論語詳解285顔淵篇第十二(7)子貢政を問う°

論語顔淵篇(7)要約:政治の要は政治家への信頼。それがなければいくら豊かで平和な時代でも、政治は成り立たないと孔子先生。弟子一番の実務家・子貢は、それに疑問を投げかけます。歴史に詳しい先生は、その理由を説いたのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子貢問政。子曰、「足食、足兵、*民信之矣。」子貢曰、「必不得已而去、於斯三者何先。」曰、「去兵。」子貢*曰、「必不得已而去、於斯二者何先。」曰、「去食。自古皆有死、民無*信不立。」

校訂

武内本

清家本により、民の前に使の字を補う。曰字の上唐石経子貢二字あり。不、唐石経無に作る。

復元白文

子 金文江 金文問 金文政 金文 子 金文曰 金文 足 金文食 金文 足 金文論語 兵 金文 民 金文信 金文之 金文已 矣金文 子 金文江 金文曰 金文 必 金文不 金文得 金文已 矣 金文而 金文去 金文 於 金文斯 金文三 金文者 金文何 金文先 金文 曰 金文 去 金文論語 兵 金文 子 金文江 金文曰 金文 必 金文不 金文得 金文已 矣 金文而 金文去 金文 於 金文斯 金文二 金文者 金文何 金文先 金文 曰 金文 去 金文食 金文 自 金文古 金文皆 金文有 金文死 金文 民 金文無 金文信 金文不 金文立 金文

※貢→江・矣→已。

書き下し

子貢しこうまつりごとふ。いはく、じきし、いくささば、たみこれたよりとせ子貢しこういはく、かならむをずしたば、つのものおいなにをかさきにせむ。いはく、いくさてむ。子貢しこういはく、かならむをずしたば、ふたつのものおいなにをかさきにせむ。いはく、じきてむ。いにしへよりみなり、たみたよりくんばたず。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 子貢 孔子
子貢が政治を問うた。先生が言った。「食を充足させ、兵を充足させれば、民は信用するだろう。」子貢が言った。「どうしてもやむを得ず省くなら、この三つの内何が先でしょう。」先生が言った。「兵だな。」子貢が言った。「どうしてもやむを得ず省くなら、この二つの内何が先でしょう。」先生が言った。「食だな。昔から死はあるが、民が信用しなければ政治は成り立たない。」

意訳

論語 子貢 問い 論語 孔子 水面
子貢「政治の要点を一つ。」
孔子「十分食わせ、十分軍を備えておけば、民は信用する。」

子貢「どれか省くとしたら?」
孔子「軍備だな。」
子貢「さらに省くとしたら?」
孔子「食糧だな。」

論語 子貢 驚き 論語 孔子 キメ2
子貢「え? 餓死しちゃいますよ。」

孔子「いいかよく聞け。昔から餓死はあったから、いざとなれば民も覚悟するが、その信用を失ったら、政治どころじゃないぞ。民とはそんな可憐な生き物ではない。一揆や反乱で首を落とされたくなかったら、よぉく覚悟しておくんだな。」

従来訳

論語 下村湖人

子貢が政治の要諦についてたずねた。先師はこたえられた。――
「食糧をゆたかにして国庫の充実をはかること、軍備を完成すること、国民をして政治を信頼せしめること、この三つであろう。」
子貢が更にたずねた。――
「その三つのうち、やむなくいずれか一つを断念しなければならないとしますと、先ずどれをやめたらよろしうございましょうか。」
先師――
「むろん軍備だ。」
子貢がさらにたずねた。
「あとの二つのうち、やむなくその一つを断念しなければならないとしますと?」
先師――
「食糧だ。国庫が窮乏しては為政者が困るだろうが、昔から人間は早晩死ぬものときまっている。国民に信を失うぐらいなら、饑えて死ぬ方がいいのだ。信がなくては、政治の根本が立たないのだから。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

子貢問政。孔子說:「確保豐衣足食、軍事強大、人民信任。」子貢說:「如果不能同時做到,以上三項中哪項可以去掉?「軍事。「如果還不行,剩下二項中哪項可以去掉?「衣食。自古皆有死,缺少人民的信任,國家就要滅亡。」

中国哲学書電子化計画

子貢が政治を問うた。孔子が言った。「衣食を確保し、軍備を強大にすれば、民は信頼する。」子貢が言った。「もし同時には実現不能な場合、三項目からどれを省いていいですか?」「軍事だな。」「もしそれでもダメなら、二項目からどれを省いていいですか?」「衣食だな。昔から誰でも死ぬが、民の信頼を失ったら、国家はすぐさま滅亡だ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

」。 、「 。」 、「 。」、「 。」 、「 。」、「 。」


論語の本章では”満たす”。初出は甲骨文。

『学研漢和大字典』によると象形文字で、ひざからあし先までを描いたもので、関節がぐっとちぢんで弾力をうみ出すあし。おしちぢめて、いっぱいにつまる。転じて、欠けめがない、という。詳細は論語語釈「足」を参照。

論語の本章では”食糧”。初出は甲骨文。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、「亼(あつめて、ふたをする)+穀物を盛ったさま」をあわせたもの。容器に入れて手を加え、柔らかくしてたべることを意味する、という。詳細は論語語釈「食」を参照。

論語の本章では”軍備”。初出は甲骨文

『学研漢和大字典』によると会意文字で、上部は斤(おの→武器)の形。その下部に両手を添えたもので、武器を手に持つさまを示す。並べあわせて敵に向かう兵隊の意、という。詳細は論語語釈「兵」を参照。

於斯三者何先

論語 先 金文論語 先
「先」(金文)

論語の本章では”この三つからは、どれが先か”。

」(これ)を動詞の”切る・裂く”と読んで、「三者を斯(さ)くに於いて何をか先にせん」と読み下せるが、文意は変わらない。『学研漢和大字典』による「先」の原義は、人間のつま先。

必不得已而去

論語の本章では、「必」=”どうしても”、「不得已」=”やむを得ない”、「而」=”それで”、「去」=”取り去る”。「已」は”終わる・止む”。

民信之矣

論語 民 金文 論語 信 金文
「民」「信」

論語の本章では、”民はきっと信用する”だろう。句末の「矣」は断定・強意の記号で、ここでは強意。語源は人の振り返った姿。詳細は論語語釈「矣」を参照。「之」は直前が動詞であることを示す記号で、意味内容を持たない。詳細は論語語釈「之」語法②-2を参照。

なお別解として、「之」を子貢が問うた「政」と解しても誤りではない。

子貢が孔子の答えを「三箇条」と見ていることから、食・兵・民信の三つとするため「民の信これ矣(なり)」と読み下したくなるが、文法的には困難。「之」は動詞として”行く”の語義は持つが、”これである”というbe動詞のような機能は持っていないからだ。

なお武内本の指摘通り、「使民信之矣」だったとすると、ここは「民を使て之を信ぜしめれ」(食糧と軍備を確保して、民に信用させ切ってしまえ)と解せる。論語語釈「民」も参照。

自古皆有死

論語 自 金文 論語 死 金文
「自」「死」(金文)

論語の本章では”昔から誰でも死ぬ”。

税収が無くなって為政者が飢える、としたのが従来訳の解釈。しかし飢饉には民から先に死んでいくのは古今東西変わらない史実だから、その解釈には無理がある。この偽善のニオイの元は古注からある。

李充云朝聞道夕死孔子之所貴捨生取義孟軻之所尚自古有不亡之道而無有不死之人故有殺身非䘮已苟存非不亡己也

李充「”朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり”(論語里仁篇8)は、孔子の尊ぶところであった。命を捨てて正義をまっとうするのは、孟子の尊ぶ所だった。昔から不滅の道はあっても、不死の人間はいない。だから身を殺して自分を失わないことはあっても、生きたまま自分を失わずにいられたためしは無い。」(『論語集解義疏』)

まことに結構なお説教だが、南北朝時代と言えば中国でも指折りのバカげた時代で、北半分は規模の大きなヤクザのような連中が切り取り騒ぎに忙しく、南半分は偽善と贈収賄とクスリにまみれたしょうもない王朝が続き、その東晋王朝で文化方面の高官(大著作郎)や皇帝の秘書官(中書侍郎)にまで出世した李充が、人に説教できるほどまともな人物だったとは思えない。

新注も言っている事は大体同じ。

民無食必死,然死者人之所必不免。無信則雖生而無以自立,不若死之為安。故寧死而不失信於民,使民亦寧死而不失信於我也。程子曰:「孔門弟子善問,直窮到底,如此章者。非子貢不能問,非聖人不能答也。」愚謂以人情而言,則兵食足而後吾之信可以孚於民。以民德而言,則信本人之所固有,非兵食所得而先也。是以為政者,當身率其民而以死守之,不以危急而可棄也。

民は食糧が無くなれば必ず死ぬが、死は人にとって必ずやって来るものだ。信用が無ければ生きていても自立出来ないから、むしろ死んでしまって安らぐ方がましだ。だから死んで民の信用を失わない方が、民を死なせても信用を失わないよりましだ。

程頤「孔子一門の弟子の問いは素晴らしい。直接に物事の本質に迫り切る。この章はその例だ。子貢でなければ出来ない問いだ。聖人でなければ答えられない問いだ。」

愚かな私が考えるに、人の素直な思いとしては、軍備も食糧も足りて、やっと民の信用が出来るというものだ。だが躾の済んだ民なら、信用するかどうかは、兵食がどうかに関係ない。だから為政者は、体を張って民の先頭に立つことを死守し、よほどの非常事態でなければやめてはならない。(『論語集注』)

論語 自 甲骨文 論語 自
(甲骨文)

『学研漢和大字典』によると「自」は象形文字で、人の鼻を描いたもの。「私が」というとき、鼻を指さすので、自分の意に転用された。また出生のさい、鼻を先にしてうまれ出るし、鼻は人体の最先端にあるので、「…からおこる、…から始まる」という起点をあらわすことばとなった、という。詳細は論語語釈「自」を参照。

論語:解説・付記

論語 孔子 叫び
孔子は身分に伴う義務をやかましく言ったから、民主主義とか民本主義とかはまるで頭になかった。それは一部誤解されているが後の孟子も同じ。同時代のギリシアで民主主義が成立し得たのは、奴隷労働あるゆえで、西洋ほど奴隷が多くない古代中国ではそうはいかなかった。

日本史の部民(べのたみ)のような職能別の奴隷集団は、殷王朝にはあったようだが、論語時代の周では史書に記述がほとんど無い。宦官のように、権力者の家産としての家内奴隷はいたが、それらに対する極端な差別や迫害は記録に残っていない。

これは史書を書くような貴族階級がうかつだった可能性もあるが、当時は農耕や器物製作、土木工事など、主に肉体労働に当たる奴隷が一般的でなかった、と考えていいのではないか。

また当時は貴族身分とそれ未満の間に、体格や武器に大きな差があったようで、一揆や反乱で殺された為政者というのも目にしない。しかし落ち目になって逃亡中を、捕まって殺されたという記録は『左伝』などに見える。

これは恐らく青銅器が非常に貴重だったからで、鉄器は出回り始めていたが鋳鉄でしかなく、農具にはなったが利器には使えなかった。しかし漢代になると鋼が出現し、立ち上がった一揆勢があれよあれよという間に反乱軍に成長し、王朝を脅かしたり倒したりするようになる。
論語 反乱

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント