論語詳解044八佾篇第三(4)林放礼の本を問う*

論語八佾篇(4)要約:心のないお作法は見せ物、孔子先生はそう思いました。だからお作法の奥義を問われて、めでたい事には心から祝い、人が亡くなれば心から悲しむ事だと教えました。派手な飾りや仕草より、心が人を和ませるのだよと。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

林放問禮之本。子曰、「大哉問。禮與其奢也、寧儉。喪與其易也、寧戚。」

校訂

定州竹簡論語

……放問禮之本。子曰:「大[哉]38……其易也,寧39……

復元白文(論語時代での表記)

論語 林 金文放 金文論語 問 金文論語 礼 金文之 金文論語 本 金文 論語 子 金文論語 曰 金文 論語 大 金文論語 哉 金文論語 問 金文 論語 礼 金文論語 与 金文論語 其 金文論語 奢 金文也 金文 論語 寧 金文 論語 喪 金文論語 其 金文論語 易 金文也 金文 論語 寧 金文論語 戚 金文

※論語の本章は、「儉」の字が論語の時代に存在しない。本章は戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

林放りんはうれいもとふ。いはく、おほいなるかなとひれいおごらんむしつつしめ。つくばむしいため。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

林放 論語 孔子
林放が礼の根本を問うた。先生が言った。「よい質問だ。祭礼は派手にやるが、心は慎ましくしろ。葬礼は這いつくばって見せ物にするが、心は芯まで悲しめ。」

意訳

林放「お作法って何ですか。なんでこんな変なことをしなくちゃいけないんですか。」

論語 孔子 水面
孔子「仕官後に、門閥から袋だたきに遭わないためじゃよ。いつも腰を低くし、亡くなった人を本気で悼むと、”可愛げのある奴”ということになって効果的じゃ。」

従来訳

論語 下村湖人
林放(りんぽう)が礼の根本義をたずねた。先師がこたえられた。――
「大事な質問だ。吉礼は、ぜいたくに金をかけるよりも、つまし過ぎる方がいい。凶礼は手落がないことよりも、深い悲みの情があらわれている方がよい。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

林放問禮的本質。孔子說:「這個問題十分重大!禮儀,與其隆重,不如節儉;喪事,與其奢侈,不如悲戚。」

中国哲学書電子化計画

林放が礼の本質を問うた。孔子が言った。「この問題はたいそう重大だ。礼儀とは、重々しいよりはむしろ慎ましい方がよい。葬儀は、派手よりはむしろ悲しむ方がよい。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


林放

論語 林 金文 放 金文
(金文)

論語の本章では、孔子の弟子の一人。論語ではこの八佾篇にあと一回出てくるだけで、当時の記録もない。その論語八佾篇の記述を参考にする限り、厳しい性格だったと思われる。

論語 礼 金文 論語 殯 礼
(金文)

論語の本章では”礼儀作法”。新字体は「礼」。初出は甲骨文。へんのない豊の字で記された。『学研漢和大字典』によると、豊(レイ)(豐(ホウ)ではない)は、たかつき(豆)に形よくお供え物を盛ったさま。禮は「示(祭壇)+(音符)豊」の会意兼形声文字で、形よく整えた祭礼を示す、という。詳細は論語語釈「礼」を参照。

與(与)

論語 與 与 金文 論語 与
(金文)

論語の本章では、比較の”…よりも”。”…と”・”…よりも”を覚えておくと、漢文では大体間に合う。原義は複数人で象牙を運ぶ姿。詳細な語釈は論語語釈「与」を参照。

奢(シャ)

論語 奢 金文 論語 奢
(金文)

論語の本章では”豪勢に行う”。『大漢和辞典』の第一義は”張る”。

『学研漢和大字典』によると、会意兼形声文字で、者は、煮(熱を充実する)の原字でいっぱいに充実する意を含む。奢は「大+〔音符〕者」で、おおげさに充実しすぎること。都(人の充実したまち)・儲(チョ)(いっぱいためる)・庶(たくさん)・諸(たくさん)と同系のことば、という。

論語 寧 金文 論語 寧
(金文)

論語の本章では、接続辞として”むしろ”。『大漢和辞典』の第一義は”やすらか”。詳細は論語語釈「寧」を参照。

儉(倹)

論語 倹 金文大篆 論語 倹
(金文大篆)

論語の本章では、『大漢和辞典』の第一義と同じく”つづまやか”。つつしむ事。初出は秦の戦国文字で、論語の時代に存在しない。論語の時代の置換候補も無い。詳細は論語語釈「倹」を参照。

論語 易 金文 論語 易
(金文)

論語の本章では”はいつくばう”とも、”おだやか”(古注)とも、”おさまる”(新注)とも読める。多様な語義のある字で、『学研漢和大字典』による原義は”とかげ”。”おさまる”とするなら、”葬礼は型にはまるより哀しみを表せ”の意味になる。

なお西周時代の書体には、子貢の本名「賜」と書き分けられていないものがある。
論語 賜 金文
(「德鼎」西周早期)

原義はとかげ、もしくは巫女の踊る姿。詳細な語釈は論語語釈「易」を参照。

論語 戚 金文 論語 戚 析
(金文)

論語の本章では”悲しむ”。『大漢和辞典』の第一義は”オノ・まさかり”。第二義として”いたむ”等が現れる。では、親族や友人など、人が亡くなって悲しむ範囲を指すという。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、尗は、まめの細いつるで、小さく縮んだ意を含む。

戚は「戉(まさかり)+〔音符〕尗(ちいさい)」で、もと小さい手おののこと。促(ソク)(身近にせまる)に当てて、身近な親戚の意に用い、寂(セキ)(心細い)に似た意に用いて、心細く思いわずらう意となった。原義のままではあまり用いられない、という。

詳細は論語語釈「戚」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、「仁」の定義である「礼」の基本が、腰を低くし、親しい人を無くした人に同情することだと答えたのだが、それゆえに後世、「仁」=道徳的な何か、と勘違いさせる要素となった。孔子生前の「仁」とは、あくまでも”貴族らしさ”であり、道徳とは関係が無い

つまり本章は、新参者として貴族社会へ入っていく弟子たちにとって、血統貴族に対してどのように振る舞うべきかを答えたのであり、腰が低いと見せ、憐れみ深い性格だと思わせることは、弟子たちにとって切実で実用的な教訓だった。新参者の宿命である。

さもないと、既存の貴族層から袋だたきに遭うからで、道徳の話では全くない。道徳はやるかやらないかが、概ね当人の自由に任されるのに対し、実用的な技能は、「火を付ける前には消火の用意」のように、それ無しでは少なくとも大けがをする羽目になる。

ゆえに儒教の言う礼法は、あたかも法律のように、人の行動を規制しうる。だから孔子の在世中は、ほとんどの弟子はこの理屈を受け入れて貴族への道を進んだ。だが孔子没後はそうでない。「なんでそんなことをしなければならないか」が分からぬまま、ただの強制になった。

この論語八佾篇の冒頭に掲示した「八佾の舞」などはその例で、なんでそんな所作をするのか、もはや誰にも説明できない。もっとも八佾そのものが後世の創作だが、孔子の在世中は礼法の言う挙措動作に、それなりの必然性と実用性があった。ただし少々、派手ではあったが。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)