論語詳解140雍也篇第六(23)知者は水を°

論語雍也篇(23)要約:知者は人生を楽しみ、仁者は長生きする。まるで漢詩のようにかっちしりた形式で記された本章は、とても孔子先生の肉声とは思えません。何かあらかじめ書いておいた文を、読み上げているような…。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「知*者樂水、仁者樂山。知*者動、仁者靜。知*者樂、仁者壽。」

校訂

武内本

智、唐石経知に作る。


→子曰、「智者樂水、仁者樂山。智者動、仁者靜。智者樂、仁者壽。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 智 金文者 金文楽 金文論語 水 金文 仁 甲骨文者 金文楽 金文山 金文 智 金文者 金文論語 動 金文 仁 甲骨文者 金文靜 金文 智 金文者 金文楽 金文 仁 甲骨文者 金文壽 金文

※仁→(甲骨文)。

書き下し

いはく、智者ちしやみづよろこび、仁者じんしややまよろこぶ、智者ちしやうごき、仁者じんしやしづかなり。智者ちしやよろこび、仁者じんしやいのちながし。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 孔子
先生が言った。「知者(礼法を知る者)は川を喜び、仁者(礼法を身につけ実践する貴族)は山を喜ぶ。知者は動き、仁者は静かである。知者は楽しみ、仁者は長生きする。」

意訳

論語 孔子 水面
諸君は礼法を知るにつけ、この世の変化のことわりが分かってくるだろう。だから川の流れのような動くものを面白く感じるようになる。

だが礼法を学び終えて、仕官して実践するようになると、変化に応じるのがいかに大変か分かってくるだろう。だから山のように動かないものに畏敬の念を抱く。

礼法を知った当初は面白くて、いそいそと立ち働いてあれこれとやってみたくなるだろう。だがやがて経験を積み、熟練の役人としてものに動じなくなるだろう。

礼法も、知ってあれこれやってみるのは楽しいものだ。だがものに動じなくなった者は、長生きをするものだ。

従来訳

論語 下村湖人
 先師がいわれた。――
「知者は水に歓びを見出し、仁者は山に歓びを見出す。知者は活動的であり、仁者は静寂である。知者は変化を楽み、仁者は永遠の中に安住する。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「明智的人喜歡水,仁慈的人喜歡山;明智的人好動,仁慈的人好靜;明智的人快樂,仁慈的人長壽。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「智恵ある者は水を喜ぶ。仁に優れた者は山を喜ぶ。智恵ある者は好んで動く。仁に優れた者は好んで静まる。智恵ある者は楽しんで過ごす。仁に優れた者は寿命が長い。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

知者・仁者

論語 知 金文 論語 仁 金文大篆
「知」「仁」(金文大篆)

論語で言う知者とは、孔子の主張する礼をよく知る者のこと。礼とは、貴族の振る舞うべきありとあらゆる行動規範を言う。仁者とは、孔子の生前では、仕官した者や、血統貴族を言う。

「知」は孔子在世当時には遡れないが、論語の時代では「智」と書かれていた。詳細は論語語釈「知」を参照。論語における「仁」も参照。

論語の本章では、”喜び・楽しむ”こと。原義は音楽。詳細は論語語釈「楽」を参照。

水 甲骨文 論語 水 金文
(甲骨文・金文)

論語の本章では、”川の流れ”。字形から見て、原義は”みず”ではなく”かわ”。詳細は論語語釈「水」を参照。

論語の本章では”やま”。詳細は論語語釈「山」を参照。

論語の本章では”うごく”。イソイソと立ち働くこと。詳細は論語語釈「動」を参照。

靜/静

論語の本章では”静か”。詳細は論語語釈「静」を参照。

壽/寿

論語の本章では”長命”。詳細は論語語釈「寿」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章を一読して、誰もが「経文のようだ」「詩のようだ」と感じることだろう。しかり、本章は恐らく孔子の肉声ではなく、後世の儒者が孔子に仮託して語らせた、標語やスローガンのようなものだ。加えて論語における「知」と「仁」を知らないか、半可通にだまされた定義しか知らないと、本章はさっぱりワケが分からなくなる。

上掲の通り、「知」とは「仁者」=貴族に相応しい教養を知ることで、「仁」を孟子の言った「仁義」=道徳的な何か、と解している限り、本章の意味は永遠に分からない。”情け深い者”は恨みを買わないから長生きするかも知れない、などと小理屈を付けるしか無いし、情け深いとなぜ川を喜ぶのか、理由が全く分からない。

あるいは本章は、対句形式が整い過ぎているから、上掲の検証に拘わらず、漢代まで成立が下る可能性がある。それが正しいなら、そもそも「仁」の定義が、その時の儒者の都合によってどうとでも変わるから、本章は黒魔術の呪文に過ぎず、ワケが分からなくて当然になる。

以前記したとおり中国では、時に民から財貨を奪い取ることが孝行になり、それを見て見ぬ振りするのが善政になりえ、それが欽定=帝国公認の史書に堂々と記してある。知や仁の定義など、時の権力や権威、それをまとった儒者の手によって、都合良く変わるのが常だった。

断じ得ることではないが、恐らく本章は、孔子の肉声ではないだろう。上掲の訳は孔子の肉声として提示したが、それでもこじつけが引っかかるからだ。従って本章は、漢帝国の儒者の意図通り、従来訳や中国での解釈通りに受け取っておいた方が、存外正解かも知れない。

なぜなら書き物の地の文に対句が多用されるのは、漢帝国の成立まで下がるからだ。

論語の時代、中国語に対句が無かったわけではないが、それは詩歌に限られたし、人は口から言葉を出任すとき、本章のような物言いができるわけではない。あらかじめ作られた言葉を暗誦しているのでなければ、こうまでカッチリした対句を、言えるものではないだろう。

智者樂水
仁者樂山

智者動
仁者靜

智者樂
仁者壽

儒者も本章の意味がさっぱり分からなかったらしく、一生懸命コジツケを書いているが、訳者と同程度には、成功したとは言えないようだ。

子曰智者樂水註苞氏曰智者樂運其才智以治世如水流而不知己也仁者樂山註仁者樂如山之安固自然不動而萬物生焉智者動註苞氏曰自進故動也仁者静註孔安國曰無欲故靜也智者樂註鄭𤣥曰智者自役得其志故樂也仁者夀註苞氏曰性靜故夀考也疏子曰至者壽 陸特進曰此章極辨智仁之分凡分為三段自智者樂水仁者樂山為第一明智仁之性又智者動仁者靜為第二明智仁之用先既有性性必有用也又智者樂仁者夀為第三明智仁之功己有用用宜有功也云智者樂水者今第一明智仁之性此明智性也智者識用之義也樂者貪樂之稱也水者流動不息之物也智者樂運其智化物如流水之不息故樂水也云仁者樂山者此即明仁者之性仁者惻隠之義山者不動之物也仁人之性願四方安靜如山之不動故云樂山也云智者動者此第二明用也智者何故如水耶政ママ自欲動進其識故云智者動也云仁者靜者仁者何故如山耶其心寜靜故也云智者樂者第三明功也樂懽也智者得運其識故得從心而暢故懽樂也云仁者壽者性靜如山之安固故壽考也然則仁既壽不樂而智樂不必夀緣所役用多故也

本文「子曰智者樂水」。
注釈。苞氏「智者は運命を楽しみ、その才智で世の中を治める。それはあたかも川の流れのようであり、自分を勘定に入れていない。」

本文「仁者樂山」。
注釈。「仁者が楽しむ様子は、山が何の助けも借りずデンとしてそこにあり、動かず、それでいながら万物を養っているようなものだ。」

儒者の脳みその貧弱が、ここにも現れていることに気付くだろうか。知者が川のようである、仁者が山のようであると言うだけで、なぜ楽しむのかの説明になっていない。「彼女は不美人である」と言った所で、不美人がのほほんとして暮らしている理由の説明にはならない。

もちろん儒者の中には、私立文系バカたる訳者と同程度には、論理に明るい者がいたはずだから、おかしいなと気付いたはずだが見過ごされている。その理由は明らかで、大学教授や学界の権威同様、儒者も世間師であり、書き物はその興行に過ぎないからだ。

つまりデタラメを書いた所で、文句が来なければそれでいいのであり、面倒くさい辞書引きを漢学教授が嫌がるのと同様、論語の真意などどうでもよいのであった。あるいは役人根性と言っても良い。何か書いてあればそれでいいのであって、何が書いてあるかは問題ではない。

続きを読もう。

本文「智者動」。
注釈。苞氏「自分から進むから、動くのである。」

本文「仁者静」。
注釈。孔安国「無欲だから、静かなのである。」

本文「智者樂」。
注釈。鄭玄「智者は自力で構想を実現できるから、楽しむのである。」

本文「仁者夀」。
注釈。苞氏「性格が静かだから、長生きするのである。」

付け足し。先生は「人間が出来ると寿命が延びる」と言った。

陸特進「本章は、知と仁の、窮極の区別を説いている。その区別は三段階で説かれる。
”智者樂水仁者樂山”が第一段階である。ここでは、知と仁の本質が明らかにされる。
”智者動仁者靜”が第二段階である。ここでは、知と仁の作用が明らかにされる。本性が確かにあるなら、その本性は必ず作用を持つからである。
”智者樂仁者夀”が第三段階である。ここでは知と仁によって得られる成果が説かれる。作用があるなら、その成果が当然出るからである。」

ここにも儒者のポンコツが露呈している。知者と仁者の山川の好みは、知と仁の本質とは関係が無い。不美人を好む男は確かにいるが、それが男の本質を意味するわけではない。禅坊主同様、儒者はこの手のいいくるめで、その興行を行いめしを食ってきたのだ。

「”智者樂水”とは、今第一段階で知と仁の本質を明らかにしたが、これは知の本質を明らかにしている。知者はものに作用があることを知っている。”楽しむ”とは、何かを好き放題に楽しむことである。川は流れ動いてやまないものである。知者は運命を楽しみ、その知がものをよく導く様は、川の流れが止まないのと似ている。だから水を楽しむのである。」

訳していて阿呆らしくなってきたが、乗りかかった舟だから続けることにする。

「”仁者樂山”とは、とりもなおさず、仁者の本質を明らかにしたものである。仁者には思いやりの心があり、山は動かないものである。仁人の本質は世界平和を望むことにあり、山が動かないのと似ている。だから山を楽しむのである。

”智者動”とは、第二段階の作用を明らかにしたものである。知者はなぜ川を楽しむのか?」

知るか! 馬鹿者。

「その性格が、自身から動いてその知識を増したがるからである。だから”智者動”と言ったのだ。

仁者はなぜ山を好むのか? その心が安静だからである。

”智者樂”とは、第三段階の成果を明らかにするものである。樂とは喜ぶことである。知者は知識を得る運命に恵まれた。だから思いのままにふるまって伸びやかでいられる。だから楽しむのだ。

”仁者壽”とは、性格が穏やかで山がどっしりしているのに似ており、だから長寿であることを言っている。となるととりもなおさず、仁とは長命のことであり、楽しむことではない。そして知が必ずしも長命でないのは、あれこれと役立ちすぎるからである。」

原文「政自欲動進其識」とあるが、政(中古音:去声・勁-章切)→性(中古音:去声・勁-心切)の書き間違いだろう。でなければ「まさに自ら其の識るを動かし進めんと欲す」と訓むまでだ。

ともあれ諸賢、お疲れ様でした。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 智者楽レ水仁者楽レ山。(『論語』雍也) 〔智者は水を楽しみ仁者は山を楽しむ。〕 […]

関連記事(一部広告含む)