論語詳解130雍也篇第六(13)なんじ君子の儒°

論語雍也篇(13)要約:孔子先生が世に出るまで、儒者とは拝み屋に過ぎませんでした。その地位を一挙に高めた先生は、弟子には二度と過去に戻って欲しくないと願います。素質に優れた弟子の子夏にも、先生は期待して励ましたのでした。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子謂子夏曰、「女*爲君子儒、無*爲小人儒。」

校訂

武内本

唐石経曰の下女の字あり。毋無に作る。

定州竹簡論語

……□子夏曰:「[為a君子儒]!122……

  1. 今本「為」前有「女」字。

→子謂子夏曰、「爲君子儒、毋爲小人儒。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文謂 金文子 金文夏 金文曰 金文 為 金文君 金文子 金文需 金文 母 金文為 金文小 金文人 金文需 金文

※儒→需。

書き下し

子夏しかひていはく、君子くんしじゆれ、小人せうじんじゆることかれ。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子 子夏
先生が子夏を論評して言った。「貴族の儒者になれ。平民の儒者になるな。」

意訳

孔子 キメ2
孔子「子夏よ、お前は貴族らしい学者になれ。葬祭場のチャルメラ吹きになるな。」

従来訳

下村湖人
先師が子夏(しか)にいわれた。――
「君子の(じゅ)になるのだ。小人の儒になるのではないぞ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子對子夏說:「你要做君子式的學者,不要做小人式的學者。」

中国哲学書電子化計画

孔子が子夏に言った。「お前は君子の学者にならねばならぬ。小人の学者になってはならぬ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子夏

子 金文 夏 金文
(金文)

本の虫、カタブツで知られた孔子の若き弟子。詳細は論語の人物:卜商子夏を参照。

女 金文 常盤貴子 女
(金文)

論語の本章では”汝”。お前、ということ。中国古典では音や形が似ていると、同じ意味を持つことが多い。詳細は論語語釈「女」を参照。

君子

君 金文 子 金文
(金文)

論語の本章では”貴族”を意味する。詳細は論語解説・「君子」とは何かを参照。

儒(ジュ)

儒 金文大篆 儒者
(金文大篆)

論語の本章では、”儒者”。論語では本章のみに登場。初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はȵi̯u。同音は需を部品とする漢字群と乳。「国学大師」は儒の字について、次のように言う。

由「人」、「需」二字構成。從人,示其人為學有專精的術士。從需,聲符,注明音讀。隸書、楷書承之而定體。在六書中屬於形聲。

部品の需のカ音はsni̯u。語源について『学研漢和大字典』は次の通り言う。

会意。而は、柔らかなひげ(または、ひも)の垂れたさまを描いた象形文字。需は「雨+而(柔らか)」で、雨水にしっとりぬれて柔らかくなり、動きがにぶること。しっとりとぬれて動かず、何かをあてにしてまつ意。濡(ぬれる)・襦(ジュ)(柔らかい下着)・孺(ジュ)(からだの柔らかい子ども)などと同系。また、須(シュ)(柔らかいひげ)とまったく同じことば。

『字通』は次のように言う。

雨+而。而は髠頭の人の形で、巫祝。需とは雨乞いするもの。ゆえに「需む」「つ」の意がある。〔説文〕十一下に「𩓣つなり。雨に遇いて進まず、止まりて𩓣つなり」とするが、雨宿りの意ではなく、降雨を需つ意である。時には巫を焚いて雨を祈ることもあり、𦰩カンは祝告を捧げた巫を焚殺する形である。

「国学大師」は次の通り言い、『説文解字』の焼き直し。

金文作需 金文,像人在雨下,從雨、從天;天,像正面立人形,並突顯頭部。《說文‧雨部》:「需,𩓣也。遇雨不進,止𩓣也。从雨、而。」,等待。需,指遇雨無法前進,止立等待雨停。…逕從「而」。從雨,表示外出遇雨;從而,表示等待雨停之人,表示人外出遇雨,等待雨停之意,本義為等待。在六書中屬於異文會意。

以上、字源から見た儒とは男女のみこ﹅﹅であり、論語時代の置換候補は需。

論語の時代、儒とは教職と宗教職を兼ねた冠婚葬祭業者で、口車を買われて臨時外交官を任されることもあった。その中には孔子のような家老格の政治家から、字の読める葬列のチャルメラ吹きまで、社会的影響力の点でさまざまな者がいる。詳細は論語語釈「儒」を参照。

孔子より約200年のち、当人なりに儒者の本流を自覚していた荀子は、「小人の儒」の一つについてこんな事を言っている。

荀子
衣冠を正し、容貌を整え、口にものを含んだような顔をして、一日中ものを言わずに黙っている。それが子夏氏の系統を引く腐れ学者だ。(『荀子』非十二子篇)

格好ばかり取り澄まして、何でも知っているような顔をして、自分では何もものを言わず、聞かれても「これはこうである」と断定しない。それでは人がものを聞いても役立たない。子夏派の儒者はかかる卑怯者の学者先生だと。う~む、吉川にそっくりだ

孔子が危惧したのは、古典ばかりにふけって本の虫になり、現実の行政に携わることや社会革命にあまり興味を示さない子夏の姿で、それではチャルメラ吹きにしかなれないよと教えたのだが、子夏の後継者たちはチャルメラこそ吹かなかったが、自己中ではあまり変わらなかったことになる。

小人

論語では君子と対になる概念で、孔子の生前では平民を意味する。

論語:解説・付記

論語の本章は、論語八佾篇3を読み合わせると理解しやすい。

貴族になる気が無いのにお作法? 音楽? 要らん要らん。おかえんなさい。

本章もまた、現伝の儒教=孟子教風味に読むとわけが分からなくなる。「君子」とは論語の時代、徹頭徹尾”貴族”のことで、高潔な人格だとか教養人だとかは、孟子がなすりつけたキャッチコピーである。そのうそデタラメを引きはがすのが、このサイトの目的でもある。

子夏は孔子に文学の才を讃えられた弟子で(論語先進篇2)、一門の中では若手に属する。従っていわゆる孔門十哲の一人だが、幼すぎて孔子の放浪には従わなかったはず。その代わり戦国初期まで生き延びて、晋から独立した魏の文侯の相談役になった。

李克・呉起・西門豹といった、独立当初の魏を支えた名臣は、みな子夏の弟子とされる。引っ込み思案な子夏は(論語先進篇15)、それなりに押し出しが要る貴族に不向きかも知れないと孔子が危ぶんだのだろう。だが教えは実り、立派な仕官先で優れた弟子を育てた。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする