論語詳解100公冶長篇第五(8)なんじと回とは*

論語公冶長篇(8)要約:自分の評価が気になって仕方ない弟子の子貢。うんざりした孔子先生が、最も人格者の顔回と自分を比較しろ、と言います。しおらしい答えをした子貢ですが、先生はさらに言葉を重ね、子貢の鼻をへし折るのでした。

このページの凡例

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子謂子貢曰、「女與回也孰愈。」對曰、「賜也何敢望回。回也聞一以知十、賜也聞一以知二。」子曰、「弗如也。吾與女*、弗如也。」

復元白文

論語 子 金文論語 謂 金文論語 子 金文江 金文論語 曰 金文 論語 女 金文論語 与 金文論語 回 金文也 金文論語 孰 金文愈 金文 論語 対 金文論語 曰 金文 論語 賜 金文也 金文論語 何 金文論語 敢 金文論語 望 金文論語 回 金文 論語 回 金文也 金文論語 聞 金文一 金文㠯 以 金文智 金文十 金文 論語 賜 金文也 金文論語 聞 金文一 金文㠯 以 金文智 金文論語 二 金文 論語 子 金文論語 曰 金文 論語 弗 金文如 金文也 金文 論語 吾 金文論語 与 金文論語 女 金文 論語 弗 金文如 金文也 金文

※貢→江。

論語の本章は、子曰節の也の字を断定で用いているなら、その部分は戦国時代以降の儒者による捏造である。加えて「聞」=間接に聞くと「聴」=直接に聞くを混同している。本章は、戦国時代以降の儒者による捏造である。

校訂

武内本:汝唐石経女に作り、釋文爾に作る。

書き下し

子貢しこうひていはく、なんぢくわいいづれかまされる。こたへていはく、なんあへくわいのぞまむ。くわい一をいてもつて十をる、一をいてもつて二をる。いはく、かざるなりわれなんぢかざるなり

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

先生が子貢に言った。「お前と顔回はどちらが優れているか」。答えて言った。「賜ごときがなぜ顔回を望めましょう。顔回は一を(伝え)聞いて十を知りますが、賜は一を(伝え)聞いて二を知るのみです」。先生が言った。「及ばない(のか)。私とお前は及ばない(のか)。」

意訳

孔子「子貢や。お前と顔回はどっちが出来るかね?」
子貢「そりゃ顔回ですよ。彼は話のタネを一つ聞けば十を想像できます。私は二がせいぜいです。」

孔子「そうそうその通り。私もお前も、顔回の仁には及ばんなあ。」

従来訳

論語 下村湖人
 先師が子貢にいわれた。――
「お前と(かい)とは、どちらがすぐれていると思うかね。」
 子貢がこたえていった。――
「私ごときが、囘と肩をならべるなど、思いも及ばないことです。囘は一をきいて十を知ることが出来ますが、私は一をきいてやつと二を知るに過ぎません。」
 すると先師はいわれた。――
「実際、囘には及ばないね。それはお前のいうとおりだ。お前のその正直な答はいい。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子對子貢說:「你和顏回比,誰強些?」子貢說:「我怎能和他比!他能聞一知十,我衹能聞一知二。」孔子說:「你是不如他,我同意你的看法。」

中国哲学書電子化計画

孔子が子貢に言った。「お前と顔回とくらべて、どちらが優れているか?」子貢が言った。「私がどうして彼と並べますか! 彼は一を聞いて十を知れますが、私は一を聞いてやっと二を知るだけです。」孔子が言った。「お前は彼に及ばない。お前の見方に同意する。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

子貢

論語 子 金文 論語 貢 金文
(金文)

孔子の弟子。論語の人物:端木賜子貢を参照。

論語 回 金文 論語 顔回
(金文)

孔子の弟子。論語の人物:顔回子淵を参照。

孰(シュク)

論語 孰 金文大篆 論語 温 孰 字解
(金文)

論語の本章では「何」に通じた疑問辞、”どちらが”。諸橋『大漢和辞典』の第一義は”煮る・煮える”。詳細は論語語釈「孰」を参照。

愈(ユ)

論語 愈 金文大篆 論語 愈
(金文)

論語の本章では”すぐれる”。詳細な語釈は論語語釈「愈」を参照。

論語 望 金文 論語 望
(金文)

論語の本章では”なろうと欲する”。『大漢和辞典』の第一義は”(待ち)のぞむ”。他に”ながめ・比べる”などの語義がある。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、望の原字は「臣(目の形)+人が伸びあがって立つさま」の会意文字。望は、それに月と音符亡(ボウ)(モウ)を加えたもので、遠くの月を待ちのぞむさまを示す。ない物を求め、見えない所を見ようとする意を含む。

亡(ない)・茫(ボウ)(見えない)と同系。慕(ない物をほしがる)や募(ない物を求める)とも縁が近い、という。詳細は論語語釈「望」を参照。

論語 聞 金文 論語 孔子 授業
(金文)

論語の本章では”分からないことを聞いて理解すること”。論語の時代、直接聞いた場合は「聴」を用い、間接的に聞いた場合は「聞」を用いた。詳細は論語語釈「聞」を参照。

弗(フツ)

論語 弗 金文 論語 弗
(金文)

論語の本章では否定辞”…でない”。『大漢和辞典』の第一義は”もとる”。『学研漢和大字典』によると会意文字で、「ひもまたはつるのたれた形+左右にはらいのけるしるし」で、いやだめだと払いのけて強く否定する意。拂(=払。左右に払いのける)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「弗」を参照。

論語:解説・付記

顔回伝説
論語の本章の意図は明らかで、子貢を貶め顔回を神格化するためだけに作られたでっち上げ。戦国時代の孟子や荀子が、顔回神格化にほとんど興味を持っていない(→論語為政篇9付記)ことから、本章を含め顔回神格化は漢代儒者のしわざだと言って良いが、理由が思い当たらない。

本章では孔子ですら顔回を畏敬し、それゆえ白川博士は顔回を孔子のライバルとして捉えているのだが(『孔子伝』)、上掲の検証のように、それはでっち上げであり妥当でない。あくまでも弟子の中の秀才だっただけで、孔子は学問的後継者を思ったかも、の程度に過ぎない。

ただし孔子が顔回に感謝していたというのはおそらく正しいだろう。顔回により塾内の雰囲気が和んだことが『史記』によって知られ、武装した若者集団としての一門にとって、内ゲバを未然に防いだありがたい人物だった。その意味で本章の子貢の発言はあり得る話である。

ただし上掲のように、「聞」の用法で後世の創作であることを露呈しており、子貢の肉声とは言えない。なお古注では、「孔子は子貢を慰めた」「子貢が恨みに思うのを防ぐために言った」など、まるで孔子が弟子二人にうろたえたかのような解釈をしている。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だが(ネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。言い訳無用。訳者が「やった」と思ったら、全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。訳者は暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。それでもやるなら、覚悟致せ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事(一部広告含む)

コメント

  1. […] 孔子「子貢や。お前と顔回はどっちが出来るかね?」 子貢「そりゃ顔回ですよ。彼は話のタネを一つ聞けば十を想像できます。私は二がせいぜいです。」 孔子「そうそうその通り。私もお前も、顔回の仁には及ばんなあ。」(論語航也著編8) […]