論語詳解081里仁篇第四(15)参や、吾が道は*

論語里仁篇(15)要約:曽子は孔子家の下男に過ぎません。それを立派な弟子に仕立て上げるために、後世の儒者がでっち上げたラノベ。しかしまるで想像力が無く、どうせ創作するなら、もう少しましなことが書けなかったんでしょうか。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「參乎。吾道一以貫之*。」曾子曰、「唯。」子出、門人問曰、「何謂也。」曾子曰、「夫子之道、忠恕而已矣。」

校訂

武内本

清家本により、之の下哉の字を補う。

定州竹簡論語

……何謂也?曾子曰:「夫子之道,忠恕而已矣。」72

復元白文

論語 子 金文論語 曰 金文 論語 参 金文論語 乎 金文 論語 吾 金文論語 道 金文一 金文㠯 以 金文毌 金文之 金文 論語 曽 金文論語 子 金文論語 曰 金文 論語 唯 金文 論語 子 金文論語 出 金文 論語 門 金文論語 人 金文論語 問 金文論語 曰 金文 論語 何 金文論語 謂 金文也 金文 論語 曽 金文論語 子 金文論語 曰 金文 論語 夫 金文論語 子 金文之 金文論語 道 金文 忠恕而 金文已 矣金文㠯 以 金文

※貫→毌・矣→以。論語の本章は赤字が論語の時代に存在しない。本章は漢帝国の儒者による捏造である。

書き下し

いはく、しんみちは一にして、これつらぬけりと。曾子そうしいはく、しかり。づ。門人もんじんうていはく、なんいひ曾子そうしいはく、夫子ふうしみち忠恕ちうじよなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子 論語 曽子
先生が言った。「参よ、私の道は一つで、それでずっと道を貫いているのだ」。曽子が言った。「はい」。先生は部屋を出た。門人が問うて言った。「何を言ったのか」。曽子が言った。「先生の道は、真心と思いやりだけだ」。

意訳

論語 孔子 人形論語 曽子 ウスノロ
孔子「曽子よ! 私はずっと一つのことを貫いてきたのだ。」
曽子「はい。仰る通りです。」
孔子が席を立った。

論語 弟子 論語 曽子 怒
他の塾生「どういう意味です?」
曽子「有り難くわが言葉を拝聴するが良い。先生の道は、忠義と思いやりなのであるぞよ。」

従来訳

論語 下村湖人
先師がいわれた。
(しん)よ、私の道はただ一つの原理で貫かれているのだ。」
曾先生が答えられた。――
「さようでございます。」
先師はそういって室を出て行かれた。すると、ほかの門人たちが曾先生にたずねた。――
「今のは何のことでしょう。」
曾先生は答えていわれた。――
「先生の道は忠恕の一語につきるのです。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「曾參啊!我的思想是用一個基本思想貫徹始終的。」曾子說:「是。」孔子走後,其他學生問:「什麽意思?」曾子說:「老師的思想,就是忠恕。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「曽子よ! 私の思想は、一つの根本思想で貫かれているのだ。」曽子が言った。「はい。」孔子が去った後、他の塾生が問うた。「どういう意味か。」曽子が言った。「先生の思想は、つまり忠実と思いやりだ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」 、「。」 、「 。」 、「

參(参)

論語 参 金文 論語 曽子
(金文)

孔子の弟子、曽子の名。曽子は孔子の直弟子ではなく、仮に実在したとしても、孔子家の下男に過ぎない。

この文字の初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音は不明。部品の毌に”つらぬく”の意があり、貫の字の初文=最初の書体とされる。詳細は論語語釈「貫」を参照。

吾道一以貫之

ここでの「以」は下に目的語を持たないので、接続詞。”そのことで”。全体として”私の道は一つである。そのことで、之=道を貫いてきた”。

漢文の中での「以」は、

  1. 動詞”用いる”
  2. 前置詞”…で”
  3. 接続詞”それで・そのことで”

のいずれかをまず検討すると良い。それ以外の語義もあるが、詳細は論語語釈「以」を参照。

この文字の初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しない。戦国時代の戦争が激しくなり、諸国が軍国主義を取り領民に忠義を求めるようになってから現れた概念である。詳細は論語語釈「忠」を参照。同音の「中」と書いた可能性はあるが、その場合の意味は”まごころ”。

論語 恕 篆書 論語 恕 字解
(篆書)

『大漢和辞典』の第一義は”思いやり”。他人を自分の「如く」思う「心」。他人を自分と同一視すること。甲骨文・論語の時代の金文は未発掘で、戦国時代末期になって現れる語。論語の時代には存在しないが、「如心」と二文字で書いた可能性はあるに止まる。詳細は論語語釈「恕」を参照。

現伝の「恕」の解釈を発明したのは前漢の儒者で、もちろん孔子や曽子とは関係が無い。論語衛霊公篇24の付記を参照。

而已矣(ジイイ)

論語 而 金文 論語 已 金文 論語 矣 金文大篆
(金文)

論語の本章では、”~だけである”。「而」は接続辞、「已」は”やむ・おわる”、「矣」は断定または詠嘆の言葉。”~であって終わるのである”。二文字「而已」でも三文字揃っても「のみ」と読み下すのが伝統的だが、訳者はもう少しまじめに原文を読もうとした。

なお”のみ”と言いたいならただ一言「」と言えば済むのだが、「而已矣ジイイ」と曽子が言葉を重ねて言ったのは、もったいぶった言い方をしたことを示す。無能がばれて明治政府から追い出された大隈重信が、演説で「あるんであるんである」と言ったのと似ている。

「而」について詳細は論語語釈「而」を参照。

論語:解説・付記

本章は、曽子の系統を引く漢帝国の儒者が、曽子をご本尊の一つに祭り上げるためにでっち上げたウソ八百である。

論語 孔子 説教
多くの儒者や伝統的論語読者の願望とは異なって、曽子は名のある弟子の中でも最も出来が悪い。孔子は曽子について、本章の他は「あいつはウスノロだ」と論語先進篇17で言っただけ。辛口の人物評論家の孔子だが、ここまでこき下ろしたのは他に高柴だけである。

論語には曽子のお説教が13ほど載せられており、孔子以外の言葉としては群を抜いて多いが、孔子から親しく教えられたのなら、曽子と孔子の対話がもっと論語にあって然るべきで、裏を返せば大して孔子に教わらなかったし、教わったにしてもメモを取らなかったのだろう。

論語 顔回
孔子は顔回について、自分の教説をよく覚え、それを顔回自身の生活に応用しているのを見てことのほか感動している(論語為政篇9)。教師というものはそういうもので、対していくら教えても覚えず、メモを取って覚えようともしない曽子を、孔子は好きではなかっただろう。

孔子は人の好き嫌いが激しい人で、その意味で決して聖人君子ではない。論語では嫌な来訪者に居留守を二度も使い(論語陽貨篇120)、一度はその者が家を出たとたんに琴をじゃんじゃんかき鳴らし、これ聞こえよがしに追い払う人だった。弟子だろうと嫌いな者はいただろう。

孔子は入門に当たり、それまでの身分を一切捨て去れと注意したにもかかわらず、弟子の中で唯一上級貴族だった司馬牛は、入門後にも身分を鼻に掛けた。孔子が子馬牛をおそらく謀略に利用し死から救わなかったのは、そんな司馬牛が嫌いだったからで、好々爺では決してない。

また論語の本章は、曽子を孔子の弟子と見せかけるために偽造された儒者の作文だが、論語のみならず史書の類でも同様に、儒者というのは恐ろしく想像力が無い。国を滅ぼした神代の君主が、みな同様の酒池肉林をやらかしているのがその一つで、偽造するにも芸が無い。

本章もそうで、どうせ対話を偽造するなら、それらしくやりとりを重厚に描くべき所、ただ「唯」としか曽子に言わせていない。バカでも書ける出来の悪いラノベと言うべきで、要するに書類さえ整っていればOKという、役人根性丸出しの下手くそなウソである。

論語の本章はそれを踏まえて解釈すべきで、もし史実とするなら、曽子に何を言っても無駄だから、多くは語らなかったのだ。おしゃべりな孔子にしては極めて珍しい。論語に記載された曽子の発言が、概して雲をつかむようなつぶやきで全然面白く無いのももっともだ。

そんな曽子がなぜ後世神格化されたかは、曽子のページをご覧頂きたい。論語の前半は曽子→孟子の影響が強いが、意気込んだ論語読者のやる気をくじくような宣伝ばかりしている曽子の語録は、いっそ省いてしまった方が、現代人にとってはいいのではなかろうか。

論語 曽子 怒
確かに孔子が嫌いだったからと言って、訳者が曽子を嫌う理由にはならないが、論語全512章の内13章となると、2.5%もの宣伝がちりばめられていることになる。もちろんねじ込んだのは曽子ではなくおそらく後世の孟子だが、下記する理由からろくでもない男と思われる。

加えて君子としていくさで国を守った記録も、善政で民を救った記録もない。

理の当然で、ウスノロの下男を雇えるほど論語時代の政界に余裕は無かった。その結果だろうか、晩年には食うに困って、各地で成功している兄弟弟子を巡回している。しかし素直に頼ればよいものを、小言じじいのように威張り返り、子の死に悲しむ子夏を罵倒までしている。

歴代の儒者は概していじめが好きだが、曽子はその始祖と言っていいのではないか。

論語 孔伋子思 論語 貧乏
曽子が食うに困ったことは間接的な証拠がある。曽子が持ち上げられる光源になったのは、孔子の孫・子思のお守り役だったからだが、その大事なご本尊を曽子は、「宋国で貧窮にあえが」せていた(『史記』孔子世家)。曽子のカネに余裕があったら、そうはならないだろう。

なお従来の論語本では、吉川本に「清儒の中には、貫は行なりという訓詁から出発して、貫の字は実践を意味し、全てを実践するのが自分の方法である、という新説をたてるものもある」とある。清代は新説を立てないと学者として食えなかった時代で、同情する余地はある。

同時に、真に受ける必要は必ずしも無い。最後に儒者の言い分を見ておこう。

古注『論語義疏』

子曰參乎吾道一以貫之哉曾子曰唯註孔安國曰直曉不問故荅曰唯也子出門人問曰何謂也曾子曰夫子之道忠恕而已矣疏子曰至已矣 云參乎者呼曾子名欲語之參曾子名也云吾道一以貫之哉者所語曾子之言也道者孔子之道也貫猶統也譬如以繩穿物有貫統也孔子語曾子曰吾教化之道唯用一道以貫統天下萬理也故王弼曰貫猶統也夫事有歸理有㑹故得其歸事雖殷大可以一名舉總其㑹理雖博可以至約窮也譬猶以君御民執一統衆之道也云胃子曰唯者唯猶今應爾也曾子曉孔子言故直應爾而已不諮問也云子出者當是孔子往曾子處得曾子荅竟後而孔子出戶去云門人問曰何謂也者門人曾子弟子也不解孔子之言故問於曾子也云曾子曰夫子之道忠恕而已矣者曾子荅弟子釋於孔子之道也忠謂盡中心也恕謂忖我以度於人也言孔子之道更無他法故用忠恕之心以已測物則萬物之理皆可窮驗也故王弼曰忠者情之盡也恕者反情以同物者也未有反諸其身而不得物之情未有能全其恕而不盡理之極也能盡理極則無物不統極不可二故謂之一也推身統物窮類適盡一言而可終身行者其唯恕也

本文。「子曰參乎吾道一以貫之哉曾子曰唯」。

注釈。孔安国「回りくどい問いなので、”はい”とだけ答えたのである。」

本文。「子出門人問曰何謂也曾子曰夫子之道忠恕而已矣」。

付け足し。先生は真髄を騙りそれが記された。

「參乎」というのは曽子の名を呼んで、これと語りたかったのである。參とは曽子の名である。「吾道一以貫之哉」とは、曽子に語った言葉である。道とは孔子の道である。貫とはずっと続けてきたということである。丁度ヒモでものを繋げたような事を言う。

孔子が曽子に語ったこととは、「我が教えはたった一つの原則で天下のあらゆる事柄を見通すものである」ということだ。

だから王弼が言った。「貫とはまとめ上げるに近い。如何なる現象も原理原則に従うから作用できる。だからその原理は膨大なあらゆる現象をたった一つの原理にまとめたもので、どんな出来事でもその範疇で理解することが出来る。例えるなら、君主がただ一人で万民を統治するようなものである。」

胃子「唯とは、”今あなたの仰ったとおりです”という意味だ。曽子は孔子の言葉の隅々まで理解していたので、すぐさま”その通りです”と返事をし、問い返す必要が無かった。子出とは、孔子が曽子の目の前で問うたのに対し、曽子がすぐさま返事をしたので、満足して立ち去ったということだ。門人問曰何謂也とは、曽子の弟子が孔子の言葉の意味が分からず、曽子に問うたという事だ。曾子曰夫子之道忠恕而已矣とは、曽子が弟子に答えて、孔子の教説を解説してやったという事だ。忠とは真心を尽くすことだ。恕とは他人の立場で思いやるという事だ。」

本章の心は、孔子の道は他でもないことを言った。だから忠恕の心で森羅万象を見つめれば、理解できないことが無いのを示した。

だから王弼は言った。「忠とは心を尽くすことだ。恕とは相手を自分と同一視することだ。同一視が出来なければ、それが何でどうなっているかが分からない。同一視をまっとうできなければ、原理原則は理解できない。原理が理解できればこの世に分からないことなど無い。だからたった一つの道と言ったのだ。その原理は一言で言い尽くせる。そして生涯守り続けるべき者が、恕の心なのだ。」

おそらく漢儒がでっち上げただろう本文に、一生懸命理屈を付けようとして、ますます黒魔術みたいにしている。これは古注の儒者もむしろ被害者で、儒者は儀礼の類を偽作する達人ではあったものの、お話作家としては芸が無かったことの尻拭いをさせられている。

新注『論語集注』

參,所金反。唯,上聲。參乎者,呼曾子之名而告之。貫,通也。唯者,應之速而無疑者也。聖人之心,渾然一理,而泛應曲當,用各不同。曾子於其用處,蓋已隨事精察而力行之,但未知其體之一爾。夫子知其真積力久,將有所得,是以呼而告之。曾子果能默契其指,即應之速而無疑也。

盡己之謂忠,推己之謂恕。而已矣者,竭盡而無餘之辭也。夫子之一理渾然而泛應曲當,譬則天地之至誠無息,而萬物各得其所也。自此之外,固無餘法,而亦無待於推矣。曾子有見於此而難言之,故借學者盡己、推己之目以著明之,欲人之易曉也。蓋至誠無息者,道之體也,萬殊之所以一本也;萬物各得其所者,道之用也,一本之所以萬殊也。以此觀之,一以貫之之實可見矣。或曰:「中心為忠,如心為恕。」於義亦通。程子曰:「以己及物,仁也;推己及物,恕也,違道不遠是也。忠恕一以貫之:忠者天道,恕者人道;忠者無妄,恕者所以行乎忠也;忠者體,恕者用,大本達道也。此與違道不遠異者,動以天爾。」又曰:「『維天之命,於穆不已』,忠也;『乾道變化,各正性命』,恕也。」又曰:「聖人教人各因其才,吾道一以貫之,惟曾子為能達此,孔子所以告之也。曾子告門人曰:『夫子之道,忠恕而已矣』,亦猶夫子之告曾子也。中庸所謂『忠恕違道不遠』,斯乃下學上達之義。」

參は所-金の反切の音である。唯は上がり調子に読む。參乎とは、曽子の名を呼んだのである。貫とは通すことである。唯とは、すぐさま返事して疑問が無いことを言う。聖人之心は一つの原理を分かちがたくまとめており、どんなことにも応用出来るが、その用い方はそのたび異なる。曽子はその応用について、たぶん熱心に極めていたが、ただし原則のなんたるかが分からなかった。先生は曽子の熱心を見て、教えてやろうと考えて、呼んで問うたのだ。果たして曽子は先生の暗示をすぐさま悟り、即座に返事して疑問を解いたのだ。

自分を捧げ尽くすのを忠と言い、相手を自分と同一視するのを恕という。而已矣とは、言い尽くしてそれ以外には何も無い、ということだ。先生の示す原理は全てを包括し全てに応用出来る。例えるなら天地は窮極の真心を持ち意志がないから、万物がその場を与えられているようなものである。これ以外に、真理は存在しないし、余計な詮索の必要も無い。曽子はこの曰く言いがたい真理を知ろうとしたから、自分の全てを尽くして学び、全てを自分と同一視することで真理を理解し、人に説明してやろうと思った。

思うに窮極の真心を持ち欲を持たないことが、真理の本体である。万物はこのたった一つによって生かされている。万物がそのように生かされていることが、真理の作用した結果である。そのように考えれば、たった一つの真理が万物を貫き満たしているさまを見て取れる。

ある人が言った。「真心を忠と言い、心のままを恕と言う。」そう解してもよい。

程子「自分と同一視して”してやる”のは、仁である。自分と同一視して”思いやる”のは、恕である。やっていることは違うようだが、実はほとんど同じである。忠恕はただ一つの真理として万物を貫いている。忠を行うのは天の道を行くことであり、恕を行うのは人の道を行くことである。忠なる者には妄想が無い。恕なる者が実行するのが忠なのである。忠は本体であり、恕はその作用である。偉大な原則であり真理に達している。この真理とやり方は違えども遠くないものが、どうかすると天をも左右する。」

程子はこうも言った。「ただ天の命だけが、おだやかで止まない、という。これが忠である。天の変化が、万物の運命を正しくする、という。これが恕である。」

こうも言った。「聖人は人を見て法を説く。”吾道一以貫之”とだけ言えば分かったのは、曽子だけだった。だから孔子はそう言った。そして曽子は弟子に、”先生の道は忠恕だけだ”と言った。それもまた先生が、曽子に暗示したことである。『中庸』が言う”忠と恕はやり方が違うが遠くない”とは、分からぬ者がわかった者に教わって分かることわりを言ったのだ。」

程子=程頤がワケわかめな事を言っているのは、儒教に黒魔術を持ち込んだ張本人だからで、無理に分かる必要は無いし、分かる価値があることも言っていない。後世の西田キタロー同様、ひたすら難解なことを言って、世間をたぶらかしていただけなのだから。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)