論語詳解256先進篇第十一(3)回や我を助くる者に

論語先進篇(3)要約:孔子先生の弟子の中でも、顔回は奇蹟のような人で、先生も畏敬するほどの人格者でした。同時に当時としては過激な先生の教説を、素直に受け入れた理解者でもありました。そんな顔回を、先生はしのぶのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「回也、非助我者也。於吾言、無所不說。」

復元白文

論語 子 金文論語 曰 金文 論語 回 金文也 金文 論語 非 金文論語 我 金文論語 者 金文也 金文 於 金文論語 吾 金文論語 言 金文 論語 無 金文論語 所 金文論語 不 金文兌 金文

※說→兌。論語の本章は助が論語の時代に存在しない。さらに我を目的格に、吾を所有格に使い分けるなど、古い漢文の体裁を作って偽造を精巧にしている。本章は戦国時代以降の儒者による悪質な捏造である。

書き下し

いはく、くわいわれたすくるものあらざるなりげんおいよろこばざるところし。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像 論語 顔回
先生が言った。「顔回は私を助ける者ではない。私の話を聞いて喜ばないということがないのだから。」

意訳

論語 孔子 微笑み 論語 顔回
あー、これこれ顔回や。ちっとは私の仁や礼に批評でも加えてくれんかね。なに? ございません? んーまー、ありがたくはあるが、その何だ、付き合いもお父上の頃から長いのだし、私の欠点も目にしてるだろう。なに? ございません? 困ったねこりゃ。

従来訳

論語 下村湖人

先師がいわれた。――
「囘はいっこう私を啓発してはくれない。私のいうことは、何の疑問もなく、すぐのみこんでしまうのだから。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「顏回對我沒幫助,我所說的一切他都洗耳恭聽。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「顔回は私に対して何の助けにもならない。私が説教した一切を、彼は全て耳を澄ませて恭しく聞く。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

論語 也 金文 論語 也 字解
(金文)

ここでは断定や詠嘆の意味ではなく、「A也B]=「AはBである」。『学研漢和大字典』による原義は、サソリの形。

「非助我者也」については武内本は、「也は邪と同じ。非の上豈の字をそえて読むべし」という。すると「回や豈我を助くる者に非ざらん邪」(顔回がどうして私の助けにならないことがあろうか、いやとんでもない)と読解できる。だがひいきの引き倒しと思う。

古典の原文に犬とあったらイヌ、猫とあったらネコと解すべきで、後世の価値観を古典に押し付けるのは、古来中国人がやらかし現在までに及んでいる、身勝手なご都合主義に自分まで加わることになる。どうしても意味が通じない場合に限って、古典の原文を疑うべきだ。

論語 助 古文 論語 助
(古文)

論語の本章では”手助けする”。この文字の初出は秦系戦国文字で、論語の時代に存在しない。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、且は、積み重ねたさまを描いた象形文字。助は「力+(音符)且(シャ)・(ショ)」で、力の足りないとき、その上にプラスして力をそえてやること。祖(世代の重なり)・苴(ショ)(敷き重ねる草)・且(かつ。その上に重ねて)などと同系のことば。

類義語の佑(ユウ)・祐(ユウ)は、かばう。佐は、ささえる。扶は、わきの下をささえる。援は、急場にゆとりをあけてやる。裨(ヒ)は、つけ足す。補は、つぎ当てる。救は、危険におちいらないようにひき止めること。輔(ホ)はぴったりくっついて力をそえる、という。

この文字は甲骨文・金文には見られず、魯を含む東方諸国で春秋戦国時代に使われた古文で初めて見られる。

我・吾

論語 我 金文 論語 吾 金文
(金文)

論語の時代での一人称については、「吾」は主に主格と所有格に用い、「我」は主に目的語に用いた。ただし論語には孔子の在世当時の話から、前漢時代につけ加えられた部分まで、幅広い時代の言葉が収録されているので、必ずしもこの原則には従っていない。

詳細は論語語釈「われ」を参照。

說(説)

論語 説 金文大篆 論語 説
(金文)

論語の本章では”ものをいう”ではなく、音が通じる「悦」と同じく、”喜ぶ”。この場合は「セツ」ではなく、「エツ」と読むのが古来の慣習。人名としても、中行説(チュウコウエツ)という前漢時代の宦官カンガンがいる。

論語:解説・付記

以下は間抜けにも論語の本章が史実だとして書いたあれこれである。

孔子はお作法の先生だが、四六時中しゃちこばっていた人ではなく、けっこういい加減で子路あたりにたしなめられてもいる。そこへ行くと顔回は奇蹟のような人で、表情や居住まいを作ってはいなかったがだらしなくはなく、そこにいるだけで人が和んだと『史記』にある。

だから孔子としては弟子ではあっても、どこか顔回を畏敬しており、そんな心情からの日常風景として、本章を解釈した。しかし畏敬するのはむしろ当たり前で、顔回は孔子すらなれなかった仁者(論語述而篇33)に、たった三ヶ月でなってしまった逸材だった(論語雍也篇7)。

仁者とは、孔子が社会の底辺からはい上がる渦中で、あこがれるようにして夢想した理想の人間であり、現代の造形師が理想の異性を求めて、日夜造形に励むようにして作り上げたまぼろしだった。孔子はそのフィギュア趣味を初期の弟子に熱く語ったが、生暖かい目で見られた。
論語 仁 フィギュア 単体

ところが顔回は、その熱いヲタ話に聞き入ったばかりか、とうとう本物の仁者になってしまった。現代の造形師の前に、ある日理想の異性が想像した姿のままに現れたようなもので、孔子は腰を抜かしたに違いない。そして造形師がそうであるように、絶対手放さなかった。

要は孔子と顔回は、仁フィギュア趣味における同好の士だったのである。これについて詳細は論語における「仁」論語における「礼」論語における「知」を参照して頂きたい。

なお論語の本章の史実性については、上記の通り「我」と「吾」を使い分けていること、章の長さが短いことから、かなり古い時代の成立と思われる。おそらく孔子の肉声をメモしたことばが、そのまま子貢たちの手で収録されたのだろう。

なお「古来中国人がやらかし現在までに及んでいる、身勝手なご都合主義」と記したが、それは例えば、沖縄が中国領だと言い出すのがその一つ。古記録を書いたことをいい事に、ふる証文を持ち出す。だがこの類にはたいてい正反対の記録があるが、ご都合主義で取り合わない。

確かに琉球国王は明清皇帝の臣下だったが、唐宋時代はそうでなかった。台湾は中国でないから責任取らないと李鴻章は言った。中国人の言うふる証文に従うなら、足利義満も明朝に朝貢していたから、日本は中国領だということになる。およそまともに取り合っていられない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶった○る。覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)