論語詳解026為政篇第二(10)其の以てする所°

論語為政篇(10)要約:「あの人の心が分からない。」古今東西変わらぬ若者の悩み。しかし我欲を取り払い、素直に相手を観察すれば、本心など丸わかりじゃよ、と孔子先生。若き日の自分に語ってやりたい、今日でも通用するお話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「視其所以、觀其所由、察其所安、人焉廋哉。人焉廋哉*。」

校訂

武内本

漢石経句末哉の字なし、唐石経あり。

定州竹簡論語

……[視其所以,觀其所由,]察其所安。人15……


→子曰、「視其所以、觀其所由、察其所安、人焉廋哉。人焉廋。」

復元白文(論語時代での表記)

論語 子 金文論語 曰 金文 論語 視 金文論語 其 金文論語 所 金文以 金文 論語 観 金文論語 其 金文論語 所 金文論語 由 金文 察 金文論語 其 金文論語 所 金文論語 安 金文 論語 人 金文論語 安 金文幽 金文論語 哉 金文 論語 人 金文論語 安 金文幽 金文

※焉→安・廋→幽。

書き下し

いはく、もちゐるところところやすんずるところれば、ひといづくんぞかくさんひといづくんぞかくさん()。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 肖像
先生が言った。「その人のすることをじっと見、その方法を時間を追って見、どこに落ち着くかを見れば、人の中身はどうして隠せようか、隠せよう。」

意訳

論語 孔子 叫び
諸君。誰かの本心が分からぬと言って悩むことはないぞ。
人の動機、取る手段、目的を見渡せば、その人柄は丸わかり、丸わかりだ。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「人間のねうちというものは、その人が何をするのか、何のためにそれをするのか、そしてどの辺にその人の気持の落ちつきどころがあるのか、そういうことを観察して見ると、よくわかるものだ。人間は自分をごまかそうとしてもごまかせるものではない。決してごまかせるものではない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「分析其動機,觀察其行動,瞭解其態度;人藏哪去?人藏哪去?」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「動機を分析し、行動を観察し、態度を監視すれば、人はどこに隠れ込もうか? 人はどこに隠れ込もうか?」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす


論語 視 金文 論語 監視
(金文)

論語の本章では、”慎重に観察する”。新字体は「視」。初出は甲骨文。論語では本章のみに登場。『学研漢和大字典』によると、「見+〔音符〕示(シ)」の形声文字で、まっすぐみること。示の原義(祭りの机)には直接の関係はない。指(まっすぐゆびさす)・示(まっすぐさししめす)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「視」を参照。

論語 所 金文
(金文)

論語の本章では”…すること”。

『学研漢和大字典』によると形声。「斤(おの)+(音符)戸」で、もと「伐木所所=木を伐ること所所たり」〔詩経〕のように、木をさくさくと切り分けること。その音を借りて指示代名詞に用い、「所+動詞」の形で、…するその対称をさし示すようになった、という。詳細は論語語釈「所」を参照。

論語 以 金文 論語 以 字解
(金文)

論語の本章では”用いる”。初出は甲骨文。『学研漢和大字典』によると、「手または人+(音符)耜(シ)(すき)の略体」の会意兼形声文字で、手で道具を用いて仕事をするの意を示す。何かを用いて工作をやるの意を含む、…を、…で、…でもってなどの意を示す前置詞となった、という。詳細は論語語釈「以」を参照。

觀/観

論語 観 金文 論語 クビナガカイツブリ 観
(金文)

論語の本章では、”ものをそろえて見わたすこと”。『字通』では、”鳥占いのように身きわめること”。詳細は論語語釈「観」を参照。

論語 由 甲骨文 論語 由 金文 論語 由 篆書
(甲骨文・金文・篆書)

論語の本章では、”動機にする”。『学研漢和大字典』は酒や汁をぬき出す口のついたつぼといい、『字通』はゆう(ひさごの類)といい、中身が油化した木の実で、油の原字だというが、甲骨文や金文を見ると、ともしびそのものの象形に見える。詳細は論語語釈「由」を参照。

察 金文 論語 孔子 洞察力
(金文)

論語の本章では、”曇り無く目を利かすこと”。『字通』では、”神意を伺うように見ること”。

『学研漢和大字典』では、会意兼形声文字で、祭の原字は「肉+手+清めの水のたれる姿」の会意文字。のち示印が加わった。お供えの肉をすみずみまで清めることを示す。察は「宀(いえ)+〔音符〕祭」で、家のすみずみまで、曇りなく清めること。

転じて、曇りなく目をきかす意に用いる。擦(こすって清める)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「察」を参照。

論語 安 金文 論語 安心毛布
(金文)

論語の本章では、”落ち着きどころ”。他の語義としては、”安らげる・押さえつけること”。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「宀(やね)+女」で、女性を家の中に落ち着かせたさま。詳細は論語語釈「安」を参照。

焉(エン)

論語 焉 金文 論語 焉 字解
(金文)

論語の本章では”なぜ・どうやって”。原義はエンという黄色い鳥。この字の初出は上掲戦国時代末期の金文で、論語の時代に存在しない。ただし藤堂説によると上古音ɪanが安an(いずくんぞ)と通じたので転用されたとされる。こちらは上掲の通り論語時代の金文が確認できる。詳細は論語語釈「焉」を参照。

廋(シュウ)

廋 古文 論語 死神 廋
「廋」(古文)

論語の本章では、目につかない所に”隠す・隠れる”。カールグレン上古音はʂ。この文字は、論語と同時代の金文やそれ以前の甲骨文には見られず、戦国文字でも未発掘で、後漢の『説文解字』にも載っていない。論語時代の置換候補は「幽」。

「廋」は『大漢和辞典』によると、古くは文字が「捜」と同じという。「廋人」は、馬の飼育を管轄する官吏。

『字通』によると、「叟」は祖先祭殿でともし火を手に取る形で、一族の長老を指すという。火を掲げることから”捜索”の意味が出来、それに対する”隠す”の語義が出来たという。

一方『学研漢和大字典』によると会意兼形声で、叟は「宀(あな)+火+又(て)」の会意文字で、細い穴の奥の残り火を、手でさぐるさま。捜の原字。秀(細い)・痩(ソウ)(細くやせる)と同系で、細い意を含む。廋は「广(いえ)+〔音符〕叟」で、細い穴の奥にかくすこと、という。

詳細は論語語釈「廋」を参照。

觀其所由(観其所由)

論語 吉川幸次郎
吉川本では新注に従い、「其の由る所を観る」を、動機を観察することと解する。古注はこれまでの経歴を見ると解するという。だが原文に当たると、どうも古注については誤読の可能性を排除できないようだ。経歴ではなく”手段”ではないか?

古注『論語集解義疏』

註由經也言觀其所經從也

註。由は經也。其の經る所に從りて觀るを言う也。

論語 古注 何晏
注釈。由とは通り過ぎることだ。その通り過ぎる手段に着目して観察することを言うのだ。

新注『論語集注』

觀,比視為詳矣。由,從也。事雖為善,而意之所從來者有未善焉,則亦不得為君子矣。或曰:「由,行也。謂所以行其所為者也。」

觀は、比べ視て詳かを為す矣。由は從う也。事は善きを為すと雖も、し而意う之所來る者に從りて未だ善からざる有り焉らば、則ち亦た君子為るを得不る矣。或るひと曰く「由は行う也。其の為す所を行う所以なる者を謂う也。」

論語 朱子 新注
観は、比べて観察して詳細を得ることを言う。由は従うことだ。よいことをしようと思っても、そこに欲望が原因のよくない点を含んでいたら、どうしても君子とは言えないのである。ある人「由とは行うことだ。行動の動機を指す。」

論語:解説・付記

サーラ 潜水艦 ソナー
定州竹簡論語によると、本章は前章と分割されず、ひとまとまりになっていたという。すると”丸わかり”というのは顔回についての発言となり、”その才能は隠しようが無い”と孔子が言った可能性が出て来る。

さて孔子が自分の塾で養成しようとしたのは、血統によって政治家や役人になっていた従来の貴族に取って代わる、「士」と呼ばれる人材だった。その能力として孔子が求めたのは一つに観察力・洞察力で、人を見抜いて適材を適所に配置できるために必須だった(論語子路篇25)。

従って論語の本章を、若者一般への教訓として読むのも良いが、孔子の意図としてはあくまで、役人としての教訓だった。もちろん、弟子が自ら志願して、孔子の同志として革命運動に参加してくれることも期待しただろうが、政治工作に洞察力は不可欠と言える。

孔子一門の全てを革命政党として見るのは誤りだが、孔子が論語先進篇で挙げた優れた弟子たちが、孔子に従って陳・蔡への放浪と苦難を共にしたことを考えると、優れた弟子にこそ革命闘士としての資質を見ただろうし、また志士だからこそ高く評価もしただろう。
論語 放浪

そこまで期待しなくとも、役人となれば「すまじきものは宮仕え」で、サラリーマンとしての弟子の将来を案じた孔子が、組織で生き残るための処世術として説いた意図もあっただろう。巧言令色でだます上司同僚は、論語当時も今も同じ。だからこそ論語には今日的意義がある。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 孔子はお追従でさえ、下手だった(論語泰伯篇1)。どちらかと言えば良く見聞きし読む人であり(論語為政篇10)、だからこそ万能の人を、聖人と呼んだ(論語雍也篇30)。文字が耳と口から構成されているように、自分の苦手な口も達者なことを、聖人の条件としたのだ。 […]

関連記事(一部広告含む)