論語詳解101公冶長篇第五(9)宰予昼寝ぬ*

論語公冶長篇(9)要約:孔子一門の秘密政治工作を担当する弟子の宰我。史料にはっきり書いてはありませんが、沈黙もまた雄弁な史実語りです。闇夜にひと仕事を終えて昼寝する宰我を、先生はきつく言います。さてその真意やいかに…。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

宰予晝寢。子曰、「朽木不可雕也、糞土之牆、不可杇也。於予與何誅。」子曰、「始吾於人也、聽其言而信其行。今吾於人也、聽其言而觀其行。於予與改是。」

校訂

定州竹簡論語

[宰予晝寢。子曰:「㱙a木不可]雕也b,糞土之牆不可[杇]c85……?」d86曰:「始e吾於人也,聽[其言]而信其行;今吾於人也,[聽其]87而觀其行。於予與改是。」88

  1. 㱙、今本作「朽」。㱙、古朽字。
  2. 雕、皇本・唐・宋石経具作「彫」。
  3. 杇、皇本・『釋文』作「圬」。杇為正字、圬為仮借字。
  4. 此全簡僅上部書三字、下部空白、故知下簡文字別為一章。
  5. 簡文「始」下空一格。

→宰予晝寢。子曰、「㱙木不可雕也、糞土之牆、不可杇也。於予與何誅。」子曰、「始吾於人也、聽其言而信其行。今吾於人也、聽其言而觀其行。於予與改是。」

復元白文

論語 宰 金文論語 余 金文晝 昼 金文論語 寝 金文 論語 子 金文論語 曰 金文 朽 金文論語 木 金文論語 不 金文論語 可 金文論語 周 金文也 金文 糞 甲骨文論語 土 金文之 金文論語 牆 墻 金文 論語 不 金文論語 可 金文也 金文 於 金文論語 余 金文論語 与 金文論語 何 金文誅 甲骨文 論語 子 金文論語 曰 金文論語 始 金文論語 吾 金文於 金文論語 人 金文也 金文 論語 聴 金文論語 其 金文論語 言 金文而 金文信 金文論語 其 金文論語 行 金文 論語 今 金文論語 吾 金文於 金文論語 人 金文也 金文 論語 聴 金文論語 其 金文論語 言 金文而 金文論語 観 金文論語 其 金文論語 行 金文 於 金文論語 余 金文論語 与 金文論語 改 金文論語 是 金文

※予→余・雕→周・糞・誅→(甲骨文)。論語の本章は杇の字が論語の時代に存在しない。也の字を断定で用いている。本章は戦国末期以降の儒者による捏造である。

書き下し

宰予さいよひるぬ。いはく、からざるなりくさつちかべからざるなりおいなんめむ。いはく、はじめわれひとけることのはおこなひまこととせり。いまわれひとけることのはおこなひる。おいこれあらためたりと。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

論語 宰我 宰予 孔子
宰予が昼寝をした。先生が言った。「朽ちた木は彫ることが出来ないぞ。腐った土の壁は作れないぞ。(宰)予めをなぜ責めようか。」また言った。「以前私は人を見る時、その言葉を聞いてその行いを信用した。今私は人を見る時、その言葉を聞いてその行いも見る。予めをきっかけに改めたのだ。」

意訳

宰我が昼寝をした。

宰我 ニセ孔子
孔子「腐れ木は彫れぬし腐れ土では壁塗りできない。あ奴を叱っても仕方がない。」
一通り怒った後「昔は私も人が良かった。いい事を言う奴はいい奴だと思った。だが今は行いを見るまで信用できない。こうなったのも宰我の奴めのせいだ!」とまわりに聞こえるように大声で言った。

従来訳

論語 下村湖人
宰予(さいよ)が昼寝をしていた。すると先師がいわれた。――
「くさった木には彫刻は出来ない。ぼろ土の塀は上塗をしてもだめだ。お前のようななまけ者を責めても仕方がない。」
それから、しばらくしてまたいわれた。――
「これまで私は、誰でもめいめい口でいう通りのことを実行しているものだとばかり信じて来たのだ。しかしこれからは、もうそうは信じていられない。いうことと行うこととが一致しているかどうか、それをはっきりつきとめないと、安心が出来なくなって来た。お前のような人間もいるのだから。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

宰予白天睡覺。孔子說:「他象朽木一樣無法雕琢,象糞牆一樣無法粉刷,我能拿他怎樣?」孔子又說:「以前我看人,他說什麽,我信什麽;現在我看人,聽他說,再看他做。因為宰予,我改了過來。」

中国哲学書電子化計画

宰予が昼間に寝た。孔子が言った。「かれは腐った木と同じで彫刻する方法が無いし、糞を固めた壁と同じで上地が塗れないし、私は彼をどうできるだろうか?」孔子はまた言った。「以前は私は人に出会うと、彼が言ったことは、私も信じた。今では人に出会うと、彼が言ったことを聞いてから、彼が何をするのかじっと見る。これは宰予のせいで、私はそれまでを改めた。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

宰予(サイヨ)

論語 宰 金文 論語 我 金文
(金文)

=宰我。孔子の弟子。姓は宰、名は予、字は子我。魯国出身。孔門十哲の一人で弁論の達人と評された。孔門の中では最も実利主義的な人物で道徳を軽視したと言われるが、話は暖衣飽食して人をくさす能しかない儒者が言うほど単純ではない。詳細は論語の人物:宰予子我を参照。

「予」の初出は戦国時代の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はdi̯o。同音に、野などで、「余・予をわれの意に用いるのは当て字であり、原意には関係がない」と『学研漢和大字典』はいう。詳細は論語語釈「予」を参照。

朽→㱙(キュウ)

論語の本章では”くさる”。論語では本章のみに登場。詳細は論語語釈「朽」を参照。

「㱙」は定州竹簡論語の注が「古朽字」という。大漢和辞典による語釈は”くちる・くさい”。台湾中央研究院の「小学堂」㱙字条でもそう扱っている。「国学大師」㱙字条も「同【朽或剐】字」という。剐は大漢和辞典にも見えないが、”つきやぶる・死刑の一種”と「国学大師」剐字条は言う。

雕(チョウ)

論語 雕 金文大篆 論語 雕
(金文大篆)

論語の本章では、”一面に細かい模様をつける。全面にわたって、まんべんなくほりつける”。『大漢和辞典』の第一義は鳥の”ワシ”。「彫」に音が通じて転用された。この文字の初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音は子音のtのみ判明。転用先「彫」と同じだが、彫の字も初出は楚系戦国文字で、やはり論語の時代に存在しない。

春秋時代の置換候補は、部品の周の字。”ほる”意を持つ漢字で、チョウと音読みするものに、琱(カ音tのみ)があり、春秋時代の金文に存在する上、初文は周とされるから、周(カ音ȶのみ)に”ほる”意があると解することは可能。

『学研漢和大字典』によると、会意兼形声文字で、「隹+〔音符〕周(まんべんなくゆきわたる、円を描く、めぐる)」。週(めぐる)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「雕」を参照。

糞土

糞 甲骨文 論語 土 金文
「糞」(甲骨文)・土(金文)

論語の本章では、”腐った土”。「糞」は論語では本章のみに登場。宮崎本によると、畑作用の肥料を混ぜた土という。武内本では「糞土之牆」を、「塵埃(=ごみ)をつみて高くなれるところ」という。『学研漢和大字典』によると、「糞土」はきたないよごれた土、物がくさってできた土、という。

牆(墻)(ショウ)

論語 牆 墻 金文
(金文)

論語の本章では、”垣根の土壁”。実際に肥料土で塗った壁があったわけではなく、罵倒表現だろう。

「牆」は『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、嗇(ショク)は「麥+作物をとり入れる納屋」からなり、収穫物を入れる納屋を示す。牆は「嗇(納屋)+〔音符〕爿(ショウ)」で、納屋や倉のまわりにつくった細長いへいを示す。牀(ショウ)(細長い寝台)・檣(ショウ)(細長い柱)などと同系のことば、という。詳細は論語語釈「牆」を参照。

杇(オ・ウ)

論語 杇 篆書 論語 便 杇
(篆書)

論語の本章では”こて(で塗る)”。この文字の初出は戦国末期の金文で、論語の時代に存在しない。カールグレン上古音はʔwo。同音は亐を部品とする漢字群で、洿(たまりみず)・污=汚・圬(こて・左官・壁を塗る)。語義を共有する圬の初出は不明

部品の亏kʰwia(平)は于gi̯wo(平)の本字とされ、于に”なす・する”の語釈を『大漢和辞典』が載せ、秦帝国成立後の篆書まで、亏と于は書き分けられていなかった。ただし”壁を塗る”の語釈は無い。なお于の同音には、雨、禹、宇、芋、羽などがある。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「木+〔音符〕于(くぼんでまがる)」。粘土をおさえて、くぼみにおしこんでいく木製のこて、という。詳細は論語語釈「杇」を参照。

誅(チュウ)

誅 甲骨文 論語 誅
(甲骨文)

論語の本章では”責める”。「糞」は論語では本章のみに登場。『大漢和辞典』の第一義は”うつ”。以下”ほろぼす・殺す…”と物騒な語義が続く。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「言+〔音符〕朱(ばっさりと木を切る)」で、相手の罪を言明してばっさりと切りころすこと。殊(胴切り)と同系のことば、という。

漢文では主に、悪人を罰する・君主が臣下を罰する場合に用いる。「天誅!」というのは、天に代わって自分が処罰を下してやる、ということで、要は殺人犯の責任転嫁である。

『字通』誅条

[形声]声符は朱(しゆ)。朱に咮(ちゆう)の声がある。〔説文〕三上に「討つなり」とあり、誅滅することをいう。殊にも殊殺の意があり、声義が通ずる。誅責の意のほかに、苛斂誅求のようにもいう。

於予與(与)何誅

論語 與 与 金文 論語 与
「与」(金文)

論語の本章での「与」は、詠嘆を表す助辞で、”宰我の奴め!”の”(奴)め”にあたる。通常は句末や文末に置かれるが、ここでは間投詞のように用いられている。原義は象牙を数人で運ぶさま。『学研漢和大字典』による「与」の語法は、論語語釈「与」を参照。

聽(聴)

論語 聴 金文 論語 聴
(金文)

論語の本章では”聞く”。直接聞くこと。詳細は論語語釈「聴」を参照。

論語 聞 論語 譖
論語の時代、直接聞いた場合は「聴」を用い、間接的に聞いた場合は「聞」を用いた。ここではその区別がされている。帝国儒者の作為か偶然かは分からない。

論語:解説・付記

論語の本章は、派閥を作らず、漢帝国に至るまでの後継者を残せなかった宰我をおとしめるためのでっち上げ。たかが昼寝で怒りすぎと思ったのか、吉川本には荻生徂徠の想像として、女性と共にいた、と紹介している。

時代が下って明代の笑い話集『笑府』にも、面白がってこのパロディがある。

論語 笑府 馮夢竜
ある儒学の先生が昼寝をした。目を覚ましてもったいを付け、「孔子先生にならって、夢で周公にお目にかかっていたのじゃ」。翌日、弟子の一人が昼寝をした。先生怒って物差しでひっぱたいて言った。「何をしておるのじゃ」。弟子答えて曰く、「私も周公のお目にかかっていました」。「なんじゃと? では周公は何と言っておいでであったか」。答えて曰く、「昨日君の先生は来なかったよ」。(巻二 昼寝)

孔子は口を極めて宰我をこき下ろしたように読めるが、「朽木…。」の前半を別にして、直接小言を言っていない。宰我を「予」と三人称で言ったことから、後半の発言は明らかに、宰我以外の誰かに聞こえるように言わされている。これではまるで負け犬の遠吠えではないか?

孔子一門は革命政党だった。孔子が後ろぐらい陰謀を逞しくしたことについては、時代の近い墨子が証言しており(『墨子』非儒篇)、公冶長のような政治犯も出た。だが塾生にはただの学徒もいたから、孔子は後ろ暗い謀略を行っている事を、知られたくなかった。

ところで宰我は、下掲の通り政才を大国・楚の国王に恐れられるほど評価されていながら、後世弁舌の才を評価されながら、実際にどのような活動をしたのか、史料は揃って沈黙している。となると孔子一門の闇の活動に、宰我が加わっていたと考えていい。

楚の宰相・子西「王の官吏をとりまとめる者で、宰予ほどの者がいますか。」
楚王は言った。「おらぬ。それゆえ孔子を招くのじゃ。」(『史記』孔子世家)

盗人の昼寝と巷間言う。盗人が夜の仕事に備えて昼寝することだが、宰我はそれではなかったか。論語以外の典籍では、宰我は旅の話が伝わっている。孔門情報部の監察役ではなかったか。そういう謀臣はやっかいなもので、ささいな行動を人が見て、すわ謀略かと騒ぐ。

論語 豊臣秀吉 論語 黒田如水
日本で言えば豊臣秀吉が、嫌がる黒田如水を無理やり茶室に連れ込んで、説教したという話が『名将言行録』にある。いわく、「お前と俺がサシで会えば、人はまた悪だくみだと言って騒ぐ。茶会だと言えば安心するだろうが。」「私は今日初めて、茶の味を習い覚えました。」

前漢武帝の時代、いわゆる儒教の国教化が行われるに当たって、孔子は聖人でなければならなくなった。謀略などもってのほかである。そこで記録の管理を独占した儒者は、孔門の後ろ暗い記録を徹底的に消したに違いない。すると宰我が何をしたか分からなくなってしまった。

あるいは、宰我のそうした記録を知っている者が、万一に備えて、宰我を悪党に仕立てたのだろう。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)