論語詳解128雍也篇第六(11)賢なる哉回や*

論語雍也篇(11)要約:顔回は孔子先生の最も優れた弟子。貧乏も気にせず、人生を楽しんでいました。先生はそれを見て、とてもかなわない、年下の弟子であろうと顔回には、自分にも及ばないところがあると畏敬した、という作り話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「賢哉回也。一簞食、一瓢飮、在陋巷、人不堪其憂、回也不改其樂。賢哉回也。」

校訂

定州竹簡論語

曰:「賢哉,回也!一單a食,一120……

  1. 單、今本作「簞」。單借為簞。

→伯子曰、「賢哉回也。一單食、一瓢飮、在陋巷、人不堪其憂、回也不改其樂。賢哉回也。」

復元白文

論語 子 金文論語 曰 金文 論語 賢 金文論語 哉 金文論語 回 金文也 金文 一 金文論語 単 金文論語 食 金文 一 金文論語 飲 金文 論語 在 金文陋巷 論語 人 金文論語 不 金文論語 其 金文論語 憂 金文 論語 回 金文也 金文論語 不 金文論語 改 金文論語 其 金文論語 楽 金文 論語 賢 金文論語 哉 金文論語 回 金文也 金文

※論語の本章は上記赤字が論語の時代に存在しない。本章は漢帝国の儒者による捏造である。

書き下し

いはく、けんなるかなくわい。一たん、一ぺういん陋巷ろうかうり。ひとうれひへず、くわいたのしみあらためず。けんなるかなくわい

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 論語 顔回
先生が言った。「えらいなあ、回は。竹茶碗一杯の飯に、ふくべ一つの飲み物で、狭苦しい横町に住んでいる。人はその不自由に我慢できないが、まことに回はそれを楽しんで止めない。賢いなあ、回は。」

意訳

ニセ孔子 論語 顔回
顔回はえらいなあ。粗食に粗末な住まいの生活だが、常人なら耐えられまいに、顔回は気にも留めずに貧乏生活を楽しんでいる。本当にえらいなあ。

従来訳

論語 下村湖人
先師がいわれた。――
(かい)は何という賢者だろう。一膳飯に一杯酒で、裏店(うらだな)住居といったような生活をしておれば、たいていの人は取りみだしてしまうところだが、囘は一向平気で、ただ道を楽み、道にひたりきっている。囘は何という賢者だろう。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「顏回真賢德!一籃飯,一瓢水,在陋巷,人人都愁悶,他卻樂在其中。顏回真賢德!

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「顔回はまことに賢者の徳を備えている。ひとかごの飯、ひとふくべの水を飲み食いし、貧民街に住んでいる。人々はその苦痛に耐えられないが、彼は却ってそれを楽しんでいる。顔回はまことに賢者の徳を備えている。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 回 金文 論語 顔回
(金文)

孔子の弟子、顔回のこと。詳細は論語の人物:顔回子淵参照。

簞(タン)→單

論語 簞簞 金文大篆 論語 簞
(金文大篆)

竹で編んだ弁当箱、竹で編んだおひつ、竹の茶碗などの解釈があるが、論語の本章では『大漢和辞典』に従って、竹茶碗と解した。この文字の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代には存在しない。カールグレン上古音はtɑnで、同音に單(単)とそれを部品とする漢字群など。単は甲骨文から存在する

単の字に食器を意味する語釈は『大漢和辞典』に無いが、”かさなる・うすい”などの語釈があり、簞は竹で作った重ねおきできる弁当箱のようなものを指すか。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「竹+〔音符〕單(タン)(平らで薄い)」。薄い割り竹であんだ容器のこと、という。詳細は論語語釈「簞」を参照。

瓢(ヒョウ)

論語 瓢 金文大篆 論語 瓢
(金文大篆)

論語の本章では”ひょうたん”。この文字の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代には存在しない。カールグレン上古音はbʰi̯oɡで、同音は飄”つむじかぜ”と摽”叩く”。部品の「瓜」の初出は戦国早期の金文で、論語の時代にギリギリあったかどうかというところ。「票」の初出は戦国文字で、”ひょうたん”の語義は『大漢和辞典』に無い。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、票は「要(細い腰)の略体+火」の会意文字で、火が細く軽く舞いあがること。熛(火の粉、飛び火)の原字。瓢は「瓜(うり)+〔音符〕票」で、腰が細くくびれて軽いひょうたんうり、という。詳細は論語語釈「瓢」を参照。

陋巷(ロウコウ)

論語 陋 金文大篆 論語 巷 金文大篆
(金文大篆)

論語の本章では”ごみごみとして狭苦しい貧民街”のこと。

「陋」は”せまくるしい”。この文字の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代には存在しない。カールグレン上古音は不明。

『学研漢和大字典』によると「陋」は会意兼形声文字で、丙の原字は、しりを左右に開いたさま。陋の右側は、丙にL印のわくをはめ、足さえ左右に開けないほどのせまさをあらわした。陋はそれを音符とし、阝(こざとへん)=阜(土盛りしたかべ)を加えた字で、土かべに囲まれて、足も開けないほどせまいようすをあらわす、という。詳細は論語語釈「陋」を参照。

「巷」は”住宅街”。この文字の初出は戦国晩期の金文で、論語の時代には存在しない。カールグレン上古音はɡʰŭŋで、同音は鬨”たたかう”・項”うなじ”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声。「人のふせた姿+〔音符〕共」。人の住む里の公共の通路のこと、という。詳細は論語語釈「巷」を参照。

堪(カン)

論語の本章では”我慢する”。論語では本章のみに登場。この文字の初出は秦系戦国文字で、論語の時代には存在しない。カールグレン上古音はkhəmで、同音は甚を部品とする漢字群・坎”あな”など。部品の「甚」は”はげしい”の意で、”堪える”は『大漢和辞典』に見られない。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声。甚(ジン)は「甘(おいしいこと)+匹(つがい、いろごと)」の会意文字で、食い道楽や男女の性欲のような、深くしたたかな圧力を示す、という。詳細は論語語釈「堪」を参照。

論語:解説・付記

顔回が孔子の愛弟子だったことは史実だろうが、論語を始め儒教経典で、繰り返し「偉かった。偉かった。」と讃えられるほどの人物とは考えがたい。どう偉かったか、何も伝わっていないからだ。仕官もせず没した顔回は、何一つ表立った社会的な業績を残せなかった。

だからせめて、本章のような、「何もしなかったこと」を、後世の儒者は顕彰せざるを得なかったのだろう。そうなると、本当に顔回が貧乏暮らしをしたのかということまで、疑わしくなってくる。後世の外国人である訳者さえそう思うからには、中国の知識人はなおさら。

ある人「顔回先生は、城壁近くの肥えた畑を三十ケイも持っていたのに、どうして窮死しちゃったんだろう?」
別の人「財産があるのに、これ見よがしに簞食瓢飲(タンシヒョウイン)=粗食を見せびらかしたからさ。」(『笑府』巻二、徳行

実際には顔回が何もせずに孔子に評価されたわけがなく、おそらく顔回は孔子一門の諜報部門を担っており、一門の政治活動には不可欠な人材だった(→孔門十哲の謎)。それだけに大っぴらに業績を誉めることも出来なかった。それに気付かないのは儒者が間抜けだからである。

と言うのも、顔回神格化キャンペーンを始めたのは、いわゆる儒教の国教化を推し進めた前漢の董仲舒だが、董仲舒の帝国儒教とは、人をクルクルパーにして大人しくさせるための洗脳装置で、それゆえに顔回について合理的な考察を加えることなど思いも寄らなかった。

論語 吉川幸次郎
既存の論語本では吉川本に、「賢の字は、われわれの俗語で言えば”えらい”にあたる」と書く。それでもかまわないが、「知でないと仁でない」と繰り返し論語で孔子が言っているのが、訳者にはひっかかっている。

すなわち仁=貴族らしさを顔回のように三ヶ月で会得する(論語雍也篇7)には、本能だけではダメで頭を働かさねばならない。同様に常人に耐えられない貧乏生活を、楽しんで改めないというのも、おそらくは知能の働きだろうと訳者は思う。

ただしそもそも論語の本章はでっち上げなのだから、深く考えることもあるまい。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 仲尼・顏子所樂:論語述而篇15「楽しみその中に在り」と、論語雍也篇11「回やその楽しみを改めず」を指すと林本に言う。 […]