論語詳解124雍也篇第六(7)回やその心三月°

論語雍也篇(7)要約:顔回は孔子先生の最も優れた弟子。他の弟子が何年かかっても身につけられない徳目や技能を、ほんの数ヶ月でものにしました。若くして亡くなった顔回を先生が偲んで、今さらながらに失った大きさを思ったお話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「回也、其心、三月不違仁。其餘、則日月至焉而已矣。」

復元白文

論語 子 金文論語 曰 金文 論語 回 金文也 金文 論語 其 金文論語 心 金文論語 三 金文月 金文論語 不 金文論語 違 金文論語 仁 甲骨文 論語 其 金文論語 余 金文 論語 則 金文論語 日 金文月 金文論語 至 金文論語 安 焉 金文而 金文已 金文㠯 以 金文

※仁→(甲骨文)・焉→安・矣→以。

書き下し

いはく、くわいこころげつにしてじんたがはず。あまりは、すなは日月ひつきにしていた焉而已矣のみ

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
先生が言った。「回はその心が三ヶ月で貴族らしさにたがわなくなった。そのほかは、一日または一ヶ月で至った。」

意訳

論語 顔回 輝き
顔回は学んで三ヶ月で、その心が貴族らしさと一致した。その他の学問は一日か一ヶ月で修得した。

従来訳

論語 下村湖人
 先師がいわれた。――
「囘よ、三月の間、心が仁の原理をはなれなければ、その他の衆徳は日に月に進んで来るものだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「顏回能做到三個月心中不違反仁道;其他人,衹能十天半個月而已。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「顔回は三ヶ月の間心の中が仁の道に違反しないように出来た。その他の弟子は、たった十日か半月そうできただけだ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 回 金文 論語 顔回
(金文)

孔子の弟子、顔回子淵

三月

論語 三 金文 論語 月 金文
(金文)

既存の論語本では藤堂本で、朱子の注を元に、”いく月も”と解する。「月」について詳細は論語語釈「月」を参照。

論語 仁 金文大篆 論語 貴族
(金文大篆)

論語の本章では、史実とすれば”貴族らしさ”。創作とすれば”憐れみの心”。詳細は論語における「仁」を参照。

日月

論語 日 金文 論語 月 金文
(金文)

『大漢和辞典』による第一義は”太陽と月”。論語の本章では”一日か一ヶ月”。「日」について詳細は論語語釈「日」を参照。

焉而已矣(エンジイイ)

論語 焉 金文 論語 焉 字解
「焉」(金文)

強い断定の助字。「焉」も『已」も「矣」も断定・完了を表す。

「焉」の原義はエンという黄色い鳥。「いづくんぞ」という疑問辞としては、論語の時代に「安」と書かれた可能性はあるが、文末に用いられた場合はその限りではない。詳細は論語語釈「焉」を参照。

論語 大隈重信
四文字を無理に訳すると「あるんであるんである」という、まるで晩年にアルツハイマーにかかった大隈重信みたいになってしまう。

(ぬり)(て)(おわんぬる)(なり)
(至り終えてしまったのである。)

なお定州論語の校勘記を参照すると、「而已矣」という脂っこい表現は皇侃本=南北朝からのテキストの特徴であり、それ以前は無かったか、「已」か「矣」だけだったという。恐らく本章が初めて記されたときには「其餘則日月至焉」と書かれ、のちに「而已矣」が付け足されたのだろう。

論語:解説・付記

論語の本章は、上掲の検証に拘わらず、漢代、それも相当時代が下ってからの創作だろう。前漢宣帝期の定州論語にも収録されていない。顔回神格化には、孟子も荀子も手を付けておらず、漢帝国の官僚儒者が何らかの必要から始めたことだ。

論語の本章は、「其餘」を”その他の儒学科目”ではなく”その他の弟子”と解し、次のような別解があり得る。

顔回は三ヶ月間、その心を貴族らしさと一致さることが出来た。その他の弟子は、一日か一ヶ月間しか一致させられない。

どちらが正しいかは、甲乙付けがたい。無駄ではあるが作法として、儒者の言い分を読んでみる。

古注『論語義疏』

子曰回也其心三月不違仁其餘則日月至焉而已矣註言餘人暫有至仁時唯回移時而不變也疏子曰至已矣云回也其心三月不違仁者仁是行盛非體仁則不能不能者心必違之能不違者唯顔回耳既不違則應終身而止舉三月者三月一時為天氣一變一變尚能行之則他時能可知也亦欲引汲故不言多時也故苞述云顔子不違仁豈但一時將以勖羣子之志故不絶其階耳云其餘則日月至焉而已矣者其餘謂他弟子也為仁並不能一時或至一日或至一月故云日月至焉而已矣 註言餘至變也 既言三月不違不違故知移時也

本文「子曰回也其心三月不違仁其餘則日月至焉而已矣」。
注釈。他の者ならたまには仁の境地に至ることがあるが、ただ顔回だけは仁のままでずっといた。

付け足し。先生は極致を言った。回也其心三月不違仁とあり、仁は勢い込んだ所で実践できていなければ無意味で、無意味なままでは必オトツイの方角にずれる。それが無かったのは顔回だけで、一旦仁モードに入ったあとは生涯そのままだった。三月とは春夏秋冬の一季節のことで、陽気が変わっても顔回には変化が無かった。他の季節でも同じだろう。加えてますます仁になろうとしたので黙ったままずっと過ごしたのだ。だから苞述が言った。「顔回先生の仁モードが一季節だけのはずがない。対して弟子仲間は仁を励まされる側だったから、仁モードの格差は埋まらないままだった。」其餘則日月至焉而已矣とは、その他の弟子は、ということであり、一季節どころか一日や一月も保たない連中だった。だから日月至焉而已矣と大げさに言ったのである。

注釈。他の弟子は保たないと言った。顔回は三ケ月保ち、保ったから長持ちしたと言える。

まあ要するに、顔回は仁モードに入りっぱなしだったが、その他の連中は長くて一月か一日だ、ということ。ただしいつも通り、何か根拠があって言っているわけではない。

新注『論語集注』

三月,言其久。仁者,心之德。心不違仁者,無私欲而有其德也。日月至焉者,或日一至焉,或月一至焉,能造其域而不能久也。程子曰:「三月,天道小變之節,言其久也,過此則聖人矣。不違仁,只是無纖毫私欲。少有私欲,便是不仁。」尹氏曰:「此顏子於聖人,未達一閒者也,若聖人則渾然無閒斷矣。」張子曰:「始學之要,當知『三月不違』與『日月至焉』內外賓主之辨。使心意勉勉循循而不能已,過此幾非在我者。」

三月とは、長期間を言う。仁とは心の徳であり、心が仁モードに入った者は、私利私欲が無くてその徳を身につけるのである。日月至焉とは、一日保った、一月保ったということで、モードを維持し続けられないということだ。

程子「三ヶ月で季節が一つ変わる。長期間と言っていいが、それ以上に保つのは聖人だけだ。仁モードに入るとは、全く私利私欲が無くなることだ。少しでもあるなら、それは仁モードでは無い。」

尹氏「顔回先生と聖人とでは、僅かだが境地に差があった。聖人ならシリアル仁モード全開バリバリだぜ。」

張子「お前らもの知らずに要点を教えてやるぞよ。三月不違と日月至焉の、主語と目的語を間違えてはならんぞよ。燃え尽き症候群になるまで励むがよい。それを過ぎれば脳みそがイカれて、なんとなく分かるようになるのであるぞよ。」

どこかで書いたが、新注に載っている儒者は、現代日本で言えばオカルト雑誌を毎月わくわくして読んでいるような重度の中二病患者で、何言ってるかワケわかめな世迷い言を、白昼公然と素面で言うので、真に受ける必要は全然無い。真に受けると頭が悪くなります。

論語 吉川幸次郎
既存の論語本の中では吉川本によると、「其餘」を”他の学問”と解するのは、伊藤仁斎に始まるという。また従来訳のような呼びかけ解釈は、荻生徂徠のものであるという。

論語 宮崎市定
宮崎本では「三月」の用例を求めて、

子在齊聞韶三月、不知肉味(『論語』述而篇13)
≒聞韶音學之三月、不知肉味(『史記』孔子世家)

のように「學之」が補えるとし、また本章の「其心」は「惎」(キ、おしえる)の誤りではないかと言う。この結果本章は

「回也、其心三月不違仁」→「回也、三月不違仁」
(回やおしうること三月にして仁に違わずなりぬ)

と解せるという。だが「惎」は戦国文字が初出で、無理がある。

訳者の見解は次の通り。論語の本章は後世の創作が疑われる故に、形式が整いすぎており、対句の関係がはっきりしている。

  1. 回也、(「也」で主題がbc共に顔回であることを示す)
  2. 其心、三月不違仁。
  3. 其餘、則日月至焉(而已矣)。

脂っこい「而已矣」を取り払えば、bとcは2字-5字の同様な七言句であり、「其餘」とは顔回について「其心」以外の何か、ということになる。従って”他の弟子”と解するには理がない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント