論語詳解142雍也篇第六(25)觚、觚ならず°

論語雍也篇(25)要約:孔子先生は、何かと過去の流儀を好む人でした。それは身の回りの道具類からそうで、祭祀に使う道具となればなおさらです。しかし世の中には流行があります。先生にとって珍無類の道具を出されて…というお話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「觚不觚、觚哉。觚哉。」

復元白文

子 金文曰 金文 角 金文不 金文角 金文 角 金文哉 金文 角 金文哉 金文

※觚kwo→角kŭk。

書き下し

いはく、ならず、ならむならむ

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子別像
先生が言った。「この觚は觚でない、觚か、觚か。」

意訳

論語 孔子 波濤
御神酒を供えるのに、弟子がはやりの杯を持ってきた。何だ今どきの杯は。こんなの杯じゃない。

従来訳

論語 下村湖人
 先師がいわれた。――
()には(かど)があるものだが、この觚には(かど)がない。(かど)のない()()だろうか。(かど)のない()()だろうか。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「這種祭禮用具,四不象,這是什麽用具!」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「こんな祭礼用具は、ろくでもないものだ。これはいったいどんな道具だ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

、「 。」


觚(コ)

論語 觚 金文大篆
(金文大篆)

論語の本章では、”コと呼ばれる儀式に用いる杯”。論語では本章のみに登場。初出は後漢の『説文解字』で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はkwoで、同音に瓜を部品とする漢字群。いずれも”さかずき”の語義が無く、論語時代の金文や甲骨文にも遡れない。

盃の意味をもつ近縁の語、𨠋コ・觥コウ・柧コは論語の時代に遡れない。『大漢和辞典』に限れば、部品の角は甲骨文から、瓜は金文からあるが、あくまで”つの”・”うり”でしかない。ただし『字通』は次の通り、「角」を殷周時代の酒器とする。

[象形]獣角の形。〔説文〕四下に「獸角なり。象形」とし、字形について「角と刀魚と相ひ似たり」とする。漢碑の〔曹全碑〕〔景北海碑〕などの鰥(かん)の字形を、角に従う形に作る。殷周の酒器に角とよばれる酒器があり、古く角を酒器に用いたなごりである。

つまり「觚」は「角」でありうる。「角」の初出は甲骨文で、カールグレン上古音はkŭk。

明の万暦三十五年(1607)に完成した『三才図会』によれば下のような形。しかし論語時代の觚がいかなる姿で、孔子が奇異に思ったはやりの杯がどんな形だったか、もはや誰にもわからない。

『三才圖會』所収「觚」東京大学東洋文化研究所蔵

なお武内本は、新古の注の受け売りでなく、独自に次のように注釈を付けている。

論語 武内義雄
〔古は燕礼酒をむに觚を用いるは、孤寡すくなきをよしとするなり。今飲酒度なくして、〕觚、ひとつ(孤)ならず、觚ならむや、觚ならむや。

つまり古い作法では、酒はほんの少々でいいとされていたのに、今は大っぴらに大酒を食らうので、孔子がそれを嘆いて、「盃一杯でおしまい、というわけに行かなくなった。しかしそれでおしまいにしよう。おしまいにしよう」と言った、と解している。

論語の本章では疑問辞の”か”。詳細は論語語釈「哉」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、孔子の肉声だと思いたい。形式が整わず、口から出任せた言葉と思えるからだ。なお上掲従来訳の解釈は、新注で程頤が「觚の形が変わって、もはや觚でなくなったのだ」と言ったのを受けての訳と思われる。

論語 吉川幸次郎
さて既存の論語本では吉川本に依れば、従来訳にある角がうんぬんは、朱子が言いだしたことだという。また觚はもともと小さな杯だったが、次第に大きくなり、「今はみんなが大酒を飲む」という意味に古注は捉えているという。また古注では、觚の容積は二升だという。

論語時代の一升がどれほどだったかもはや分からないが、秦漢帝国では約200ccだったという。そうなると觚1杯で400ccになる。論語当時はまだ蒸留酒はなく、醸造酒も素朴な酵母しか使えなかっただろうから、自然酵母の限界である5%程度の度数だったと見ていい。 

論語 ビール
つまりビールと同等の度数だったわけで、缶ビールが350ccだから、それより少し多いほどの量になる。飲み会にまず生ビール駆けつけ一杯のようなもので、丁度具合のよい酒器だったと言っていいのではないだろうか。ただし、論語古注以外の典籍では、觚は三升としている。

となると600cc、缶ビールのロング缶=500ccより多いわけで、酒を飲み付けない向きにはやや辛い量と言えそうだ。

ちなみに古代中国の酒器といえば、爵をまず思い浮かべる。小壺にスズメ形の羽根が付いたような酒器で、古くは国王が臣下に褒美として酒を振る舞う際に用いられたという。それが転じて、貴族の位を与えることを爵を与えると言うようになり、爵位という概念が出来たという。

論語 爵

『三才圖會』所収「爵」東京大学東洋文化研究所蔵

大きさは丁度手のひらに収まるぐらいで、酒器としてはこちらの方が杯らしい。ただし爵以外の酒器にも例があるが、手で取って飲もうとすると、二本のしめじ状の突起が顔に当たって飲みづらい。

例によって鹿爪らしいことを言いたがる儒者によると、爵がこのような形をしているのは、わざと飲みにくいようにしたからだという。君子たる者、大酒を喰らってへべれけになってはいけないそうだ。殷王朝が亡んだのも、酒が原因と面白おかしく仕立てる例もある。

論語と酒の関係で言えば、郷党篇に「唯酒無量、不及亂」とある。つまり孔子は底なしの大酒飲みだったが、飲んでも飲まれはしなかったようだ。身長2mを超える大男だから、さぞ飲みっぷりは良かっただろう。また論語子罕篇にも「酒の為に困(くるしま)不(ず)」とある

孔子が大酒飲みだったという伝説は、戦国時代でもあったようで、戦国四君子の一人平原君が、こんな事を言って孔子の子孫、孔穿子高に酒を強いている。

平原君が孔子の末裔の子高と飲み、子高に酒を強いて言った。

「古いことわざにこう言いますね、堯舜は千鍾飲んだ、孔子は百觚飲んだ、子路はおしゃべりしながら酒樽で十杯飲んだと。昔の聖人賢者は、みな大酒飲みです。あなたはどれほどいけますか?」

子高「私の聞くところでは、聖人賢者は人徳で人を救いますが、飲食で救うとは言いません。」

平原君「では先生の仰る通りなら、孔子の大酒飲みばなしがどうして生まれたのですか?」

子高「孔子の酒飲み話は、ほんの冗談で、事実ではありますまい。」

平原君は喜んで言った。「私も先生に冗談を言いますまい。お聞きでしょうが、これはただの昔の言い伝えです。」

(『孔叢子』儒服)

話を論語の本章に戻すと、孔子が単にはやりの杯をくさしたというだけで、ここから何かの道徳的な教訓を読み取ろうとする(微言大儀)のはどこかおかしい。もしそうであったとしても、もはやその意味は誰にも分からない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)