論語詳解136雍也篇第六(19)人の生くるや°

論語雍也篇(19)要約:人は正直に生きなければならない。時には裏道も必要ですが、いつも裏をかいていると、いつかは自分が裏をかかれます。非常手段と普段の行いは分けるべきだと、孔子先生は説くのでした。

このページの凡例このページの解説

論語:原文・書き下し →項目を読み飛ばす

原文

子曰、「人之生也直、罔之生也幸而免。」

校訂

定州竹簡論語

曰:「人生之也𥄂a,亡生也幸而免也b]。」126

  1. 人生之也直、阮本作「人之生也𥄂」、皇本作「人生之𥄂」。
  2. 亡生也幸而免也、今本作「罔之生也幸而免」。亡・罔通。

→子曰、「人之生也𥄂、亡生也幸而免。」

復元白文(論語時代での表記)

子 金文曰 金文 人 金文之 金文生 金文也 金文直 金文 亡 金文生 金文也 金文幸 金文而 金文免 金文

書き下し

いはく、ひとくる𥄂なほし。くるをくらめるさいはひにしまぬかる。

論語:現代日本語訳 →項目を読み飛ばす

逐語訳

孔子 肖像
先生が言った。「人の生涯は素直だ。生涯を暗くするのは、幸運で免れる。」

意訳

孔子 ぼんやり
汚いことにも随分手を染めてきたが、結局は無駄だった。素直に生きた方がよかったように思える。後ろ暗い事をして生きても、いずれはその報いを受けるのだから。

従来訳

下村湖人
 先師がいわれた。――
「人間というものは、本来、正直に生れついたものだ。それを無視して生きていられるのは、決して天理にかなっていることではない。偶然に天罰を免れているに過ぎないのだ。」

下村湖人『現代訳論語』

現代中国での解釈例

孔子說:「人正直,才能生活幸福;不正直的人有時也能生活平安,那衹是僥幸逃過了災難而已。」

中国哲学書電子化計画

孔子が言った。「人は正直であって、やっと幸福に生活する。不正直な人も時には生活が平穏だが、それはただ偶然の幸いで災難を免れているだけだ。」

論語:語釈 →項目を読み飛ばす

直/𥄂

直 金文 直
(金文)

論語の本章では”まっすぐ”。『大漢和辞典』による原義は、⎿(隠す)+十+目。隠しても十人も多くの目があれば隠しきれないこと。”正しく見る”こと。つまりまっすぐなこと。

『学研漢和大字典』によると会意文字で、原字は「┃(まっすぐ)+目」で、まっすぐ目を向けることを示す。植(まっすぐたててうえる)・置(まっすぐたてておく)・勅(チョク)(ととのう)・飭(チョク)(まっすぐに正す)と同系のことば、という。詳細は論語語釈「直」を参照。

罔(モウ)→亡

罔 網 甲骨文 罔 金文大篆
(甲骨文・金文大篆)

論語の本章では、”後ろ暗く”。もとは”網”を意味したが、近音の「盲」・同音の「亡」と通じて”目が見えないほど暗い”こと。

『学研漢和大字典』によると会意兼形声文字で、「网(あみ)+〔音符〕亡(みえない)」で、かぶせて隠すあみ。また、おおいかぶせて見えなくすること。亡(隠れて見えない)・盲(見えない)などと同系のことば、という。詳細は論語語釈「罔」を参照。

幸 甲骨文
(甲骨文)

論語の本章では、”運良く”。詳細は論語語釈「幸」を参照。

幸 解字最近、中国の黄河・淮河の堤防工事の現場から、大昔のハニワが出てきた。それを見ると、…奇妙な形の手かせをはめている。この手かせを文字にしたのが、幸という字である。だから刑と幸とは、手かせ足かせ――という点では、まったく同じであろう。

幸(さいわい)とが刑と同系のコトバだと申せば、みなさん目を丸くなさるだろう。しかし、牢獄に入れられた人をギョという。□印はとり巻いた牢屋を示し、中の幸とは明らかに刑具をはめた人である。

…幸とは元来「危なく・やっとのことで」という意味だとおわかりになるだろう。後に、ギョウコウの倖の字で表されるのが、幸の本来の意味である。非常な危険にさらされているが、危うく逃れえたことを僥倖という。だから幸とは、もともと刑(手かせ)をはめられるような、間一髪の事態を指したコトバなのであった。(藤堂明保『漢文入門』)

論語:解説・付記

孟子 荀子
論語のこの記述から、人とは本来善=孟子派か、悪=荀子派かという、あまり実りのない一大論争が2000年以上続いたわけだが、孔子が言うのはそのような、哲学的・宗教的なことではない。ただ悪党を悪評したに過ぎない。

孔子 革命家 司馬牛
漢字の古さからは、論語の本章を後世の創作とする証拠は無いが、本質的に革命家だった孔子は、亡命作の衛国で政府転覆工作をやり、弟子の司馬牛を見殺しにするなど、後ろ暗いことを随分やってきた。巷間言う「孔子は理想の政治の場を求めて放浪した」の現実がそれである。

すでに確立した政権に、政治を変えろと要求するのは、それはクーデターに他ならないからだ。その孔子から「素直に生きろ」と言われても、釈然としないものを感じる。人当たりのよい、政治工作には携わらなかった子夏あたりに、語った言葉ではなかろうか。

孔子一門は、子路・顔淵・子貢・冉有といった年長組と、子夏・子張・樊遅といった年少組に分かれる。子游はその中間ぐらいの年齢だが、グループとしては後者と言ってよい。年長組は孔子亡命前に弟子になり、放浪にも同行し、戦闘や謀略など、孔子の私兵となって働いた。

対して年少組は、年齢から孔子帰国後に入門したと思われ、孔子68歳から逝去した73歳までの、約5年間しか師弟の接触が無い。帰国後の孔子は後ろ盾の呉国が凋落したこともあって、さほど活発に政治工作を行ったわけではなかった(孔子・論語年表)。

論語の本章は、おそらくそのような折の発言だろう。あるいは、孔子71歳の時、見捨てた弟子の司馬牛が、わざわざ魯国に来て変死しているから、自分に対して「素直に生きればよかった」という嘆きかも知れない。もしそうなら、論語の本章にはぐっと迫力が出るのである。

警告

漢文業界の者は嘘つき中国人そっくりで、微塵も信用ならぬ(→理由)ので、数言申し上ぐ。


出典明記の引用は自由だし、訳者に連絡のお気遣いも不要だが(ただしネット上では可動リンク必須)、盗用・剽窃は居合を嗜む有段者の訳者が、櫓櫂の及ぶ限り追い詰める。

言い訳無用。訳者が「やった」と思えば全国どこでも押し込む。頭にきたら海外にも出かけ、バッサリやってすぐ帰る。暇であるし、惜しむものを持っていないし、面倒が苦にならぬゆえ、こうして古典を研究している。空港の刃物検査通過は、やったことがあるが存外簡単だ。

刀の手入れは毎日している。そして未だ人を斬ったことが無い。

盗作・剽窃の通報歓迎。下手人を成敗した後、薄謝進呈。他人にやらせた者も同罪、まずそ奴から追い回してぶっ○○る。もし長生きしたいなら、悪いことはせぬものだ。朴ったら○すぞ。それでもやるなら、覚悟致せ。



関連記事(一部広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする