論語詳解027為政篇第二(11)故きをゆあみし’

論語為政篇(11)要約:古びた講義ノートを何十年も繰り返す。そんな奴は教師じゃないよ、と孔子先生。身分制社会の春秋時代に、驚愕すべき出世を遂げた先生は、教師でありながら革命家でもありました。古いガラクタは処分処分。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「溫故而知新、可以爲師矣。」

校訂

定州竹簡論語

……「溫故而智a新,可以為師矣。」16

  1. 智、今本作「知」。古「知」、「智」通。

→子曰、「溫故而智新、可以為師矣。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 温 甲骨文故 金文而 金文智 金文新 金文 可 金文以 金文為 金文師 金文已 金文

※溫→(甲骨文)・矣→已。論語の本章は、「故」「以」の用法に疑問がある。

書き下し

いはく、ふるきをゆあみあたらしきをらば、なり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子
先生が言った。古い常識を風呂に入るようにすっかり洗い落とし、新しい情報を知っているなら、それでやっと教師稼業が務まる。

意訳

孔子 革命家
古い常識を、綺麗さっぱり捨て去った上で、新しい学問に通じるなら、それでやっと教師稼業が務まる。

従来訳

下村湖人

先師がいわれた。――
「古きものを愛護しつつ新しき知識を求める人であれば、人を導く資格がある。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「溫習舊知識時,能有新收穫,就可以做老師了。」」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「古い知識を実践する時に、新しい発見ができるなら、それでもう教師になってしまえる。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」

子曰(シエツ)(し、いわく)

君子 諸君 孔子

論語の本章では”孔子先生が言った”。「子」は貴族や知識人に対する敬称で、論語では多くの場合孔子を指す。「子」は赤ん坊の象形、「曰」は口から息が出て来るさま。「子」も「曰」も、共に初出は甲骨文。辞書的には論語語釈「子」論語語釈「曰」を参照。

子 甲骨文 曰 甲骨文
(甲骨文)

この二文字を、「し、のたまわく」と読み下す例がある。「言う」→「のたまう」の敬語化だが、漢語の「曰」に敬語の要素は無い。古来、論語業者が世間から金をむしるためのハッタリで、現在の論語読者が従うべき理由はないだろう。詳細は論語と日本儒教史を参照。

溫(オン)

温 甲骨文 溫 温 字解
(甲骨文)

論語の本章では”洗い落とす”。新字体は「温」。初出は甲骨文だが、金文は未発掘。「ウン」は唐音。同音に「𥁕」(カールグレン上古音不明)を部品とする文字群。従来の解釈や武内本は「温は習熟の意」という。従って「たずねる」という読みをするがデタラメ。

水 甲骨文 人 甲骨文 皿 甲骨文
「水」「人」「皿」(甲骨文)

藤堂・白川両博士もこの漢字を、鍋に蓋をして下からゆるゆる温める姿とみるが、平明に見ればそれは間違いで、この甲骨文は人を火あぶりにする姿でなければ、水+人+皿(平らな風呂桶)の”風呂”の象形。それゆえ『大漢和辞典』にも、「温」に”いでゆ”の語釈を載せる。
温 大漢和辞典

両博士の誤読の理由は、甲骨文が入手できなかったからだろう。その証拠に『学研漢和大字典』も『字通』も、篆書しか参照していない。また「𥁕」を、従来の説では甲骨文が初出と言うが、字形は全て「因」または「困」であり、「𥁕」に比定したのは儒者や漢学教授のデタラメに過ぎない。詳細は論語語釈「温」を参照。

故(コ)

故 金文 故 字解
(金文)

論語の本章では、”旧来の学問”。『大漢和辞典』の第一義は”もと・むかし”。攵(のぶん)は”行為”を意味する。初出は西周早期の金文。ただし字形が僅かに違い、「古」+「ボク」”手に道具を持つさま”。「古」は「𠙵」”くち”+「中」”盾”で、”口約束を守る事”。それに「攴」を加えて、”守るべき口約束を記録する”。従って”理由”・”それゆえ”が原義で、”ふるい”の語義は戦国時代まで時代が下る。論語の本章がもし史実なら、「古」と記してあっただろう。詳細は論語語釈「故」を参照。

而(ジ)

而 甲骨文 論語 而 解字
(甲骨文)

論語の本章では”そして”。初出は甲骨文。原義は”あごひげ”。金文になると、二人称や”そして”の意に転用され、原義では用いられなくなった。英語のandに当たるが、「A而B」は、AとBが分かちがたく一体となっている事を意味し、単なる時間の前後や類似を意味しない。詳細は論語語釈「而」を参照。

知(チ)→智(チ)

知 智 甲骨文 知 字解
(甲骨文)

論語の本章では”知る”。現行書体の初出は秦系戦国文字。孔子在世当時の金文では「知」・「智」は区別せず書かれた。甲骨文で「知」・「智」に比定されている字形には複数の種類があり、原義は明瞭でない。ただし春秋時代までには、すでに”知る”を意味した。”知者”・”管掌する”の用例は、戦国時時代から。詳細は論語語釈「知」を参照。

新(シン)

新 甲骨文 新 字解
(甲骨文)

論語の本章では”新しい”。初出は甲骨文。甲骨文の字形は「辛」”針または刃物”+「木」+「斤」”おの”で、早期の字形では「木」を欠く。切り出した丸太の中央に太い針を刺し、それを軸に回しながら皮を剥くさま。真新しい木肌が現れることから、原義は”新しい”。甲骨文では原義で、また地名・人名・祭祀名に用いた。金文でも同様。詳細は論語語釈「新」を参照。

新 字解
儒者や漢学教授は、箸と筆と賄賂以上に重いものを持ったことがない者がほとんどで、「新」の字解についても勝手なことを言っているが、手仕事をしたこともない連中のデタラメは、真に受けると読み手の脳みそまでやられるし、間抜けだからよしたほうがいい。

可(カ)

可 甲骨文 可 字解
(甲骨文)

論語の本章では”してもよい”。積極的に認める意味ではない。初出は甲骨文。字形は「口」+「屈曲したかぎ型」で、原義は”やっとものを言う”こと。甲骨文から”…できる”を表した。日本語の「よろし」にあたるが、可能”…できる”・勧誘”…のがよい”・当然”…すべきだ”・認定”…に値する”の語義もある。詳細は論語語釈「可」を参照。

以(イ)

以 甲骨文 以 字解
(甲骨文)

論語の本章では”それで”。初出は甲骨文。人が手に道具を持った象形。原義は”手に持つ”。論語の時代までに、”率いる”・”用いる”の語義があったが、「もって」と読んで接続詞や助詞に用いる例は確認できない。詳細は論語語釈「以」を参照。

漢文では、通常「以」の指示する内容は後ろに来るが、論語の本章のように前の句を丸ごと受けることがある。

溫故而知新、可爲師矣。

(温故知新ならば)以て師となることが出来るのだ。

この場合は接続詞と解し、”だから・それで・そして”などの意。

爲(イ)

為 甲骨文 為 字解
(甲骨文)

論語の本章では”…になる”。新字体は「為」。初出は甲骨文。原義は象を調教するさま。甲骨文の段階で、”する”や人名を、金文の段階で”作る”を意味した。それ以外の語義は戦国時代以降の後起。詳細は論語語釈「為」を参照。

師(シ)

𠂤 甲骨文 師 字解
「𠂤」(甲骨文)

初出は甲骨文。部品の「𠂤タイ」の字形と、すでに「ソウ」をともなったものとがある。「𠂤」は兵糧を縄で結わえた、あるいは長い袋に兵糧を入れて一食分だけ縛ったさま。原義は”出征軍”。「帀」の字形の由来と原義は不明だが、おそらく刀剣を意味すると思われる。全体で兵糧を担いだ兵と、指揮刀を持った将校で、原義は”軍隊”。

金文では原義の他、教育関係の官職名に、また人名に用いられた。さらに甲骨文・金文では、”軍隊”の意ではおもに「𠂤」が用いられ、金文でははじめ「師」をおもに”教師”の意に用いたが、東周になると「帀」を”技能者”の意に用いた。詳細は論語語釈「師」を参照。

矣(イ)

矣 金文 矣 字解
(金文)

論語の本章では、”(きっと)…である”。初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しない。同音で同義の「已」が、論語時代の置換候補になる。字形の下部は「矢」だが、上部の由来は明瞭でなく、原義も明瞭でない。初出の金文は”…である”だと解釈されている。詳細は論語語釈「矣」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章も、実は史実性が怪しい。再出は前漢ごろ成立の『小載礼記』で、その間他学派も含めて誰一人引用していない。以下に訳文を示すが、日本の漢文業界の連中は、頭のおかしい訳をやめられない。ヘンなクスリと同ンなじだ。だが原文の意を最大限くみ取るとこうなる。

大哉,聖人之道!洋洋乎發育萬物,峻極于天。優優大哉!禮儀三百,威儀三千,待其人然後行。故曰:苟不至德,至道不凝焉。故君子尊德性而道問學,致廣大而盡精微,極高明而中庸。溫故而知新,敦厚以崇禮。是故居上不驕,為下不倍;國有道,其言足以興,國無道,其默足以容。《詩》曰:「既明且哲,以保其身。」其此之謂與!

礼記
♪あ~りが~たや、ありがたや~。聖人さまはありがたや。宇宙に隅々広がって、万物を養い育て、天高くそびえ立っている。♪み~ち~は広い~な、お~き~な~。お作法三百、躾け三千。しゅごい人でないと、出来ないな。

だから言う、道徳が身に付くまでは、やらなきゃいけないことが沢山ある。だから君子は道徳を尊んで、学問に努め、それも広く深く極めて、完璧超人を目指して偏らない。ムカシの偉い人に学び、新しい知識も得る。何でも学び取ってお作法をしゅごいのにする。

だから地位が高くても威張らず、低くても逆らわない。国がまともなら、その言葉で国が盛んになり、まともでないなら、黙って困難に耐える。詩経に言う、「はっきりとものが見えるなら、危ない目に遭うことがない。」それはこういう事を言うのだ!(『小載礼記』中庸28)

𠮷外のたわごとでしかないが、なんとこれは科挙の必須科目だった「中庸」に入っている。二千年ほどこんなものばかり暗記していたから、中国の知識人はバカがハンダ付けになって国を滅ぼしたのだが、教義が共産主義に変わっただけで、今なおこういう𠮷外を平気で言う。

そもそも「中庸」というタイトルが詐欺もいいところで、ある行為が偏っているかどうかは、常に事後にならないと分からない。標準偏差を取ったところで、その後の傾向が変わってしまえば、事前の平均値など意味が無い。だが儒者はそれを心得ているとウソをついてきたのだ。

宇宙の温度

宇宙の温度 © KAVLI INSTITUTE FOR THE PHYSICS AND MATHEMATICS OF THE UNIVERSE

ともあれ中庸が論語のつまみ食いであることから、前漢までには誰かが論語の本章をこしらえていたかも知れないが、実は中庸を除いた更なる再出は、後漢初期の王充による『論衡』になる。あるいは『礼記』のこの部分共々、王莽とその取り巻きの作文かも知れない。

孔子 レーニン
(→youtube)

さて論語の本章を史実とするなら、革命家だった孔子の面目躍如たる発言。社会の底辺から宰相格まで上り詰めた孔子は、当時の秩序の破壊者だった。だからこそ故国を追われ、諸国でもつまはじきされて、放浪するハメになった。ここを見逃すと論語は読めない。

確かに孔子は共和政を目指さなかったし、周王朝の打倒も企てなかった。だが行政に当たるべきは教育を受けた平民出身の新興士族と思っていたし、社会変動について行けなくなった旧勢力も、それを一部認めた。孔子の政界デビューは、門閥貴族の後押し無しでは考えられない。

だが「全ての権力を血統貴族へ」との旧い常識は、徹底的に洗い落とさねばならなかった。

論語の本章の「温」を”旧来の学問を究める”と解したのは漢代の儒者だが、それは彼らの金儲けのためだった。旧来の学問に誰より通じていたのは、他ならぬ儒者だったからだ。古い情報を偽造までして独占した儒者は、自分らの宣伝に余念が無かった。その必要があったからだ。

前漢では武帝の時代にいわゆる儒教の国教化が行われたが、まだ他学派も力を持っていた。武帝没後に重臣のカク光は、独裁権を握るため、後世の文革のようなことをやらかした。ハナタレ坊主に過ぎない若い儒者を、帝国全土から呼び寄せて気勢を上げたのだ(論語八佾篇4付記)。

だが儒家に属さない重臣の桑弘羊に、ハナタレどもは一喝されてしまった。これが『塩鉄論』である。その様子を、のちの宣帝はじっと見ていた。だから即位後、儒者を「古証文を真理であるかのように言いふらしているうつけ者」(『漢書』元帝紀)と罵倒した。

吉川幸次郎
既存の論語本では吉川本に、「歴史に習熟し、そこから煮詰めたスープのように智恵をまず獲得する。そうしてかく歴史による知恵を持っているばかりでなく、あるいは持っていることによって、新しきを知る、現実の問題を認識する、それでこそ人の教師となれる」とある。

また王充の『論コウ』はさらに意味を広げて、「古きを知りて今を知らざる、これを陸沈という、歴史を知って現実を知らない者は、陸上での沈没だ。今を知りて古きを知らざる、これを盲という。現実を知って歴史を知らない者は、盲だ。故きを温ねて新しきを知りてこそ、以て師とたるべし。古きも今も知らずして、師と称するは何ぞや」とあるという。

その『論衡』正論篇全文の原文・書き下し・現代語訳は、論語各篇の成立年代に掲載したので、興味のある方は参照して頂きたい。ただ希代のうつけだった吉川の見解は、例によって儒者のコピペに過ぎず、自分の考えを言っていない。おそらくは何も考えていないのだろう。

古注『論語集解義疏』

此章明為師之難也溫温燖也故謂所學已得之事也所學已得者則溫燖之不使忘失此是月無忘其所能也新謂即時所學新得者也知新謂日知其所亡也若學能日知所亡月無忘所能此乃可為人師也

古注 皇侃
この章は、教師に相応しい人間であることの困難を言っている。温とは温め直すことである。一度学んだ知識を、温め直すように常に復習して手入れすれば、忘れるという事が無い。これを”月ごとに身につけた知識を忘れない”というのである。新とは新たに得た知識のことである。知新とは、日々の記憶喪失を取り戻す行為である。毎日これに努めて、毎月忘れるという事から逃れ得たら、他人の教師になれるのである。

新注『論語集注』

言學能時習舊聞,而每有新得,則所學在我,而其應不窮,故可以為人師。若夫記問之學,則無得於心,而所知有限,故學記譏其「不足以為人師」,正與此意互相發也。

朱子 新注
朱子「学習に当たって、時々過去の情報を習い覚え、そのたびごとに新しい発見があるなら、それは自分を教師に学んでいるということに他ならず、それゆえに行き詰まることが無いから、他人の教師になれるのである。ただチクチクと暗記に励むだけでは、心に気付きという事が無い。だから知識に限りが出来てしまうので、『学記』はそれをたしなめて、”他人の教師になる資格が無い”と言ったのだ。このこころに同意する者なら、互いに啓発し合えることだろう。

その儒者も、古注については論語子張篇5で石頭の子夏が言ったとされる説教、「日に其の亡き所を知り」の尻馬に乗っているだけ。こういうのを何というのだろうか。いわゆる「キ○タマを握り合っている」というやつではなかろうか。


今はどうか知らないが、訳者の学生時代までは、何十年前作かと思われる講義ノートを、ただ音読するだけで学生の眠気を誘う教授はむしろ普通だった。また自説を言う代わりに誰だか知れない外国のおじさんおばさんの受け売りばかりした。進取の精神も学の独立も無い。

意気ごんで上京してきた学生は、下らない学校に入っちまった、と思ったものだ。

対して孔子は論語のあちこちに見られるように、当時の平均寿命である三十代を超え四十代になっても、新しい知識を貪欲に学ぶ人だった(論語述而篇16など)。孔子の見聞範囲は論語時代の貴族としては広い方だが、中国全土を股に掛けた弟子の子貢ほどではなかったはず。

子貢
しかしその子貢が、孔子没後に至るまで師を敬い、くさす人物には食ってかかったのが論語から分かる(論語顔淵篇8など)。子貢の言では、孔子は日月ほども高い存在で、その学識は自分には到底及ばないという。そう言わせるだけの勉強を、孔子がめなかったからだろう。

論語を読んでいると、礼法や古典など、孔子がいわゆる文系知識だけを教えたように思いがちだが、同時代史料にまで視野を及ぼすと、論語時代としては文理両方に通じた教養人であり、その博物学的知識は外国使節をも驚かせている(『史記』)。専門バカではなかったのだ。

実際孔子は、自分が多芸なのを半ばさげすみつつも、専門バカにはならないと明言している(論語憲問篇34)。弟子に厳しい要求をするからには、自分にもまた厳しくなければならないと思っていただろうし、そうでなければドライな中国人のことだから、弟子は逃げただろう。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 学問の定法とは何かを考えてみると、新しいことを知るのが知る法であり、おさらいするのが忘れない法であり(論語為政篇11)、知ったものは知ったと言えるし、知ったことを仁で守れば忘れない(論語衛霊公篇33)。 […]