PRあり

論語詳解147雍也篇第六(30)もしひろく民に*

論語雍也篇(30)要約:後世の創作。贋作論語で最高の徳目、仁。その究極は、自分ではなく他人の成長を助け、志をかなえてやることでした。そんなこと普通の人間に出来るわけがありませんが、自己犠牲を他人に強要するのは中華文明の精華でもあります。

論語:原文・書き下し

原文(唐開成石経)

子貢曰如有博施於民而能濟衆何如可謂仁乎子曰何事於仁必也聖乎堯舜其猶病諸夫仁者己欲立而立人已欲達而達人能近取譬可謂仁之方也巳

  • 「民」字:「叚」字のへんで記す。唐太宗李世民の避諱
  • 「譬」字:へん〔𡰪言〕つくり〔辛〕。

校訂

東洋文庫蔵清家本

子貢曰如能愽施於民而能濟衆者何如可謂仁乎子曰何事於仁必也聖乎堯舜其猶病諸/夫仁者已欲立而立人已欲達而達人能近取譬可謂仁之方也已

※「濟」字はやや変形。

後漢熹平石経

(なし)

定州竹簡論語

貢 外字曰:「若a博施於民b能濟衆c],可謂仁乎?」子曰:「何事於[仁]!135也聖乎!堯舜其猶病□![夫]仁者,己欲立而立人,136欲達而達人。能近取辟d,可謂仁之方也已。」137

  1. 若、今本作「如」、幷於「如」下有「有」字、皇本作「如能」。
  2. 今本「民」下有「而」字。
  3. 今本「衆」下有「何如」二字、皇本作「衆者何如」。
  4. 辟、今本作「譬」。

標点文

貢 外字曰、「若博施於民、能濟衆、可謂仁乎。」子曰、「何事於仁、必也聖乎。堯舜其猶病諸。夫仁者、己欲立而立人、己欲達而達人。能近取辟、可謂仁之方也已。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文貢 甲骨文曰 金文 若 金文博 金文𢼊 甲骨文於 金文民 金文 能 金文済 石鼓文衆 金文 可 金文謂 金文仁 甲骨文乎 金文 子 金文曰 金文 何 金文事 金文於 金文仁 甲骨文 必 金文也 金文聖 金文乎 金文 堯 金文其 金文猶 金文疒 金文者 金文 夫 金文仁 甲骨文者 金文 己 金文谷立 金文而 金文立 金文人 金文 己 金文谷達 金文而 金文達 金文人 金文 能 金文幾 金文取 金文辟 金文 可 金文謂 金文仁 甲骨文之 金文方 金文也 金文已 矣 金文

貢 外字・施→𢼊(甲骨文)・仁→(甲骨文)・病→疒・欲→谷・近→幾。論語の本章は、「舜」の字が論語の時代に存在しない。”恵みを垂れる”の意では「施」の字が存在しない。また堯舜が言い出されたのは孔子の没後。「若」「博」「濟」「何」「如」「乎」「事」「必」「也」「聖」「猶」「病」「夫」「譬」(辟)「方」の用法に疑問がある。本章は戦国時代以降の儒者による創作である。

書き下し

貢 外字しこういはく、ひろたみほどこして、ひとびとすくふにあたはば、なさけいはく、なんなさけしるさん、かならひじり堯舜げうしゆんもろもろめり。なさけあるものは、おのれたむともとひとて、おのれいたらむともとひといたす。ちかたとへあたはば、なさけみちなるのみ

論語:現代日本語訳

逐語訳

子貢 孔子
子貢が言った。「もし片寄り無く民に施して、民衆を救ったら、情け深いと言えますか。」先生が言った。「なぜ情け深いと名づけるのか、それはもう最高の人格だ。堯舜もなんともはや、やはりいろいろ悩んだことだ。そもそも情け深い者は、自分が目立とうとすれば目人を立て、自分が成し遂げようとすれば人に成し遂げさせるものだ。それらに近いことを手本に出来れば、情け深さへ至る道と言いきって良い。」

意訳

ニセ子貢 論語 孔子 人形
子貢「民を守ってやり、食わせてやり、救ってやれば、それで情け深いと言えますかね。」

孔子「とんでもない。そんなことが出来たらもう万能の聖人だ。いにしえの聖王、堯舜だって出来ないとあれこれ悩んだことだぞ。情け深い者とはそうではない。自分が目立ちたければ他人を目立たせ、自分が出世したければ他人を出世させてやる。それらに見習ってよく似たように出来るなら、それは情け深さを会得する道と言ってよい。」

従来訳

下村湖人
子貢が先師にたずねていった。――
「もしひろく恵みをほどこして民衆を救うことが出来ましたら、いかがでしょう。そういう人なら仁者といえましょうか。」
先師がこたえられた。――
「それが出来たら仁者どころではない。それこそ聖人の名に値するであろう。堯や舜のような聖天子*でさえ、それには心労をされたのだ。いったい仁というのは、何もそう大げさな事業をやることではない。自分の身を立てたいと思えば人の身も立ててやる、自分が伸びたいと思えば人も伸ばしてやる、つまり、自分の心を推して他人のことを考えてやる、ただそれだけのことだ。それだけのことを日常生活の実践にうつして行くのが仁の具体化なのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

*天子:この言葉が中国語に現れるのは西周早期で、殷の君主は自分から”天の子”などと図々しいことは言わなかった。詳細は論語述而篇34余話「周王朝の図々しさ」を参照。

現代中国での解釈例

子貢說:「如有人能讓百姓都得到實惠,又能扶貧濟困,怎樣?可算仁人嗎?」孔子說:「豈止是仁人!必定是聖人!堯舜都做不到!所謂仁人,衹要能做到自己想成功時先幫別人成功,自己想得到時先幫別人得到,就可以了。推己及人,可算實行仁的方法。」

中国哲学書電子化計画

子貢が言った。「もし人民全てに恩恵を施し、貧困を救えるなら、どうでしょう?仁者と言えますか?」孔子が言った。「仁者どころではない!それはきっと聖人だ!尭舜ですら至れなかった!いわゆる仁者とは、自分が成功したければその前に人を成功させ、自分の欲望があればまず人の欲望をかなえる。それで仁者と言える。自分を材料に人を思いやることが、仁を実行する方法と言って良い。」

論語:語釈

子貢→子貢 外字(シコウ)

論語の本章では、孔子の直弟子の中で最も政才商才のあった、端木賜子貢のこと。姓は端木、いみ名は賜、あざ名が子貢。定州竹簡論語が記す「貢 外字」は「貢」の異体字。詳細は論語の人物・端木賜子貢を参照。

「子」は貴族や知識人への敬称。子貢のように学派の弟子や、一般貴族は「子○」と呼び、孔子のように学派の開祖や、上級貴族は、「○子」と呼んだ。原義は殷王室の一族。詳細は論語語釈「子」を参照。

貢 外字」(貢)は甲骨文からあるが金文は未発掘。「子貢」は「子贛」とも書かれる(『史記』貨殖列伝)。字形は「工」+「貝」”財貨”で、原義は”貢ぐ”。殷墟第三期の無名組甲骨文に「章ケキ」とあり、これは「贛」”献上する”を意味するという。詳細は論語語釈「貢」を参照。

曰(エツ)

曰 甲骨文 曰 字解
(甲骨文)

論語で最も多用される、”言う”を意味する言葉。初出は甲骨文。原義は「𠙵」=「口」から声が出て来るさま。詳細は論語語釈「曰」を参照。

如(ジョ)→若(ジャク)

中国伝承の唐開成石経、日本伝承の清家本は「如」と記し、現存最古の論語の版本である定州竹簡論語は「若」と記す。これに従い校訂した。論語の伝承について詳細は、「論語の成立過程まとめ」を参照。

原始論語?…→定州竹簡論語→白虎通義→
             ┌(中国)─唐石経─論語注疏─論語集注─(古注滅ぶ)→
→漢石経─古注─経典釈文─┤ ↓↓↓↓↓↓↓さまざまな影響↓↓↓↓↓↓↓
       ・慶大本  └(日本)─清家本─正平本─文明本─足利本─根本本→
→(中国)─(古注逆輸入)─論語正義─────→(現在)
→(日本)─────────────懐徳堂本→(現在)

如 甲骨文 如 字解
「如」(甲骨文)

「如」は現伝論語の本章、「如博施於民」では”もし”。「何如」では”~のようである”。これらの語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。字形は「口」+「女」。甲骨文の字形には、上下や左右に部品の配置が異なるものもあって一定しない。原義は”ゆく”。詳細は論語語釈「如」を参照。

若 甲骨文 若 字解
(甲骨文)

「若」は定州竹簡論語の本章では”もしも”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。字形はかぶり物または長い髪を伴ったしもべが上を仰ぎ受けるさまで、原義は”従う”。同じ現象を上から目線で言えば”許す”の意となる。甲骨文からその他”~のようだ”の意があるが、”若い”の語釈がいつからかは不詳。詳細は論語語釈「若」を参照。

有(ユウ)/能(ドウ)→×

論語の本章、唐石経では「如有博施於民」と記し、清家本では「如能愽施於民」と記し、定州竹簡論語では「若博施於民」と記す。これに従い「有」や「能」が無いものとして校訂した。

有 甲骨文 有 字解
(甲骨文)

「有」は唐石経論語の本章では”ある”。定州竹簡論語では欠く。初出は甲骨文。ただし字形は「月」を欠く「㞢」または「又」。字形はいずれも”手”の象形。原義は両腕で抱え持つこと。詳細は論語語釈「有」を参照。

能 甲骨文 能 字解
(甲骨文)

「能」は清家本論語の本章では”~できる”。初出は甲骨文。「ノウ」は呉音。原義は鳥や羊を煮込んだ栄養満点のシチューを囲んだ親睦会で、金文の段階で”親睦”を意味し、また”可能”を意味した。詳細は論語語釈「能」を参照。

座敷わらし おじゃる公家
「能~」は「よく~す」と訓読するのが漢文業界の座敷わらしだが、”上手に~できる”の意と誤解するので賛成しない。読めない漢文を読めるとウソをついてきた、大昔に死んだおじゃる公家の出任せに付き合うのはもうやめよう。

博(ハク)

博 甲骨文 博 字解
(甲骨文)

論語の本章では”幅広く”。この語義は春秋時代では確認できない。『大漢和辞典』の第一義は”あまねくゆきわたる”。初出は甲骨文。ただし「搏」”うつ”と釈文されている。字形は「干」”さすまた”+「𤰔」”たて”+「又」”手”で、武具と防具を持って戦うこと。原義は”戦う”(「博多」って?)。”ひろい”と読みうる初出は戦国中期の竹簡で、論語の時代の語義ではない。詳細は論語語釈「博」を参照。

施(シ/イ)

施 秦系篆書 𢼊 甲骨文
「施」(戦国時代篆書)/「𢼊」(甲骨文)

論語の本章では”恵みを垂れる”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は殷代末期あるいは西周早期の金文。ただし一文字しか記されず語義が分からない。現行字体の初出は戦国秦の篆書。”ほどこす”場合の漢音は「シ」、呉音(遣隋使より前に日本に伝わった音)は「セ」。”のびる”場合は漢音呉音共に「イ」。同音同義に「𢼊」(𢻱)が甲骨文から存在する。甲骨文「𢼊」の字形は”水中の蛇”+「ボク」(攵)”棒を手に取って叩く”さまで、原義はおそらく”離れたところに力を及ぼす”。この語義に限り論語時代の置換候補になり得る。「施」は春秋末期までに、”のばす”・”およぼす”の意がある。詳細は論語語釈「施」を参照。

於(ヨ)

烏 金文 於 字解
(金文)

論語の本章では”~に”。初出は西周早期の金文。ただし字体は「烏」。「ヨ」は”…において”の漢音(遣隋使・遣唐使が聞き帰った音)、呉音は「オ」。「オ」は”ああ”の漢音、呉音は「ウ」。現行字体の初出は春秋中期の金文。西周時代では”ああ”という感嘆詞、または”~において”の意に用いた。詳細は論語語釈「於」を参照。

民(ビン)

民 甲骨文 論語 唐太宗李世民
(甲骨文)

論語の本章では”たみ”。初出は甲骨文。「ミン」は呉音。字形は〔目〕+〔十〕”針”で、視力を奪うさま。甲骨文では”奴隷”を意味し、金文以降になって”たみ”の意となった。唐の太宗李世民のいみ名であることから、避諱ヒキして「人」などに書き換えられることがある。唐開成石経の論語では、「叚」字のへんで記すことで避諱している。詳細は論語語釈「民」を参照。

而(ジ)

唐石経、清家本は「而能濟衆」と記すが、定州竹簡論語は「能濟衆」と「而」を記さない。これに従い、この句については無いものとして校訂した。

而 甲骨文 而 解字
(甲骨文)

論語の本章では”~と同時に”。初出は甲骨文。原義は”あごひげ”とされるが用例が確認できない。甲骨文から”~と”を意味し、金文になると、二人称や”そして”の意に用いた。英語のandに当たるが、「A而B」は、AとBが分かちがたく一体となっている事を意味し、単なる時間の前後や類似を意味しない。詳細は論語語釈「而」を参照。

濟(セイ)

済 石鼓文 済 字解
(石鼓文)

論語の本章では”救う”。この語義は春秋時代では確認できない。論語では本章のみに登場。初出は春秋末期の石鼓文。字形は「氵」+「齊」で、原義は河の名。春秋末期までの語義は不明で、戦国時代に原義のほか”河を渡る”・「濟濟」で”数多く揃って立派なさま”に用いた。詳細は論語語釈「済」を参照。

眾(シュウ)

衆 甲骨文 衆 字解
(甲骨文)

論語の本章では”大勢の人”。「眾」「衆」は異体字。初出は甲骨文。字形は「囗」”都市国家”、または「日」+「人」三つ。都市国家や太陽神を祭る神殿に隷属した人々を意味する。論語の時代では、”人々一般”を意味した可能性がある。詳細は論語語釈「衆」を参照。

何如(なんぞしかん)→×

唐石経、清家本では「何如」を記すが、定州竹簡論語では記さない。これに従い無いものとして校訂した。

何如 字解 如何 字解

唐石経・清家本論語の「何如」は本章では”どうでしょう”。「如何」とともに「いかん」と訓読されてきたが半分しか日本古語に置き換えられておらず、区別がつかず混乱の元だし、読めない漢文を読める振りしたおじゃる公家やくそ坊主の怠惰でしかないから、真似するのはもうやめよう。「いかん」と読み下す一連の句形については、漢文読解メモ「いかん」を参照。

漢文はSVO型の言語だから、

  • 「何如」”何が従うか”→”どう(なっている)でしょう”
  • 「如何」”何に従う(べき)か”→”どうしましょう”

の意となる。他人が「如何」の場合は、”どうするんだ!?”と反論したり詰問したりする語気となる。

何 甲骨文 何 字解
「何」(甲骨文)

唐石経・清家本論語の「何」は本章では”なに”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。字形は「人」+”天秤棒と荷物”または”農具のスキ”で、原義は”になう”。甲骨文から人名に用いられたが、”なに”のような疑問辞での用法は、戦国時代の竹簡まで時代が下る。詳細は論語語釈「何」を参照。

可(カ)

可 甲骨文 可 字解
「可」(甲骨文)

論語の本章では”…できる”。「可」の初出は甲骨文。字形は「口」+「屈曲したかぎ型」で、原義は”やっとものを言う”こと。甲骨文から”…できる”を表した。日本語の「よろし」にあたるが、可能”~できる”・勧誘”~のがよい”・当然”~すべきだ”・認定”~に値する”の語義もある。詳細は論語語釈「可」を参照。

謂(イ)

謂 金文 謂 字解
(金文)

論語の本章では”…だと言う”。本来、ただ”いう”のではなく、”~だと評価する”・”~だと認定する”。現行書体の初出は春秋後期の石鼓文。部品で同義の「胃」の初出は春秋早期の金文。金文では氏族名に、また音を借りて”言う”を意味した。戦国の竹簡になると、あきらかに”~は~であると言う”の用例が見られる。詳細は論語語釈「謂」を参照。

仁(ジン)

仁 甲骨文 仁 字解
(甲骨文)

論語の本章では、”情け深い”。この道徳的意味は、孔子没後一世紀後に現れた孟子による、「仁義」の語義であり、孔子や高弟の口から出た「仁」の語義ではない。字形や音から推定できる春秋時代の語義は、敷物に端座した”よき人”であり、「もののふ」と訓読すべきで”貴族”を意味する。詳細は論語における「仁」を参照。

初出は甲骨文。字形は「亻」”ひと”+「二」”敷物”で、原義は敷物に座った”貴人”。詳細は論語語釈「仁」を参照。

乎(コ)

乎 甲骨文 乎 字解
(甲骨文)

論語の本章では、「か」と読んで疑問の意。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。甲骨文の字形は持ち手を取り付けた呼び鐘の象形で、原義は”呼ぶ”こと。甲骨文では”命じる”・”呼ぶ”を意味し、金文も同様で、「呼」の原字となった。句末の助辞や助詞として用いられたのは、戦国時代以降になる。ただし「烏乎」で”ああ”の意は、西周早期の金文に見え、句末でも詠嘆の意ならば論語の時代に存在した可能性がある。詳細は論語語釈「乎」を参照。

子曰(シエツ)(し、いわく)

論語 孔子

論語の本章では”孔子先生が言った”。「子」は貴族や知識人に対する敬称で、論語では多くの場合孔子を指す。「子」は赤ん坊の象形、「曰」は口から息が出て来るさま。「子」も「曰」も、共に初出は甲骨文。辞書的には論語語釈「子」論語語釈「曰」を参照。

子 甲骨文 曰 甲骨文
(甲骨文)

この二文字を、「し、のたまわく」と読み下す例がある。「言う」→「のたまう」の敬語化だが、漢語の「曰」に敬語の要素は無い。古来、論語業者が世間からお金をむしるためのハッタリで、現在の論語読者が従うべき理由はないだろう。

事(シ)

事 甲骨文 事 字解
(甲骨文)

論語の本章では”…だと認定する”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。甲骨文の形は「口」+「筆」+「又」”手”で、口に出した言葉を、小刀で刻んで書き記すこと。つまり”事務”。「ジ」は呉音。詳細は論語語釈「事」を参照。

必(ヒツ)

必 甲骨文 必 字解
(甲骨文)

論語の本章では”必ず”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。原義は先にカギ状のかねがついた長柄道具で、甲骨文・金文ともにその用例があるが、”必ず”の語義は戦国時代にならないと、出土物では確認できない。『春秋左氏伝』や『韓非子』といった古典に”必ず”での用例があるものの、論語の時代にも適用できる証拠が無い。詳細は論語語釈「必」を参照。

也(ヤ)

也 金文 也 字解
(金文)

論語の本章では、「聖也」では「や」と読んで主格の強調。”…はまさに”。「也已」では熟語「のみ」の一部として断定の意。断定の語義は春秋時代では確認できない。初出は事実上春秋時代の金文。字形は口から強く語気を放つさまで、原義は”…こそは”。春秋末期までに句中で主格の強調、句末で詠歎、疑問や反語に用いたが、断定の意が明瞭に確認できるのは、戦国時代末期の金文からで、論語の時代には存在しない。詳細は論語語釈「也」を参照。

聖(セイ)

聖 甲骨文 聖 字解
(甲骨文)

論語の本章では”最も優れた人間”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。字形は「口」+「斧」+「人」。斧は王権の象徴で、殷代の出土品にその例がある。口は臣下の奏上、従って甲骨文の字形が示すのは、臣下の奏上を王が聞いて決済すること。春秋末期までに、”高貴な”・”すぐれた”・”聞く”・”(心を)研ぎ澄ます”の意に用いた。詳細は論語語釈「聖」を参照。

「耳順」が”天命を素直に聞き入れる”であることから(論語為政篇4)、論語での「聖」は史実の場合、”言語にならない天命を理解し、言語化して人に伝えることの出来る者”を意味する。

堯*舜*(ギョウ・シュン)

書経図説
論語の本章では”堯・舜と呼ばれるいにしえの聖王”。どちらも戦国時代以降の創作。

尭 甲骨文 堯 字解
(甲骨文)

「堯」の初出は甲骨文。甲骨文の字形は頭にものを載せ、跪く人「㔾」で、これがなぜ「堯」の字に比定されたか判然としない。金文の字形は上下に「土」+「一」+「人」で、頭に土を乗せた人。甲骨文・金文では身分ある人間を正面形で「大」と描き、ただの人は横向きに「人」と描き、隷属民は跪かせて「㔾」と描く。金文の「堯」は横向きであることから、聖王「堯」の意ではない。春秋末期までの用例は、全て人名または氏族名または青銅器名で、聖王の名ではない。詳細は論語語釈「堯」を参照。

舜 楚系戦国文字 舜
(楚系戦国文字)

「舜」の確実な初出は戦国文字から。「成書時期は紀元前300年を下ることはなく」とwaikipediaに言う。論語の時代に存在しない。論語時代の置換候補もない。字形は上下に「㠯」+「亦」+「土」。すきを担いで土の上を汗流してゆく人。ここから、現伝の禹王の治水伝説は、まず舜王のそれとして創作されたのが、のちに作り替えられたものと想像できる。戦国時代の竹簡から、堯と共に聖王の名として記された。詳細は論語語釈「舜」を参照。

其(キ)

其 甲骨文 其 字解
(甲骨文)

論語の本章では”なんともはや”という感嘆詞。

『学研漢和大字典』「其」条

  1. 「それ」とよみ、
    1. 感嘆・強調などの語気を示す。▽「其~乎(哉・矣・也)(与)」は、「それ~かな」とよみ、「なんと~だなあ」と訳す。感嘆の意を示す。「語之而不惰者、其回也与=これに語(つ)げて惰(おこた)らざる者は、それ回なるか」〈話をしてやって、それに怠らないのは、顔淵だけだね〉〔論語・子罕〕
    2. 「そもそも」「なんと」と訳す。反語・感嘆を強調する意を示す。▽多く文頭に使用され、物事の起源・原因などをのべる。「其言之不俊、則為之也難=それ言の俊(は)ぢざるは、則(すなは)ちこれを為すや難(かた)し」〈そもそも自分の言葉に恥じないようでは、それを実行するのは難しい〉〔論語・憲問〕
    3. 「もし~ならば」と訳す。仮定を強調する意を示す。▽多く仮定の意を示す語とともに用いる。「其如是、孰能禦之=それかくの如(ごと)くんば、孰(いづれ)かよくこれを禦(とど)めん」〈もしこのような時、いったい誰が抑えとどめることができるでしょう〉〔孟子・梁上〕

字の初出は甲骨文。原義は農具の。ちりとりに用いる。金文になってから、その下に台の形を加えた。のち音を借りて、”それ”の意をあらわすようになった。人称代名詞に用いた例は、殷代末期から、指示代名詞に用いた例は、戦国中期からになる。詳細は論語語釈「其」を参照。

猶(ユウ)

猶 甲骨文 猶 字解
(甲骨文)

論語の本章では、”…でもなお”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。字形は「酉」”酒壺”+「犬」”犠牲獣のいぬ”で、「猷」は異体字。おそらく原義は祭祀の一種だったと思われる。甲骨文では国名・人名に用い、春秋時代の金文では”はかりごとをする”の意に用いた。戦国の金文では、”まるで…のようだ”の意に用いた。詳細は論語語釈「猶」を参照。

病(ヘイ)

病 楚系戦国文字 病 字解
(楚系戦国文字)

論語の本章では”気に病む”。「ビョウ」は呉音。初出は楚系戦国文字。論語の時代に存在しない。論語時代の置換候補は部品の「疒」で、甲骨文から”やまい”の意で存在する。「病」の字形は「疒」”屋内の病床”+「丙」”倒れ伏した人”。病人が寝ているさま。戦国の竹簡で、”気に病む”・”病む”・”疾病”を意味した。詳細は論語語釈「病」を参照。

諸(ショ)

諸 秦系戦国文字 諸 字解
(秦系戦国文字)

論語の本章では”いろいろなこと”。”論語の時代では、まだ「者」と「諸」は分化していない。「者」の初出は西周末期の金文。現行字体の初出は秦系戦国文字。金文の字形は「者」だけで”さまざまな”の意がある。詳細は論語語釈「諸」を参照。

座敷わらし
ショ」は「之乎シオ」の合字で”これを”と読む漢文業界の座敷わらしになっている。だが合字だと言い出したのは清儒で、最古の文献である論語には安易に適用すべきではない。

夫(フ)

夫 甲骨文 論語 夫 字解
(甲骨文)

論語の本章では”そもそも”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。論語では「夫子」として多出。「夫」に指示詞の用例が春秋時代以前に無いことから、”あの人”ではなく”父の如き人”の意で、多くは孔子を意味する。「フウ」は慣用音。字形はかんざしを挿した成人男性の姿で、原義は”成人男性”。「大夫」は領主を意味し、「夫人」は君主の夫人を意味する。固有名詞を除き”成人男性”以外の語義を獲得したのは西周末期の金文からで、「敷」”あまねく”・”連ねる”と読める文字列がある。以上以外の語義は、春秋時代以前には確認できない。詳細は論語語釈「夫」を参照。

者(シャ)

者 諸 金文 者 字解
(金文)

論語の本章では、”…である者”。旧字体は〔耂〕と〔日〕の間に〔丶〕一画を伴う。新字体は「者」。ただし唐石経・清家本ともに新字体と同じく「者」と記す。現存最古の論語本である定州竹簡論語も「者」と釈文(これこれの字であると断定すること)している。初出は殷代末期の金文。金文の字形は「木」”植物”+「水」+「口」で、”この植物に水をやれ”と言うことだろうか。原義は不明。初出では称号に用いている。春秋時代までに「諸」と同様”さまざまな”、”…は”の意に用いた。漢文では人に限らず事物にも用いる。詳細は論語語釈「者」を参照。

己(キ)

己 甲骨文 己 字解
(甲骨文)

論語の本章では”自分”。初出は甲骨文。「コ」は呉音。字形はものを束ねる縄の象形だが、甲骨文の時代から十干の六番目として用いられた。従って原義は不明。”自分”の意での用例は春秋末期の金文に確認できる。詳細は論語語釈「己」を参照。

唐石経、清家本では「巳」「已」「己」を相互に通用させるの通例。本章では区別して校訂した。

欲(ヨク)

欲 楚系戦国文字 欲 字解
(楚系戦国文字)

論語の本章では”求める”。初出は楚系戦国文字。新字体は「欲」。同音は存在しない。字形は「谷」+「欠」”口を膨らませた人”。部品で近音の「谷」に”求める”の語義がある。詳細は論語語釈「欲」を参照。

立(リュウ)

立 甲骨文 立 字解
(甲骨文)

論語の本章では”立つ”の派生義として”目立つ”。初出は甲骨文。「リツ」は慣用音。字形は「大」”人の正面形”+「一」”地面”で、地面に人が立ったさま。原義は”たつ”。甲骨文の段階で”立てる”・”場に臨む”の語義があり、また地名人名に用いた。金文では”立場”・”地位”の語義があった。詳細は論語語釈「立」を参照。

人(ジン)

人 甲骨文 人 字解
(甲骨文)

論語の本章では”他人”。初出は甲骨文。原義は人の横姿。「ニン」は呉音。甲骨文・金文では、人一般を意味するほかに、”奴隷”を意味しうる。対して「大」「夫」などの人間の正面形には、下級の意味を含む用例は見られない。詳細は論語語釈「人」を参照。

達(タツ)

達 甲骨文 達 字解
(甲骨文)

論語の本章では”至る”の派生義として”出世する”。初出は甲骨文。甲骨文の字形は↑+「止」”あし”で、歩いてその場にいたるさま。原義は”達する”。甲骨文では人名に用い、金文では”討伐”の意に用い、戦国の竹簡では”発達”を意味した。詳細は論語語釈「達」を参照。

近(キン)

近 秦系戦国文字 近 字解
(楚系戦国文字)

論語の本章では”近い”。初出は楚系戦国文字。戦国文字の字形は「チャク」(辶)”みちのり”+「斤」”おの”で、「斤」は音符、全体で”道のりが近い”。同音には”ちかい”の語釈を持つ字が『大漢和辞典』にない。論語時代の置換候補は「幾」。部品の「斤」も候補に挙がるが、”ちかい”の用例が出土史料にない。詳細は論語語釈「近」を参照。

取(シュ)

取 甲骨 取 字解
(甲骨文)

論語の本章では”取る”。初出は甲骨文。字形は「耳」+「又」”手”で、耳を掴んで捕らえるさま。原義は”捕獲する”。甲骨文では原義、”嫁取りする”の意に、金文では”採取する”の意(晉姜鼎・春秋中期)に、また地名・人名に用いられた。詳細は論語語釈「取」を参照。

譬(ヒ)→辟(ヘキ)

唐石経、清家本では「譬」またはその異体字を記し、定州竹簡論語は「辟」と記す。これに従い校訂した。

譬 篆書 譬 字解
(篆書)

「譬」は論語の本章では”たとえ”→”見習うべきお手本”。初出は後漢の『説文解字』。論語の時代に存在しない。論語時代の置換候補もない。字形は「言」+「辟」”王の側仕え”で、”たとえる”の語義は戦国時代以降に音を借りた仮借。『大漢和辞典』で音ヒ訓たとえるは「譬」のみ。詳細は論語語釈「譬」を参照。

定州竹簡論語「辟」の初出は甲骨文。”たとえ”の語義は春秋時代では確認できない。字形は「卩」”うずくまった奴隷”+「口」”さしず”+「辛」”針または小刀で入れる入れ墨”で、甲骨文では「口」を欠くものがある。原義は指図に従う奴隷で、王の側仕え。甲骨文では原義のほか人名に用い、金文では論語の時代までに、”君主”、”長官”、”法則”、”君主への奉仕”の用例がある。”たとえる”の語義は戦国時代以降に音を借りた仮借。詳細は論語語釈「辟」を参照。

能近取辟(ちかくたとえをとるあたふ)

論語の本章では、”例を見習うにあたって近づくことが出来る”。「近」は「取」の副詞で、見習うに当たって手本に近づくこと。漢文はSVO型の言語ゆえ、「近」は目的語ではないから「近くに取る」ではなく「近く取る」。

藤堂明保 宮崎市定
藤堂本は「他人のことを我が身のがわに引き寄せて推し測ることが出来る」と言う。同じく藤堂博士の『漢文入門』では、「近く譬を取るとは何か。他人が困窮しているときには、自分がああだったら、どうだろう、とわが身に引き比べる、他人のケースを身近にたとえてみる意である。」と言う。宮崎本は「奇蹟のようなことを行わないでも、最も近い所で、説明の出来ることをすること」と言う。

宇野哲人 ニセ論語指導士養成講座 論語教育不救機構
宇野本は「ただ能く近く己の欲する所をもって他人の心に比べ、他人の欲する所もまたこのようであると知って、己の欲する所を推して他人に及ぼす」とある。新注をそっくりパクっただけで何も考えていないことを白状しているし、原文を解読できているようにも思えない。加地本も同様に「近くにかくありたきことの類型を実現させようとする」という。「近く」ではないのは上記の通り明らかで、バカすぎて話にならない。

之(シ)

之 甲骨文 之 字解
(甲骨文)

論語の本章では”…の”。初出は甲骨文。字形は”足”+「一」”地面”で、あしを止めたところ。原義はつま先でつ突くような、”まさにこれ”。殷代末期から”ゆく”の語義を持った可能性があり、春秋末期までに”~の”の語義を獲得した。詳細は論語語釈「之」を参照。

方(ホウ)

方 甲骨文 論語 方 字解
(甲骨文)

論語の本章では”方法”。この語義は春秋時代では確認できない。初出は甲骨文。字形は「人」+「一」で、字形は「人」+「一」で、甲骨文の字形には左に「川」を伴ったもの「水」を加えたものがある。原義は諸説あるが、甲骨文の字形から、川の神などへの供物と見え、『字通』のいう人身御供と解するのには妥当性がある。おそらく原義は”辺境”。論語の時代までに”方角”、”地方”、”四角形”、”面積”の意、また量詞の用例がある。”やっと”の意は戦国時代の「中山王鼎」まで下る。秦系戦国文字では”字簡”の意が加わった。詳細は論語語釈「方」を参照。

也已(ヤイ/のみ)

伝統的な訓み下しでは、二字で「のみ」と読み、”…だけだ”と訳す。論語の時代は一漢字一語が原則なのだが、本章は後世の創作が確実なので、熟語として扱ってよい。

已 甲骨文 已 字解
(甲骨文)

「已」の初出は甲骨文。字形と原義は不詳。字形はおそらく農具のスキで、原義は同音の「以」と同じく”手に取る”だったかもしれない。論語の時代までに”終わる”の語義が確認出来、ここから、”~てしまう”など断定・完了の意を容易に導ける。詳細は論語語釈「已」を参照。

論語:付記

中国歴代王朝年表

中国歴代王朝年表(横幅=800年) クリックで拡大

検証

論語の本章は堯舜伝説を語っている時点で戦国時代以降の創作が確定する。全体が定州竹簡論語にあることから、前漢前半までには創作された。本章の子貢の質問は先秦両漢の誰一人引用していない。孔子の「何事於仁,必也聖乎」という返答は、後漢初期の『漢書』が再出

「堯舜其猶病諸」は論語憲問篇45にも見られるほか、前漢初期の『韓詩外伝』に再出。「己欲立而立人,己欲達而達人」は、後漢中期の『潜夫論』に再出。それ以降の文字列は、「仁之方」が後漢中期『説文解字』に見られるのみ。

董仲舒
本章を創作したのはおそらく、いわゆる儒教の国教化を進めた前漢の董仲舒で、『公羊顔氏記』なるものを創作するなど、顔淵の神格化を図った。孔子没後一世紀の孟子は顔淵を呼び捨てにした発言があり、戦国末期の荀子も高弟の一人として取り扱ったに過ぎない。

董仲舒については、論語公冶長篇24余話「人でなしの主君とろくでなしの家臣」を参照。

前漢年表

前漢年表 クリックで拡大

後漢年表

後漢年表 クリックで拡大

解説

孟子 舜
論語の本章で後世の創作を証拠立てる「舜」の字は、孔子から一世紀後の孟子が創作した太古の聖王。顧客の田氏斉王が国を乗っ取ってまだ日が浅いため、その先祖に聖王を据えてやって箔を付けたい要望に応えた。史実の孔子は夏王朝を知っていたが、詳細な伝説はまだ作られる前だった。

夏王朝とされる時代は文字出現前であり、想像上の王朝に過ぎないが、孔子生誕30年ほど前の金文に、すでに夏王朝について言及がある。詳細は論語為政篇23余話「叔尸鐘」を参照。

ケキ虩たるまことありし唐厳しきあり。帝の所に在りて、あまねく天命を受け、夏のきみほろぼし伐ち、𢿒ことご𪛈くわしいくさくす。伊少臣しもべたりて隹だたすけ、ことごく九州をたもてり。(「叔尸鐘」殷周金文集成285・斉霊公時代BC582-BC554)

また上記の語釈にも書いたが、「堯」の字形は頭に土を乗せた人、「舜」の字形はスキを担いで土の上を汗流してゆく人であり、こんにちでは禹王の業績とされる治水伝説が、かつては堯や舜の業績とされていた可能性がある。

上記「能近取譬(辟)」の部分は後漢になっても引用が見られない。事実上の再出は後漢から南北朝にかけて編まれた古注になる。

古注『論語集解義疏』

註孔安國曰若能廣施恩恵濟民於患難堯舜至聖猶病其難也…註孔安國曰更為子貢說仁者之行也方道也但能近取譬於己皆恕己所不欲而勿施人也


注釈。孔安国「広く恩恵を施して、民の苦難を救ってやるようなことは、堯舜のような聖王でも、実行できなくて気に病んだのである。」

注釈。孔安国「あらためて子貢のために仁者になる法を説いたのである。方とは道である。もし近くの者を自分に例えることが出来るなら、なべて恕と言うことが出来、自分が求めないことを他人にしなくなるのである。」

孔安国は実在が怪しい。「己所不欲而勿施人」は論語公冶長篇11の引用だが、「お前に出来ることではない」と孔子は子貢を叱ったことになっている。その注で孔安国は「言不能止人使不加非義於己也」”人が自分に危害を加えるのは止められない”と書いている。もっともだ。

新注は次のように言う。

新注『論語集注』

施,去聲。博,廣也。仁以理言,通乎上下。聖以地言,則造其極之名也。乎者,疑而未定之辭。病,心有所不足也。言此何止於仁,必也聖人能之乎!則雖堯舜之聖,其心猶有所不足於此也。以是求仁,愈難而愈遠矣。

…夫,音扶。以己及人,仁者之心也。於此觀之,可以見天理之周流而無閒矣。狀仁之體,莫切於此。

…譬,喻也。方,術也。近取諸身,以己所欲譬之他人,知其所欲亦猶是也。然後推其所欲以及於人,則恕之事而仁之術也。於此勉焉,則有以勝其人欲之私,而全其天理之公矣。程子曰:「醫書以手足痿痹為不仁,此言最善名狀。仁者以天地萬物為一體,莫非己也。認得為己,何所不至;若不屬己,自與己不相干。如手足之不仁,氣已不貫,皆不屬己。故博施濟眾,乃聖人之功用。仁至難言,故止曰:『己欲立而立人,己欲達而達人,能近取譬,可謂仁之方也已。』欲令如是觀仁,可以得仁之體。」又曰「論語言『堯舜其猶病諸』者二。夫博施者,豈非聖人之所欲?然必五十乃衣帛,七十乃食肉。聖人之心,非不欲少者亦衣帛食肉也,顧其養有所不贍爾,此病其施之不博也。濟眾者,豈非聖人之所欲?然治不過九州。聖人非不欲四海之外亦兼濟也,顧其治有所不及爾,此病其濟之不眾也。推此以求,脩己以安百姓,則為病可知。苟以吾治已足,則便不是聖人。」呂氏曰:「子貢有志於仁,徒事高遠,未知其方。孔子教以於己取之,庶近而可入。是乃為仁之方,雖博施濟眾,亦由此進。」


施は尻下がりに読む。博は広いの意である。仁は道理にかなった言葉によって、政府と民の間を取り持つ。聖は言葉をつまびらかにすることによって、究極の境地を意味する言葉になる。乎は、おそらくどちらか決めかねているの意で、病は、心に不満足な点があることを言う。本文が言うところは、そこまで出来たなら、どうして「仁」情け深いと評価できるだけで済むか、もはやそれは「聖」高貴な万能である、ということである。つまり聖王の堯舜であっても、その政治には自ら不足を感じていたという事である。だとするなら仁者であろうとするのは、ますます難しくますます遠いと言えよう。

夫は、扶の音で読む。自分自身に対する愛情を他人に向けることが出来るなら、それは純者の心と言ってよい。だとするなら、天の道理があまねく行き渡ってめぐり、隙間が無いことが分かる。仁を他人に見えるように実践することは、その道理をありありと体現することこの上ない。譬とは例えである。方は方法である。近取諸身とは、自分の望みで他人の望みを推し量ることで、他人の望みを知ろうとすることでもある。その後で推量したことを他人に叶えてやるなら、それは恕の実践であり、仁に至る方法である。これを長く続ければ、我欲に打ち勝って天の道理をきっと体現できる。

程頤「医学書では手足の不自由を不仁という。この言い方が仁の有様をよく示している。仁者は天地の万物を自分と同一視するので、我欲が無い。感じる事物全てを自分と一体化させるなら、およそ出来ない事が無い。もし一体化させられないなら、その対象とは関わらない。手足の不自由は、気が充実せず、手足を自分のものと思えない。だから広く大衆に恵みを垂れるのは、聖人だけが実現できる。そして仁とは何かは言葉に出来にくいから、やむを得ず”己欲立…仁之方也已”と言った。このように仁を観察できるなら、仁を実現することが出来るのだ。」

程頤「論語に”堯舜でも気に病んだ”とあるのは、二つの意味がある。広く恵みを垂れるのが、どうして聖人の望みでなかろうか。だから五十になるまで絹の衣を着ず、七十になるまで肉を食べないのだ。聖人の心は、若者が絹を着肉を食べるのを望まないわけではないが、養った者が感謝しないことがあるので、恵みを垂れても幅広くとはいかないことを気に病む。あらゆる民衆を救うことが、どうして聖人の望みでなかろうか。だが聖王が治めたのは中国だけに過ぎず、世界全体を救おうと思わないではなかったが、治めても自分を君主と仰がない者が居るので、あらゆる民衆を救うわけにはいかないことを気に病んだ。こうして考えて見ると、自己修養に励んで民百姓に安心を与えようとすると、必ず気に病む結果になることが分かる。もし自分の統治に満足してしまったら、それは聖人ではあり得ない。」

呂大臨「子貢は仁を志したが、あまりに遠くて高尚ななために、どうやって体得していいか分からなかった。孔子先生は自分自身に他人を例えることで、その道を近づけて体得しやすくしてやった。これこそが仁の実践法であり、あるいは広く大衆を救ってやっても、また仁に近づける。」

余話

剥き身で生きない中国人

中華文明の究極は個人の生存で、中華社会の駆動力はホッブズも真っ青の、人と人との奪い合いに他ならない。そのような世界で「己立たんとして人を立たす」を説く本章は、紛れもない中華文明の精華で、他人に自己犠牲を強いて利益を得るための、出来の良くない洗脳装置だ。

だから偽作者も遠慮したのか、子貢も知らず孔子も出来ない「仁」(論語述而篇33)としてまじないの言葉を書いた。ついでにいかなる政府にも責任があるはずの、差別なく民の困窮を救う仕事を、「聖王の堯舜にしか出来ない」と言い放った。顧客の皇帝にゴマをすったのである。

中華皇帝は暗君が通例で、その多くは暴君だ。名君として名高い前漢景帝も、気分次第で親類を殴刂殺している。暴君でない暗君もいるが、たいていはボンヤリで、その方が神輿を担ぐ儒者官僚には都合が良い。だがボンヤリ皇帝もカネの話になると、瞬時に英邁に変身した。

その例は論語八佾篇12解説を参照。この切り替えは中華文明の精華でもある。

この切り替えをわきまえないと、論語も中国人も分からない。中華世界に生まれ育った者なら、論語の本章を真に受けず笑い飛ばすに決まっているが、それでも洗脳のタネ本としての論語に残ったのは、数多い人民にはボンヤリ生きている者が、居ないとは限らないからである。

一人跨蹇而出。前遇騎駿馬者。急下。揖而請曰。願以此驢易公之馬。騎馬者曰。君莫是痴否。騎驢者曰。我將謂公是痴的耳。


ある者が足なえのロバに乗って出掛けた。前から駿馬にまたがって来る人がいる。急いでロバを下り、お辞儀して言った。

ロバの者「あなたの馬と、このロバを取り替えて貰えませんか。」
駿馬の人「はぁ? あんたバカなのか?」
ロバの者「いえいえ。あなたがバカだとふんだもので。」(『笑府』巻十三・換馬)

万一の僥倖も取り逃がさないのが中華文明的しぶとさというものである。そうでなければ、常に人口に対して資源が少なく、毎年のように洪水や飢饉や疫病が起こる中国で、中国人があれほど増える道理が立たない。本章の出来が良くないのは、それでもボンヤリは少ないからだ。

ここが生物としてのヒトの機能の奥深さで、人を立てるような遺伝子は劣性として中華世界から淘汰されたはずだが、遺伝子の複写と混合には必ずやり損ないがあり、人が必ず間違う生き物であるように、中国にも通時代的にボンヤリがいた。このボンヤリに価値がある。

生物は環境適応をやり尽くすと、環境が変わった時に全滅の憂き目を見る。従ってボンヤリな中国人も中華世界を維持するそれなりの役割を果たしている。中国の天変地異は平和ボケした日本人の想像を超え、例えば洪水は津波のように全てを流し尽くし、被災地ははるかに広い。

そうした生存の場の究極にある時、中華文明はためらわず人と助け合えと教える。普段は奪い合っている中国人が、非常時には日本人に遠く及ばない助け合いをするのは、常時と非常時の判断を切り変えたからだ。これが本国で人口を増やし、海外で華僑として成功した秘訣。

つまり個人の生存に必要なら、呉越同舟せよと中華文明は教えているのである。

    「診療費一覧表」

  • 診察料二元
  • 往診料五元
  • 遠路は別途相談
  • 貧者は無料で診る
シンガポール 診療所

2012.4.4、シンガポールの博物館にて

古来より剥き身で生きている中国人はおらず、チンパンホンパンのような秘密結社に入らなければ、宗族という血統共同体の殻の中にいる。宗族の中で一人でも高位高官にのぼると、見たことも無い宗族がやってきて金をせびる。これを無視するとよってたかって悪口を言いふらされる。

高位高官には必ず政敵がいるから、その悪口をタネにしてクビに追いやられる。だから宗族を手厚く迎えない高官はおらず、身内びいきは中国人と不可分になっている。医者になるのは高官になるのに近いが、貧者をただで診るのは宗族と同じで、職を失うおそれがあるからだ。

論語の時代である春秋時代も、中華世界は現在と同じく奪い合いの世の中だった。

孔子の生国・魯の隣国である斉では、国公の四割が殺された。政治は社会の資源を分配する場だから、一般の中国社会より一層過酷だった。政治家となった貴族の多くも、軽々と殺された。詳細は論語雍也篇24余話「畳の上で死ねない斉公」を参照。

その中で晏嬰が名宰相として天寿を全う出来たのは、幅広い庶民の支持があったからだ。

ある人が権力者の崔杼に言った。「晏嬰を生かしておいてはいけない。」
崔杼「民に人望がある。許さないと民が何をしでかすか分からない。」(『史記』斉太公世家・荘公)

つまり中華文明的助け合いもなお、個人の生存のためにある。

『論語』雍也篇おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました