論語詳解044八佾篇第三(4)林放礼の本を問う*

論語八佾篇(4)要約:弟子の林放が、礼儀作法の原則を尋ねます。それは派手派手しい所作やしつらえではなく、心から相手を敬うこと、とりわけ葬儀では、悲しんでいる振りより本当に心から悲しむことだ、とニセ孔子先生。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

林放問禮之本。子曰、「大哉問。禮與其奢也、寧儉。喪與其易也、寧戚。」

校訂

定州竹簡論語

……放問禮之本。子曰:「大[哉]38……其易也,寧39……


→林放問禮之本。子曰、「大哉問。禮與其奢也、寧儉。喪與其易也、寧戚。」

復元白文(論語時代での表記)

林 金文放 金文問 金文礼 金文之 金文本 金文 子 金文曰 金文 大 金文哉 金文問 金文 礼 金文与 金文其 金文奢 金文也 金文 寧 金文 喪 金文其 金文易 金文也 金文 寧 金文戚 金文

※論語の本章は、「儉」の字が論語の時代に存在しない。「問」「之」「與」「其」「奢」「寧」「易」「戚」の用法に疑問がある。本章は戦国時代以降の儒者、おそらく前漢の董仲舒一派による捏造である。

書き下し

林放りんはうれいもとふ。いはく、おほいなるかなとひれいおごらんむしつつしめ。つくばむしいため。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

林放 孔子
林放が礼の根本を問うた。先生が言った。「よい質問だ。礼儀作法は派手にやるより、むしろ心を慎ましくせよ。葬礼は這いつくばうより、むしろ悲しめ。」

意訳

林放「礼儀作法の原則をお教え下さい。」

孔子「よい質問であるぞよ。所作やしつらえを派手にするより、敬いの心が肝心であるぞよ。とりわけ葬儀では、わあわあとうそ泣きして霊前に這いつくばうより、心から悲しむのが肝心であるぞよ。」

従来訳

下村湖人
林放(りんぽう)が礼の根本義をたずねた。先師がこたえられた。――
「大事な質問だ。吉礼は、ぜいたくに金をかけるよりも、つまし過ぎる方がいい。凶礼は手落がないことよりも、深い悲みの情があらわれている方がよい。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

林放問禮的本質。孔子說:「這個問題十分重大!禮儀,與其隆重,不如節儉;喪事,與其奢侈,不如悲戚。」

中国哲学書電子化計画

林放が礼の本質を問うた。孔子が言った。「この問題はたいそう重大だ。礼儀とは、重々しいよりはむしろ慎ましい方がよい。葬儀は、派手よりはむしろ悲しむ方がよい。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


林放(リンホウ)

林 甲骨文 放 金文
「林」(甲骨文)/「放」(金文)

論語の本章では、孔子の弟子の一人。論語ではこの八佾篇にあと一回出てくるだけで、当時の記録もない。その論語八佾篇の記述を参考にする限り、厳しい性格だったと思われる。

「林」の初出は甲骨文。字形は「木」二つ。木の多い林のさま。原義は”はやし”。なお「森」は、甲骨文では横並び三本で記される。甲骨文では地名・国名に、金文では氏族名や人名に、また戦国末期の金文では原義に用いられた。詳細は論語語釈「林」を参照。

「放」の初出は西周末期の金文。字形は「方」”ふね”+「ボク」(攵)で、もやいを解くさま。原義は”はなつ”。金文では、”ほしいままに”の用例がある。詳細は論語語釈「放」を参照。

問(ブン)

問 甲骨文 問 字解
(甲骨文)

論語の本章では”問う”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。「モン」は呉音。字形は「門」+「口」。甲骨文での語義は不明。金文では人名に用いられ、”問う”の語義は戦国時代の竹簡以降になる。詳細は論語語釈「問」を参照。

禮(レイ)

礼 甲骨文 礼 字解
(甲骨文)

論語の本章では”礼儀作法”。新字体は「礼」。しめすへんのある現行字体の初出は秦系戦国文字。無い「豊」の字の初出は甲骨文。両者は同音。現行字形は「示」+「豊」で、「示」は先祖の霊を示す位牌。「豊」はたかつきに豊かに供え物を盛ったさま。具体的には「豆」”たかつき”+「牛」+「丰」”穀物”二つで、つまり牛丼大盛りである。詳細は論語語釈「礼」を参照。

之(シ)

之 甲骨文 之 字解
(甲骨文)

論語の本章では”…の”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。原義は進むこと。”これ”という指示代名詞に用いるのは、音を借りた仮借文字だが、甲骨文から用例がある。「…の」や、直前の動詞を強調する用法は、戦国時代以降にならないと現れない。詳細は論語語釈「之」を参照。

本(ホン)

本 金文 本 字解
(金文)

論語の本章では”基本”。初出は西周中期の金文。字形は植物の根元。原義は”根元”。詳細は論語語釈「本」を参照。

子曰(シエツ)(し、いわく)

君子 諸君 孔子

論語の本章では”孔子先生が言った”。「子」は貴族や知識人に対する敬称で、論語では多くの場合孔子を指すが、そうでない例外もある。「子」は生まれたばかりの赤ん坊の象形、「曰」は口から息が出て来る事を示す会意文字。「子」も「曰」も、共に初出は甲骨文。辞書的には論語語釈「子」論語語釈「曰」を参照。

この二文字を、「し、のたまわく」と読み下す例があるが、漢語の「曰」に敬語の要素は無い。おじゃる公家の昔から、論語業者が世間から金をむしるためのハッタリと見るべきで、現在の論語読者が従うべき理由はないだろう。詳細は論語と日本儒教史を参照。

大(タイ)

大 甲骨文 大 字解
(甲骨文)

論語の本章では”大したものだ”。初出は甲骨文。「ダイ」は呉音。字形は人の正面形で、原義は”成人”。春秋末期の金文から”大きい”の意が確認できる。詳細は論語語釈「大」を参照。

哉(サイ)

𢦏 金文 哉 字解
(金文)

論語の本章では”…だなあ”。詠歎の意を示す。初出は西周末期の金文。ただし字形は「𠙵」”くち”を欠く「𢦏サイ」で、「戈」”カマ状のほこ”+「十」”傷”。”きずつく”・”そこなう”の語釈が『大漢和辞典』にある。現行字体の初出は春秋末期の金文。「𠙵」が加わったことから、おそらく音を借りた仮借として語気を示すのに用いられた。金文では詠歎に、また”給与”の意に用いられた。戦国の竹簡では、”始まる”の意に用いられた。詳細は論語語釈「哉」を参照。

與(ヨ)

与 金文 與 字解
(金文)

論語の本章では”…よりも”。この語義は春秋時代では確認できない。新字体は「与」。初出は春秋中期の金文。金文の字形は「牙」”象牙”+「又」”手”四つで、二人の両手で象牙を受け渡す様。初文の字形には「口」が加わる。「口」は臣下を意味し、「與」全体でみごとな奏上を行った臣下に対する、王の象牙の下賜。従って原義は”(褒美を)あたえる”。”…と”など接続詞の用法は、戦国時代まで時代が下る。詳細は論語語釈「与」を参照。

其(キ)

其 甲骨文 其 字解
(甲骨文)

論語の本章では”そもそも”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。原義は農具の。ちりとりに用いる。金文になってから、その下に台の形を加えた。のち音を借りて、”それ”の意をあらわすようになった。指示詞に用いられるようになったのは、戦国時代まで時代が下る。詳細は論語語釈「其」を参照。

奢(シャ)

奢 金文 奢 字解
(金文)

論語の本章では”豪勢に行う”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は西周早期の金文。字形は「大」+「者」で、人に命ずる者のさま。原義は”発令者”。金文では人名(奢淲(虎)簠・春秋早期)に用いられ、”おごる”の意が見られるのは前漢の馬王堆帛書まで時代が下る。詳細は論語語釈「奢」を参照。

也(ヤ)

也 金文 也 字解
(金文)

論語の本章では、「や」と読んで主格の強調”…はまさに…”の意に用いている。初出は春秋時代の金文。原義は諸説あってはっきりしない。「や」と読み主語を強調する用法は、春秋中期から例があるが、「也」を句末で断定や詠歎、疑問や反語に用いるのは、戦国時代末期以降の用法で、論語の時代には存在しない。詳細は論語語釈「也」を参照。

寧(ネイ)

寧 甲骨文 寧 字解
(甲骨文)

論語の本章では、接続辞として”むしろ”。この語義は春秋時代では確認できない。『大漢和辞典』の第一義は”やすらか”。初出は甲骨文。字形は「宀」”屋根”+「皿」+「コウ」”木柄”。器物や長柄道具を丁寧に倉庫に保管するさま。原義は”やすらか”。甲骨文では原義に、また地名に用いた。春秋までの金文では”見舞う”の意に用い、戦国の金文では原義に、”乞い願う”に用いられた。詳細は論語語釈「寧」を参照。

儉(ケン)

倹 秦系戦国文字 倹 字解
(秦系戦国文字)

論語の本章では、『大漢和辞典』の第一義と同じく”つづまやか”。つつしむ事。新字体は「倹」。初出は秦の戦国文字で、論語の時代に存在しない。論語の時代の置換候補も無い。字形は「亻」”人”+「僉」(㑒)で、初出が春秋末期の金文である「僉」の字形は、「シュウ」”あつめる”+「兄」二つ。「兄」はさらに「口」+「人」に分解でき、甲骨文では「口」に多くの場合、神に対する俗人、王に対する臣下の意味をもたせている。『魏志倭人伝』で奴隷を「生口」と呼ぶのは、はるか後代の名残。「儉」は全体で、”多数派である俗人、臣下らしい人の態度”であり、つまり”つつしむ”となる。詳細は論語語釈「倹」を参照。

喪(ソウ)

喪 甲骨文 喪 字解
(甲骨文)

論語の本章では”葬儀”。初出は甲骨文。字形は中央に「桑」+「𠙵」”くち”一つ~四つで、「器」と同形の文字。「器」の犬に対して、桑の葉を捧げて行う葬祭を言う。甲骨文では出典によって「𠙵」祈る者の口の数が安定しないことから、葬祭一般を指す言葉と思われる。金文では”失う”・”滅ぶ”・”災い”の用例がある。詳細は論語語釈「喪」を参照。

易(エキ/イ)

易 甲骨文 易 甲骨文
(甲骨文1・2)

論語の本章では、”這いつくばう”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。甲骨文の字形は、「」”水差し”に両手を添え、「皿」=別の容器に注ぐ形で、略体は「盤」”皿”を傾けて液体を注ぐ形。「益」と語源を同じくし、原義は”移し替える”・”増やす”。古代中国では「対飲」と言って、臣下に褒美を取らせるときには、酒を注いで飲ませることがあり、「易」は”賜う”の意となった。戦国時代の竹簡以降に字形が乱れ、トカゲの形に描かれるようになり、現在に至っている。論語の時代までに確認できるのは”賜う”の意だけで、”替える”・”…しやすい”の語義は戦国時代から。漢音は”変える”の場合「エキ」、”…しやすい”の場合「イ」。詳細は論語語釈「易」を参照。

戚(セキ)

戚 甲骨文 戚 析
(甲骨文)

論語の本章では”悲しむ”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。字形は刃がノコギリ状になったおのの象形で、原義は”おの”。甲骨文では原義に、金文では氏族名に(戚姬簋・西周)、戦国の竹簡では”憂う”、人名に、前漢の帛書で”親戚”の意に用いた。詳細は論語語釈「戚」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章が史実なら、「寧ろ」下記のように訳したいところ。

林放「お作法って何ですか。なんでこんな変なことをしなくちゃいけないんですか。」
孔子「仕官後に、門閥から袋だたきに遭わないためじゃよ。いつも腰を低くし、亡くなった人を本気で悼むと、”可愛げのある奴”ということになって効果的じゃ。」

だが「儉」の字が論語の時代にさかのぼれない事に加え、こうも用例の如何わしい字がある以上、史実と解するわけにはいかない。本章は春秋戦国の誰も引用せず、再出は前漢きっての暴君だった武帝の死後、執政の一人だった霍光によって開かれた塩鉄会議の記録から。

武帝は幼少期のトラウマの反動で、漢初の制度を叩き壊し、国軍を私物化し、外征を繰り返し、財政を破綻させた。民は重税と兵役労役に加え、貨幣の改鋳や専売制に苦しめられた。だが役人にとってはよい時代で、政策が多ければ担当する官職が増え、収賄の機会が増大する。

だが戦時だけに、武帝期にはばを利かせた役人には法や計数に明るい能吏が多かった。裏返すと口先ばかりで能の無い、訳者のような私立文系バカは職にあぶれた。霍光は武帝の不始末の後始末のため、手先として全国にぶらぶらしていた文系バカに目を付け、呼び寄せた。

これは毛沢東が実権奪回のため、全国から紅衛兵を呼び寄せて暴れ回らせたのと同じで、文系バカの集まりは当時宰相だった能吏の桑弘羊を取り囲み、「造反有理」式の吊し上げを始めようとした。ところが桑弘羊の能力と迫力に圧倒されて、追い散らされてしまった。

こういう文系バカが官職をあさるやり口は、あるいは派遣村に乞食を集めて気勢を上げ、まんまと官職にありついた連中と似ている。だが時は古代で帝国に民主主義の概念など無い。中国では現在にいたるまで、役人と民間人の間には、主人と奴隷ほどに深くて暗い河がある。

というわけでやり損なった霍光は、別件をでっち上げて桑弘羊を処刑、独裁権を握るが、経済政策は桑弘羊のやったとおりにするしかなかったという。この文系バカどもと桑弘羊の議論を、のちに宣帝期の桓寛が本にした。その『塩鉄論』による文系バカぶりは下記の通り。

面白い話ではないが、「言葉狩り」が好きなのは派遣村を企んだアカどもと似ている。

文學曰:「禮所以防淫,樂所以移風,禮興樂正則刑罰中。故堤防成而民無水菑,禮義立而民無亂患。故禮義壞,堤防決,所以治者,未之有也。孔子曰:『禮與其奢也寧儉,喪與其易也寧戚。』故禮之所為作,非以害生傷業也,威儀節文,非以亂化傷俗也。治國謹其禮,危國謹其法。昔秦以武力吞天下,而斯、高以妖孽累其禍,廢古術,隳舊禮,專任刑法,而儒、墨既喪焉。塞士之塗,壅人之口,道諛日進而上不聞其過,此秦所以失天下而殞社稷也。故聖人為政,必先誅之,偽巧言以輔非而傾覆國家也。今子安取亡國之語而來乎?夫公卿處其位,不正其道,而以意阿邑順風,疾小人淺淺面從,以成人之過也。故知言之死,不忍從苟合之徒,是以不免於螺絏。悲夫!」

塩鉄論
私立文系バカ「礼儀作法は慎みを保つ法、音楽は風俗を慎み保つ法。礼儀作法と音楽が正しければ、司法も正しくなる。だから堤防を築けば民の水害は防がれ、礼儀作法が確立すれば民の乱れやわずらいはなくなる。だから礼儀作法が壊滅し、堤防が決壊したままで、政治を安定させた者は、これまで一人もいなかった。

孔子先生は言った。”礼儀作法は派手にやるより…悲しめ”と。だから礼儀作法が行うのは、人の生活を苦しめ職を奪うものではない。所作をいかめくし文の修飾を練るのは、世に混乱をもたらし風俗を下劣にさせるためではない。国を治めるには礼儀作法を重んじ、国を滅ぼすには法を重んじる。

むかし秦は武力で統一を果たしたが、李斯や趙高のような化け物が悪政を重ね、古来の伝統を破り、ふるい礼儀作法を踏みにじり、すべて法で政治を差配し、儒家や墨家はその前に滅亡させられた。まともな知識人に身動きさせず、人の口を閉ざさせ、政界のへつらい者が日に日に出世しても皇帝はそれらの罪を聞こえないふりをした。これが秦が天下を失い国を滅ぼしたいきさつだ。

だから聖人が国を治めるには、まずこうしたへつらい者、耳に聞こえのよい言葉を語る者を罰する。大臣の間違いで、国を滅ぼさぬためだ。いま宰相殿は、どこからそういう誤魔化しの言葉を拾うおつもりか?

閣僚がその地位にありながら政道を正さず、わざと世間におもねり空気に従うから、下らないたわけが従う振りして腹で舌を出し、まともな人間を心配させている。だから正しい言葉を知る者は死に、法に苦しみかりそめに迎合してしのいでいる者まで、牢に繋がれざるを得ないのだ。なんと悲しいことだ!」(『塩鉄論』巻五論誹2)

おそらく多くの読者諸賢が、あまりに幼稚な主張に途中で読むのを止めたと存ずるが、私立文系バカどもは「故に」と因果関係で繋いでいる前後に、ただお勉強で詰め込んだ知識を詰め合わせているだけで、論理の「ろ」の字もなっていない。桑弘羊に追い散らされて当然だった。

以上から論語の本章は恐らく、いわゆる儒教の国教化を進めた董仲舒一党による偽作。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする