論語詳解093公冶長篇第五(1)子、公冶長をいう*

論語公冶長篇(1)要約:孔子一門は革命政党でもあり、そのため政治犯として収監される弟子もいました。史料にはあからさまに書きませんが、窃盗・暴行や殺人なら、孔子先生が大目に見るとは思えません。本章はそれを伺わせるお話。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子謂公冶長、「可妻也。雖在縲絏*之中、非其罪也。」以其子妻之。子謂南容、「邦有道、不廢。邦無道、免於刑戮。」以其兄之子妻之。

校訂

武内本:紲唐本絏に作る。蓋唐人太宗の諱を避けて改むるところ。


→子謂公冶長、「可妻也。雖在縲紲之中、非其罪也。」以其子妻之。子謂南容、「邦有道、不廢。邦無道、免於刑戮。」以其兄之子妻之。

復元白文

子 金文謂 金文公 金文冶 金文長 金文 可 金文妻 金文也 金文 雖 金文在 金文縲紲之 金文中 金文 非 金文其 金文論語 非 金文也 金文 㠯 以 金文其 金文子 金文妻 金文之 金文子 金文謂 金文論語 南 金文論語 公 金文 邦 金文有 金文道 金文 不 金文祓 甲骨文 邦 金文無 金文道 金文 論語 免 金文於 金文刑 金文 㠯 以 金文其 金文論語 兄 金文之 金文子 金文妻 金文之 金文

※罪→非・容→公・廢→祓。論語の本章は赤字が論語の時代に存在しない。おそらく也の字を断定で用いている本章は漢帝国の儒者による捏造である。

書き下し

公冶長こうやちやうふ、めあはなり縲絏るゐせつうちりといへども、つみあらざるなりと、もつこれめあはす。南容なんようふ、くにみちあらばてられず、くにみちなからば、刑戮けいりくまぬがれむと。あにもつこれめあはす。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

先生が公冶長コウヤチョウを言った。「めとらせてよい。牢獄の中に居るのだが、収監されるような罪は犯していない」。自分の娘をめとらせた。先生が南容を言った。「国の政道がまともなら捨てられないし、国の政道がまともでなければ、死刑を免れるだろう」。自分の兄の娘をめとらせた。

意訳

論語 公冶長
孔子「同志公冶長は収監中だが、出所したら身内にしよう」。そう言って自分の娘を妻合わせた。

論語 南容
「南容は抜け目のない男だ。身内にしよう」。そう言って兄の娘を妻合わせた。
論語 監獄

従来訳

論語 下村湖人
先師が公冶長(こうやちょう)を評していわれた。――
「あの人物なら、娘を嫁にやってもよい。かつては縄目の恥をうけたこともあったが、無実の罪だったのだ。」
そして彼を自分の婿にされた。
また先師は南容(なんよう)を評していわれた。――
「あの人物なら、国が治っている時には必ず用いられるであろうし、国が乱れていても刑罰をうけるようなことは決してあるまい。」
そして兄上の娘を彼の嫁にやられた。

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子評論公冶長:「可以把姑娘嫁給他。雖然坐過牢,但不是他的錯。」孔子把女兒嫁給了他。孔子評論南容:「國家太平時,不會倒霉;國家混亂時,不會坐牢。」孔子把侄女嫁給了他。

中国哲学書電子化計画

孔子が公冶長を評論した。「娘を嫁がせても良い。入牢したことがあったが、彼の間違いではない。」孔子は娘を彼に嫁がせた。孔子が南容を評論した。「国家が安定しているとき、腐り果てることがない。国家が乱れたとき、入牢することがない。」孔子は姪を嫁がせた。

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

公冶長(コウヤチョウ)

論語 公 金文 冶 金文 論語 長 金文
(金文)

論語では生没年未詳、孔子の弟子。姓は公冶、名は長。字は子長というが怪しい。『史記』によれば斉出身、『孔子家語』によれば魯の出身。孔子との年齢差始め、詳しいことがわからない。

後世の伝説には尾ひれが付き、鳥の言葉を解したとか魏の何晏の『集解』に載せる(下記)。また孔子がここまで公冶長を持ち上げた理由は、後漢の儒者・王充にも分からなかったらしく、あれこれ『論衡』で理由を想像しているが、その文意に不明なところがあり、何を言っているのかはっきりしない(下記)。

だが孔子一門が革命政党だったと解すれば事情は単純で、公冶長はおそらく、孔子の最も信頼する、腕利きの秘密工作員だった。だから収監された。人物像や孔子が評価した理由についても、明らかではない﹅﹅﹅﹅のではなく、当時から明らかに出来ない﹅﹅﹅﹅のだろう。

縲紲(絏)(ルイセツ)

論語 縲 金文大篆 論語 絏 金文大篆
「縲絏」(金文大篆)

論語の本章では”獄中・収監されている”。共に論語では本章のみに登場。「縲」「紲」「絏」ともに論語の時代に存在しない。後漢の『説文解字』にさえ記載が無い。「縲」のカールグレン上古音はli̯wər、同音に畾を部品とする漢字群、耒と誄。「紲」のカールグレン上古音はsi̯at、同音に世の字を部品とする漢字群など。「絏」のカールグレン上古音は不明。
紲 古今音

「縲」は”捕り縄”、「紲」「絏」は”きずな、縛る”。縲絏(縲紲)で”罪人を縛る黒い縄、又獄につながれる”と諸橋『大漢和辞典』にある。糸へんのない「累」だけでも”しばる”意があり、「累を及ぼす」とは”迷惑をかける”こと。

『学研漢和大字典』によると、「縲」は会意兼形声文字で、「糸+〔音符〕累(ルイ)(重なりつらなる)」。「絏」は会意兼形声文字で、「糸+〔音符〕曳(エイ)(横にひきのばす、ひっぱる)」で、横にひっぱる意を含む。

「紲」の原義は「糸+(音符)世(セイ)」の形声文字で、長いひもをつけて引っぱること。語義は犬馬や罪人をつなぐつな、またつなぐこと、という。

論語の本章では”つみ”。この文字は楚・秦の戦国文字、戦国末期の中山王壺が初出で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はdzʰwədで、同音は存在しない。論語の時代の置換候補は「非」。詳細は論語語釈「罪」を参照。

南容

論語 南 金文 論語 容 金文
(金文)

論語では生没年未詳の孔子の弟子。『史記』によると、姓は南宮、名は括、字は子容。 孔子と同世代の孟孫氏の当主、孟懿子の弟・南宮敬叔と同一人物とする説がある。孔子を世に出した孟孫氏は、そこまで孔子に入れ上げたと見える。詳細は論語憲問篇6を参照。

なお容の字の初出は、上掲戦国末期の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はdi̯uŋ。同音は容・用とそれを部品とする漢字群。現行の書体では宀+谷だが、もとは宀+公だったとされる。すると姓の「宮」と字の「公」”朝廷の庭”が対応し、理屈が通る。

ただしこれは固有名詞だから通る理屈であり、一般の品詞では通用しない。

邦有道

論語 有 金文 論語 道 金文
「有道」(金文)

論語の本章では、国に「道」=原則のある政治がある状態。「道」の詳細は論語語釈「道」を参照。

廢(廃)

論語 廃 金文大篆 論語 喪 廃
(金文大篆)

論語の本章では”捨てる”。『大漢和辞典』の第一義は”家が傾く”。初出は後漢の『説文解字』だが、同音の祓は語義を共有し、甲骨文から存在。詳細は論語語釈「廃」を参照。

『学研漢和大字典』によると、会意兼形声文字で、發(=発)の字の上部は、左右の足が両がわに開いてはねたさま。發は、それに弓と殳印(動詞の記号)を添えた字で、ぱんと弓をはじくこと。撥(ハツ)(はねる)・跋(バツ)(はねる)と同系。

廢は「广(いえ)+〔音符〕發」で、家がぱんとはじけて二つに割れてくずれること。転じて、まとまった物が割れくずれて、だめになる意。

論語 免 金文 論語 免

論語の本章では”免れる”。詳細は論語語釈「免」を参照。

戮(リク)

論語 戮 金文大篆 論語 戮
(金文大篆)

論語の本章では”ころす”。論語では本章のみに登場。初出は戦国末期の中山王の青銅器で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音は子音のɡlのみ。藤堂上古音はlɪok。

『学研漢和大字典』によると、リョウとは、鳥がわかれて高く飛ぶさま。複数に分ける意を含む。戮は「戈+音符翏」の会意兼形声文字で、刃物でいくつにも切り離すこと。リョウ(ばらばらにわかれる)と同系のことば。

『字通』戮条

[形声]声符は翏(りょう)。翏に僇(りく)の声がある。〔説文〕十二下に「殺すなり」とあり、罪によって殺すことをいう。〔書、甘誓〕に「命を用ひざる者は、社に戮せん」とあり、一族を殺すことを孥戮(どりく)・戮没のようにいう。戮は僇・勠(りく)と通用することがある。

其兄之子

論語 兄 金文 論語 兄
「兄」(金文)

孔子には足に障害のある兄がいたとされており、一説に名を孔皮という。その子の逸話が、子賤との関係で史料にある。『学研漢和大字典』による「兄」の原義は”頭の大きな子”。「其」は”その”。詳細は論語語釈「其」論語語釈「兄」を参照。

論語:解説・付記

論語の本章は、前半の公冶長部分は「也」の用法から明らかに戦国時代以降の創作だが、後半は史実の可能性がある。史実の後半に、漢代の儒者が前半をでっち上げてくっつけた、車の修理で言う所の「ニコイチ」である。しかし実のところ、その可能性も薄い。

本章の成立は、おそらく後漢帝国滅亡後になる。理由は高祖劉邦の名を避諱していないこと、定州竹簡論語から漏れていることで、竹簡破損の結果である可能性は排除できないが、無い者は無いと判断して、論語の本章がまるごと偽作と考えた方が理屈が簡単になる。

『論語集解義疏』に所収の、公冶長の伝説は以下の通り。

別有一書名為論釋云公冶長從衛還魯行至二堺上聞鳥相呼往清溪食死人肉須臾見一老嫗當道而哭冶長問之嫗曰兒前日出行于今不反當是已死亡不知所在冶長曰向聞鳥相呼往清溪食肉恐是嫗兒也嫗住看即得其兒也已死即嫗告村司村司問嫗從何得知之嫗曰見冶長道如此村官曰冶長不殺人何縁知之囚録冶長付獄主問冶長何以殺人冶長曰解鳥語不殺人主曰當試之若必解鳥語便相放也若不解當今僨死駐冶長在獄六十日卒日有雀子縁獄栅上相呼嘖嘖𠻘𠻘冶長含笑吏啓主冶長笑雀語是似解鳥語主教問冶長雀何所道而笑之冶長曰雀鳴嘖嘖𠻘𠻘白蓮水邊有車翻覆黍粟牡牛折角収斂不盡相呼徃啄獄未信遣人往看果如其言後又解豬及燕語屢驗於是得放然此語乃出雜書未必可信而亦古舊相傳云冶長解鳥語故聊記之也

別に一書有り、名づけて論釋と為す。云く、公冶長衛從り魯に還るに、行きて二堺の上に至る。聞くに、鳥の相い呼びて、清溪に往かば死人の肉を食らうべしと。須臾にして一老嫗に見え、道に當り而哭く。冶長之に問うに、嫗曰く、兒前日出でて行けり、今于反ら不、當に是れ已に死亡せん、在る所を知ら不と。冶長曰く、向に聞くらく、鳥相い呼びて清溪に往かば肉を食うべしと。恐らく是れ嫗の兒也と。嫗住きて看るに即ち其の兒を得たる也。已に死し、即ち嫗村司に告ぐ。村司嫗に問うらく、何に從りて之を知るを得たるやと。嫗曰く、冶長の道に見えしに、此の如くと。村官曰く冶長人を殺さ不して、何ぞ縁りて之を知らんと。冶長を囚え録めて獄に付かしむ。主問うらく、冶長何ぞ人を殺すを以いんと。冶長曰く、鳥の語るを解きたりて、人を殺さ不と。主曰く、當に之を試さん。若し必ず鳥の語るを解かば、便ち相い放つ也。若し解か不らば、當に今死を償わしめんと。冶長を獄在駐むること六十日。日を卒えて雀子の獄の栅上に縁りて相い呼ぶこと嘖嘖𠻘𠻘たる有り。冶長笑を含めり。吏主に啓すらく、冶長雀の語るを笑う、是れ鳥の語るを解くに似たりと。主冶長に問わ教めていわく、雀の何ぞ道う所にし而之を笑うかと。冶長曰く、雀嘖嘖𠻘𠻘と鳴きて、白蓮水の邊に車の翻りて黍粟の覆る有り、牡牛角を折り、収斂すれども盡き不、相い呼びて徃きて啄ばまんと。獄(主)未だ信ぜず、人を遣りて往きて看しむに、果して其の言の如し。後ち又た豬及び燕の語るを解きて、屢ば驗あり。是に於いて放たるるを得たり。然るに此の語り乃ち雜書に出でたり。未だ必ずしも信ず可くし而、亦た古舊の相い傳うるところ、冶長鳥の語るを解くと云う。故に聊か之を記す也。

*僨→償

論語 古注 何晏 論語 古注 皇侃
ところで別に伝説があって、『論釈』という本がある。それによると、公冶長が衛に出かけて魯に帰る途中、国境近くで鳥が互いに呼び合っているのを聞いた。「清渓に行くと、死人の肉を食えるよ」と。そのまま歩いていると、しばらくして道ばたでおばあさんが泣いていた。

公冶長がわけを聞くと、おばあさんが言った。「息子が昨日出かけたきり、帰ってこない。きっと死んでしまったに違いない。どこにいるのかも分からない」と。公冶長は言った。「さっき鳥がカクカクシカジカと呼び合っているのを聞きました。ひょっとして息子さんでは」と。

おばあさんが行ってみると、果たして息子が死んでいた。おばあさんはすぐに村役人に伝えたが、役人はなぜ現場が分かったのか不審に思った。するとおばあさんが「公冶長さんに道で出会って教えて貰いました」と言うので、「犯人でなければ、分かるはずが無い」と役人は怪しんだ。

そこで公冶長を捕らえて牢屋に送り、お巡りがなぜ人を殺したのかと尋問した。「鳥の言葉を聞いただけだ。殺してはいない」と公冶長が言うので、「では試してみよう。本当に鳥の言葉が分かるなら、釈放してやろう。そうでなければ、罪をあがなわせるぞ」とお巡りは言った。

こうして六十日の間収監されたが、その日が過ぎたとき、雀が牢屋の柵の上に止まり、チュンチュンと鳴き出した。公冶長がそれを聞いて微笑んだので、牢の番人がお巡りに「公冶長が雀の言葉で笑った、意味が分かったに違いない」と報告した。

お巡りが公冶長に「雀は何と言った。なぜ笑った」と問うと、公冶長は「チュンチュン、白蓮川のほとりで荷車がひっくり返り、積み荷の穀物がこぼれている。引き牛は角を折って倒れており、今行けば食べ放題だ、みんなでついばみに行こう」と言った。

お巡りは怪しんだが、人をやって見に行かせると、果たしてその通りだった。さらにその後、公冶長はブタや燕の言葉も聞き分けて、その言う通りだったので、釈放された。

この話は怪しい本に書かれて、本当にそうだったとは言えないが、昔から伝えられてきた伝説に、公冶長が鳥の言葉を聞き分けたとあるので、少しだけ記しておくことにした。

『論衡』所収の王充の発言は、以下の通り。一通り読み下した=日本古文に置き換えて、一応の現代語訳をでっち上げたが、上記したように、実は何を言っているのかよく分からない。

問曰:孔子妻公冶長者,何據見哉?據年三十可妻邪?見其行賢可妻也?如據其年三十,不宜稱在縲紲;如見其行賢,亦不宜稱在縲紲。何則?諸入孔子門者,皆有善行,故稱備徒役。徒役之中,無妻則妻之耳,不須稱也。如徒役之中多無妻,公冶長尤賢,故獨妻之,則其稱之,宜列其行,不宜言其在縲紲也。何則?世間彊受非辜者多,未必盡賢人也。恆人見枉,眾多非一。必以非辜為孔子所妻,則是孔子不妻賢,妻冤也。案孔子之稱公冶長,有非辜之言,無行能之文。實不賢,孔子妻之,非也;實賢,孔子稱之不具,亦非也。誠似妻南容云:「國有道、不廢,國無道、免於刑戮。」具稱之矣。

問うて曰く、孔子の公冶長に妻す者、何の見るに據る哉。年三十に據りて妻す可き邪。其の行い賢もて妻す可きを見す也。如し其の年三十に據らば、縲紲に在るととなうは宜べなら不。如し其の行い賢なるを見ば、亦た縲紲に在ると稱うは宜べなら不。何ぞさんや。諸れ孔子の門に入る者は、皆な善行有りて、故に徒役に備うと稱う。徒役之中、妻無からば則ち之に妻す耳、須くは稱え不る也。如し徒役之中妻無きの多からば、公冶長尤も賢く、故に獨り之に妻すは、則ち其れ之を稱え、宜く其の行いに列ぬるべきに、其の縲紲に在るを言うは宜べなら不る也。何ぞ則さんや。世間いて辜に非るを受くる者多く、未だ必ずしも盡く賢人たらざる也。恆人枉れるを見るも、眾多くして一に非ず。必ず辜に非ざるを以て孔子の妻す所為らば、則ち是れ孔子賢に妻さ不りて、妻うらむ也。案ずるに孔子之公冶長を稱うは、辜に非る之言有りて、行い能う之文無し。實に賢なら不らば、孔子之に妻すは、非也。實に賢ならば、孔子之の具わ不るを稱うは、亦た非也。誠に南容に妻すに云うに似たり、「國道有らば、廢たれ不。國道無からば、刑戮於免かる」と。具に之を稱うる矣。


「孔子が公冶長にめあわせたのは、何を見て取ったからですか。歳が三十だったからですか。普段の行いが偉かったからですか。三十だからと言うなら、収監されたという話は不都合ではないですか。偉かったというなら、やはり収監されたという話は不都合ではないですか。一体なぜですか。」

「そもそも孔子の門下で学ぶ者は、皆能力があって、国が課す労役にも応じられる人たちだった。労役に従う者の中で、未婚者がいればめあわせただけの話で、褒め称えたからでは無い。」

「もし労役に従う者の数が多かったなら、公冶長がその中で一番偉かったので、めあわせたのでしょう。だから公冶長だけにめあわせたのは、その能力を讃え、讃えるにふさわしいからめあわせたのであって、やはり収監された話は不都合ではありませんか。一体なぜでしょう。」

「当時は無実の罪で収監される者が多かったし、孔子の弟子も賢者ばかりでは無かった。人々の人間のゆがみようも、多様で決まった姿では無かった。罪人ではない者に限ってめあわせようとすれば、偉くも無い人間に嫁がされるのだから、妻が恨むことになる。

考えてみると、孔子が公冶長を誉めたのは、無実を証す証拠があったので、能力を証す何かは無かったのだろう。」

「すると偉くも無いのにめあわせたのですね。孔子は間違っていませんか。もし偉かったにせよ、収監されたなどと言ったのは、やはり間違いではありませんか。南容にめあわせたときのように言えば良かったのです。国がまともなら出世し、無道でも刑罰から免れる、と言って、具体的に無罪を言ったように。」

さて既存の論語本では、吉川本によれば、儒者にとって孔子は聖人だから弟子の無罪をうんぬんと、長い議論を記している。しかし儒者も一種の司祭であり、司祭であるからには儒教という宗教の独自世界にどっぷりつからざるを得ないのだが、出来事を外から眺める歴史ものにとって、教義はどうでもいいから事実を知りたい。それは現代の論語読者も同じだろう。

例えば釈迦の弟子のサーリプッタやモッガラーナについて、信者はかたくなに暗殺を信じないが、はたからみればどうしてもそう見える。釈迦自身についても同様で、その同時代人で革命政党の党首である孔子の周囲に、収監話がつきまとうのはむしろ当然と思える。

何千年も名を残す人が、穏やか一方の妙好人であるわけがない。なお縲絏=黒い縄と、『鬼灯の冷徹』で有名になった黒縄地獄(八大熱地獄、または十六小地獄の一つ。泥棒を働くと落ちる)とは、何か関係があるかも知れないが、訳者の想像の域を出ない。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 公的な記録の管理を独占した儒者は、孔門のそうした記録を徹底的に消して回ったはずだが、それでも消しきれない話は残る。公冶長の伝説は、旅をしている話だった(論語公冶長篇1)。工作員にふさわしい話である。 […]

  2. […] 論語や孔子と幇も、無関係ではあり得ない。そもそも孔門そのものが幇であり、春秋時代の身分秩序を破壊する犯罪組織を兼ねていた。だから公冶長は収監されたのだ。そして孔子をシングルマザーの孤児から宰相へと押し上げたのも、新興氏族という幇だった(→孔門十哲の謎)。 […]