はおのずから善に励みます。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

季康子問:「怎樣使人尊敬、忠誠、勤勉?」孔子說:「舉止端莊,能贏得尊敬;敬老愛幼,能贏得忠誠;任用賢良、培養人才,能使人勤勉。」

中国哲学書電子化計画

季康子が問うた。「どうすれば、人を尊敬させ、忠誠にさせ、勤勉にさせられるのだろう?」

孔子は言った。「立ち居振る舞いが美しく立派なら、尊敬を勝ち得ます。老人をいたわり子供を愛護すれば、忠誠を勝ち得ます。有能な善人を登用し、人材育成に努めれば、人を勤勉にさせられます。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

季康子(季孫肥)

論語 季 金文 論語 康 金文 論語 子 金文
(金文)

?-BC468。魯国の門閥家老三桓の筆頭、季氏の当主、魯国正卿。BC492に父・季桓子(季孫斯)の跡を継いで当主となる。この時孔子59歳。孔子を魯国に呼び戻し、その弟子、子貢冉有を用いて国政に当たった。

使

論語 使 金文
(金文)

論語の本章では使役の助辞、”…させる”。詳細は論語語釈「使」を参照。

論語 民 金文 論語 強制労働 民
(金文)

論語の本章では”たみ・民衆”。詳細は論語語釈「民」を参照。

「民をどうすればいいか」と論語の本章で尋ねている季康子は、魯国門閥家老三家=三桓の筆頭・季孫氏の家長で、しかも数代にわたって国政を代行する立場にあった。その季康子が「民」というには、一つには自領の”領民”、もう一つは魯国全体の”臣民”を意味する。

論語 敬 金文 論語 緊張 敬
(金文)

論語の本章では”敬う”こと。他の語義は”つつしむ・いましめる”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、苟(キョク)は、苟(コウ)ではなく、「羊の角+人+口」からなる会意文字。角に触れて、人がはっと驚いてからだを引き締めることを示す。敬は「苟(引き締める)+攴(動詞の記号)」で、はっとかしこまってからだを引き締めること。

警(緊張させる)・驚(はっとしてからだを引き締める)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「敬」を参照。

論語 忠 金文 論語 ピーマン肉詰め 忠
(金文)

論語の本章では”自分を偽らない”こと。お中の心を差し、”まごころ・まこと”。原義は”中身が充実していること”。

ただしこの漢字=言葉は、人民支配が苛烈になった戦国末期にならないと現れない。軍国美談が必要だから、「チューコー」を言い回る頭のおかしな人間が出るのである。詳細は論語語釈「忠」を参照。

もし論語の本章を好意的に解釈して、季康子と孔子の史実の対話だとすると、「忠」ではなく「中心」となっていただろう。「使民敬忠以勸」は、「民をして敬わしめ心にあたり、以て勧むるは」と読み下し、”民に敬いの気を起こさせ、感心させ﹅﹅﹅﹅、それで真面目にするには”と解すべきだろう。

すると孔子の答えも無理が無くなる。「孝慈、則忠」を「孝慈ならば即ち心に中り」と読み下し、”ご家老が身内の老人をいたわり、子供を可愛がれば、民は感心します﹅﹅﹅﹅﹅”と解する。これならあり得る話だが、さて「勧」などの漢字はどうやっても論語時代には遡れないから、やはり本章はでっち上げである。

論語 以 金文 論語 以 字解
(金文)

論語の本章では、「忠以勸」では接続詞で”それで”。前置詞の「…を以て」ではないので、「もて」と訓んで区別する。「以莊」では前置詞または動詞で、”…で”・”…を使って”の意。「もって」「もちいて」と訓む。

原義は手で道具を使って仕事をすること。詳細は論語語釈「以」を参照。

勸/勧

論語 勧 金文大篆 論語 観 勧 字解
(金文大篆)

論語の本章では”まじめに働く”こと。他の語義は”つとめる・すすむ・すすめる”。

この文字=言葉は、論語の時代に通用した金文以前には遡れない。カールグレン上古音はkʰi̯wăn。藤堂上古音はk’ɪuǎn。無理にカタカナに置き換えるとクッェウアン。『大漢和辞典』に記載された「音カン訓すすめる」はこの字しか無い。部品の「雚」は”こうのとり。ががいも”の意でしか無い。

結論として行き止まりで、論語時代の置換候補は無い。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声で、勸の左側の字(音カン)は、口々になきかわす鳥。勸はそれを音符とし力を加えた字で、口々にやかましくいって力づけること。類義語の奨は、目標やほうびを示してそれへ向けて引っぱること。薦は、人をすすめること、という。

詳細は論語語釈「勧」を参照。

如之何

論語の本章では”それをどうしよう”。「如何」の目的語である「之」を挟んだ形。詳細は漢文読解メモ「いかん」を参照。

論語 臨 金文 論語 臨 字解
(金文)

論語の本章では”のぞむ”・”姿を見せる”こと。大きな者が小さな者を見ている象形。他の語義は”うつす・やぐらぐるま”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、臣は、下に伏せてうつむいた目を描いた象形文字。臨は「臣(ふせ目)+人+いろいろな品」で、人が高い所から下方の物を見おろすことを示す。覽(=覧。下を見る)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「臨」を参照。

莊(荘)

論語 荘 金文 論語 荘 字解
(金文)

論語の本章では”頼りがいのある”こと。原義は”くさのさかんなさま”。他の語義は”くさのたけのととのうさま・おごそか”。

上掲の金文は古今字資料庫に無く、白川静博士独自の採取だと思われる。従って年代が特定できない。ただし『字通』を参照すると、西周宣王(BC828-BC782)時代の「毛公鼎」に「唯天荘 外字集厥命」(これてんおおいにそのめいをなす)に現れた「荘 外字」が原字だとする。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「艸+〔音符〕壯(すらりと長い)」で、草のたけが長くおいたつことで、細長い草ぶきの納屋。また、いなかの農家のこと。転じて、形が整って勢いが盛んである意。

壯(=壮。背の高い男)と同系。また、荘園の荘(=莊)は、蔵・倉(穀物をしまう納屋)などと同系のことば、という。

詳細は論語語釈「荘」を参照。

論語 則 金文 論語 則 解字
(金文)

論語の本章では、”必ず…になる”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「刀+鼎(カナエ)の略形」。鼎にスープや肉を入れ、すぐそばにナイフをそえたさま。詳細は論語語釈「則」を参照。

「すなわち」と訓む一連の漢字については、漢文読解メモ「すなわち」を参照。

論語 孝 金文 論語 孝 字解
(金文)

論語の本章では、”年下の年上に向けた愛情”。詳細は論語語釈「孝」を参照。論語で語られる孔子の教説では、一方的な孝行の義務を、子や年少者に押し付けていない。

論語 慈 金文 論語 比 慈 字解
(金文)

論語の本章では”いつくしむ・いつくしみ”。年上に対する「孝」と対になり、年下に対する愛情。上掲の金文は戦国末期のもので、論語の時代に遡ることが出来ない。

カールグレン上古音はdzʰi̯əɡ。藤堂上古音はdziəg。無理にカタカナにすると、「ヂゥァーグ」にろうか。

『大漢和辞典』で音ジ訓いつくしむは、この文字しか載っていない。候補として「仁」があるが、藤堂上古音nienで音通しているとは言いかねる。結論として行き止まりで、論語の時代の置換候補は無い。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、茲(ジ)は、草の芽と細い糸とをあわせて、小さいものが成長しふえることを示す会意文字。慈は「心+〔音符〕茲」で、小さい子を育てる親心のこと。滋(ジ)(ふえる)・孳(ジ)(子どもを育てる)と同系のことば、という。

詳細は論語語釈「慈」を参照。

舉/挙

論語 挙 金文 論語 挙
(金文)

論語の本章では”登用する”。この文字=言葉は論語の時代には存在しなかった。

『学研漢和大字典』によると「手+(音符)與」で、手をそろえて同時に持ちあげること、という。詳細は論語語釈「挙」を参照。

論語 善 金文 論語 善 字解
(金文)

論語の本章では、”よい・よく…を行う”。道徳的な善人ではなく、技術的な有能者。原義は”神に愛でられること”。詳細は論語語釈「美」・「善」を参照。

敎/教

論語 教 金文 論語 パソコン教室 恭
(金文)

論語の本章では”〔職業〕訓練を与える”。

上掲の金文は古今字資料庫になく、白川静博士の独自採集と思われ、『字通』を参照してもその由来や年代が特定できない。また甲骨文を載せている。暫定的に博士を信用して、論語の時代に通用した金文として扱う。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、もと「攴(動詞の記号)+(音符)爻(コウ)(まじえる)」で、さらに子を加えた字もある。子どもに対して、知識の受け渡し、つまり交流を行うこと。知識の交流を受ける側からいえば学・効(習う)といい、授ける側からは教という。交(まじえる)・較(コウ)・(カク)(まじえ比べる)・效(コウ)(=効。交流して習う)などと同系のことば。類義語の誨は、よく知らない人をおしえさとす。訓は、物事の筋を通しておしえる、という。

詳細は論語語釈「教」を参照。

論語 能 金文 論語 能 篆書
(金文・篆書)

論語の本章では”~できる〔者〕”。『学研漢和大字典』によると、亀や熊のようにねばり強い力を備えて働くことをあらわす、という。詳細は論語語釈「能」を参照。

論語:解説・付記

吉川本始め、従来の論語本では「孝慈」を”家老が自分の﹅﹅﹅子や親を愛すること”と解する向きがあるが、もし孔子の言葉とするなら信用できない。税を取られる民から見れば、「どうぞご勝手に」だから。

従って”社会保障”と解釈した。老人や幼児、寡婦・寡夫に対する社会保障の概念は当時からある。だが本章の捏造がほぼ確定すると、やはり従来訳のように「上の者が家族をいたわると、下の者は忠義でまじめになる」というおとぎ話と解するのが正しいかも知れない。

従来の論語本では、孔子を現実離れした理想家でそれゆえ成功しなかった、と見るが、そこまで現実の孔子がマヌケなら、諸侯や重臣が孔子を招こうとしたり、また恐れたりする理由がない(『史記』孔子世家)。その観点で以下に引く吉川本の記述は、逆の示唆に富んでいる。

論語 吉川幸次郎
当時の魯のくには、あまり希望のある状態にあったとは思えない。若い家老は、当惑してこの問いを発したのかも知れぬが、そうした現実に反発して、より一層理想的な言葉を発し続けたのが、孔子であるように見える。その言葉は、それだけでは当時の現実に対処し得なかったであろうし、ないしは、いつの世の現実にも、これだけでは対処し得ないであろうが、かえってそれゆえに、政治の理想となるものを、含んでいるであろう。

吉川博士の目には、孔子がただの好々爺に見えるらしい。とんでもない、孔子は政策実現のためならば、ためらわず陰謀をたくましくし(『墨子』非儒篇)、使えると見た相手には、平気でお追従も言った(論語泰伯篇1)。酸いも甘いも噛み分けた、政治マシーンがその正体。

当時の為政者にとって、民衆は経済動物でしかなく、現代の政治でも本質は同じ。それは孔子もまた同じであり、個別の民の苦難に心を痛めることはあっただろうが、「臨」の古書体に見られるように、総体としては上から目線で、よく言えば合理的に民政を捉えていた。
論語 臨 金文

従って民の経済効率を上げるのに、社会保障と職業教育の概念は、理屈の上ではうまく行く。現実的にはそうもいかないだろうが、それは今日的課題でもあって、古代人の孔子に責任があるわけではない。だからもしかすると江戸の人足寄場は、論語の本章が元ネタかも知れない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。未だ人を斬ったことが無い。刀(登録証付)の手入れは毎日している。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回す。覚悟致せ。
斬首
このナイスガイについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)