論語詳解030為政篇第二(14)君子はあまねくして°

論語為政篇(14)要約:貴族に必須の要素とは。その基本は自信でしょう。でないと庶民の前に出て、いかにも頼りなげに見え、仕事がうまく行きません。しかしそもそも貴族とは、心と体を鍛えて、自分に自信があるものだ、と孔子先生。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「君子周而不比、小人比而不周。」

校訂

定州竹簡論語

]曰:「君子[周而不比,小人比]而不。」19

復元白文(論語時代での表記)

論語 子 金文論語 曰 金文 論語 君 金文論語 子 金文論語 周 金文而 金文論語 不 金文論語 比 金文 論語 小 金文論語 人 金文論語 比 金文而 金文論語 不 金文論語 周 金文

書き下し

いはく、君子くんしあまねくしてくらべず、小人せうじんくらべてあまねからず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。貴族は行き届いていて他人と比べない。庶民は他人と比べて行き届いていない。

意訳

論語 孔子 楽
諸君が目指す貴族とは、自分で自分を鍛え、あらゆる事柄に自信が持てる。だから他人と自分を比べない。だが庶民は鍛えないから自信が無く、いつも自分と他人を比べて、ひがんだり威張ったりする。

従来訳

論語 下村湖人

 先師がいわれた。――
「君子の交りは普遍的であつて派閥を作らない。小人の交りは派閥を作って普遍的でない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「君子團結群衆而不拉幫結派,小人拉幫結派而不團結群衆。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「君子は群衆を団結させるが、つるんで党派は作らない。小人はつるんで党派は作るが、群衆を団結させ〔る能は〕ない。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


君子

論語 君 金文 論語 子 金文
(金文)

論語の本章では、”平民に対する貴族”。しかし”凡人に対する教養人”という面倒くさい意味は、孔子から一世紀後に孟子がでっち上げたもの。詳細は論語語釈「君子」を参照。

論語 周 甲骨文 論語 周 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では”行き届いた”の意。『大漢和辞典』の第一義も”いきとどく”。

従来のような解釈は、”行き届く”から「転じて、すべての人と欠け目なくまじわっている。また、そのさま」(『学研漢和大字典』)という。しかしその典拠はいずれも論語の本章である上に、本来の語義からは遠ざかる。その匂いの元はやはり、儒者のデタラメだった。

子曰君子周而不比註孔安國曰忠信為周阿黨為比也

「子曰君子周而不比」
注釈。孔安国「忠実で信義のあることを周と言い、互いにゴマをする集まりを比という。」(『論語義疏』)

周,普遍也。比,偏黨也。皆與人親厚之意,但周公而比私耳。君子小人所為不同,如陰陽晝夜,每每相反。然究其所以分,則在公私之際,毫釐之差耳。故聖人於周比、和同、驕泰之屬,常對舉而互言之,欲學者察乎兩閒,而審其取舍之幾也。

周とはあまねく行き渡るという事だ。比とは利益集団に偏るということだ。どちらも人と親しむことだが、ただし周は公平で比は私利私欲である違いがある。君子と小人ではすることが違う。陰陽の気の動きや昼夜のようなもので、ことごとく相反する。だがそれを分ける基準を求めると、公平か私欲かの、ほんの僅かな違いでしかない。だから聖人は二つを取りあげて、その対比を和同、驕泰のような対語で例え、いつもこの対比を語った。儒学を学ぼうとする者は、この二つの違いをよく観察して、僅かな違いを明らかにして、自分の行いとして取る取らないを決めるのだ。(『論語集注』)

要するに「比」を馬鹿者の集まりと解したのは古注からで、新注では「周」もまたつるむことだとされた。しかしいつも通り、儒者の言い分には何の根拠も無く、ただの個人的感想である。さっさと捨て去るべきだろう。

なお「周」は、『字通』によると語源は周王軍が用いた文様の描かれた盾。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「田の中いっぱいに米のある形+口印」で、欠け目なく全部に行き渡る意を含む。「稠密(チュウミツ)」の稠の原字。また、口印はくちではなくて四角い領域を示し、全部にまんべんなく行き渡ることから周囲の意となる。州(まんべんなく取り巻いた砂地)・舟(ふちを取り巻いて水がはいらないようにしたふね)と同系のことば、という。

詳細は論語語釈「周」を参照。

論語 比 金文 論語 赤ちゃん夫婦 比
(金文)

論語の本章では”比べる”。原義は”ならぶ”であり、並んだ互いを見比べること。詳細は論語語釈「比」を参照。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、人が二人くっついてならんだことを示すもの。庇(ヒ)(木をならべたひさし)・陛(石をならべた階段)・匹(二すじならんだ布)・屁(ヒ)(両がわから肉のならんだしり)などと同系のことば、という。

論語:解説・付記

論語の本章は、孔子が弟子に、彼らの目指すべき理想の姿を説明したもの。孔子塾では心身ともに鍛えたのだが、それは何のためかという説明でもある。「君子は感情の起伏が少なくのびのびしている。凡人はいつもこせこせしている」(論語述而篇36)とはそういうことだ。

なお既存の論語本では吉川本に、次のように言う。

論語 吉川幸次郎
周の字を古注では忠信、すなわち忠実の意味に解し、新注では、普遍と訓じている。普遍と訓ずれば、友情の輪を穏やかに広げるということになるであろう。周は公的であり、比は私的である、とも新注に見える。君子の友情は理性的であるに対し、小人の友情は感情的である、ということにもなるであろう。

例によって「あろう、あろう」としか吉川は言わない。自分で解釈しないからだ。ヒョウセツ家であろう。本当に論語に何と書いてあるか知りたければ、デタラメの排セツ家になろう。デタラメ路線は上掲した、現代中国の論語業者も同様で、朱子の受け売りで済ませている。

ウソはウソと見抜かねば、危ないことこの上ない。論語もネットもそれは同じだ。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

関連記事(一部広告含む)