論語詳解121雍也篇第六(3)弟子だれか学を*

論語雍也篇(3)要約:漢の帝国儒者が大喜びででっち上げた顔回神格化ばなし。理由ははっきりしませんが、登場人物や細部を変えて、論語の中にコレデモカとそっくりな話が出て来ます。しつこいだけに、一体どういうつもりなのでしょう。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

哀公問*、「弟子孰爲好學。」孔子對曰、「有顏回者、好學。不遷怒、不貳過、不幸短命死矣。今也則亡*、未聞好學者也。」

校訂

武内本

清家本により、問の下に曰の字を補う。釋文、一本亡の字なし。下句に続けてよむ。按ずるに亡の字先進第七章によって加る所、刪るべし。

定州竹簡論語

公]問a:「弟子孰為好學?」孔[子對曰]:「有顏回者好學,110……過。不幸短命死矣,今也則亡,未聞好學者也。」111

  1. 皇本、高麗本「問」下有「曰」字。

復元白文

論語 哀 金文論語 公 金文論語 問 金文 論語 弟 金文論語 子 金文論語 孰 金文論語 為 金文論語 好 金文論語 学 學 金文 論語 孔 金文論語 子 金文論語 対 金文論語 曰 金文 論語 有 金文論語 顔 金文論語 回 金文論語 者 金文 論語 好 金文論語 学 學 金文 論語 不 金文論語 遷 金文 論語 不 金文論語 貳 金文論語 過 金文 論語 不 金文幸 金文斷 金文論語 命 金文論語 死 金文已 金文 論語 今 金文也 金文論語 則 金文論語 亡 金文 論語 未 金文論語 聞 金文論語 好 金文論語 学 學 金文論語 者 金文也 金文

※遷→白川博士オリジナル金文で年代未確定・短→斷・矣→已。論語の本章は怒の字が論語時代に遡れず、聞と聴を混同し、おそらく也の字を断定で用いている本章は戦国時代以降の儒者による捏造である。

書き下し

哀公あいこうふ、弟子ていしたれがくこのむとす。孔子こうしこたへていはく、顏回がんくわいといふものあり、がくこのめり。いかりうつさず、あやまちふたたびせざりき、不幸ふかう短命たんめいにしてたりいますなはし。いまがくこのものかざるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

魯 哀公 論語 孔子 肖像
哀公が問うた。「弟子では誰が学問を好むか。」孔子が答えて言った。「顔回という者がいました。学問を好みました。怒っても八つ当たりしませんでした。間違いは二度と繰り返しませんでした。不幸にも短命で死にました。今はもう居ません。ですから学問を好む者はもう居ません。」

意訳

論語 哀公 ニセ孔子
若殿の哀公「お弟子では誰が学問好きじゃ?」
孔子「顔回という者がおりました。怒っても八つ当たりせず、間違いは二度としませんでしたが、残念ながら若死にしました。あのような者はもう、出ませんでしょうなあ。」

従来訳

論語 下村湖人
 哀公が先師にたずねられた。――
「門人中で誰が一番学問が好きかな。」
 先師がこたえられた。――
「顔囘と申すものがおりまして、大変学問が好きでありました。怒りをうつさない、過ちをくりかえさない、ということは、なかなか出来ることではありませんが、それが顔囘には出来たのでございます。しかし、不幸にして短命でなくなりました。もうこの世にはおりません。顔囘亡きあとには、残念ながら、ほんとうに学問が好きだといえるほどの者はいないようでございます。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

哀公問:「您的學生中誰好學?」孔子答:「有個叫顏回的好學,不對人發怒,不重複犯錯。不幸短命死了,現在卻沒有,沒聽說過誰好學。」

中国哲学書電子化計画

哀公が問うた。「あなたの弟子の中で、誰が学問を好みますか。」孔子が答えた。「一人だけ顔回という者がいまして学問を好みました。人に怒らず、間違いを二度としませんでした。不幸にも短命で死にました。今はもういません。誰かが学問を好むという話も聞いていません。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

哀公

論語 哀 金文 論語 公 金文
(金文)

孔子晩年時代の魯の君主。詳細はを参照。詳細は論語八佾篇21『史記』魯世家:哀公を参照。論語語釈「哀」論語語釈「公」も参照。

孰(シュク)

論語 孰 金文大篆 論語 温 孰 字解
(金文)

論語の本章では「たれか」と読んで”誰が”。『学研漢和大字典』によると原義は”煮る”ことだが、音をかりて、選択を求める疑問詞に用いる、という。詳細は論語語釈「孰」を参照。

顔回

論語 顔 金文 論語 回 金文
(金文)

孔子の弟子。詳細は論語の人物:顔回を参照。

遷(セン)

論語 遷 金文 論語 遷
(金文)

論語の本章では”移す・(怒りを無関係の人に)八つ当たりする”。『大漢和辞典』の第一義は”移る・移す”。初出は戦国文字で、論語の時代に存在しない。上掲の金文は出典不明。カールグレン上古音はtsʰi̯anで、同音に淺。春秋末期の金文から存在するが、”うつす”の語義は無い。

「遷」は『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、僊の右側の字(音セン)は「両手+人のしゃがんだ形+〔音符〕西(水がぬけるざる)」の会意兼形声文字で、人がぬけさる動作を示す。遷はそれを音符とし、辶を加えた字で、そこからぬけ出て中身が他所へうつること。

死(精気が散りうせる)・西(水がぬけるざる、光が散りうせる方角)と同系。僊(セン)(魂が肉体からぬけ出て、空に遊ぶ仙人(センニン))と最も縁が近い、という。詳細は論語語釈「遷」を参照。

論語の本章では”怒り”。論語では本章のみに登場。この文字は秦系戦国文字が初出で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はno。同音に奴とそれを部品とする漢字群。そのいずれにも、”いかる”の語意は無い。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、奴は、力をこめて働く女の奴隷のこと。怒は「心+(音符)奴」で、強く心を緊張させること。努(力をこめる)・弩(ド)(力のこもる大弓)などと同系。類義語の憤(フン)は、いちじにふき出すようにおこること。嚇(カク)は、まっかになっておこること。慍(ウン)は、胸に不平がつかえ、むかついていかること。恚(イ)は、心をかどだてておこること。忿(フン)は、かっと破裂するように急におこること。傷(ヒ)は、心がはりさけるようでむかむかすること。

『字通』によると[形声]声符は奴(ど)。〔説文〕十下に「恚(いか)るなり」とあり、はげしく人を責める心情をいう、とあり、論語の本章を引用している。

貳(ジ)

論語 貳 金文 論語 貳
(金文)

論語の本章では『大漢和辞典』第二義の”かさねる”。論語では本章のみに登場。『大漢和辞典』の第一義は”添える”。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、弍は「弋(ヨク)(棒ぐい)+〔音符〕二」で、二本並んだ棒を示す。貳は「貝(財貨)+〔音符〕弍」。「弐」は「貳(ジ)」の古い字形を用いて、筆画を簡単にしたもの、という。

『字通』によると形声。旧字は貳に作り、弍(じ)声。〔説文〕に、字を貝部六下に属し、「副益なり。貝に從ひ、弍聲」とし、「弍は古文二なり」という。貝は鼎の省形。鼎銘を刻することを則・劑(剤)といい、円鼎は則、方鼎を劑といい、盟誓・契約を約剤という。弍に従うのは、戈(か)(刀)を以て刻銘し、その副本を作る意、それで副弐・弐益の意となる。〔周礼、秋官、大司寇〕「大史・内史・司會及び六官、皆其の貳を受けて之れを蔵す」とは副本の意。〔周礼、天官、酒正〕に「大祭には三貳、中祭には再貳、小祭には壹貳」とは副弐の器をいう。金文の〔琱生𣪘(ちようせいき)〕に、分数的な表示として「其の貳」「其の參」を用いる例がある。字は盟誓の副弐の意であるが、のち疑弐・違背の意となった、という。

論語の本章では”短い”。この文字の初出は秦系戦国文字で、論語の時代に存在しない。同音同訓の𢭃は、甲骨文・金文ともに存在しない。カールグレン上古音はtwɑn。同音に耑とそれを部品とする漢字群、鍛・斷(断)など。斷”きれはし”を置換候補として挙げておく。

『学研漢和大字典』では、会意文字で、「矢(短い直線)+豆(たかつき)」で、矢とたかつきのように、比較的みじかい寸法の物をあわせて、みじかいことを示した、という。

『字通』では形声文字で、短い矢で、それより短小の意になった。部品の豆は、頸部の短い器だという。

『大漢和辞典』によると、”みじかい”を意味する漢字は以下の通りだが、このうち叕(テツ)などに金文が存在している。
短い 大漢和辞典

詳細は論語語釈「短」を参照。

今也則亡、未聞好學者也。

上記校訂の通り、もと亡の字なく、下の句に続けて読むべきとするなら、次の通り。

今也則未聞好學者也。
今や則ち未だ学を好む者を聞かざる也。
今となっては、学問を好む者がいるという話を聞かなくなってしまいました。

論語:解説・付記

論語の本章は、おそらく漢帝国になってでっち上げられたニセモノで、顔回は孔子と趣味が合いはこそすれ、学問的に孔子塾首席かもしれないが、行政官としての経験は皆無。孔子が最も愛した弟子が顔回だったかもしれないが、神格化できるほどすぐれた人物ではない。
顔回伝説

儒者の感想文は次の通り。

古注『論語義疏』

哀公問曰弟子孰為好學孔子對曰有顔回者好學不遷怒不貳過不幸短命死矣今也則亡未聞好學者也註凡人任情喜怒違理顔淵任道怒不過分遷者移也怒當其理不移易也不貳過者有不善未嘗復行也疏哀公問至者也 云哀公問曰弟子孰為好學者哀公問孔子諸弟子之中誰為好學者云孔子對曰有顔回者好學者荅曰弟子之中唯有顔回好學云不遷怒者此舉顔淵好學分滿所得之功也凡夫識昧有所瞋怒不當道理唯顔回學至庶㡬而行藏同於孔子故識照以道怒不乖中故云不遷遷猶移也怒必是理不遷移也云不貳過者但不能照機機非已所得故於己成過凡情有過必文是為再過而回當機時不見已乃有過機後即知知則不復文飾以行之是不貳也故易云顔氏之子其殆庶㡬乎有不善未嘗不知知之未嘗復行是也然學至庶幾其美非一今獨舉怒過二條者葢有以也為當時哀公濫怒貳過欲因荅寄箴者也云不幸短命死矣者凡應死而生曰幸應生而死曰不幸若顔子之徳非應死而今死故曰不幸也命者稟天所得以生如受天教命也天何言哉設言之耳但命有短長顔生所得短者也不幸而死由於短命故曰不幸短命死矣云今也則亡者亡無也言顔淵既已死則無復好學者也然游夏文學著於四科而不稱之便謂無者何也游夏非體之人不能庶㡬尚有遷有貳非關喪子唯顔生鄰亞故曰無也云未聞好學者也者好學庶㡬曠世唯一此士難重得故曰未聞也 註凡人至行也 云凡人任情喜怒違理者未得坐忘故任情不能無偏故違理也云顔淵任道怒不過分者過猶失也顔子與道同行捨不自任已故曰任道也以道照物物豈逃形應可怒者皆得其實故無失分也云遷者移也怒當其理不移易也者照之故當理當理而怒之不移易也云不貳過者有不善未嘗復行也者即用易繫為解也未嘗復行謂不文飾也

本文「哀公問曰弟子孰為好學孔子對曰有顔回者好學不遷怒不貳過不幸短命死矣今也則亡未聞好學者」。
注釈。凡人は感情のままに喜んだり怒ったりして道理から外れるが、顔淵は道理のままに怒っても怒り過ぎず八つ当たりはしなかった。怒るべき時に怒り八つ当たりしなかった。不貳過とは、善からぬ事を二度としなかったということだ。

付け足し。哀公は出来上がった人間を問うた。哀公問曰弟子孰為好學とは、哀公が孔子に弟子の中で誰が学問好きか問うたのである。孔子對曰有顔回者好學とは、孔子が答えて弟子の中では顔回が学問を好むと言ったのである。不遷怒とは顔淵が学問の余慶で得た境地を言ったのである。凡人はバカの自覚が無いから怒ると道理に外れるが、顔回は学問をしたので聖人になりかかっており言動や思考が孔子と同じだった。だから怒ってもいちいち道理を考えてそこから離れないようにしていた。だから不遷と言った。遷とは移るのようなものだ。怒っても必ず道理にかない、八つ当たりしなかったという事だ。不貳過とは時宜に照らし合わせることが出来ずに間違いをやらかしたのを自覚して、それゆえ自分の間違いに気付くということで、凡人は間違いをやらかすと必ず誤魔化すから、また間違いをやらかすのだが、顔回は時宜に照らし合わせて自分に間違いが無いかを思ったので時宜もすぐに理解し理解したからには誤魔化さなかった。だから二度と間違いをやらかさなかった。だから易に「顔氏の子はほとんど聖人であるぞよ間違いをしたら気付かないことが無く二度とやらかさなかった」とあるのはもっともである。

需要も無かろうし、偽善と妄想と歯が浮くようなゴマスリにうんざりして面倒くさくなったから一旦ここで打ち切る。後日気が向いたら訳すことにする。

然學至庶幾其美非一今獨舉怒過二條者葢有以也為當時哀公濫怒貳過欲因荅寄箴者也云不幸短命死矣者凡應死而生曰幸應生而死曰不幸若顔子之徳非應死而今死故曰不幸也命者稟天所得以生如受天教命也天何言哉設言之耳但命有短長顔生所得短者也不幸而死由於短命故曰不幸短命死矣云今也則亡者亡無也言顔淵既已死則無復好學者也然游夏文學著於四科而不稱之便謂無者何也游夏非體之人不能庶㡬尚有遷有貳非關喪子唯顔生鄰亞故曰無也云未聞好學者也者好學庶㡬曠世唯一此士難重得故曰未聞也 註凡人至行也 云凡人任情喜怒違理者未得坐忘故任情不能無偏故違理也云顔淵任道怒不過分者過猶失也顔子與道同行捨不自任已故曰任道也以道照物物豈逃形應可怒者皆得其實故無失分也云遷者移也怒當其理不移易也者照之故當理當理而怒之不移易也云不貳過者有不善未嘗復行也者即用易繫為解也未嘗復行謂不文飾也

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. 石渡健太郎 より:

    数十年にわたって疑問に思っていた 多くの章に 明快な解釈をお示しいただいて感謝しながら拝読させていただいております。ありがとうございます。さて つまらないことではありますが・・・・

    小生も 英語には強くありませんが 【ヴァリアント】なる語について 

    variant と綴るか valiant と綴るかで意味も異なるようです。後者ですと ここにお書きになったような意味ですが 前者ですと また違う意味があるようです。以下ググったものをご参考までに貼り付けました。

    精選版 日本国語大辞典の解説
    バリアント〘名〙 (variant)
    ① 著作物などで、本文の異同。異文。
    ※モオツァルト(1946)〈小林秀雄〉三「ノオトもなければヴァリアントもなく、修整の跡もとどめぬ彼の原譜は」
    ② 言語学で、ある語と少しだけ形の異なる語形。異形(いけい)。
    出典 精選版 日本国語大辞典
    精選版 日本国語大辞典について 情報