『史記』現代語訳:魯周公世家・哀公

『史記』原文

哀公五年,齊景公卒。六年,齊田乞弒其君孺子。
七年,吳王夫差彊,伐齊,至繒,徵百牢於魯。季康子使子貢說吳王及太宰嚭,以禮詘之。吳王曰:「我文身,不足責禮。」乃止。
吳為鄒伐魯,至城下,盟而去。齊伐我,取三邑。十年,伐齊南邊。
齊伐魯。季氏用冉有有功,思孔子,孔子自衛歸魯。齊田常弒其君簡公於俆州。孔子請伐之,哀公不聽。
十五年,使子服景伯、子貢為介,適齊,齊歸我侵地。田常初相,欲親諸侯。
十六年,孔子卒。
二十二年,越王句踐滅吳王夫差。
二十七年春,季康子卒。夏,哀公患三桓,將欲因諸侯以劫之,三桓亦患公作難,故君臣多閒。公游于陵阪,遇孟武伯於街,曰:「請問余及死乎?」對曰:「不知也。」公欲以越伐三桓。八月,哀公如陘氏。三桓攻公,公奔于衛,去如鄒,遂如越。國人迎哀公復歸,卒于有山氏。子寧立,是為悼公。

『史記』書き下し

哀公五年、斉の景公卒す。六年、斉の田乞、其の君孺子を弑す。七年、呉王夫差彊(つよ)し。斉を伐ち、繒(ソウ)に至り、百牢を魯に徴(もと)む。季康子、子貢をして呉王及び太宰嚭(ヒ)に説かしめ、礼を以て之を詘(しりぞ)く。呉王曰く、「我、身に文(あや)なせり。礼を責むるに足らず。」乃ち止む。八年、呉、鄒の為に魯を伐ち、城下に至り、盟いて去る。斉、我を伐ち、三邑を取る。十年、斉の南辺を伐つ。十一年、斉、魯の季氏を伐ち、冉有を用いて、功有りて、孔子を思う。孔子、衛自り魯に帰る。十四年、斉の田常、其の君簡公を徐州に弑す。孔子、之を伐つを請うも、哀公聴かず。十五年、子服景伯を使わし、子貢を介(たすけ)と為して斉に適かしむ。斉、我に侵地を帰す。田常、初めて相たりて、諸侯に親しまんと欲す。十六年、孔子卒す。二十二年、越王勾践、呉王夫差を滅ぼす。二十七年、季康子卒す。夏、哀公、三桓を患い、将に諸侯に因り以て之を劫さんと欲す。三桓も亦た公の難を作すを患う。故に君臣、間多し。公、陵坂に游び、孟武伯に衢(ちまた)に遇う。曰く、「請い問う、余は死に及ばんか。」対えて曰く、「知らざるなり。」公、越を以て三桓を伐たんと欲す。八月、哀公、陘氏に如く。三桓、公を攻む。公、衛に奔り、去りて鄒に如き、遂に越に如く。国人、哀公を迎う。復た帰り、有山氏に卒す。子の寧立つ。是を悼公と為す。

『史記』現代日本語訳

哀公五年(BC490)、斉の景公が死んだ。

六年(BC489)、斉の田乞が、その主君孺子を殺した。

七年(BC488)、呉王夫差が強大化した。斉を攻め、繒*(ソウ)まで進軍し、百牢*による接待を魯に求めた。季氏の当主季康子は、子貢を使いに出して呉王とその宰相嚭(ヒ)を説得し、礼法を持ち出してあきらめさせた。呉王が言った。「私は体に入れ墨をしている野蛮人だ。礼法を持ち出されたら従うしかない。」それでやめになった*。

八年(BC487)、呉は鄒のために魯を攻撃し、都城の城下まで押し寄せ、和議を結んで帰った。斉は魯を攻撃し、三邑を取った。

十年(BC485)、斉の南辺を攻撃した。

十一年(BC484)、斉は魯の季氏を攻撃し、季氏は孔子の弟子の冉有を用いて撃退に成功したので、孔子を呼び戻そうとした。孔子は衛から魯に帰った。

十四年(BC481)、斉の田常が、その主君簡公を徐州で殺した。孔子はこれを伐つよう哀公に求めたが、哀公は許さなかった。

十五年(BC480)、子服景伯を使わし、子貢を副使にして斉に行かせた。斉は魯に占拠した土地を返した。田常は初めて宰相となって、諸侯と親しみたいと願った。

十六年(BC479)、孔子が死んだ。

二十二年(BC473)、越王の勾践が、呉王の夫差を滅ぼした。

二十七年(BC468)、季康子が死んだ。夏、哀公は門閥三家老(三桓)の専権を嫌い、今にも諸侯の助けを得て滅ぼそうとした。三桓もまた、哀公が戦乱を起こそうとしているのを憎んだ。こうして君臣の間が疎遠になった。

哀公が陵坂に出かけ、街路で孟氏の当主・孟武伯と会った。哀公が言った。「ちょっと聞きたいのだが、お前達は私を殺す気か。」孟武伯が答えた。「知りません。」哀公は越国の力を借りて三桓を伐とうとした。

八月、哀公が陘氏に行った。三桓が哀公を攻めた。哀公は衛に逃げ、そこも去って鄒に行き、さらに越国に逃亡した。国人が哀公を迎えたので、復た魯国に帰り、有山氏で死んだ*。子の寧が国公に立った。これを悼公と呼んだ。

『史記』注

繒(ソウ):鄫と同じ。

論語 斉 魯 地図

クリックで拡大。Map via http://shibakyumei.web.fc2.com/

百牢:ウシ・ヒツジ・ブタをセットにした焼き肉料理を牢といい、それの百揃え。

やめになった:『左伝』によれば百牢はやめになっていない。季康子の出席は取りやめになった。

有山氏で死んだ:『左伝』では越で死んだことになっている。

BC494 哀公1 孔子58 衛に行き晋に向かうが果たせず。呉の使いに骨の由来を説明 魯・哀公即位。呉、越を破り巨大な骨を得る
493 2 59 衛を出、曹を通り宋に行く。宋将軍桓魋カンタイに追われる。弟子一同とも散り散りになって鄭に逃れる 衛・霊公死去
492 3 60 鄭より陳に向かい、4年ほど陳・サイで過ごし、楚に出掛ける。各地の王侯貴族より賓客として迎えられる 魯・このころかつての学友・南宮敬叔、火消しとして奮戦。季桓子、跡継ぎの季康子に孔子を呼び戻すよう遺言して死去。ペルシア戦争始まる
491 4 61 魯・季康子、孔子を呼び戻そうとして取りやめる
490 5 62 佛肸フツキツの招きに応じようとするが果たせず 晋の佛肸、孔子を招く。斉・公子陽生、魯に亡命。望んで季康子の妹をめとる。斉・景公死去。子の晏孺子荼即位
489 6 63 楚・昭王の招きに応じ、子貢・宰我を伴って向かうが、陳・蔡の妨害に遭う。楚の宰相・子西も反対し、仕官できず衛へ 楚・昭王死去。斉・荼を廃位し、魯に亡命していた公子陽生、帰国して即位し悼公となる
488 7 64 衛・出公に仕える? 呉、会盟で無理な要求を魯に突きつける。魯、百牢を出す。魯・季康子、子貢を派遣して自分の出張を撤回させる。邾を攻める。
487 8 65 呉、邾の要請で魯を攻撃。弟子の有若、迎撃部隊から外される。斉、魯を攻める。邾、呉の力で復国。斉と和睦
485 10 67 夫人の幵官氏死去。子貢を派遣して呉から援軍を引き出す 魯、呉と同盟して斉を攻める。斉・悼公、殺され、簡公擁立される
484 11 68 魯に戻る。のち家老の末席に連なる 弟子の冉求、侵攻してきた斉軍を撃破。魯、呉と連合して斉に大勝
483 12 69 もう弟子ではないと冉有を破門 魯・季康子、税率を上げ、家臣の冉求、取り立てを厳しくする
482 13 70 息子の鯉、死去 呉王夫差、諸侯を集めて晋と覇者の座を争う。一方本国を越軍に攻められ、大敗
481 14 71 斉を攻めよと哀公に進言、容れられず 弟子の顔回死去。孟懿子死去。魯で麒麟が捕らわれる。斉・簡公、陳成子によって殺される
480 15 72 弟子の子路死去
479 16 73 死去。西暦推定日付3/4。曲阜城北の泗水シスイ河畔に葬られる ギリシア、プラタイアの戦い
473 22 越、呉を滅ぼす
471 24 魯・哀公、晋と連合して斉を攻める
468 27 魯・哀公、孟武伯に追われ越に逃亡、翌年死去

『史記』付記

思案中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)