論語詳解031為政篇第二(15)学びて思わざらば*

論語為政篇(15)要約:おそらく後世の創作。本の虫はロボット同然。でも自分の思いさえあれば、勉強は要らないわけではない。それでは囗刂卜になってしまう、突っ走っても最後には破滅が待っている。とニセ孔子先生のお説教。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「學而不思則罔、思而不學則殆。」

校訂

論語集釋

釋文:「罔」,本又作「冈」。「殆」,依義當作「怠」。天文本論語校勘記:唐本、津藩本、正平本均作「冈」。

定州竹簡論語

曰:「學而不思則罔,思而不]學則。」20


→子曰、「學而不思則罔、思而不學則殆。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 学 學 金文而 金文不 金文思 金文則 金文罔 網 金文 思 金文不 金文学 學 金文則 金文

※論語の本章は、「殆」が論語の時代に存在しない。「罔」の用法に疑問がある。

書き下し

いはく、まなおもらばすなはくらし、おもまならばすなはあやまつ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子
先生が言った。「座学して思考しなければまさしくものが見えない。思考して座学しなければまさしく間違える。」

意訳

孔子
本ばかり読んで現実を考えないとオタクになる。現実ばかり考えて本を読まないと囗刂卜になる。

従来訳

下村湖人

先師がいわれた。――
「他に学ぶだけで自分で考えなければ、真理の光は見えない。自分で考えるだけで他に学ばなければ独断に陥る危険がある。」

下村湖人先生『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「讀書不想事,越學越糊塗;想事不讀書,越想越頭痛。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「本を読んでも考える事をしないと、読むほどにわけが分からなくなる。考えても本を読まないと、考えるほどに悩みが増える。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


子曰(シエツ)(し、いわく)

論語 君子 諸君 孔子

論語の本章では”孔子先生が言った”。「子」は貴族や知識人に対する敬称で、論語では多くの場合孔子を指す。「子」は赤ん坊の象形、「曰」は口から息が出て来るさま。「子」も「曰」も、共に初出は甲骨文。辞書的には論語語釈「子」論語語釈「曰」を参照。

子 甲骨文 曰 甲骨文
(甲骨文)

この二文字を、「し、のたまわく」と読み下す例がある。「言う」→「のたまう」の敬語化だが、漢語の「曰」に敬語の要素は無い。古来、論語業者が世間からお金をむしるためのハッタリで、現在の論語読者が従うべき理由はないだろう。

學(カク)

学 甲骨文 学
(甲骨文)

論語の本章では”座学”。屋根の下で机に向かって書き物を読むたぐいの”お勉強”。「ガク」は呉音(遣隋使より前に日本に伝わった音)。初出は甲骨文。新字体は「学」。原義は”学ぶ”。座学と実技を問わない。上部は「コウ」”算木”を両手で操る姿。「爻」は計算にも占いにも用いられる。甲骨文は下部の「子」を欠き、金文より加わる。詳細は論語語釈「学」を参照。

而(ジ)

而 甲骨文 而 解字
(甲骨文)

論語の本章では”そして”。初出は甲骨文。原義は”あごひげ”とされるが用例が確認できない。甲骨文から”…と”を意味し、金文になると、二人称や”そして”の意に用いた。英語のandに当たるが、「A而B」は、AとBが分かちがたく一体となっている事を意味し、単なる時間の前後や類似を意味しない。詳細は論語語釈「而」を参照。

不(フウ)

不 甲骨文 不 字解
(甲骨文)

漢文で最も多用される否定辞。初出は甲骨文。「フ」は呉音(遣隋使より前に日本に伝わった音)、「ブ」は慣用音。原義は花のがく。否定辞に用いるのは音を借りた派生義だが、甲骨文から否定辞”…ない”の意に用いた。詳細は論語語釈「不」を参照。

思(シ/サイ)

思 金文 思 字解
(金文)

論語の本章では、”考える”。初出は春秋末期の金文。画数が少なく基本的な動作を表す字だが、意外にも甲骨文には見えない。字形は「」”人間の頭”+「心」で、原義は頭で思うこと。金文では人名、戦国の竹簡では”派遣する”の用例がある。詳細は論語語釈「思」を参照。

則(ソク)

則 甲骨文 則 字解
(甲骨文)

論語の本章では、”必ず…になる”。「A則B」で”AはBである”。”のっとる”。初出は甲骨文。字形は「テイ」”三本脚の青銅器”と「人」の組み合わせで、大きな青銅器の銘文に人が恐れ入るさま。原義は”法律”。論語の時代=金文の時代までに、”法”・”のっとる”・”刻む”の意と、「すなわち」と読む接続詞の用法が見える。詳細は論語語釈「則」を参照。

罔(ボウ)

罔 網 甲骨文 罔 字解
「网」(甲骨文)

論語の本章では”暗い”。この語義は春秋時代では確認できない。「モウ」は呉音。原義は”あみ”。”くらい”を意味する同音の「亡」・「盲」と音が通じたので、”くらい”を意味するようになった。論語の時代には「亡」を省いた「网」と書かれ、「網」と書き分けられていない。音も同音。現代中国語では網やネットを「网」と書く。詳細は論語語釈「罔」を参照。論語語釈「網」も参照。

論語集釋』『経典釈文』がいう「冈」の初出は西周末期の金文(「新收殷周青銅器銘文暨器影彙編」NA0745)。「小学堂」は「岡」の異体字とする。いずれにせよ原字は「网」だし、『釈文』に論拠がないから、あえて校訂する必要は無いだろう。

殆(タイ)

殆 隷書 台 字解
(隷書)

論語の本章では”頼りない”の派生義としての”間違う”。本章が後世の創作とするなら、従来訳通り”あやうい”でも構わない。初出は前漢の隷書で、論語の時代に存在しない。論語時代の置換候補は存在しない。戦国時代の『孟子』『荀子』に”ほとんど”・”あやうい”の意で用いられている。前漢の『説苑』なども同じ。後漢の『説文解字』が、「殆は危うき也。ガツしたがタイの声」と記してから、”あやうい”の意だと疑われなかった。確かに字形は「ガツ」”しかばね”+「台」”ふにゃふにゃと頼りない”で、原義は恐らく”しかばね”。また”頼りない”から”多分”→”ほとんど”の派生義が生まれた。詳細は論語語釈「殆」を参照。

『学研漢和大字典』は、次のように言う。

藤堂明保
「台」はすきを用いて働いたり、口でものをいったりして、人間が動作をすることを示す。殆は「歹(死ぬ)+台」で、これ以上作為すれば死に至ること、動けばあぶないさまをあらわす。

吉川本では、「これは孔子の学問論として、はなはだ重要な条である。…殆の字をあやうし、と読んだのは新注に従ったのであって、古注が殆(つか)る、と読むのは、おそらく劣るであろう。」と言う。「あろう」と個人的な感想を述べているだけだから、この言い分は受け入れられない。また武内本は「殆は惑と同じ」という。だがあまりに古い説だから、これにも従いがたい。

経典釈文』の「義によりてまさに怠に作るべし」には論拠がないから従わない。春秋末期までの用例は全て”おこたる”(西周末期「白康𣪕」集成4160・4161)。

論語:付記

中国歴代王朝年表

中国歴代王朝年表(横幅=800年) クリックで拡大

検証

論語の本章の言葉は、後漢滅亡までの誰一人引用していないし、再録もしていない。事実上再出は、南北朝の古注『論語義疏』になる。ただしその中で、前漢末期に生まれた包咸ホウカンが注を付けているので、少なくとも後漢初期には存在したことになる。

古注『論語集解義疏』

子曰學而不思則㒺註苞氏曰學而不尋思其義理則㒺然無所得也思而不學則殆註不學而思終卒不得使人精神疲殆也

包咸 後漢儒
本文。「子曰學而不思則㒺」。
注釈。包咸「学んでもその意義を深く考えないなら、つまり真っ暗なままで何の進歩も無い。」

本文。「思而不學則殆」。
注釈。「学ばないまま考えるのなら、最後まで何の進歩も無いまま終わる。それではただ心がくたびれ、頭がおかしくなるだけだ。」

仮に論語の本章が史実とすると、「殆」に関する従来の解釈は改めなければならない。「台」と書かれていたとしないと本章が成立しない。漢代の儒者が、『方言』を編んだ楊雄(揚雄)以外、「台」の意味が分からず、「殆」に書き換えたとするしかない。

前漢年表

前漢年表 クリックで拡大

ただし文字史上は「殆」の春秋時代での不在はどうにもならず、本章を史実と見るには今後の発掘を待たねばならない。

解説

論語の時代の「学び」と言っても、売らんかの教育業界が存在する現在とはまるで環境が違う。まず情報を記録する材料が高価で、筆記にも収蔵にも手間がかかった。もっとも安価な手段でも木簡や竹簡の束で、長い文章は記せないし、印刷技術も無い。

論語 竹簡

また庶民が学べる学塾は、事実上孔子塾が最初になる。『春秋左氏伝』襄公三十一年に「郷校」とあるのが”村の学校”ではなく”寄合所”であることは既に論語為政篇4付記に記した。また孔子に同業者がいたことは、論語学而篇14付記に記したが、後漢の伝説で史実性に乏しい。

なお論語の本章の新注は、ごく簡単に記されている。

新注『論語集注』

不求諸心,故昏而無得。不習其事,故危而不安。程子曰:「博學、審問、慎思、明辨、篤行五者,廢其一,非學也。」

論語 朱子 新注 論語 程伊川
結論を心に求めなければ、暗闇の中にいるようなもので何も得られない。結論を導くために学ばなければ、結局片寄りが激しくてぐらぐらする。

程頤「幅広く学び、詳しく疑問を調べ、慎重に思考し、論理を明らかにする。この五つはいずれも十分すべきもので、一つでも欠けたら、それは学んだことにならない。」

余話

おかしい者がおかしいという

「罔」を”くらい”と明確に解せるようになるのは、上掲の通り戦国時代だが、道家やそれに近い思想家は、”くらい”ことに特別の意味をもたせた。『老子道徳経』の冒頭がその一例だが、世の中をおちょくった『列子』は「罔」も”くらくてわからない”として用いている。

秦人逢氏有子,少而惠,及壯而有迷罔之疾。聞歌以為哭,視白以為黑,饗香以為朽,常甘以為苦,行非以為是。意之所之,天地四方水火寒暑,无不倒錯者

焉。楊氏告其父曰:「魯之君子多術藝,將能已乎?汝奚不訪焉?」其父之魯,過陳,遇老聃,因告其子之證。老聃曰:「汝庸知汝子之迷乎?今天下之人,皆惑於是非,昏於利害。同疾者多,固莫有覺者。且一身之迷,不足傾一家;一家之迷,不足傾一鄉;一鄉之迷,不足傾一國;一國之迷,不足傾天下;天下盡迷,孰傾之哉?向使天下之人,其心盡如汝子,汝則反迷矣。哀樂聲色臭味是非,孰能正之?且吾之此言未必非迷,而況魯之君子,迷之郵者,焉能解人之迷哉?榮汝之糧,不若遄歸也。」


秦の人で逢氏という家の子は、子供の頃は神童呼ばわりされていたのに、大人になると気がおかしくなってしまった。楽しい歌を聴くと泣き出すし、白いものを見ると黒いという。香を焚けば臭い臭いと言っていやがり、甘いものを食べさせると苦いと言って吐き出す。

やることなすこと世間と反対で、考えや皮膚感覚も、天地の暑さ寒さを始めとしてまったくデタラメになってしまった。近所の楊氏という人が気の毒がって、父親に言った。「魯の国には孔子先生の教えを受けた賢者が沢山いるから、何とかして貰えるかも知れない。連れて行ってはどうだろう?」

父親はなるほどと思い子を連れて魯に向かい、途中で陳の国を通り過ぎたが、たまたまそこに住まっていた老子先生に出会った。父親は「実はこういう次第で…。」と老子に相談すると、先生は言った。

「お前さんは人並みの知恵しか無いから、この子がおかしいなどと思っているのだ。今の天下を見てごらん。誰も彼もが、気がおかしな人ばかりじゃないか。それもみな、欲に目が眩んでいるからだ。同じいようをしている者ははなはだ多く、目が覚めた人は一人も居ない。

それにね、家に一人おかしな者が居ても、家は傾きはしないし、おかしな一家は村を、おかしな村は国を、おかしな国が天下をおかしくするには至らない。どうしてだと思う? 天下の人がみんなおかしいのに、おかしくない人などどこにも居ないから、「これはおかしい」と言える人もまた、一人も居ないからだ。

今の人たちは、この子がおかしいと言えるほどまともではないのだ。お前さんだってこの子がおかしいと言えるほど、迷いが覚めていはしない。感覚のおかしさを、誰を基準に正しいとか間違っていると言えるのかね。

かくいう私だって、もうおかしくなっているかも知れないんだ。ましてや魯の先生方など、おかしな者の先頭を切っている。どうしてこの子を治せよう。お金を払うだけ無駄だから、さっさと帰った方がいい。」(『列子』周穆王8)

西方の秦国から東方の魯国に行くのに、南方の陳国を通ることはあり得ないが、老子が陳付近の出身とされている上に、「それほど遠くに出掛けた」という演出。だが多分この寓話の作者は、論語の本章そのものでなくとも、本章のような儒者の考えを知ってからかっている。

「思いて学ばざれば」というが、おかしな事を学んだところで思いが正せるわけではない。学んでいるのがおかしくないかどうかは、結局自分の判断でしか決められない。「学びて思わざらば」と言うが、思いがそもそもおかしければ、学ぼうとどうしようとやはりおかしい。

では「正しい」とは何か? 現代の数学者や理論物理学者だって議論している。人類史の終わりまで、結論は出ないかも知れない。数少ない「これは正しい」ことはと言えば、ひどいことをすると怨まれる、怨まれるといつか復讐される、だからひどいことをするな。

その程度でしかないのではなかろうか。



広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする