論語詳解138雍也篇第六(21)中人以上には’

論語雍也篇(21)要約:好奇心は人の本能で、学びのタネ。しかしいきなり奥義を聞こうとするのは、所詮学びがイヤだからで、聞いたところで身に付かない事がほとんど。孔子先生はやる気のない弟子を、その理詰めで説諭するのでした。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「中人以上、可以語上也。中人以下、不可以語上也。」

校訂

定州竹簡論語

曰:「中人以上,可a語上也;中人以下,不可b語上也。」128

  1. b.近本「可」下有「以」字。

→子曰、「中人以上、可語上也。中人以下、不可語上也。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 中 金文人 金文㠯 以 金文上 金文 可 金文語 金文上 金文也 金文 中 金文人 金文㠯 以 金文下 金文 不 金文可 金文語 金文上 金文也 金文

※論語の本章は、「以」「也」の用法に疑問がある。

書き下し

いはく、中人ちうじん以上いじやうには、かみかたかななり中人ちうじん以下いかには、かみかたからざるかななり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子 切手
先生が言った。「中程度を超える者には、上を語ることが出来るなあ。中程度に満たない者には、上を語ることが出来ないなあ。」

意訳

史実とした場合

孔子 激怒
基礎も学ばないで、いきなり奥義を聞こうというのかお前は。

捏造とした場合

孔子 人形
カリキュラム通りに学ばない奴は、破門であるぞよ。

従来訳

下村湖人
先師がいわれた。――
「中以上の学徒には高遠精深な哲理を説いてもいいが、中以下の学徒にはそれを説くべきではない。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「中上等天賦的人,可以同他研究高深的學問;中下等天賦的人,不可以同他討論高深的學問。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「生まれつき中上等の能のある人とは、共に高尚な学問の研究が出来るが、生まれつき中下等の能しかない人とは、共に高尚な学問の討論が出来ない。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

中人

論語の本章では”(学習が)中程度の人”。下掲別伝では、”普通の人”の意味で使われているが、本章は孔子塾における弟子へのお説教であり、ゆえに学習の程度が中ぐらい、と解すべき。

孔子曰:「中人之情也,有餘則侈,不足則儉,無禁則淫,無度則逸,從欲則敗。」

孔子 遠い目
普通の人というのは、少しでも余裕が出来ると贅沢し、少しでも余裕が無くなるとケチケチし、”これはダメだ”とお説教しないとつまらんことにふけり、時間割を決めてやらないとサボり始め、したいようにさせてやると失敗ばかりやらかす。(『孔子家語』六本18)

これは、「だから世間の連中はダメなんだ」と言ったわけではなく、「人にはきちんと教育を授ける必要がある」と言っている。いろいろな意味で強者だった孔子は、悪口を言いふらしてうっぷんを晴らす必要が無かったからである。

以(イ)

以 甲骨文 以 字解
(甲骨文)

論語の本章では”…より”。初出は甲骨文。人が手に道具を持った象形。原義は”手に持つ”。論語の時代までに、”率いる”・”用いる”の語義があったが、「もって」と読んで接続詞や助詞に用いる例は確認できない。詳細は論語語釈「以」を参照。

語 金文 孔子 説教
(金文)

論語の本章では”かたる”。詳細は論語語釈「語」を参照。

可以語上也

定州本により削除したが、「以」は、本章の場合下に目的語を保たないので、代名詞ではなく”それでもって”という接続詞。現代北京語では、「可以」は単に助動詞の”できる”。論語の時代には、一字一語が原則で、熟語はほとんど見られない。

論語:解説・付記

斉の晏嬰に「とても覚え切れない」と批判されたように(『史記』孔子世家)、孔子の教えた礼の習得は容易ではなかった。だが礼を習得しないと、弟子は目指す貴族になれなかった。礼以外の必須科目五つを習得するのも大変だったろう。庶民から成り上がるからには、門閥以上に貴族らしくないといけなかったからである。

ただし論語を通読して分かるのは、六つの必須科目の内、礼と楽にはしばしば言及があるが、射は一例のみ(論語八佾篇16、ただし後世の創作)、御や数に関しては言及が無い。やはり晏嬰の言ったように、礼と楽は、よほど精を出して学ばないと、身に付かなかったのだろう。

その稽古を儒学業界では「杏檀礼楽キョウダンレイガク」と言うが、一門以外の論語時代人にとっては珍妙な光景で、孔子や論語が権威化されて以降の世しか現代人は知らないから、うっかりすると何か高尚な出来事であるかのように勘違いしてしまう。論語を読むなら気を付けたい所だ。
孔子聖蹟図 杏壇礼楽

以上はあまりに孔子をバカにしたと思われるかも知れないが、儒者のもったいぶりは、当の儒者にとっても、人によっては馬鹿馬鹿しかったのだ。明代の人に江盈科コウエイカがいて、四書の多くと五経の一部をそらんじて進士に合格したれっきとした儒学者だが、こう書いている。

公冶長 鳩 懼
孔子の弟子の公冶長は鳥の言葉が分かったが、ある日孔子の座る窓の外に鳩が止まって「コーフーコー」と鳴き始めた。何を言っているんだと孔子が問うて公冶長曰く、「觚、觚ならず」(論語雍也篇25觚不觚コーフーコー)。次に燕が飛んできたので問われて曰く、「之を知るを之を知ると為し、知ら不るを知ら不ると為す、是知る也」(論語為政篇17知之為知之チーシウェイチーシ不知為不知プーチーウェイプーチー是知也シーチイェ)。最後にロバが来ていなないたので問うと、「はて、なまっていてよく分かりませんな。」(『雪濤閣四小書』三)

この他、「何だ今どきの杯(觚)は!」と孔子が古風にこだわった論語雍也篇の章は、その音読を聞いて無学な百姓が、学問とは鳥の鳴き真似をする事だと勘違いした、という話をどこかで読んだ覚えがある。儒者でもまともな頭を保っていた人は、おかしいと思っていたのだ。

なお既存の論語本では吉川本によると、班固の『漢書』「古今人表」で人間を九等級に分けるのは、論語のこの条と、陽貨篇の上知下愚の章に基づいていると当の班固が言うと言う。最後に、上掲『孔子家語』の続きを訳しておく。

…是故鞭扑之子,不從父之教;刑戮之民,不從君之令。此言疾之難忍,急之難行也。故君子不急斷,不急制。使飲食有量,衣食有節,宮室有度,畜積有數,車器有限,所以防亂之原也。夫度量不可不明,是中人所由之令。

…だがサド親父にバシバシ殴られて育った子は、結局父のいうことなど聞きはしないし、むやみに残酷な刑罰にさらされた民は、君主の命令には従わない。だからまともな貴族は、せっかちに目下を悪だと叱らず、せっかちに人を縛る法を定めない。

それよりも、食べ過ぎ、衣食の贅沢、しつらえの華美、蓄財のし過ぎ、車や家具の凝りすぎを戒める。それが世の乱れを防ぐ法だからだ。こうした制限ははっきりと公表するがよい。そうでないと、普通の人はどうして良いか迷ってしまう。(『孔子家語』六本18)

現伝儒教はしつこく親孝行を説くが、それが後世のでっち上げであることは論語学而篇11で説いたとおり。そして上掲文中にある「サド親父の言うことは聞かれない」という当たり前の事実について、他ならぬ『孝経』を書いたことになっている曽子の親父を題にした伝説がある。

曽子 ウスノロ 曽点
曽子が瓜畑の世話をしている最中、うっかりつるを切ってしまった。芋づる式に瓜がダメになったと知って曽点が真っ赤になって怒り、クワを振り上げて曽子の背中を執拗にぶちのめした。その場に倒れた曽子はしばらく気を失ったままだったが、やがて息を吹き返すと嬉しそうに立ち上がり、家に飛んで帰って曽点に言った…。(『孔子家語』六本10)

このあと曽子はウスノロらしい無い知恵を絞って偽善の限りを尽くすのだが、それを見抜いた孔子は「あ奴をワシの部屋に入れるな!」とまで激怒した。詳細は論語先進篇25の付記を参照。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント